ブラックペアン第5話感想|手術ロボット「ダーウィン」に抱く違和感

ブラックペアンが恐ろしいのは、筋書きは「トンデモ」(=エンターテイメント重視)なのに、妙なところは「本気のリアリティ」を突き詰めているところである。

第5話では、手術支援ロボット「ダーウィン」が登場するが、その手術シーンは本物さながらのリアリティ

それもそのはず、世界的に使用されるインテュイティブサージカル社の手術支援ロボット「ダヴィンチ」の実物を使用しているのだ。

サージョンコンソールに座って操縦する術者の動き、アームの準備や鉗子の挿入動作、全てに置いて「ホンモノ」である。

ところが、トラブルの起こり方とその対応、全編を通したロボット手術の扱いが「トンデモ」であることはいつもと変わらない。

 

ドクターXの手術支援ロボット「コロンブス」のように、大スクリーンの前に座った世界的権威ジャイケル・マクソン教授が、アメリカから大陸横断テレサージェリーを行い、ひとたび出血したら、

「オー、カモーン!」

「グッドラック!(あとはよろしく)」

と言ってくれる方が、見ている医療者としては「嘘臭くて安心」である。

 

やはりこうなるといつものように、

私たちは実際にロボット手術をどのように行なっているのか?

どこまでがリアルで、どこからが虚構か?

ということは書いておきたいと思ってしまうもの。

むろん心臓外科領域に関して私は素人なので、手術の詳しい部分は解説できない。

ただ、ドラマを見た人は必ず「ロボット手術」として一元的に捉えるため、ロボット手術に参加経験のある外科医の視点から現状を説明しておきたいと思う。

 

広告

ロボット手術はもはや一般的

第4話で新型スナイプによって僧帽弁手術を行った高階(小泉孝太郎)の患者、島野小春さんが心房中隔の感染を起こしてしまう。

もともと凝固異常があるため開胸手術は不可能であり、佐伯教授(内野聖陽)と渡海(二宮和也)は手術は難しいと判断する。

一方の高階は、

「小春ちゃんを救う方法が一つだけあります!」

いつものように人差し指で「1」を作り

「ダーウィンです!」

とロボット手術を提案。

高階のこのポーズに何度も騙されてきた視聴者としては「もうええわ」と言いたいところだが、「帝華大からレンタルOK」というトンデモルールが適用され、東城大でのダーウィン手術が実現する。

 

スナイプ論文取り下げで高階に恨みのある西崎(市川猿之助)は、執刀医に帝華大の松岡を指名。

「さあショータイムの始まりだ!」

などとジャイケルマクソンばりにイキがっていた松岡だったが、手術中にトラブルが発生、アームの干渉によって出血し、収拾がつかなくなってしまう。

ここでいつものように天才外科医、渡海が登場し、見事にリカバリー。

無事、手術は終了し、松岡は帝華大での立場を失ってしまうのだった。

 

まだご存じない方も多いかもしれないが、ダヴィンチを用いたロボット手術はもはや「新しい手術」ではない

昨年度までは泌尿器手術のみの保険収載だったが、2018年4月に保険適用が拡大

消化器外科、呼吸器外科、婦人科の12種類の手術に一気に保険適用されることになった

すでに先月の時点で直腸がんに対するロボット手術はこれまでの3倍に増えており、今後さらに手術件数は増えていくと予想される。

心臓外科ではまだ例外的とはいえ、デモンストレーションでの、

「おー!あんな小さなお米に文字を!」

のような雰囲気は今では時代遅れ感は否めず、

「コメは食うもんだろうが」

という渡海のリアクションが普通である。

よってこの記事を読んでいる皆さんも、ダヴィンチが導入されている病院で普通にロボット手術を受ける可能性はあるということだ。

 

また、ロボット手術のエース松岡が起こしたトラブルは、あまりにもお粗末

今回は、小児の小さな体に合わせた準備を行わなかったため、アーム同士がぶつかってしまったことが失敗の原因とされていた。

 

そもそも「アームの干渉」は、大人の手術でも日常的に起こる「トラブルとは呼べない程度の出来事」であることは強調しておきたい。

もし現実にああいうことが起こればどうするか?

助手「あ、先生、2番と3番、干渉してます」

術者「おーすまんすまん、一旦元に戻すわ。思ったより狭いねぇ」

で話は終わりである。

実際にはトラブルでも何でもないことで大騒ぎが始まるのは、何とも奇妙に見える。

 

術者が座るコックピットのような部分を「サージョンコンソール」と呼ぶ。

サージョンコンソールに座った術者は、画面を両目で覗き込んで手術をする。

術野は3D映像でよく見えるが、体の外は見えないため、全アームの位置関係を常に把握しておくことが難しい

よって必ずロボット手術を理解した助手が数人、患者さんのそばで手術に参加する。

アームの状態を確認したり、ロボット用の鉗子を付け替えたり、追加で一本鉗子を入れ、マニュアル操作で手術を手伝うこともある

したがって、ロボット手術に入るためには助手もトレーニングコースを受け、資格取得が必要である。

 

むろん視聴者はロボット手術を知らない人が大半と思われ、「知らなければ十分楽しめる」内容ではあったと思う。

ただ、せっかく本物を使うなら「完全な虚構」にしてしまうより、時代背景も含めて本当に起こりうるリアルなトラブルを描いてほしいと思ってしまう。

やはり素直に楽しめない外科医の性である。

広告

 

「ロボット対人間」という嘘の構図

今回は、

「ロボットの技術は人を超えるのか?」

というテロップが入り、

「外科技術なんていらない時代がくるんじゃないか」

「ロボットなんかに負けるかよ」

というセリフで「ロボット対人間の対決」を全編にわたって表現した筋書きだった。

もちろんこの構図はドラマ的には面白いのだが、実際の臨床現場での手術支援ロボットの扱いとは随分違う

 

実際の手術支援ロボットは、

アームに関節が付いているため、鉗子の動きの自由度が高い

手ブレ補正が効くため、細かい操作が安定しやすい

といった点で「手術を少し便利にする道具」という位置付けに過ぎない。

 

そもそも人間が座って操縦する以上、手術が下手な人はロボットを使っても下手

上手な外科医ならロボットを使わなくても手術は上手い

道具なのだから当然のことだ。

勝手に手術してくれるロボットがいるなら「ロボット対人間の対決」でしっくりくるが、そもそもロボットはそういうコンセプトでは作られていない。

「手術支援ロボット」という呼び名がそのコンセプトそのものであり、外科医の動きを「支援する」ツールに過ぎない

現実的でない「ロボット技術のあおり方」は、本物のダヴィンチを使っているだけにかえって違和感のあったポイントと言える。

 

心臓手術に対するロボット手術はまだ最先端なのだと思うが、前述の通り、その他の多くの臓器で一般的な手術になりつつある

また、心臓以外の胸部、腹部手術において、3D映像や小さな傷は、胸腔鏡、腹腔鏡でも普通に可能であり、ロボット特有のメリットではない

我が国ではロボットのない病院でも外科医が安定した手術を提供している、ということは、みなさんが不安にならないよう強調しておきたいと思う。

 

毎度散々ツッコミを入れているが、渡海は、

「このぐらい当然だよ、医者だからな」

人間的な一面も見せつつあるし、高階はついに本領発揮、その腕が確かであることを見せつけてくれ、腕のいい外科医たちがタッグを組んで患者を救う姿は、見ていて素直に気持ちいい。

治験を「コーディネートしない」治験コーディネーターの、

「一流同士の喧嘩だなんてゾクゾクするじゃないですか」

という意味不明なセリフ以外は、今回も楽しく見させていただいた。

来週の放送も楽しみである。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」
「教えて!けいゆう先生」のコーナーで定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
プロフィール詳細はこちら

ブラックペアン第5話感想|手術ロボット「ダーウィン」に抱く違和感」への14件のフィードバック

  1. 草加市

    けいゆう先生

    先生がおっしゃっている通り、

    ロボットは外科医を支援しているツールに過ぎない点
    そしてロボットでできる手術は普通に胸腔鏡、腹腔鏡でできてしまう点

    にすべてが尽きると思います。自分はアメリカでの一般外科レジデント時代に直腸手術を、そして縦隔腫瘍、肺葉切除を数例ダヴィンチで手術した経験があり、先生がおっしゃっている上記の2点以外ロボットは何者でもないことは、当時研修医の自分が感じた正直な意見です。今自分が働いている病院にロボットは何台もありますが、自分はまったく使いません。心臓手術に関しては、必要がまったくないのと、コストが異常にかかり、患者集めの宣伝以外、何も意味がないからです。怒られますかね、ここまで書くと。でもそれが事実ですし、隠してもしょうがないです。

    心臓に関して、一部ダヴィンチを使った手術が行われています。特に僧房弁が一番メジャーでしょうか。100歩ゆずって僧房弁だったらロボットでやってもまあいいかな、くらいです。冠動脈バイパス手術でもロボットは使われていますが、特殊な吻合器を使って血管吻合している点あまりイケテなく、心臓の裏側(回旋枝の枝など)は吻合器でも難しく、吻合数が少ない1枝や2枝のバイパス手術にほぼ適応は限られていると思います。

    最も大切なことは、ダヴィンチにせよ、小開胸心臓手術にせよ、決して低侵襲手術ではなく、傷が小さいという意味しかありません。ドラマでは完全に無かったことにされてしまってましたが、ダヴィンチを使っても、心房中隔のプラグを除去し、中隔を閉じなおすには、人工心肺を使用し、心臓を止めなければならないことに変わりはなく、小さな傷を通して同じ心臓手術をしなければならないという意味では、低侵襲手術どころのさわぎではなく、スーパー高侵襲デンジャラス手術以外のなにものではありません。視聴者が勘違いしないことを、心より祈ります。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ダヴィンチに対する考え方は、私は先生と全く同じです。
      心臓手術については確かに、患者さんの負担が決して小さいわけではないんですね。
      私自身、心臓手術にダヴィンチをどう生かしているのか想像もつきませんでしたので、今回先生のご説明をいただけて大変ありがたいです。

      一方、消化器手術に関しては、心臓手術と違って人工心肺がありませんので、「腹腔鏡(胸腔鏡)と同じくらい低侵襲」という位置付けです(あくまで同レベル。傷の大きさはダヴィンチの方が少し大きいです)。
      あえて腹腔鏡でできることをロボットでやる必要はないかな、とは私は思いますが、最初からロボットを取り入れた方が手術の上達が早く教育的効果もある、という意見もあります。
      それも一理あるとは思うので、今後どのように普及していくかは楽しみな部分ではあります。

      返信
      1. 草加市

        けいゆう先生がおっしゃる通り、あくまでドラマなのでムキにならずに楽しむことが大事だと思います。

        ロボットのアームの干渉という初歩中の初歩のトラブルでなぜか手術不能になってしまうとか(アームの角度を変えて1分以内で余裕で手術続行可能)、ダヴィンチで傷が小さいから出血も少なく手術可能とか(傷の大きさによる出血はどんな出血傾向の人でもまったく問題にはならない、問題は心臓自体からの出血)、出血傾向が問題だった設定だったのになぜか造血剤で自己血貯血オッケーになってしまうとか(自己血では止血能にはまったく意味がない)、小児患者にスナイプ(スナイプは生体弁なのでもって10年、若くて僧房弁ポジションの生体弁なのでおそらく5-6年が関の山で、残念ながらまだ彼女が成人にもいかぬうちに再手術が必要)とか、「医学的には話にならないレベルの低さ」でも、ツッコミは心の中にとどめておくことが大事です。

        返信
        1. けいゆう 投稿作成者

          まさしく先生のおっしゃる通りで、全部書いていたら一本の記事では収まらないくらい、信じられないほどツッコミどころ満載です。
          2階席まで色々な職種のスタッフが満席で手術見学をするシーンも、私はあまり笑えません(そもそも笑わせることを想定していなそうな所が少し不気味でもあります)
          いろんな人に読んでもらうことを想定しない自分の日記なら、1万文字くらい書きたいです笑
          たぶんそれを読みたい人もいると思うので、先生からの冷静かつわかりやすい心臓外科的視点からのコメントは非常に嬉しいです(私も勉強になりますので)。

          記事をアップした直後から翌早朝までに2000人近くが読んでくださるので、記事アップまでのスピード感と、読者の希望の最大公約数を取るのが重要と思っています。
          放送終了後は、どのポイントにツッコミを入れれば楽しく読めるか、がんばって考えている感じです。
          多分テーマが原作通りの消化器外科なら、もっと面白い記事が書けたと思います。
          ロボット手術については記事にしたいなとこれまで思っていたので、現実との乖離は激しくてもドラマで取り扱ってくれたのはいい機会だったかもしれません。

          返信
  2. 鈴木

    このブログ、本当にすごいですよね〜。けいゆう先生の解説に加えて、先にコメントされているダヴィンチ手術経験ありの方、そしてtwitter(フォロワー増えてますね!)で繫がってる方の意見まで、面白くてこんな時間まで読んでしまってます。

    ダビンチの存在はドキュメンタリーか何かで見て知っていたのですが、AIのワトソンと混同してしまい、ロボットに学習させれば自動で手術できるのかと思ってしまいました。東城大の先生のリアクションも最先端の技術に驚いていたように見えましたし。
    ワトソンについては先生の過去記事で確認してきました。
    解説してくださるブログは本当に貴重です。ありがとうございます。

    手術ライブビューイング、お米に字を書いたり、治験をコーディネートしないコーディネーター。いろいろ楽しいですが、それ以上に先生のブログが楽しいです。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      Twitterは3月末頃にようやくまともに運用し始めたんですが、twitterは拡散力が高いので、色々広めてもらえるのが嬉しいです。
      コメント欄でのやりとりでも自分にとって新たな発見になることは多いので、有意義だと思いますね。
      ダヴィンチについては、鈴木さんと似た認識の方は多いと思いますよ。「ロボット手術」という言葉が、そんな印象を持たせる言葉です。
      今回はドラマ史上初、本物のダヴィンチを使ったそうですから、もう少し上手く生かしてほしかったなぁという感じですね。
      まあ来週以降も出てくるようですから、楽しみにしています。

      返信
  3. ミカぢる

    けいゆう先生お疲れ様です。ブログ、いつも興味深く拝見致しております。

    私は以前、民間のまぁまぁ大きめの病院のオペ室で術前の準備や
    後片付け、物品補充のバイトをしてたのでダヴィンチは週一くらいで
    (泌尿器科手術)見てました。流石にこれには触ることは許されてませんでしたが、やはり
    凄いなとは思ってました。

    前置きが長くなりました。ここからお聞きしたいことです。
    あれって低侵襲のはずなのに皆さん必ず術後はICUへ向かいます。
    手術時間も長いし。
    本当に2〜3日で退院できるのでしょうか??

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      腹部の手術に関していえば、侵襲、すなわち患者さんへの負担、という観点では、腹腔鏡手術もロボット手術も同じです。
      手術時間が長いのは、ロボットの準備やドッキングに時間がかかるからですが、慣れた施設では腹腔鏡と時間はほとんど変わらなくなっています。
      術後ICUに行くかどうかは、術式次第、あるいは病院、科のルール次第、というところがあります。
      どの病院でもロボットならICU、ということは全くありません。
      退院までの日数も術式次第です。胆のう摘出のような手術なら2、3日、胃がんや大腸がんなら1〜2週間が一般的ですが、これもロボットと腹腔鏡に大きな違いはありません。

      返信
      1. ミカぢる

        先生、このど素人にコメントありがとうございます!
        ダヴィンチオペは泌尿器科限定で前立腺腫瘍摘出ばかりでした。ICU行きは病院のルールっぽいですね。

        自分、腹腔鏡の胆嚢摘出手術を受けたことあるのですが2〜3日どころか感染起こしてしまって
        3週間かかりました。↑とは、また違う病院です。

        返信
        1. けいゆう 投稿作成者

          そうですね、ほとんどの病院が「前立腺ばかり」という感じだと思いますよ。
          これから徐々に他の領域が増えるでしょう。
          病院ルールで、この手術は全例ICU、というのはありますね。
          病棟との取り決めだと思います。
          一方胆石の手術は現在9割以上が腹腔鏡ですね。

          返信
  4. ブラックスワン

    ゼプシスの患者さんから自己血ってどうなんでしょう?しかも用意してること手術チームに隠してるし。あの大学、3つくらい事故調査中委員会立ち上がって、試験中止どころかオペ禁止になってると思いませんか?結局高階の暴走で、二教授のダメージは底辺まででしょう。
    あと、撤回は、共著者全員の同意が要りますよね。撤回で両教授共倒れ。
    突っ込みどころ満載でした。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      すべて同感です笑
      ありえないと思いますよ。科としてオペ中止でしょう。その前にマスコミが報じます。
      手術チームのメンバーに、手術当日まで主人公が奥の手を隠すのは、トンデモ系医療ドラマでは定番中の定番です。
      「その手があったか!」というやつですね。ドラマだったら面白いのでOKです。
      現実には治療方針は事前にカンファレンスで共有しますから、そんなことはありえませんが。

      返信
  5. ふくたん

    けいゆう先生、こんにちは。
    ブラックペアン面白かったですね。今回が一番よかったです。私は。
    高階先生が患者のためにと、当たり前の事であるはずの大事な事に気づいてくれたから。
    いくらドラマでも、やっぱり私は、地位や名誉、お金のためにと言うのは、作り物であれ大変腹立たしくて不快ですから。ダビンチの存在は、名医のドキュメンタリーとかを見てて知ってましたが、実際、日本にはどのくらいの数があるものなのでしょうか。心臓外科医の福島先生が使ってたと記憶しているのですが。それから、恥ずかしい質問ですが、そう言った高度な機械を使用すた手術というのは、手術治療費は高くなるものなのでしょうか?また、けいゆう先生も使ってみたいと思われますか?ご自身が手術をされると言う状況に、もしなった場合、スナイプやダビングのような機器を希望(通るか否かに関わらず)されますか?
    誰かの感想で、渡海は、散々患者の命をギリギリまで危機に追い込んで、最後に、どんなもんだい!!とあたかも腕自慢したいだけの展開で、あれでは、全く共感できないとありまして、個人的に、展開としては大切な事に目覚めた、高階先生に期待したいです。それと、もうひとつは実際も手術中って、途中から先生の出入りって、あんなにあるものなのでしょうか。
    皆さんのコメントも、毎回興味深く拝見しています。どうよろしくお願いします。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      そうですね、私も含め、原作を読んでドラマでの高階先生の描写の酷さを感じていた人にとっては、今回のストーリーはよかったと思います。
      ダヴィンチに関する記事を現在準備しているので、詳しくはそちらをお待ちいただければと思いますが、現在ロボット手術のメインは泌尿器科です。
      そこへ消化器、呼吸器、婦人科がこれから増えてきます。日本には200台以上あり、少し大きめの民間病院には普通にあります。
      私が受けるなら、という質問に対しては、ロボットでも普通の機器でもどちらでも良い、という感じです。
      基本は、手術を受ける病院の人員が慣れた手技でやってもらいたいです。

      新しい技術というのは、そもそも時の試練を受けていません。
      長い年月を経て生き残った技術にはそれだけの価値があるため、素晴らしい魅力を持つ新技術と単純に比較はできません。
      臨床試験を行い、その差が統計学的に現れれば有利な方を選びたいと思いますが、そんな事態が起これば、そもそも有利でない方は選べなくなっています(当たり前ですが)。
      手術中の医師の出入りは普通にありますよ。これは結構質問を受けることが多いのでまた記事にしたいと思っています。

      返信

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。