病院で症状をうまく医師に説明する方法/13の症状とチェックリスト

病院で自分の症状がうまく説明できずに困ったことはありませんか?

「大丈夫」と言われて帰ってきたものの、あとで

「あのことを言い忘れたけど、言わなくて大丈夫だったんだろうか」

と不安になった経験はないでしょうか? 

もちろん、うまく症状を説明できない患者さんからどうやって情報を引き出すか、というのが我々医療者の仕事です。

しかし、そのために患者さんは病院でいつも質問攻めにされることになります

予想外のことを突然たずねられてうまく答えられないということもあるでしょう。

ただでさえ、病院に行って医者と話すのもそれなりのストレスなのに、まして辛い時に自分の症状を正確に説明することなど難しくて当然です。

 

しかし、もしあらかじめ何を質問されるかがわかっていたらどうでしょうか?

病院に着くまでに、あるいは待合で順番を待っている間に、余裕を持って答えを考えることができるかもしれません。

 

例を挙げます。

たとえば、下痢をして病院に行ったとします。

「ここ1〜2週間以内なま魚なま肉生卵などの生ものを食べていないか?」

ときかれてすぐ思い出せるでしょうか?

 

お腹が痛くて病院に行ったとします。

最後に便が出たのはいつか?」

と聞かれてすぐ答えられるでしょうか?(毎日出ている方は良いですが)

 

両足がパンパンにむくんできた。

「最近体重が増えていませんか?」

ときかれても、「毎日計ってませんよ」とならないでしょうか?

 

 実は、それぞれの症状に対して「医師が知りたいこと」は決まっています

通常、その知りたいことをまず質問してから診察に入ります。

診察しなければできない質問もありますが、多くの質問事項が症状から決まります

ということは、質問は事前に予測可能で、その答えをメモするなど準備していけば、スムーズに説明できることになります。

そこまで入念に準備しなくても、何をきかれるかわかっているだけでも心の余裕が生まれます

 

私はそういった観点からみなさんの受診をサポートするため、「症状別受診前チェックリスト」を作りました。

このページの下にある症状リストから該当する症状をクリックすれば、質問されるポイントと、想定される病気の説明を見ることができます。

一つの症状あたり、質問は4〜5個に絞っていますので、簡単にチェックできます。

また全ての記事の末尾にチェックリストを置いています。

チェックリストにチェックしてスクリーンショットし、画面を見ながら説明することも可能です

 複数の症状がある時は、それぞれの症状のページをご覧ください。

 

ぜひこのページをブックマークに入れて、活用していただけたらと思います。

 

ちなみに、病院に行くと、ご存知の通りまず受付で問診票を書かされます。

どんな症状であっても渡される共通の問診票です。

そこには、「どんな症状がいつからあるか」という簡単な質問と、

・これまでにした大きな病気(既往歴

・飲んでいる薬(内服薬

・家族がこれまでにした病気(家族歴

などの項目があります。

また、お酒タバコの量を書く欄があります。

この辺りはどんな病気でも質問されることで、待っている間にゆっくり自分のペースで書けます。

あまり苦労されないところですが、一応事前に頭に入れておきましょう。

 

広告

症状一覧

チェックしたい症状をクリックしてください。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です