ブラックペアン第4話感想|改造が許される寛容な治験と論文不正の謎

一般に、研修医のことを業界用語で「レジデント」と呼ぶ。

「レジデント」とは、「住人」という意味だ。

研修医は自宅に帰る暇もなく働き続けるため、「病院に住んでいるようなもの」という意味で今でもこう呼ばれている。

 

東城大病院では、中堅医師でありながら病院に「住んでいるようなもの」どころか、炊飯器を持ち込んで「本当に住んでいる」医師がいる。

天才外科医、渡海征司郎(二宮和也)である。

渡海の「住居」に訪れた花房看護師(葵わかな)には、親切に卵かけご飯をふるまうほど「住人感」は満載

勤務中に病棟を離れて医師の仮眠室に入りびたるなど、バレたら看護師長から大目玉を食らうどころでは済まないだろう。

むろん、そんな花房さんも病棟ナースなのかオペ室ナースなのか所属は不明であり、誰に叱られるのかはわからない

こういう設定は医療ドラマの「あるある」であって、見ていて面白い部分である。

 

ただ、ブラックペアンはエンターテイメント重視だけあって、臨床上重要な部分でのツッコミどころも多い。

しかしながら、ドクターXのように全体に漂う「コント感」は一切なく、至って真面目に進行するのが特徴と言える

「治験コーディネーター事件」も、岸部一徳さんが大金と一緒にメロンを渡していればこんな大ごとには発展しなかったわけだ。

そう考えると、医療ドラマの「バランス感覚」とは難しいものだと痛感する。

 

さて、これまで通り第4話の感想を気ままに書いたみたいと思う。

早々にネタ切れ感は否めないが、今回は機械の改造と論文の最高責任著者をめぐる争いについて、私の考えを述べておきたいと思う。

 

広告

さも簡単に登場する「新型スナイプ」

今回は、血小板や凝固因子が少なく血が固まりにくい上、不規則抗体を持つために輸血が難しい小児患者が登場する。

帝華大病院時代から担当していたこともあり、その患者さんには思い入れの深い高階。

何としてもスナイプで救いたいとシミュレーションを繰り返すが、今回もやっぱり「自分では無理」と渡海に頭を下げることになる。

 

問題はスナイプのサイズが大きすぎるため、いつものように心尖部からのアプローチができないことだった。

そこで渡海は、カテーテルを使って大腿静脈(足の付け根の静脈)からスナイプの人工弁装着システムを心臓まで運ぶという方法を提案。

設計図を取り寄せ、あろうことかスナイプを改造してしまう

「新型スナイプ」と名付けられた器具は、オペ室側もあっさり受け入れOKで、渡海は今回もすんなり成功させてしまう。

 

それにしても、思わず「スナイプ治験が進行中」であることを忘れそうな展開である。

前回記事の繰り返しになるが、治験の対象にするのは、十分に安全性が担保でき、かつ効果が期待できる患者さんでなくてはならない

ところが今回は、最初から成功率は「5%にも満たない」と分かった患者さんを治験の対象にする、という驚くべき展開。

さらには、まさかの

「小児」でもOK

「凝固異常」でも「不規則抗体あり」でもOK

あろうことか「器械は改造しても全然オーケイ!」と、もはや何の治験なのかさっぱり分からないレベルに達している

ここを「適応外です」と止めに入るはずの「治験コーディネーター」は今日も、

「全て当初の計画通りですか」

「治験をコーディネート」することはなく、佐伯とミシュラン星付きのラーメン屋で密会と来ている。

なかなか凄まじい展開である。

 

もちろん毎度のことながら手に汗握る面白い展開なのだが、回を追うごとにトンデモ度も加速度的に増している

エキサイティングであると同時に様々な疑念が次々に沸き起こるため、ある意味ジェットコースターに乗せられているような気分にさせられる。

素直に楽しめば良いのだが、なかなかそうもいかないのが医師の性である。

広告

 

論文の最高責任者の謎

高階執筆のスナイプ論文が、ついに日本外科ジャーナルに出版される。

佐伯(内野聖陽)に忠誠を誓ったように見せかけて東城大病院でスナイプ症例を稼ぎ、結局寝返って帝華大の西崎(市川猿之助)の名前を最高責任者に載せた高階。

しかし衝撃的なのは、論文の著者として名前が載るはずの彼らが、雑誌を開くまで自分の名前の位置を知らなかったことだ。

 

近年、論文不正が話題になって久しいが、この不正の例として「ギフトオーサーシップ」というものがある。

Wikipediaの「科学における不正行為」にある文言がわかりやすいので引用しよう。

(ギフトオーサーシップとは、)論文の成立に直接貢献していない者が、あたかも「論文の共同執筆者」であるかのように名を連ねる(自身の名前を書き足す)という不正行為。

研究室の責任者の立場にいる者などが行うことが多い。

これは、立場の強い者が政治力を行使して名を表示させるケースだ。

今回のドラマで佐伯や西崎が行なった行為を見て、「大学病院『あるある』だ」と思われた方がいるかもしれない。

だが、さすがにこれは「あるある」を超えた「ただの不正行為」ということは強調しておきたいと思う。

 

私たちも論文を書くときは、「責任著者を誰にするか」を決めることになる。

一般にこの著者のことを「corresponding author(コレスポンディングオーサー)」と呼ぶ。

一方、論文を実際に書く高階のような医師は、「first author(ファーストオーサー)」と呼ばれる。

著者の中で先頭に名前が来る人のことだ。

 

論文執筆の際は、コレスポンディングオーサーはファーストオーサーの指導的立場であることが多く、頻繁にやりとりしながら一緒に論文を完成させていくのが一般的である。

また著者に名前が並ぶ医師たちは、コレスポンディングオーサーを含め全員が原稿を読み

「ここはこんな表現に変えた方が良いのではないか」

「この統計解析はこちらの手法を使った方が良いのではないか」

「考察にはこういう記載を追加した方が良いのでないか」

と助言を加えながら論文の完成度を高めていく。

あるいはファーストオーサーが論文を書きなれている人であれば、完成した時点でコレスポンディングオーサーを含む著者全員が目を通し、投稿にこぎつける。

 

むろん投稿してもすぐに受理されるわけではない。

査読(いわゆる審査員による審査)があり、「修正依頼(リバイズ)」で返って来ればさらに論文を練り直す

この際も、著者全員がその状況を逐一把握し、一緒に論文の修正を行う。

そして再投稿の末ようやく受理され、さらにその後出版までの数ヶ月の時を経て、ようやく雑誌に論文が掲載される

著者に名前を連ねる人はこの間、何らかの形で論文作成に貢献することが求められる。

 

よって雑誌を開いて「こんなところに私の名前が!」というようなことは、現実には起こり得ない。

これだけの長い過程の間、コレスポンディングオーサーとなりうる人が論文作成を手伝っていないどころか、

「自分の名前がどこに書かれるかも知らなかった」

という状況が周囲に知れれば、大学病院の立場はかなり危ういということである。

医療ドラマにおける「大学病院内の権力闘争」は定番となっているが、さすがにここは強く主張しておきたいと思う。

 

というわけで第4話の感想はこれにて終了。

毎回楽しく視聴していることは強調しておくが(そもそも面白くなければ毎週見ない)、やはりツッコミを入れずにはいられない。

「ウザい奴だ」と思われるだろうが、来週も全開で突っ込んでいく所存である。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」で定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
プロフィール詳細はこちら

ブラックペアン第4話感想|改造が許される寛容な治験と論文不正の謎」への16件のフィードバック

  1. どらみ

    けいゆう先生おはようございます^^
    今回も、たのしく読ませていただきました♪
    けいゆう先生の記事を読みたくて、録画したブラックペアンを当日中に視聴しています!
    絶対に視聴率アップに貢献していると思います!
    (TBSからメロン一箱まだ届いていませんか?)w

    トンデモな医療系ドラマであることは、素人でもわかります。
    「ドラマやな~」と突っ込めるところがあるから、ドラマは面白いんですもんね。
    すべて実話通りなら、そんなドラマチックな展開にはならないですよね。

    これからも、記事を楽しみにしています!
    お忙しいとは思いますが、頑張ってくださいね!
    きっと、反響が楽しみで筆も進むのではないかと勝手に想像しています^^

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ありがとうございます!
      ブログのおかげでドラマが楽しくなる、ドラマを見ようと思う、という方がいらっしゃるのはすごく嬉しいことです。
      おっしゃる通りで、基本はトンデモ感も含めて楽しむのがドラマだと思っていて、ただ、見る人によってどこまでが真実でどこからが虚構かの認識の違いはあると思うので、多くの人のニーズを満たすのは難しいと思います。感覚的に、臨床現場を描く上でこれはちょっとやりすぎなんじゃないかと不安になるものは書く、という感じですね。
      反響は嬉しく、書くモチベーションになる一方、毎週同じ日に、なるべく早く、かつ楽しめる記事を、というプレッシャーもあり、ドラマ以外の記事をマイペースで書く方が気楽だったりします笑

      返信
  2. たむちゃ

    けいゆう先生はじめまして。
    ブラックペアンを楽しんでいるのですが、先生のブログのおかげで違った面からも楽しめています♪

    4話の論文の末尾について、お恥ずかしながら意味がよく分からず、テレビをみたときは結局2人の教授の名前が書いてあったので、プラスマイナスゼロ的な終わり方なのかと思った次第です。
    でも佐伯教授が怒り暴れ、けいゆう先生のブログをみて、やっと西崎教授のポイントになったのだと理解できました。

    とはいえ、佐伯教授の名前も一応?載せた意図はどういうものなんでしょうか?
    とりあえず書くって約束したから書いたよ?ってことですか?
    お時間あったら教えていただけるとスッキリ(笑)するので嬉しいです。

    ブブログの更新楽しみにしています♫

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ありがとうございます!
      実は最初私も、二人の名前が大きなフォントで書かれていたので、同列に扱ったのかなと誤解しました。
      論文の著者は複数いるのが普通で、人の多い大学病院だと一つの論文に著者名が10人並ぶ、ということもよくあります(雑誌によって著者数の上限が定められています)。
      また、著者名は全員同じ大きさの文字で書くのが普通で、ドラマのように3人だけ大きなフォントで書く、というようなことはなく、これは見た人に分かりやすくするための演出です。
      高階先生は、もとから西崎教授の名前も佐伯教授の名前も著者の欄に書くつもりで、「どちらを最後にするか」を問題にしていた、ということですね。
      佐伯教授は、一瞬自分の名前が最後のように見えたのが、よく見たらその下に西崎の名前が!という流れだったのだと思います。

      返信
  3. 林檎

    けいゆう先生、今回もドラマの解説をありがとうございます。

    医療ドラマが大好きな私なのですが、ブラックペアンは「なんでやねん!」と思うことが多くて、最終回まで観ないかも…と思ったりしています(汗

    今は、先生のブログを読んで、先生の書いて下さっていることを理解したいから、録画を観ているという感じです(笑)

    コメントで読者の方が「けいゆう先生がドラマの視聴率アップに貢献している」と書かれていますが、本当にその通りだと思います!

    私は、ドクターXはトンデモ度が高くても、「これはドラマだし、エンターテイメントだもん」と思えたのですが、ブラックペアンはみんな暗いし怖いし、何より私自身が患者の立場としてドラマを観てしまうので、ブラックなエンターテイメントを楽しむ心の余裕が無いのかもしれません(汗

    だから、先生が解説をして下さることで、「リアルな現場はこうじゃないんだ!良かった!」と、とても安心できるんです。

    それにしても、嵐の二宮君は演技が上手ですね!
    二宮君は大好きなのに、ドラマの中の渡海先生は怖く感じて、渡海先生は「歌って踊れてMCもできるあの二宮君だ」ということを忘れてしまいます。

    けいゆう先生がTwitterで「ジャニーズの俳優さん達のファンの皆さんは、言葉も丁寧で、礼儀正しくて、とても優しい」というような投稿をされていましたが、私も本当にそうだなぁと思いました。

    あの格好良い二宮君が、こんなにブラックな役にキャスティングされても、ファンの方はそれを見守るだけでなく、どんどん応援したり、二宮君の演技の幅が広がると肯定的に捉えていらして、本当にすごい愛情だなと感じています。

    また、先生の誠実なお人柄が二宮君のファンの皆さんに伝わることがとても嬉しいです。

    けいゆう先生のおかげで、私は二宮君が大好きになりましたし、プロの方にとっては「言わなくても分かるでしょ」的なことを、先生のブログを読んで「そうなのか!」と安心材料にしている私のような読者もいますよ(笑)

    また来週の解説を楽しみにしています!

    (長くなってすみません)

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      実を言うと私も、ブログをやっていなければ見ていないかもしれません・・・訴えるべき注意点の多いドラマなので、ブログで解説するのをひとつの仕事と捉えて見ているところはあります。
      おもしろ系で行くか、リアル真面目系で行くかがやや中途半端なところがあり、前者と捉えられない人は患者をモノとして扱うような怖さを感じると思います。
      もう少し慎重にいかないと批判の的になるだけで、もったいない気がしますね。あの大門でも患者思いであることは間違いなかったので。
      twitterで書いた通りみなさん寛容というか、知識欲があって書き甲斐がありますね。
      林檎さんのように楽しみにしてくださる方が大勢いるので、これからも頑張りますよ!

      返信
  4. きんもくせい

    けいゆう先生

    今回も、高階先生が不憫でかわいそうでした・・・。
    挽回を期待したいです。

    私は大学病院を受診したことがないのであくまでもイメージですが、大学病院=最先端の治療のために多くの治験を実施し、論文を多く書いていると思っていました。
    (もちろん、総合病院に勤務されている医師の方々も論文を書いていると思っていますが)

    大学病院で出産した知人は、研修医がたくさん見学に来て恥ずかしかったと言っていましたが、研修医の皆さんの経験のためには必要なことだと受け入れたそうです。

    ドラマは誇張だとしても、大学病院は敷居が高く一般人にはわからない独自の世界がありそうです。

    来週の予告では、ダーウィンという大きな機械が登場するようですね。
    先生の解説を楽しみにしています。

    余談ですが、私の住む地域では夕方コード・ブルーの再放送をやっています。
    映画が7/27に公開されるのでその宣伝のためでしょうが、まだみんなが初々しくて懐かしかったです。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      みなさんの大学病院のイメージはたぶんドラマによって影響を受けているのではないかと思います。
      先端治療はもちろんそうですし、論文執筆もおっしゃる通りなんですが、それほどお堅いイメージはないし、敷居が高い印象を持つ必要はないと思います。
      普通に家が近いからそこを選ぶ、という動機で大学病院にきている人もたくさんいますしね。
      心臓のロボット手術にはもちろん詳しくはないですが、ロボット手術自体には何度も外科医として参画しているので、ためになる情報が書けそうなら書きますね。

      返信
  5. はらいた

    初めまして。私も生命科学系の論文を書いたり読んだりすることは多いのですが、ドラマを観て、著者をあんなふうに最初と最後のページに分けて書く論文は見たことがない‥と気になって、このサイトに行き付きました。
    そこから派生して、コードブルーの解説や、病院で働く人にまつわるコラムなど、とても楽しく学びながら読みました。

    丁度、昨日、病院にかかり、私が製薬メーカー勤務と気付いた先生から、薬の名前や標準的な治療方法をある程度知っているという前提で説明をされて(よくあることなのですが、臨床に関わる仕事ではないので、標準的治療法や他社の薬の名前はわからないものが多いです。先生は、途中から補足してくれました。)、臨床方面は専門外とはいえ、薬学関係に身を置いてもう20年近くになるし、最近は仕事で臨床系の人と話す機会も増えており、もう少し知識を身に付けたいなと思っていたところでした。今回の治療の説明に関しても、ネットで調べてみたら、普段から健康に役立ちそうな情報が誰にでもアクセスできるところに沢山あることに気付き、私はあまり知らないなぁと思いました。そんなわけで、医療系のことをもう少し踏み込んで理解するいいきっかけになりそうです。

    研修医が最初にプライマリーケアを学ぶべき、という話も、自分の仕事につながるところがあり、今、ちょっと我慢をして身に付けようとしていること(これまでの専門とは異なる、私にとっては新しい基礎的なスキル)について、下がりかけていたモチベーションを取り戻せました。

    これからも時々、こちらのサイトを訪れようと思います。楽しみにしています。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      コメントいただきありがとうございます。
      おっしゃる通り、著者の書き方はドラマの演出ですね。自然科学の論文では医療系も含め著者は普通に並べるだけですからね。

      ご存知のようにネット上にはたくさんの情報が簡単に手に入るようになっています。
      その反面、間違った、信頼性に乏しい文章もたくさん転がっており、注意が必要と感じています。
      そうした動機から、私はブログで正しい情報を伝えたいなと思い、たくさんの記事を書いてきました。
      ぜひ、色々な記事を読んでいただければ嬉しいです。

      返信
  6. まさねこ

    けいゆう先生こんばんは、私も先生のつっこみを読むためにブラックペアンを視聴している者の一人です。とんでもドラマとして視聴していますので、新型スナイプの件は新たに現れた怪獣に対して既存の武器を改造してヒーローとサブが協力しあって倒す、特撮物のノリみたいだなと見てました。笑
    原作も読了しました、各キャラのセリフはドラマで演じている役者さんの声に脳内変換されるのですが、高階先生だけはなぜか林隆三さんに成ってしまいますが(小泉さん御免なさい)私も好感のもてるキャラですのでドラマの中でも活躍に期待しています。
    ドラマのせいで医療に不信感を抱く人が現れないことを願います。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      おっしゃる通り、最高のブレーン高階と、渡海のやりとりはかっこよかったと思います。
      というか、全くキャラは違うけれど腕は互角の二人が、こんな風にライバルとして張り合いながら時にチームとして患者を救う、というドラマを見たかったと思いました。
      渡海は人格的に「難あり」なキャラなので、ワントップにしない方が良かったのではないか、と思います。
      高階は腕が頼りない上に、キャラも若干ねじ曲がっていて残念ですよね。

      返信
  7. ninja

    原作は心臓外科の話ではないらしいし、だから「スナイプ」は原作では心臓弁の手術用の器具ではなかった、、と聞いていくと、これは「優良な原作がある迫真の医療ものドラマ」としてではなく「ドクターXのような医療エンターテインメント作品」だと考えれば楽しめるドラマなのだと思います。医療従事者なら見破ることができるけれど私のような素人が誤解すしやすい「虚構部分」をけいゆう先生のブログを読んで理解しながら楽しめばいいのだと、頭を切り替えることにしましょう。そう考えたらドラマ・ブラックペアンをもっと楽しめるのだと思います。他にも「それ嘘やん」と突っ込みたくなるドラマが多い(突っ込みたくならないドラマがない)のだから、原作と違うかどうかはもう考えないことにします(原作は読んでいないのにw)。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      おっしゃる通りだと思います。
      まあ原作はあってないようなものですし、原作と全く違うストーリーでも面白いドラマはいくらでもありますからね。
      二宮さんの演技は素晴らしいし、個人的に内野聖陽さんは家康役の印象が強くてかなり好きなので、それを見るのも楽しんでいます。

      返信
  8. TOM

    このドラマに限らず、論文の取り扱いって、一般にはよく知られてないんでしょうね。査読の制度もよく理解されてないことが多いですし、編集者に必要以上の権限があるように描かれたり。。。
    あ、もちろん学術雑誌でも編集者に掲載の最終権限があって、著名な論文でも編集権限で査読なしで掲載された例もありますが、あくまで例外ですからね。
    後、論文は確定した論理ではなくて、著者が見つけた事象を世に問うて、批判を受けるためのもの。ってのも研究者以外には理解されづらいかもしれませんね。
    研究者の夢「ネイチャー」「サイエンス」への掲載でさえも、同じですね。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      その辺りの微妙なニュアンスは、サイエンスに関わっていないと理解しづらい部分だと思います。
      一方で、お金をもらって書く依頼原稿や、エディターに権限のある査読無しでの掲載といった、ごく例外的な事例だけを取り上げて誇張することで、誤解を招くといった描き方もありますね。
      まあ論文に限らず、テレビで例外だけを取り上げると、例外であることを知っている人以外は「それが普通だ」と思うものです。
      テレビ側は、批判が来れば「実際あるじゃないか」と言い返せば終わりです。なかなか難しいものです。

      返信

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。