コードブルー3 医師が解説|Aライン、レベルワン、FFPの目的とは?

この記事は、本当はコードブルーの放送中に投稿しようと準備していたのですが、なかなか間に合いませんでした。

ただ映画化も待っていることですし、今のうちに解説しておきたいと思います。

以前の記事でルート=ライン=輸液の針 というようなことがありましたが、

よく出てくるAラインというのは、また違うのでしょうか?

輸液などのときに、レベルワン(なんとなく点滴に使う機械なのかな?と思ってますが)、FFPなどの単語も出てきますが、これらはなんでしょう?

また、FFP早く溶かして!という台詞もありますが、凍っているのでしょうか?

だとしたらなぜ???

by Raoさん

コードブルーで患者さんが初療室に搬送されたときにスタッフらがよく言うセリフに、

「Aライン入れてー」

「FFP溶かして!」

というのがありますね。

また先日の最終回では、ショック状態の患者さんに対して灰谷が、

「レベルワン持ってきてください」

と言っていました。

 

いずれも救急の現場では必ず使われる用語です。

レベルワンは器械の名前FFPは血液製剤の名前なので簡単です。

Aラインについては少し詳しく説明します。

ここでもみなさんは、コードブルー製作者の恐ろしいほどの細かいこだわりに衝撃を受けるはずです

 

広告

Aラインとは何?

以前「なぜ救急患者はいつも点滴をしているのか」という記事で、「ライン」「ルート」という言葉を説明しました。

点滴の針のことを、私たちは「末梢静脈ライン」「末梢静脈ルート」と呼びます。

単に「ライン」「ルート」と呼ぶこともあります。

コードブルーでも、

「ライン入れて!」

というセリフを聞くことがありますね。

点滴された経験がある方はわかると思いますが、ラインを入れる血管は静脈です。

みなさんの手の甲や腕の表面に浮いている血管、これは全て静脈です。

よってこれを「Vライン」と呼ぶこともあります。

「V」は、静脈の英語「Vein(ヴェイン)」の頭文字です。

 

一方、動脈に点滴をしなくてはならない時もあります(正確には「点滴」ではないですが)。

これを「Aライン」と呼びます。

動脈の英語は「Artery(アーテリー)」です

 

点滴のように、体に水分を補ったり、輸血をする時に使うのはVラインです

Aラインはそういう目的では使いません

ではどういう時に使うのでしょうか?

 

色々な目的がありますが、最大の目的は「血圧をリアルタイムで測定すること」です。

「どう言う意味??」となりますね。

コードブルーのシーンを振り返ってみましょう。

 

コードブルーではよく、入院している患者さんの横にモニターが置かれていますね。

心電図の波形や数字が表示されています。

あの数字は主に、血圧脈拍SpO2を表します(つまりバイタル)。

(SpO2については「意識レベル、バイタルって何?どうなると危険?」を参照)。

この中で唯一、普段はリアルタイムに測定できない数字があります。

それが血圧です。

 

みなさんが血圧を測定する時を思い出してください。

血圧計に腕を入れて、腕がギュッと締め付けられて、その後開放される、という過程を経て、ようやく数字が表示されますね。

健康診断などで結果が出るのに時間がかかるため、いつも順番待ちをするはずです。

血圧だけはこのように、普通に測定すると1分程度は結果が出るまで時間がかかるのです。

健康な方が検診で測定するのであれば全く支障はありません。

しかし重症患者さんの血圧をチェックしたい時は、この1分が治療の遅れにつながることがあります

1秒ごとでも血圧は変化するからです

また患者さんも、1分おきに腕を締め付けられては、たまったものではありません。

そこで重症の方には、別の方法でリアルタイムに血圧の変動を見る必要が出てきます。

その時に使うのがAラインです。

Aラインが挿入されていると、動脈内に入った針につながったセンサーによって、その瞬間の血圧を常に表示することができます

 

私は「名取&灰谷に学ぶ「ショック状態」の意味と危険性」の記事の中で、コードブルーではモニター画面の数字までリアルに作り込まれている、という話をしました。

第8話で灰谷が担当していた少年(慎一くん)が仮性動脈瘤破裂でショックになった時を思い出してください。

このとき、モニターの画面は2回映ります。

1回目は普通の病棟で、2回目は急変したあとICUで、です。

この合間のシーンはカットされています。

患者さんは、1回目は意識がありますが、2回目は急変し、挿管されているのがわかります。

私は記事の中で

「1回目と2回目のモニター表示が微妙に違うのには理由があるが、長くなるのでまたの機会に」

と書いたのを覚えていますか?

実は、2回目の急変後のモニターには、1回目の時にはなかったリアルタイムの血圧表示があるのです。

つまり、急変後にAラインを入れた、ということです。

ショック状態になり、血圧をリアルタイムに知る必要が生じたからです。

 

急変後からICUへ移動する間のシーンはカットされているため、ここではAラインを入れるシーンはないし、気管挿管のシーンもありません。

この公開されなかった時間の中で、名取や灰谷、横峯らフェロー達が、急変時の適切な対応をしていたということです

恐るベき製作者のこだわりです。

まさか一瞬しか映らないモニター画面までリアルに作り込んであるとなると、もう言葉がありません。

本当にコードブルーの全くスキのない医療シーンには感服します。

 

ちなみに、Aラインのもう一つの目的に動脈採血があります。

Aラインが挿入されていると、簡単に動脈の血液を採取することができます

動脈血内の酸素・二酸化炭素濃度、pH(ペーハー)、BE(ベースエクセス)(いずれも酸性・アルカリ性の程度)などを正確に知ることができます。

これを「血液ガス分析」、略して「血ガス」と呼びます。

コードブルーで聞いたことがありますね?

血液を専用の器械に通すと1分ほどで結果が印刷されるため、この紙を初療室に持ってきて、

「ペーハー○○、ベースエクセス○○です!」

と言うようなシーンは見たことがあると思います。

 

レベルワンとは何か?

レベルワンとは、大量の点滴(輸液)をしたい時に使う道具です。

輸液のことを「点滴」と呼ぶのは、ポタポタとしずくが落ちる様子からです。

このポタポタの速度は、管の途中に「しぼり(クレンメと呼びます)」があるので、自由に調整することができます。

しかし救急患者の大量出血などが原因で、一気に大量の輸液をしたい時があります。

(大量出血時に輸液が必要な理由は「なぜ救急患者はいつも点滴をしているのか」を参照)

 

通常、しぼりをマックスに合わせて、さらに太い針を使ったとしても、結局は重力で落ちる以上の速度は得られません。

病院の1階にいる患者さんに、病院の屋上から落とせば速くなるかもしれませんが、もちろんそんなことはできません。

また太い針といっても、患者さんの体に大きな傷が残るほどの巨大な針を刺すわけにもいきません。

点滴の速度には、高さと針の太さという限界があるのです。

そこで、ポンプを使って無理やり押し込もう、という発想で使うのがレベルワンという器械です。

普通は500ミリリットルの輸液製剤を数十分かけて注入するところが、レベルワンを使えば、ものの1分で血管内に押し込むことができます

もちろん超緊急事態でしか使いませんので、救急や、大量出血が起こったオペ室でしか登場しない器械です。

広告

 

FFPとは何か?

FFPは「新鮮凍結血漿(Fresh Frozen Plasma)」の略です。

輸血の時に使う血液製剤の一種です。

皆さんは「輸血」と聞くと、赤い血を思い浮かべるのではないでしょうか?

実は輸血、つまり投与する血液製剤のうち赤いのは「赤血球製剤」だけです

 

現在の輸血は、血液をそのまま注入するわけではありません。

血液を様々な成分にわけてそれぞれを製剤とし、「足りない成分を必要な分だけ補う」が基本です。

ときどき手術前に患者さんのご家族が、

「輸血が必要になったら私の血を使って下さい」

と言われることがありますが、これは絶対にやりません

ウイルスのチェックや放射線照射など、安全のためのあらゆる関門をくぐりぬけた血液だけが血液製剤になるからです。

この血液とは、街でよくみかける「献血」で得た血液です。

 

血液の成分として製剤になっているのは、赤血球のほか、血小板やアルブミンなどのタンパク、血漿(けっしょう)と呼ばれる液体成分です。

このうち、常温では保存できず、冷凍庫で凍らせて保存しなければならないのが血漿です。

血漿の中には凝固因子が多く含まれているため、主に大量出血が起こっている患者さんの止血目的に使います。

(凝固因子については「コードブルー3 第3話 感想|医師が解説!実際はどうなの?外傷手術」で解説しています)

 

コードブルーのシーンを見直してみてください。

「FFP早く溶かして!」

というセリフがあるときは、きっと外傷などで患者さんに重症の大量出血が起こっている時です。

血液製剤の中では唯一、保存するときは凍結しておき、使う時には温めて溶かして使う製剤なのです。

 

この解説を読んでもう一度コードブルーを見直すと、初療室での救急対応がよりわかりやすくなるはずです。

ぜひ、もう一度見直してみてください。

 

コードブルー全話解説記事目次ページへ→コードブルー3 医師による全話あらすじ/感想&解説まとめ(ネタバレ)


過去のシーンを見返したい方、FODで過去の放送を見ることができるのでオススメです。

現在31日間無料キャンペーン中です。今のうちにどうぞ!

広告

コードブルー3 医師が解説|Aライン、レベルワン、FFPの目的とは?」への8件のフィードバック

  1. まっちょ

    逃げ恥
    →ガッキーが出るコードブルー3開始告知
    →Tverでコードブルー1、2を全話視聴
    →コードブルー3をオンタイム視聴
    →ふと、コードブルー3って、医者が見たらどうなのかと思いこのサイトに到着し、コードブルー関係の記事を今日読破

    という順番でこのコメント欄にたどり着きました。興味がわく沢山の解説記事、ありがとうございます。
    コードブルー3の前に1&2を見ちゃったので、正直、3はレベルダウンだなぁ~、と思っていましたが、お医者さんの目から見ても充分なリアリティがかなりの部分であった事を知り、ほっとしました。

    長く医者嫌いで、本当に困った時にちょっとだけしか医者に行かない生活をしてきましたが、ここ数年色々な分野のお医者さんに世話になる事が増え、骨折入院も経験し、コードブルーは、「お医者さんってこんなこと考えてるんだ~」と新鮮なドラマでした。
    私にとっては「踊る大捜査線」「半沢直樹」「花咲舞」に続く、リアリティのある業界物ドラマです♪

    今回、ドラマはコードブルー3だけに限って解説していらっしゃるようですが、これまで見られた医療系のドラマ、映画、小説、漫画などで「これは!」と思うものがあれば、機会があれば教えてください。
    リアリティのないドラマが好きじゃないので、こんな素晴らしい解説を書かれるお医者様のお勧めの作品を是非知りたいです。ノンフィクション、フィクション問いません。

    コードブルー映画公開の際のコメントも楽しみにしています!
    ありがとうございました。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      まっちょさん
      1&2はもっと医療シーンが多かったように記憶していますが、3を見ても、やっぱりコードブルーは硬派で真面目なドラマだなと思いました。
      医学的に矛盾のない徹底された監修が、私はすごいなと思って見ています。
      医師と患者との会話などはもちろんフィクション感がありますが・・・。
      実は私のおすすめの医療系ドラマや映画、漫画などをまとめた記事を書きたいと思って少し準備していました。
      また厳選してお伝えしますので、ぜひ楽しみにお待ちください!

      返信
  2. ひとみ

    こんにちは。解説ありがとうございます。

    Aラインの解説を読んで、ハッとしました。勝手にラインもAラインも同じような処置だと考えていたので、まさか血圧を図る重要な処置だったとは思いもしませんでした。
    確かに緊急事態で、ちんたら1分も血圧なんて調べられないですよね。言われてみれば確かにそうですが、ちび灰谷くん急変の放送中には気が付かず、そのまま流してしまいました。たった数秒、されど数秒。コードブルーのこだわりですね、解説を読まなければ、一生気が付きませんでした。本当にありがとうございます(笑)

    これから、また解説の読み直しを始めます!

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ひとみさん
      Aラインにしても、解説すれば何も難しい話ではありませんよね。
      当たり前に必要なツールで、理解するのに難しい知識なんて必要ないんですね。
      コードブルーの細かいこだわりは本当にすごいですよ、医学的なことに関しては監修の先生方が相当細かいところまでチェックしているんだと思います。

      返信
  3. Rao

    私のリクエストに答えていただきありがとうございました!!
    スッキリしました!

    Aラインは1stシーズンからあるのかな?と思うのですが、
    レベルワンやFFPは3rdシーズンから登場したものなのでしょうか??
    比較的新しい技術なのですか?
    それとも医療監修の問題で、前からあったけど触れられてなかっただけでしょうか。

    あと、3rdの何話かで骨盤骨折か何かの患者に藤川がCV入れるよーというセリフがありましたが、
    CVって、胸から入れる栄養?高カロリー輸液とかするやつですか??
    初療で入れる必要があるものなのでしょうか?

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      Raoさん
      レベルワンやFFPは昔からありますから、出てこなかったのは偶然か、監修の程度によるものかもしれませんよ。
      3rdはそれまでよりかなり監修が丁寧で正確になっています。
      CVはcentral vein(中心静脈)のことで、ここに入れるのが中心静脈カテーテルです(略してCVと呼んでいます)。
      用途は様々でご存知の通り絶食時の高カロリー輸液も可能ですが、救急の現場で入れる時は昇圧剤の投与などが主な用途になることが多いです。
      血圧が下がってショック状態の方に昇圧剤(血圧をあげる薬)を使う場合、普通の点滴(末梢Vライン)では投与できないからですね。

      返信
  4. Rao

    昔からあったんですね。
    監修が細かくなり、3rdシーズンから目に付きやすくなったのかもしれないです。

    CVから薬を入れることもあるんですか。
    血圧が下がった場合は末梢ラインがとりにくくなるからという解釈でよろしいですか?
    横峯のレボアが入らず、名取がカットダウンした時みたいな感じでしょうか。
    血圧下がっても、CVは入るんですね。
    Aラインの入れやすさも血圧によって変わってくるのでしょうか?
    初めの頃、灰谷が入れるのに苦労してたシーンがあったような気がしますが。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      Raoさん
      CVから薬を入れるのは、CVからしか入れられない薬があるからですね。
      たとえば昇圧剤は、末梢ラインのような細い血管だと、血管障害や皮膚障害を起こすリスクがあるため、この薬が必要ならCVカテを入れる必要があります。
      血圧が下がった場合でも、静脈ラインが取りにくくなることはあまりありません。CVも問題なく入ります(エコーを使って血管を見ながら入れますが、太い血管なので簡単です)。
      Aラインは拍動が頼りですから、血圧が下がると拍動が弱くなり、入れるのが非常に難しくなります。
      灰谷が苦労していたシーンは、ショック状態の患者さんだとあり得ますね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です