ブラックペアンで使われる手術器具を種類別、目的別に徹底解説!

ブラックペアンが放送されている時間帯に、このブログの中で必ずアクセスが集中する記事があります。

それが「コードブルー3の医療器具/用語を医師が全て解説|第6話までを振り返って」という記事です。

みなさん、ドラマ中で出てきた手術器具名や「医療器具 名前」などで検索されているようです。

しかしコードブルーは救急医療が舞台なので、残念ながら検索ニーズを満たしているとは言い難い記事になっていると思います。

たとえば今回の第2話で強調された「ドベーキー」という器具についても説明はありません。

 

そこで今回は、ブラックペアンで出てくる手術器具について簡単に説明しておこうと思います。

興味がある方は読んでみてください。

 

広告

鑷子(せっし)=ピンセット

まず手術に欠かせい器具の代表として「鑷子(せっし)」があります。

難しい言葉ですが、要するに「ピンセット」のことです。

不思議と医療現場では「ピンセット」という言葉を一度も使うことはありません

必ず「鑷子」と呼びます。

 

鑷子にはたくさんの種類があります。

たとえば先端に「鉤(こう)」と呼ばれる「カギ」が付いたものと付いていないものがあったり、溝があるもの、ないものがあったり、先がまっすぐのものや曲がったものがあったりします。

(左が鉤なし(無鉤)、右が鉤あり(有鉤))

 

長さや先端の細さも様々です。

また、消化器外科や心臓外科、形成外科など、それぞれでよく使う鑷子は違います。

 

たとえば「ドベーキー鑷子」は、先端がより細く、繊細な組織を傷つけずに掴むことができる鑷子です。

米国の心臓外科医の名前に由来しています(鑷子に限らず手術器具には、昔の外科医の人名がついているものが多い)

心臓外科で使うことが多いようですが、私たちが消化器外科手術で使うこともあります。

第2話では、渡海が脱落した人工弁を直接ドベーキーで手探りでつまみ出し、周囲の度肝を抜いていましたね。

 

ちなみに、医療者か非医療者かを見分ける方法に、「ピンセットを持ってもらう」という方法があります。

普通は、上から手をかぶせるように持ちますね。

医療者は決してこの方法では持たず、下からすくい上げるようにして持ちます

(左が間違い、右が正しい)

上から持つと自分の手が邪魔になって鑷子の手前の部分が見えにくくなるからです。

 

ビュッフェ会場で、サラダを取る人の手を一度見てみてください。

トングを下から持つようなイレギュラーな人がいたら、医療者である可能性が高いでしょう(トングくらいなら上から持つ人も多いですが)。

もう少し確実性が高いのは「ハサミを持ってもらう」ですが、これについては後述します。

(※医療者か否かを見抜く必要に迫られる場面は現実にはないですが)

 

鉗子(かんし)

鉗子(かんし)は、何かを把持したり(つかむ)、剥離したり(はがす)する道具です。

見た目がハサミに似ていて穴に指が入れられることと、ラチェットが付いているのが特徴です。

ラチェットとは、根元のギザギザのことです。

鉗子を閉じると、これが「カチカチカチ」と音を立てて閉まり、簡単には開かないようになっています

糸やドレーン(管)をしっかり掴んだままにしたい時や、血管をはさんで遮断したい時に自然に開いてしまうと困るためですね。

 

鉗子にも、先端の形状や長さ、細さによって非常にたくさんの種類があります。

たとえば代表的なのが、ペアンコッヘルです。

二つはよく似ていますが、ペアンは先に鉤(こう)がなく、コッヘルは鉤がある、という違いがあります。

(左がペアン、右がコッヘル)

写真は先端は曲がったものですが、まっすぐのものもあります。

ブラックペアンの佐伯教授のデスクの上にある黒いペアンは先がまっすぐですね。

原作の小説「ブラックペアン1988」の表紙にあるペアンのイラストは先が曲がったものが使われています。

 

また、先が細くて小ぶりなものは、「モスキートペアン」「モスキート」と呼ぶこともあります(モスキートコッヘルもあります)。

(写真の上がモスキート。一回り小さい)

モスキートはその名の通り「蚊」のことです。

小さなペアンやコッヘルを上から見ると蚊に見えるからです。

 

コードブルーでよく出てくる、太い血管を遮断するサテンスキー

小さな血管を遮断するブルドック

腸管をつかむアリス

組織を剥離するときに使うケリー

など種類は数え切れません。

組織の状態や目的に応じて、これらを使い分けています。

 

器械出しナースは、これらの道具名を全て覚えているだけでなく、器械が置かれた台(メイヨー台)のどこに何があるかを常に把握している必要があります。

外科医から道具名が飛んできた時に、大量の器具の中から即座に必要なものを手渡さなくてはならないからです。

リズムよく外科医の手に渡らないと、「遅い!」などと声を荒げる短気な外科医もいます。

よって器械出しナースは、術野を見ながら「次は何が必要か」を考え、予想できるものを手渡しやすい状態にしておきます

道具名を言われてから探したのでは間に合わないからですね。

慣れた器械出しと一緒に手術に入ると、定型的な手術なら、ほとんど何も言わなくても手を差し出すだけで欲しいものが手のひらに乗ります

この辺りは、コードブルーの冴島看護師がリアルですね(冴島は元オペ室勤務経験のある救急ナースという設定)。

 

外科医も、できるだけリズムよく道具をもらうため、必要になる2、3秒くらい前に道具の名前を発しておくのが大切です。

私は、たとえば、

「ペアン。次、メッツェンね」

「ケリー、クリップ、クリップ、ハーモニックの順ね」

というように、2手先、3手先までわかっている時は必ず道具名を前もって言っておきます。

スムーズな手術には、外科医とナースの協調運動が大切です

広告

 

剪刀(せんとう)=ハサミ

手術で使うハサミのことを「剪刀(せんとう)」と呼びます。

剪刀にも、とにかくたくさんの種類があります。

 

ブラックペアンでよく出てくるのは、先端が細くて、細かい組織を繊細に切ることができる「メッツェン」です。

正式名称は「メッツェンバウム剪刀」です。

剪刀にも、長さや先の細さ、形状などに様々な種類があります。

先端が丸くて太く、繊細な動きを必要としない時に使うハサミには、クーパーメイヨーがあります。

(上の写真はクーパー)

 

コードブルーの超緊急手術では、電気メスで丁寧に皮下組織を切る時間がないためメイヨーでザクザク切る、というシーンがあります。

傷の大きさや綺麗さより、目の前の命を救うのが優先だからですね。

一方、一般的な手術では、組織の硬さや目的、部位によってハサミを様々に使い分けています

 

ちなみに、ハサミの持ち方でも、医療者と非医療者を見分けることができます。

剪刀の正しい持ち方は、下の写真のように親指と薬指を穴に入れ、人差し指を沿わせて安定させます

これは二つ穴があいた道具は全て同じで、鉗子も同じ持ち方です。

普通は、薬指を一本だけ穴に入れることはしませんよね。

 

医師として働くようになってからは、普通のハサミも全てこの持ち方でないと使えなくなりました。

おそらく医療者はみんな、そうではないかと思います。

 

医療ドラマでは、俳優さんたちのこれらの道具の持ち方はたいてい正確で、基本的な道具の持ち方が変、というドラマを見ることはほとんどありません

せいぜい、ドクターXの大門未知子がハサミを一風変わった持ち方で持つくらいです。

<追記>
心臓外科、胸部外科の先生は大門持ちが多い、というコメントをいただきました。一般的な開腹手術ではやりませんが・・・。

 

糸の種類

最後は糸です。

糸にも、長さや太さ、素材で様々な種類があり、それぞれに名前が付いています。

「絹糸(けんし・シルク)」「PDS」「プロリーン」「バイクリル」などです。

体内に残しても溶けてしまう糸は吸収糸と呼びます。

 

裁縫であれば、毎回針に糸通しで糸を通しますが、手術で使う糸は、最初から糸の先端に針が付いているものが多いです。

糸の両側に針が付いている「両端針(りょうたんしん)」はコードブルーでよく出てきます。

 

この糸の名前の前に、太さを表す数字をつけるのが一般的です。

たとえば、「4-0(ヨンゼロ)プロリーン」といった具合です。

医師とナースがお互い糸の種類を承知しているときは「ヨンゼロ!」と太さだけを伝えるときもあります。

ブラックペアンではそうですね。

 

数字が大きいほど、糸が細くなります

7-0(ナナゼロ)、8-0(ハチゼロ)くらいになると肉眼では見にくくなり、ルーペやマイクロ(顕微鏡)が必要になります。

髪の毛よりもはるかに細い糸です。

 

ちなみにこれは「2−0シルク(絹糸)」です。

 

吸引(おまけ)

ドラマの手術シーンでは外科医が「吸引!」というシーンもよくありますね。

大出血が起こればもちろんのこと、わずかな血液でも術野はすぐに見えなくなるので、常に助手が吸引できれいにしておかなくてはなりません。

 

ただ、実は大して出血しなくても吸引は必要です。

手術中は、組織を剥がしたり切ったりしていると、じわっと必ず透明の浸出液やリンパ液がわいて来ます

これを定期的に吸引しないと手術が続けられません。

「吸引!」としばしば言われていても、たくさん出血している、という意味では決してないのですね。


というわけで、今回は手術で使う道具について簡単に解説してみました。

特に誰の役に立つ知識でもないと思いますが、知っていると医療ドラマがちょっと楽しくなるかもしれません。

これで、ドラマを見たみなさんの疑問が解決できたらと思います。

(※写真は全て私自身の私物です)

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」
「教えて!けいゆう先生」のコーナーで定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
プロフィール詳細はこちら

ブラックペアンで使われる手術器具を種類別、目的別に徹底解説!」への14件のフィードバック

  1. 草加市

    けいゆう先生

    今回も非常に面白い記事でした。ありがとうございます。

    ちなみに、僕自身、メッツェンはほとんど大門未知子持ちです。術野は2Dではなく、狭くて深いという3Dの要素が加わるので、心臓外科医や胸部外科医はこの持ち方をする人間がほとんどです。普通の持ち方をすると、肘をものすごい張り出さなければならず、見た目もすごくかっこ悪いしやりづらいです。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      草加市先生
      ありがとうございます!
      そうなんですね、私はVATS(ビデオ補助胸腔鏡手術)で呼吸器外科医が大門未知子持ちをしている姿を見たことがあるのですが、心臓外科の先生もやはり同じですか、私も専門医資格のため20例ほど心臓外科手術に入ったはずなんですが、恥ずかしながらどうも記憶があいまいです笑。
      ドクターXでは、大門は非常に視野のいい普通の開腹手術でもこれをやりますが、消化器領域ではほぼ厳禁といっていいレベルです。
      まあ大門が何科の医師なのかよくわかりませんが・・・笑

      返信
  2. 鈴木

    武矢けいゆう先生、初めてコメントさせていただきます。
    ブラックペアンの検索から来たのですが、どの記事も面白く、ここ数日で過去の記事もほぼすべて拝見しました。
    4-0(ヨンゼロ)のように、読み方を書いてくださるので、とても読みやすいです。コピペして読み方を検索する手間が省けます。
    また、ドラマとして誇張してある部分(治験コーディネーターなど)の解説は、誰もが知りたい部分だと思っていましたので、昨日の記事のような「ドラマと現実の違いくらいわかってる」という反応の方がいることに驚きました。

    前置きが長くなりました、スルーしてくださって結構です。質問は
    医療者と非医療者を見極めなければいけない場面はあるのでしょうか。ビュッフェのサラダトングから連想されるのは…。婚活詐欺師でしょうか、ということです。
    ヤフコメや知恵袋でも、本当にお医者さんなのかな?と思う書き込みはあります(笑)
    私は婚活はしておりませんし、病気でもありません。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      鈴木さん
      読んでいただきありがとうございます!
      自分の記事だけで全ての疑問を解消させるのが私の目指す理想です。
      「ドラマと現実の違いくらいわかってる」という反応の方は、実際ごくまれにいるんです。
      まあ訳知り顔で医師が解説しているのが気にくわないのだと思いますが笑、そういう方に限って「現実の誇張だ」と思って「誇張ですらないフィクション」を見抜けておらず、かえって危なかったりするのは日頃診療していてよく分かります。

      医療者と非医療者の見極めについては、私の説明に語弊がありましたね、すみません。
      これは半分はネタのつもりです。探偵が手のタコを見て職業を見抜く、のような話が医療者でもできたら面白いなと思っただけです笑
      医師でもピンセットやハサミを普通に持つ人はいてもおかしくはないと思います。
      逆に、こんなことをしなくてもニセ医師は5分くらい話せば見抜けると思います。
      ヤフコメや知恵袋は怪しいですよ笑。

      返信
  3. まさねこ

    ブラックペアン1,2話録画で視聴終わりました。渡海Drのキャラに圧倒されます。原作を読んでいない私はどのようにしてあの様な外科医に成長したのか彼の過去や履歴に興味が湧きます、少なくとも翔北救命センターに勤務していなかった事は確かでしょう(笑)
    コウノドリ、アンナチュラルと好感の持てる医療関係者のドラマが続いたTV局が真逆の企画をぶつけてきた様に思いますがここのブログの読者で無いと誤解を招きかねないないようですね。高階Drの逆襲に期待します。
    黙々と練習する世良Drが愛おしく見えて成長に期待します。コードブルーで藍沢がやっていたマッチ棒のタワーやピスタチオの殻の積み上げ本物の外科医の先生たちもおやりになるのですか?

    私が両親に躾けられたピンセットと鋏の持ち方はけいゆう先生と同じです、両親は洋服の仕立て屋でした。私は跡を継いでいませんので現在の仕立て屋さんがどの様に鋏を持つかは判りませんが、鋏の持ち方で医者だと思ったら実は違った職業だった、ミステリーの小ネタに使えそうです。(笑)

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      まさねこさん
      渡海先生のキャラクターは原作ではあれほどぶっ飛んではおらず(退職金1000万とか)、それなりに納得できる主張を持った外科医ですね。
      ドラマ受けを考えると、このくらい激しいキャラの方がいいのだと思いますが笑
      どんなドラマでも脚色によって誤解を招きかねないのは同じなんですが、今回かなり批判的な意見が高まっていることを見るに、医療現場においてセンシティブな話題は慎重に扱う必要があると感じますね。
      世良先生のような練習はしますが、マッチ棒のタワーとピスタチオの積み上げはやりませんよ笑 あれは藍沢先生がすごいだけです。
      ピンセットとハサミは洋服の仕立てをされる方もあの持ち方なんですか、それは全く知らず驚きました。
      確かに、医療に限らずどの分野でも合理的な持ち方ですよね。

      返信
  4. まさねこ

    治験コーディネーターの描き方SNSで批判的な意見が多数ですね、このプログが発端でTV局に1石を投じることが出来ればと良いですね。
    マッチ棒タワーは番組オリジナルでスタッフさんのスゴ技だったのですね(笑)
    私はラシャ鋏などの大きい鋏は穴に指2本入れるので普通の持ち方です、小さい鋏は先生と同じです子供が怪我しない為の親からの躾だったと思います、私は超超不器用なので「そんな持ち方だから鋏がうまく使えない。」と馬鹿にされています(泣、笑)
    以前書き込みしましたラジコン用サテンスキーは正しくはラジコン用モスキートですね、勉強になりました。写真の道具は先生の私物との事ですが、実際の手術にも使われる先生のコダワリの道具なのですか?

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      まさねこさん
      批判的な意見、かなり広まっていますね。私の記事など甘い方で、患者さんや医療関係者からはかなり厳しい意見が見られます。
      これまで何度も書いているようにドラマには「リアルさ」は要りませんが、ある程度の「慎重さ」は必要なのだなと改めて思わされました。
      ハサミの件、なるほどです・・・逆に不器用な方ほど安全に使える方法かもしれませんね。

      道具は、練習用に持っているシンプルなものだけで、実際に使うものではないですよ。
      実際に使うものは特殊な方法で毎回滅菌されているので、持って帰ったら怒られます笑

      返信
  5. かなちゃん

    今回は 手術器具がテーマだったので 懐かしく読みました。 オペ室ナースを卒業して(笑) もう15年近く過ぎたので いろいろ進化してるのかな〜って思いましたが ドベーキー以外は全部わかりました(笑)
    へガールは 他の医療ドラマでもよく登場しますが マチュウは ステープラーの普及ですっかり見かけなくなりましたね⁉︎
    メーヨー台にどう器具を並べるか いかに美しく並べるか 血のついた器具を受け取り その都度きれいに拭きながら並べる技を磨いてました(笑) もちろん展開を見ながら 医師からの要求を待たせずに ですよ(^^)
    でも、外まわりする方が多くなってしまったので 技を極めるまでには至らなかったです・・
    今でも 日常でハサミを人に渡すとき ついクーパーを渡す時のように 相手の手のうちにシュッと渡してしまうと いつも驚かれます(笑) オペナースの見分け方 ですかね(^^)

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      かなちゃんさんに比べると私のオペ経験などまだまだ浅いのですが、それでもたぶん鋼製小物は何年もの間変わっていないと思います笑
      ただ、腹部の手術ではエネルギーデバイスや腹腔鏡用のデバイスが日々進歩していて、1年でも様変わりしますね。
      今回は持針器は取り上げませんでしたが、マチューが減っているのはスキンステープラーの影響というより、吸収糸での埋没縫合が一般的になったからではないかと思います(他の科は知りませんが開腹手術では)。
      今は小さなへガールで細かく縫いますね。
      メーヨー台の上の並べ方次第でスピードは随分変わるんだろうなと思っていました。広い台にあれだけたくさんの道具があって迷いなく渡すのは大変ですよね。
      しかも無意識に、無言でふわっと手を出してしまっている時があって、そこで「えっなになに?」となる新人と、とりあえずそれっぽい道具を乗せてくるベテランの違いを感じるときがよくあります笑

      返信
  6. た(о´∀`о)

    妻が元オペ看の医療関係者です。いつも妻と医療系のドラマを見てはそんなアホなwとか、不潔と清潔がごちゃごちゃやー
    とかわいわい話しながら見てます。
    ドラマでも手術器具やオペの手技にリアルさがあると見ていてドキドキしますしカッコいいですよね(о´∀`о)
    先生のブログは自身も救急に携わっている為とても共感できますし非常にリアルな観点からドラマの解説をされていて勉強になります。
    さて、コードブルーなどのリアル系以外のトンデモ系の解説なども読んでみたいのですがw剛力さんが主演していたドクターカーとかwもし過去にされていたらすみません。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      そういう見方は楽しいですよね、清潔と不潔に関してはツッコミ出すときりがないので私は一度も触れたことはないですね笑(Twitterではよく話題になっていますが)。
      リアルなオペシーンは私も好きで、どんなところをこだわって作られているか、編集の仕方まで気になって見ていたりします。
      ドクターカーは私がブログを始める前のドラマで私は取り上げたことがありません。トンデモ感がすごい、ということで見ていませんでした笑
      どれだけすごいのか気になったりもするので、またチェックしておきます笑

      返信
  7. 広野椋

    けいゆう先生、
    こんばんは。
    ちょっと伺いたいことがあるんですが、第二話で出た黒崎先生のセリフ「ドベーキーで人工弁を…?弁に絡んでる心筋が見えてるというのか?」というのがあったのですが、
    それは渡海先生が眼力がすごくて心筋(の構造とか?)が見えるからドベーキーで捕まえることができるか、それともドベーキーを使ったら心筋が見えて捕まえることができるか、ちょっとわからなかったのです。

    そもそもドベーキーを使って弁を捕まえて取り出す発想は普通にありえるものでしょうか。
    よければ教えていただけないでしょうか。
    宜しくお願い致します。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      私は心臓外科は専門外なので、あの場面の正確な解釈は実は私にも難しいです。
      「ドベーキー!?」というセリフがあったように、鑷子(ピンセット)を心臓の中に入れて直接つまみ出す、という行為が異例だったので驚かれたということと、直接つまんで引っ張り出せば心筋を傷つけるかもしれないのに、これを神業で傷つけずに除去できた、ということがすごい、という描写ではないかと思っています(間違っていたらすみません…)

      返信

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。