コードブルー3 医師が解説|大動脈断裂(破裂)はなぜ助からないのか?

みなさんの質問にお答えするコーナー、今回で6回目です。

前回の第7話の内容について、以下のような質問をいただきましたので、お答えしたいと思います。

前回、大動脈の断裂があった男性の患者さんが、救命できないから諦める、というシーンがありました。

大動脈が断裂したらなぜ救命できないのでしょうか?

その部分を縫ったり道具で止めたりできないのでしょうか?

by ポニーさん

前回の第7話では、踏切事故で高齢女性を救おうとして負傷した若い男性が出てきました。

白石(新垣結衣)と灰谷(成田凌)がドクターヘリで現場に向かいますが、彼らの目の前で男性は心肺停止状態になります。

その場で開胸した結果、大動脈の断裂があることがわかり、治療を断念する、というシーンがありましたね。

遠隔カメラで見ていた藍沢は、何とか救命しようとする灰谷に、

「大動脈破裂だ、可能性はゼロだ。諦めろ、灰谷」

と指示します。

私の第7話の解説記事でも、大動脈断裂(破裂)は救命できないため、「トリアージの分類は黒(救命できないので搬送しない)」という話をしました。

では、なぜ大動脈断裂は「可能性がゼロ」なのでしょうか?

簡単に説明したいと思います。

 

広告

大動脈が断裂したらどうなるか?

ところで、みなさんの血圧はどのくらいでしょうか?

多くの方はおおよそ、上が110〜130下が70〜90といったところでしょう。

心臓は血液を送り出すポンプですので、収縮したり拡張したりを繰り返しています。

当然収縮したときに最大の圧が出ますし、一番拡張した時に最低の圧が出ます

「上」と「下」というのは、正確には「収縮期圧」「拡張期圧」のことです。

この血圧の単位はmmHg(ミリメートル水銀柱)です。

つまり、120 mmHgとは、水銀を120ミリメートルの高さまで吹き上げる圧ということです。

日常生活で水銀を使うことはありませんので、こう言われてもピンとこないでしょう。

そこで水に直してみましょう。

水銀は水より14倍重い金属です。

120 mmHgは、水に直すと、1680 mmH2O、つまり、水を1.68メートル吹き上げる圧です。

これは、大人の身長と同じくらいの高さです。

大動脈は太さが2.5〜3センチほどある、体の中で最も太い動脈です。

これが断裂すると、この太さのある血の柱が1.68メートル吹き上がるほどの勢いで出血することになります。

一気に大量の血液が失われ、あっという間に心停止します。

まず救命は間に合いません。

 

ここで「吹き上がる」と書きましたが、実際には吹き上がりません。

大動脈は、胸の中では「縦隔(じゅうかく)」という、狭い空間の中に閉じ込められているからです。

つまりこの空間の中に大量に血液が噴出して心停止、という流れになります。

 

第7話で白石は、救急車内で男性を開胸して胸の中に手を差し入れたのち、すぐに大動脈の損傷がある、と気付きましたね。

この縦隔という空間に大量の血液が溜まっていたからです。

白石が言った

「後縦隔(こうじゅうかく)にひどい血腫・・・」

というセリフは、縦隔の背中側に大量の血液の塊がある、という意味です。

 

もちろん完全な断裂ではなく小さな損傷であれば、大動脈を一時的に遮断してすぐに搬送すれば救命できる可能性もあります。

しかし、今回のようなケースでは、仮に止血ができたとしても、結果的に救命は非常に難しいと思われます。

他にもたくさんの臓器損傷を負っている可能性が高いからです。

なぜそういうことが言えるのか?

外傷には以下の2つの種類があることがポイントです。

広告

 

鋭的外傷と鈍的外傷

外傷には大きく分けて2つの種類があります。

鋭的外傷鈍的外傷です。

「鋭的(えいてき)」とは、鋭いものによって負った外傷です。

つまり、ナイフで刺された、工事現場で鉄の棒が突き刺さった、銃で撃たれた、というような外傷のことです。

一方「鈍的(どんてき)」とはその逆で、鋭くないものによる外傷です。

たとえば、車に轢かれた、高所からの転落で全身を打撲した、工場などで重い扉に挟まれた、といったケースです。

鋭的外傷は、ナイフや銃弾が貫通した部分だけの単一の臓器損傷であることがほとんどです。

一方、鈍的外傷では、臓器が広い範囲で「裂ける」「割れる」「えぐれる」ように損傷すること、多くの場合、複数の臓器が同時に損傷することが特徴です。

 

したがって鈍的外傷は、そもそも損傷した臓器の修復が難しいこと、その臓器を修復しても、他にも多くの臓器損傷があって治療が難しいことが特徴です。

一方鋭的外傷なら、損傷した臓器が比較的「きれいな」傷を負っているために修復しやすく、その臓器さえ早急に修復できれば救命が期待できます。

 

コードブルーの第3話では、ダメージコントロール手術が出てきました。

このとき手術されたのは、病室から自殺を図って転落した男性患者でしたね。

鈍的外傷の典型例です。

この男性患者は、肝臓の破裂が主体でしたが、腸管損傷も起こしていました

1回目の手術中、緋山(戸田恵梨香)が、

「腸管もやってる」

とつぶやきます。

当然、その時点で他にも多数の臓器損傷や骨折もあったでしょう。

ちなみにこの方は2回目の手術で腸管損傷も修復しています。

今回の踏切事故のように全身を打撲した結果として大動脈断裂がある場合、相当強い全身への衝撃が加わったと予想されます

頭からつま先まで全身の臓器が激しく損傷している可能性が高いでしょう。

二重、三重の意味で、残念ながら「救命は絶望的」と言わざるを得ないと思います。

 

コードブルーでは外傷患者が毎回のように登場します。

これは鋭的か?鈍的か?

という視点で見ると、また面白く見られるかもしれませんね。

広告

コードブルー3 医師が解説|大動脈断裂(破裂)はなぜ助からないのか?」への8件のフィードバック

  1. オレンジ湯たんぽ

    いつもいつも詳しい解説ありがとうございます。
    このブログのおかげでコードブルーが2倍も3倍も楽しめるようになりました。
    まず普通に見て、ブログの解説を読んでからもう一度見るとまるで違った視点で内容が頭に入ってきます。
    (意識レベル3ケタの意味とか…こちらの地域で再放送しているファーストシーズンにも通じます。)
    娘もコードブルーにハマってるんですが小2なのでこのブログを読んで内容を理解するのは難しく、かいつまんで説明してやっています。

    他の記事もお医者さんの視点で一般人にわかりやすく書かれており、こんな風に人に伝わりやすく文章が書けたらいいなぁと思って拝読しております。
    お仕事もお忙しいでしょうが、頑張って書き続けていただきたいです。

    さて、フライトドクターたちが現場で冴島や雪村に必要な器具を次々と渡して行くとき、ビニールの袋に入っているのをバリッと音をさせて開けていますが、あのような器具は一回使い切りですか?
    それともきれいにしてから袋にパッキングしてある程度繰り返し使うのでしょうか?

    あと、開胸器?はこのドラマで何度か見ましたが、どこをどう開いて使うものですか?

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      オレンジ湯たんぽさん
      ありがとうございます!
      そう言っていただけると、書いた甲斐があります。
      娘さんもハマっておられるとのこと、難しい表現ばかりなのに、それでもお子さんも楽しめる、というのがコードブルーのすごいところですよね。
      さてご質問の件なのですが、まさに私が「冴島看護師はなぜ優秀か」の記事で書こうとして長くなりすぎるのでやめた部分でした。
      あの渡し方をする理由、どういう器具の時にあの渡し方をするか、といったところを、オレンジ湯たんぽさんの質問にお答えする形で別の記事でまとめようと思っています。
      開胸器も合わせて説明します。
      ぜひ、楽しみに待っていてくださいね。

      返信
  2. りこ

    こんばんは。
    鋭的、鈍的というのですね!

    以前から、疑問に思っていたことがあります。
    コードブルーでは、麻酔をせずに患者の体を切開しているような気がします。しているのかもしれませんが良く分かりません。
    意識がないと麻酔は要らないのですか?麻酔は緊急の手術では無理なのでしょうか?
    また、普通の手術では麻酔科医が居ると思いますが
    救命ではどうしているのでしょうか?

    りこ

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      りこさん
      実は似た質問を複数の方からいただきました。
      おそらく多くの方が疑問に思っているポイントだと思いますので、追って記事にしますね。
      簡単にお答えしておきますと、患者さんの意識が完全にないときは本人は痛みがわかりませんので局所麻酔は不要です。
      ただ、本当に意識が完全にないのかは簡単にはわかりませんので、時間に余裕がある時は局所麻酔をするのが普通です。
      コードブルーでは、現場で処置をする際の多くは患者さんが昏睡状態で生死をさまよっていて、一刻を争うようなケースが多いので、局所麻酔はなしで妥当だと思います。
      病院で行う手術は、緊急手術であっても麻酔科医が入って、全て全身麻酔薬を使って完全に眠ってもらっています。
      全身麻酔と局所麻酔を混同している方も多いので、詳しいことはまた記事で説明しましょう!

      返信
  3. ぷーた

    最近、このサイトを見つけて解説を読んだあとにもう一度、一話から見たくなり録画を見直しています。
    気がつかなかったことが見え、より一層楽しくドラマを見れています。
    質問ですが、手術シーンで多量に出血が起こった際に手ですくい上げて取り除く場面を何回か見ました。
    サクションのような道具を用いて吸わないのはなぜですか?
    ずっと気になっていたのですが、このような質問の機会を作って頂けたので是非お尋ねしたいです。
    よろしくお願いします。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ぷーたさん
      コメントありがとうございます!
      多量の出血がある患者さんの手術で、血液を手ですくいあげる、というのは実は結構よくやります。
      手でやった方が速い、というのもありますが、それよりも、血液は時間が経つとゲル状に固まってきてサクション(吸引管)では吸えないという物理的な問題もあります。
      こんな、なさそうで実際にある手術のリアルな場面をまた記事でまとめてみたいと思います。

      返信
  4. りこ

    度々申し訳ありません。
    上記の私の疑問点に加え、
    以前、患者さんがどうして痛みを感じないのか医師に聞くと、アドレナリンが出てるから。と言っているのを聞いたことがあるのですが。(Third seasonではありません)麻酔と何か関係はありますか?

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      りこさん
      「アドレナリンが出ているから」とは何ともアバウトな回答をする医師ですね笑
      交感神経が興奮状態にあるから、という意味だと思いますが、それだけで痛みを感じない、というのは医学的にはあり得ないと思います。
      もちろん、感じにくくなることはあるかもしれませんが、麻酔とは直接的に関係はありません。
      局所麻酔薬は、痛みを感じる神経を直接薬剤でブロックして、神経の働きを抑える、というものですから、もっとシンプルな理屈ですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です