コードブルー3 第7話 感想|医者が患者に言ってはならない言葉

コードブルーは、医療現場にリアリティを追求するため、毎回セリフや医療行為は視聴者が置いてけぼりを食らうほど専門的である。

視聴者の多くが詳細は理解できなくとも、専門用語が飛びかっていれば、それもまた見応えがあると感じる。

事実、毎週のように高い視聴率がそれを証明している。

だが、ドラマである以上感動的な演出も必要で、ここには専門家から見ると「トンデモ」な場面が数多く登場してしまう

今回も、そういうシーンが多かった。

実際私も感動はしているのだが、今回はこの感動的であるはずのシーンに冷静にツッコミを入れてみたいと思う。

感動した方を興ざめさせてしまうかもしれないが、実際はどうなのかを知っていただきたいので、正直に書いてみたいと思う(以下ネタバレ)。

 

広告

助からない患者の選別

踏切事故で3名の男女が負傷したとの連絡が入り、ドクターヘリで白石(新垣結衣)と灰谷(成田凌)が出動する。

現場では、80代の女性を助けようとして踏切内に入った若い男性が、事故によって心肺停止寸前の状態に陥っていた。

白石はこの男性に救急車内で開胸心臓マッサージを施行しようとするが、大動脈破裂があることが発覚

救命は不可能と判断した白石は灰谷に

「この男性は諦めて他の2人を見ましょう」

と指示するが、灰谷は諦めきれない。

そばにいて同じく負傷した女性が、その男性が自分の結婚相手であり、結婚式に向かう途中の事故だったことを灰谷に伝え、「何とか助けてほしい」と涙ながらに訴えたからだ。

この女性も骨盤骨折の重症を負い、いつ急変してもおかしくない状況で救急車内に収容されていた。

しかし救急車のドアはなぜかフルオープンであり、男性の救命処置が全て見える状態

灰谷はその状況下で、女性の必死の願いに背いて救命を諦めるのか、助かる見込みのない男性の蘇生を続けるのか、という選択に迫られてしまう。

 

さて、この場面でまず最初に、災害現場において非常に重要な「トリアージの大切さ」を解説したい。

これは、実際の災害現場で使用するトリアージタグと呼ばれる札であるこちらから引用)

患者さんに付けることで、それぞれの患者さんの重症度が一目でわかるようにするツールだ。

それぞれの色の意味は以下に示すとおり。

黒:死亡または救命不可能のため、搬送、治療しない

赤:生命に関わる重症患者のため、最優先で搬送、治療する

黄:生命に危険は及んでいないが、治療は必要な状態。

緑:軽症であるため搬送、治療の必要なし。

これらの重症度を適切に選別することを、「トリアージ」と呼ぶ。

 

今回は負傷者が3名だけだったので、藍沢(山下智久)から無線での

「大動脈破裂だ、可能性はゼロだ。諦めろ、灰谷」

との説得に涙ながらに灰谷が応じる、という演出までやる余裕はまだあった。

 

だが多くの人が負傷するような災害現場では、当然こんな感傷に浸っている余裕などない

そこでこのタグを利用し、優先的に救うべき患者さんを選定していくわけだ。

この際に重要なのは、「助かる見込みのない人」と「最優先に搬送すべき重症の人」を適切に選別することである。

今回は、骨盤骨折の女性患者が赤で、大動脈破裂の男性患者は黒である。

即座に女性患者の救命に当たらなくてはならない

この場面でそれ以外の選択肢はない

骨盤骨折はいつ急変してもおかしくない、緊急性の極めて高い外傷だからだ。

 

灰谷は人柄が良く、同期のフェロー横峯(新木優子)から、

「(自分のためじゃなく)人のために医者になったのは灰谷先生だけ」

「灰谷先生は誰かを助けたいって思ったから医者になった」

と励まされる。

だが災害の現場では、救えない患者さんに躍起になったせいで、救えるはずの患者さんを救えなかった時、そのミスを人柄の良さで正当化することは当然できない

ただの「トリアージミス」である

医師には、このトリアージをいつでも冷静に行える判断力が必要で、これは人柄の良さと両立する能力である。

広告

 

カーテントークを平気でする医師たち

大動脈破裂で死亡した男性が救おうとしたのは、踏切内にいた80代の女性だった。

しかしこの女性も腸管損傷の重症で、一命をとりとめたもののICU(集中治療室)で治療されていた。

ところが、灰谷の前で内頚動脈解離(首の動脈の内側が裂けること)を起こし、突然病状が急変する

駆けつけた藍沢に、

「80代と高齢であり、救える見込みが10%もない」

と治療断念をすすめる脳外科医のライバル新海(安藤政信)。

しかし藍沢は、

「(亡くなった男性が)命がけで救った命だ。彼はその日、結婚式をあげるはずだった。何としても助けたい」

と、隣でカーテン越しに結婚相手であった女性が聞いていることを多分に意識して、大きな声で発言する。

それを聞いた新海は無言で頷き

「オペ室に急ごう」

と告げる。

隣で涙する女性。

 

このカーテン越しに言葉を聞かせて感動を呼ぶ、というのは、何となくどこかで見たことのある、定番の感動シーンだ。

だが、この感動に水を差すようで非常に申し訳ないのだが、正直言って、医者がこれをやるのは厳禁である。

 

「助けられた命だから何とかしたい」

などという大きな話し声をカーテン越しに聞いた他の多くの患者さんやその家族は、

「え?そんなことで治療するかしないかを決めるの?」

と、きっと複雑な気分になる。

自分や自分の家族がそうなったときは見捨てられるのか?と不安で震え上がってしまう。

 

また、この高齢女性本人が、意識がないように見えて実はわずかに意識があり、この会話がもし聞こえていたとしたらどんな気分になるか、ということも考えたいところだ。

自分の病状や治療方針に至るまで全てを赤の他人に筒抜けにされている。

しかも、本来手術は適応外とわかっているのに医者の都合で意思表示ができない自分の体にメスを入れようとしている

心穏やかではないはずだ。

隣にいるフィアンセの女性ですら、現実ならこの状況で純粋に感動できるのか疑わしい。

何となく複雑な気持ちになるのではないかという気もする。

 

もちろん「亡くなった男性が命がけで守った命だから何とかしたい」という思いは同意できる

だがこの会話は、できれば藍沢が新海に耳打ちするくらいが現実的だ

「厳しいのはわかる、でもこういう事情だから何とかしたいんだ、協力してくれよ新海」

とヒソヒソ声で言うならわかるのだ。

 

私たちは普段から、患者さんの病状に関する個人的な情報は、他の患者さんに聞こえないよう細心の注意を払う

私は研修医の頃、同じようにカーテンで囲まれただけのベッドが並ぶ現場で、患者さんの病状について看護師と大きな声で話していて、先輩医師に叱られたことがある

彼はこう言った。

「医師はカーテントークをしてはいけない」

カーテン越しに、患者さんに聞こえる声で、患者さんの病状に関するプライベートな情報を話すことを「カーテントーク」と言ったのである。

そのあと色々調べてみたが「カーテントーク」などという言葉は存在しなかった。

先輩医師が自作した言葉だったのである

しかし非常にわかりやすくて覚えやすいと思い、私も後輩にその言葉を使って指導している。

私も入院の経験があるのだが、カーテン越しでも会話はよく聞こえてしまうものだ。

だが患者さんの個人的な病状は、本人の同意なしに他の人に伝えてはならないというのは、医療者の最低限のルールである。

 

よって屋外の現場でも、患者さん同士の処置が丸見え、というのはなるべく避けたいところだ。

今回も救急車内の男性の救命処置が女性から丸見え、というのは、やってはならなかったミスだ。

女性は、この処置が見えたことによって、「結婚相手の男性が医者に見捨てられた」という誤解をし、目の前で恋人が死んでいく姿を見て心の傷を負った

目の前で救命を諦めた医師から「あの方は助かりません」と告げられる本人の気持ちにもなってほしい。

当然、本人が直接見えないところで処置をすべき、というのが現実的だろう。

 

というわけで、毎度のように感動に水を差す現役医師のウザい講釈で、大変恐縮である。

だが、「自分が患者さんだったらどう思うか」ということを常に考えて行動しなくてはならない、というのは私のポリシーだ

人の生死に関わる仕事である以上、その感覚のズレが起こしたミスは、患者さんに心の傷を一生涯残すからである。

広告

コードブルー3 第7話 感想|医者が患者に言ってはならない言葉」への4件のフィードバック

  1. yoshi

    今回も適切な解説ありがとうございます。
    コードブルー1、2は、藍沢の見せ場のために、体を切断する案件がとても多かったのですが、3は骨盤骨折の患者ばかりです。そんなに骨盤骨折の患者さんは多いのでしょうか?
    1と2は、ヘリが導入してまもなかったから、その頃は本当に重症の患者さんにヘリが呼ばれていたんでしょうか?
    踏み切り事故は大変なことですが、一人は黒なのに、ヘリは必要ですか?
    シアン中毒の患者や、骨折した妊婦や料理人などは、単独の患者でした。
    災害の時にヘリが大変活躍したと聞きますので、自分はそういった大きな事故の時にしかヘリは呼ばれないものだと思っていました。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      yoshiさん
      ご質問ありがとうざいます。
      おっしゃる通り、現実には「ドクターヘリでなければならない症例」は多くありません。
      骨盤骨折も、そんな頻繁に起こる外傷ではありません。
      医師が現場に出向くだけなら、ヘリではなく、ドクターカー(見た目は救急車と同じ)で行くこともできます。
      これは大きな災害の時でも同じことです。
      また現場に到着するまで、患者さんの病状は正確にわからない、という問題もあります。
      たとえば今回の踏切事故に関しては、現場に到着する前の情報では、男性はトリアージタグで言えば黒ではなく赤でした。
      まだ心肺停止ではなく、大動脈損傷という致命的な損傷があるということは現場で診察して初めてわかったからです。
      もちろん現実には、赤だと思っていたら緑、ということもあるわけで、ドクターヘリで行ったけどその必要はなかったな、と思う場面もあるわけです。
      ただドクターヘリは維持費がかかりますので、ドクターヘリを導入している施設は、積極的にヘリを飛ばした方がコストに見合うということも言えます。
      その観点では、患者さんにとって少しでもプラスになる可能性があるなら積極的にヘリで行けば良い、という考え方にはなると思います。
      この辺りもまた私が記事にしたい思っている内容です。

      返信
  2. yoshi

    ご回答ありがとうございました。
    ご丁寧に回答も頂きますし、更新もとても速いので、あまりコメントしてもご迷惑かと思っておりました。他の記事を拝見し、それならば一言ありがとうございましたとお伝えしたいと思いましたので、コメント致します。
    コードブルーの細かいリアリティというのは、視聴者にはよくわからないので、解説があるととてもわかりやすいです。よく先生が「細かすぎてわからないモノマネ」という言い方をされますが、「その解説が欲しかったの!」と思うので「かゆいところに手が届く」解説だといつも感じます。
    手術の手袋の上下のお話はまったく気がつかなかったし、素晴らしかったです。
    個人的にはシアン騒ぎの時の「AFがある」の所はなんだろうと思っていて、解説が書いてありお腹に落ちたこともあって、好きです。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      yoshiさん
      ありがとうございます。
      そう言っていただけると、本当に嬉しく思います。
      コメントは、疑問点も含めて今後も遠慮なくいただけたらと思います。
      読んだ方からのご意見は、私にとってもプラスになります。
      引き続き、みなさんの楽しめる記事をアップしていきますね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です