コードブルー第9話 感想|SSSって何?危険すぎる災害現場に物申す

第9話ともなると、解説記事もネタ切れの様相で、私は何を書くべきか今回ばかりはパソコンの前で悩んでいる。

多発する骨盤骨折、多発外傷現場でのトリアージ灰谷の精神科受診、針刺し事故でなぜか責任を追及される名取

これまでの記事を読まれた方々にとっては私の苦悩が伝わるだろう。

もう、解説かツッコミかのどちらかをすでにやったことばかりである。

とりあえず、気分を落ち着けるため、リンクを貼るという作業をしてみる。

 

骨盤骨折がなぜ危険かについてはこちら

コードブルー3 第5話|医師が骨盤骨折を解説&医師の謝罪にツッコミ

トリアージタグの解説はこちら

コードブルー3 第7話 感想|医者が患者に言ってはならない言葉

灰谷の精神科受診が必要な理由についてはこちら

コードブルー3 医師が解説|名取のスキル、カットダウンはなぜ褒められたのか?

針刺し事故後の対応のおかしさについてはこちら

コードブルー第8話 感想|私がこの病院での入院をおすすめしない理由

 

さらに言えば、微妙に感情移入の難しいシーンが多い。

息子思いの父親が何とかドナーを探したいという一心で、必死で新聞を隅々まで読んだり、子供の事故が気になったりするのは仕方がないように思うのだが、そんなお父さんは好きじゃない優輔君

「エースっていうのはわがままで自分勝手じゃなきゃダメなんだ!」と、チームワークや献身的なプレーを「つまらないもの」と言い切ってしまうラグビーパラリンピック代表選手。

なかなか彼らの気持ちが理解しづらかったのは私だけだろうか。

(普通は個人の病状説明をするのは家族だけで、チームメンバーを全員集合させるのも何となく違和感があるが)

 

というわけで今回は、序盤で専門用語が連発して理解が難解と思われた脳外科手術と、最後の衝撃の災害現場に絞って、解説を加えたいと思う。

 

広告

両角さんはどういう病態だったのか

車椅子ラグビーのパラリンピック日本代表チームのキャプテンが、車椅子のまま階段から転落。

骨盤骨折を起こして搬送される。

治療は問題なく終わり、ICUで管理されるが、男性の頭部CT写真が気になる藍沢

男性は14年前の怪我で胸髄損傷を負った際、頭蓋骨骨折も起こしていたが、かつての骨折線が上矢状静脈洞(SSS)に接していたからだ。

藍沢が心配した通り、男性はその後急変。

SSSからの大量出血により緊急手術となるが、救命できず術中死する。

 

この経緯を見て、「え!死亡するような怪我だったの!?」と思った方も多いかもしれない。

そもそも、何が原因でどうなったのかさっぱり、という方もおられるのではないだろうか。

 

少しストーリーがわかりにくかったが、まずこの男性の背景から説明する。

彼が下半身不随で車椅子に乗っているのは、14年前に胸髄損傷を起こしたからである。

 

脊髄は、脳から続く、背骨と並行する神経線維の太い柱である。

上から順に、頸髄胸髄腰髄仙髄に分けられる。

頸髄は首、胸髄は胸、腰髄は腰なので、読んで字のごとくである。

これを損傷することを脊髄損傷、通称「脊損(せきそん)」と総称して言う。

 

脊髄は、脳からの命令の信号の通り道と考えるとわかりやすい。

これをある部分で損傷してしまうと、そこから下へ信号が伝わらなくなってしまう

どの部位を損傷するかによって、どこに麻痺が出るかが異なるため、さらに細かく損傷部位まで伝える時に「頸髄損傷」「胸髄損傷」と呼ぶことになる

 

ちなみに、緋山の恋人、緒方さんの病名は、「中心性頸髄損傷」である。

中心性頸髄損傷とは、頸髄の中心部のみを損傷することで、それ以外の頸髄は正常に機能する。

頸髄を完全に損傷してしまうと、そこから下、つまり両手、両足全てが不随(動かない)の状態になってしまう。

しかし、緒方さんを見ればわかる様に、彼は手に麻痺が残ったために料理人の職を失ったものの、普通に歩くことは可能である

上肢(腕〜手)の神経は、脊髄の中でも中心寄りを走行するため、「中心性」脊損では上肢にのみ麻痺が出るからだ。

そして胸髄損傷だと、下半身不随にはなるが上半身は動くため、歩行はできないが車椅子ラグビーの試合はできる、というわけである。

 

さて、脳には静脈洞と呼ばれる、太い静脈が集合した場所がある。

その一つが、上矢状静脈洞 (通称SSS)であり、頭頂部(頭の真ん中の真上)に位置している。

太い静脈で、大量の血液が通っているため、これを傷つけると大出血を起こしてしまう。

 

この男性は、14年前にSSSの直上の頭蓋骨骨折も起こしており、SSSと癒着していた

今回車椅子で転倒して骨盤骨折を起こしたため、衝撃でこの癒着が剥がれ、あるとき突然大出血してしまった、という流れである。

太い血管を大きく損傷する場合、一見、動脈の方が大量出血しそうだが、実は静脈の方が止血が難しい

動脈は、これまでのコードブルーでも度々登場した様に、その根本を遮断しさえすれば止血することができる

例えば良い例が、第6話の冷凍庫内の男性である。

足から大量出血していたが、足の付け根で大腿動脈を遮断することで止血できた

ところが静脈はそうではない

特に静脈洞のように太い静脈が集まっている部位は、こちらからあちらへ、というように血液の流れが一方向ではないため、1箇所を遮断すれば血液が止まる、というものではないからだ。

ため池のように静脈血が溜まっている場所、と考えれば良い。

「洞」とは「広い空間」という意味である。

これを傷つけてしまうと、収拾のつかない大出血を起こしてしまうというわけだ。

広告

 

危険すぎる災害現場

地下鉄開通前の線路内での記念イベント中に崩落事故が発生し、ドクターヘリで救急部のメンバーがほぼ全員で現場に向かう。

イベント参加者は300人であり、負傷者がきわめて大勢であるため、トリアージタグを用いて現場の収拾を図る白石。

しかし重傷者が多い地下2階で藍沢、藤川らが処置中に再崩落が発生

その場にいた医療スタッフたちは事故に巻き込まれてしまう。

 

それにしても、あまりに危険な現場に無防備すぎる医師たちである。

私も工事現場での災害で現場出動したことがあるが、救急車から降りて勢いよく現場に走ろうとしたら、

「先生待ってください、その格好では危ないです」

と救急隊の方に叱られたことがある。

 

危険な現場の場合、まず到着したらすぐにヘルメットを着用し、かなり分厚い防護服を着用する。

靴も、履きにくい硬くて丈夫な作業靴に履き替える。

当然だが、災害現場で最も注意しなければならないのは二次災害だからだ

今回のような大崩落でなくとも、災害現場では頭上から物が落ちてくるかもしれないし、足場も不安定で危険な場合が多い。

まず自分の身を守らなければ患者さんは救えない

 

さらに、災害の規模から考えて、現場に出動している医師があまりに少なすぎる。

トリアージタグが登場するほどの大規模な災害の場合、近隣のいくつかの医療施設から多数の医師がドクターカーですぐに駆けつけることが多い。

ドクターヘリで遠くから翔北の面々が駆けつけた時には、近隣の病院の医師らがすでに処置を始めているのが自然なように思う。

さすがに少数精鋭の彼らに少し無理をさせすぎである。

 

我々医師は、患者さんの救命の前にまず自分の身の安全を確保するように、と厳しく指導される。

医師がフルに動けなければ患者さんは救えないからだ

これは、針刺し事故のような小さな事故でも同じである。

患者さんの診療を中断してでも自分の身を守るべき、というのは前回記事で説明した通り。

最終回に向けて盛り上げたいのはわかるが、さすがにあれを見せられると、これまでコードブルーを見て救急の現場に憧れた人たちが、救急医や救急ナースになりたくなくなってしまいそうである。

 

というわけで今回は、最終回へのハシゴということで、あまり情報量の多い記事は書けなかった。

だがこれまでのコードブルーに関して、引き続き書かねばならない記事がたくさんあるので、明日以後も懲りずにこのサイトに来ていただければ幸いである。


過去の放送をもう一度見たい方、FODがオススメです。

現在31日間無料キャンペーン中です。今のうちにどうぞ!

広告

コードブルー第9話 感想|SSSって何?危険すぎる災害現場に物申す」への20件のフィードバック

  1. yoshi

    解説ありがとうございます。
    序盤の「三人運ばれて三人助かった」という橘の発言もちょっとなーと。フェローが無能だから二人死んだみたいじゃないですか?
    もしそうなら、人件費は決まっているそうなので、現場の事情を説明して、フェローを経験者に変えるとか、橘の管理者責任こそが問われるのに…と思ってしまいました。他人事すぎ。
    唯一、緋山の「不幸自慢?」っていう皮肉の言葉がかえってやさしさがあって感情移入出来ました。演技者が良かったんだと思います。
    スーパーナース冴島もイメージダウンしてしまいました。白石の現場責任者の成長ぶりをもっと見せてほしかったです。
    緋山が名取にトリアージタグとアルブミンの指示をしていました。アルブミンはたんぱく質だそうですが、何故緋山はその指示を出したのですか?

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      yoshiさん
      おっしゃる通りです。もうこれまで散々同じ様な趣旨でツッコミを入れたので今回は流しましたが、フェローがまだ成長していない時期は救えない人がいたが、成長してみんな救えた、は問題です。普通はどの時期でも同じ医療クオリティを維持するのが部長としての当然の務めです。
      それができないなら人材の配置を再検討すべきです。
      私は、ドナーが見つかったときの井上や橘の表情、おっしゃるように緋山と緒方のやりとりなど、俳優の演技力が素晴らしく、感動してしまいます。
      冴島があるとき突然弱腰になったのはちょっと私も理解はできませんでした。
      アルブミンについてですが、大量出血を起こした患者に対して、通常の輸液とともにアルブミン製剤を使うことがあります。
      アルブミンは血中に含まれるタンパク質で、アルブミン製剤はより血液に近い成分を持つ輸液製剤とお考えください。
      ただ、急性の出血時にアルブミン製剤を使うことのメリットは、データとしては示されていませんので、絶対必要というものではありません。
      あくまで慣習です。

      返信
  2. むしゃむしゃ子

    先日このブログにたどり着き、火曜の朝の楽しみとして拝見しています。
    私がコードブルー3の初回から気になっていたのは、医師たちの人事についてです。
    三井先生から頼まれて、救急に戻ってきた緋山先生。橘先生から立ち話レベルで頼まれて戻ってきた藍沢先生。他の病院の院長であるお父さんから戻って来いと言われた名取先生。電話レベルで医局長を打診される緋山先生。
    と、医師の配置がかなりラフに行われる印象です。(ドラマ上の都合かもしれませんが)実際のところ、こんなにホイホイと異動があったり、ヘルプに行ったりするのか、また医局長とは、どのくらいの役所なのでしょうか?西条先生や橘先生が部長なのに対して、課長くらいのレベルでしょうか?
    医療解説とは路線が異なりますが、大学病院事情など知れれば嬉しいです!

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      むしゃむしゃ子さん
      火曜朝の楽しみとは嬉しい限りです!
      ありがとうございます。
      人事に関する質問、非常に鋭いですね。
      医者の人事は結構ラフなこともあるので、私自身は違和感がなかったのですが、「ラフなこともある」というだけで全く一般的ではありません。
      当然私もこのような形で異動したことは一度もありません。
      興味のある方も多いかと思いますので、記事にしたいと思います。

      返信
  3. Az

    はじめまして、いつも楽しく拝見しています。
    わたしは二次救急のICUに勤務している看護師です。私が9話をみて感じた医師たちの危険度を武矢先生(とお呼びさせていただきます)が的確に記載されていてうなづくばかりでした。ヘルメットをかぶらない医師への違和感があまりにつよくて、せっかく医療用語のリアルさを追求しているコードブルーなのに残念だなぁと。
    (今回なら脳が腫れてきた→内減圧のあたりとかはリアルだなぁとおもってました)
    かくいう私も毎週楽しみにみていますし、だからこそ違和感がぬぐえないという感じです。とくに東日本大震災以降、各地でおきる地震、洪水による土砂災害など災害医療が重視されている中ですので。
    長文失礼いたしました。ラストも本編同様、先生の感想楽しみにしております。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      Azさん
      ありがとうございます!
      ICUで勤務されているのであれば、厳しい現場経験もおありでしょうし、リアルさに感動しつつも、色々なところに欲求不満もたまりそうですね。
      災害現場での医療についても、少し残念な結末でした。かつての黒田先生の教訓があるのに、と思ってしまいました。
      来週どのような展開が待っているかにもよりますが・・・楽しみですね!

      返信
  4. ソセゴン

    コードブルー関連の検索でこのサイトを見つけ、関連記事は全て読ませていただきました。
    医療解説だけでなく、今作の根本の批評もしていただいてとてもありがたいです。
    (ただ、1stや2ndの豊富な医療シーンを先生に解説していただければもっと面白いだろうなぁと思いました笑)
    一つ質問をしたいのですが、コードブルーの人員配置に関してです。
    ①ERのスタッフがあそこまで他科のオペに入ることはあるんですか?昨日なんて、フライトナースの雪村がオペ看までしててびっくりしました。ERよりオペ室のほうが人員不足なのでしょうか笑
    ②大規模災害になった場合、どこまでのスタッフが院外に赴くのでしょうか?
    総動員で感動!なのでしょうが、実際あそこまで出払うと、外来業務が機能しなくなると思うのですが…。そもそもヘリで行くレベルの現場なら、近所のDMATに任せたほうがいいと思うんですけど。

    脚本自体が破綻していますが、ご教授くださるとありがたいです。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ソセゴンさん
      ありがとうございます!
      救急スタッフが他科のオペに入ることはまずありませんし、ナースはもっとありえませんよ笑
      第4話の解説記事にも書いたように、救急医が何でもやっちゃう、というのがコードブルーの特徴です。
      あれほど規模の大きい、新患の多い大病院ですから、オペ看の人員もかなり充実しているはずです。
      そもそもオペ看はオペ室でしかトレーニングできませんので、ER経験しかない看護師にオペの介助はさすがに無理ではないかと思います。
      DMATに関してはおっしゃる通りです。そのためのシステムですからね。
      全員総動員すると、初療が機能しなくなる、とはおっしゃる通りです。
      コードブルーでは全員が手術に入っていることもありますし、常に危ないですよ笑
      今回も、ICUで救急医がみんないる時間がありましたね、藤川が上から見下ろしていましたが。
      ERは大丈夫?と思いました笑

      返信
  5. ヤ―ゆ

    今日初めて拝見させて頂きました。私は准看護師で15年ブランク後、40代で再就職しながら看護学校に通っている者です。ドラマで学べる所は学び、後はフィクションとして見ています。今はインターネットがあるので疑問があれば自分で調べればいいと思います。何でも人に聞いて自分で考えなくなった人が多く悲しいです。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ヤ―ゆさん
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りです。
      ただ医療情報に関しては、ネットではかなり間違ったものが多く、危機感を感じます。
      一応専門家として正しい情報を気軽に提供できたら、という思いで日々記事を書いています。

      返信
  6. モニ

    一週間はあっという間ですね。最新記事読ませて頂きました。
    今回はそれぞれの心情が複雑で何とも言えない内容でした。移植に対するレシピエントの感情も難しいところです。冴島の気持ちも分からない訳ではありませんが…今更感が否めません。
    二次災害に関してもご指摘の通り、黒田先生が身をもって教えてくれた現場の安全確認についてや装備の不十分さなど気になる点が多かったです。
    最終回どうなるでしょうか。

    それにしても、ドラマの脚本というのは相当難しいですね…伏線を張ったり、あれやこれやを絡めて表現したり、時にはハプニングも描いたり、びっくりするような展開にしてみたり…(゜o゜)

    また記事楽しみにしています!

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      モニさん
      私も、移植に関わる当事者の方々の気持ちはデリケートなものですから、言及するかどうか悩みましたが、どうしても今回は「なぜそう思ってしまうのか?」がつかめず不完全燃焼で思わず書きました。冴島さんの気持ちもそうで、感情の変化についていけませんでした。
      最後は、黒田先生の教訓を忘れたのか、、、誰しもが思ったでしょうね。
      まあとにかく今回は最終回前なので、おっしゃる通り何かと伏線を張ったのでしょう。来週どうなるかですね!

      返信
  7. りこ

    こんばんは。
    最初に一言。私が観たいのは医療ドラマです。笑
    最終回を前に、ドラマより先生の記事の方が楽しみになってきました。
    スピード感溢れる医療シーンが今回は少なく、9話は拡大ということでしたので凄く期待していました。
    けれど、医療とは別の部分をかなり盛り込みすぎです。
    以前の藍沢のお祖母さんの件や、白石のお父さんの件。黒田先生の事故。あのような入れ方でしたら、
    視聴者の学びになる。と思うのですが…

    今回、優輔くんが移植を嫌だと言っていましたが、
    あの場合は家族の同意で移植できるのでしょうか。
    最終的な書類など、本人の承諾なるものはないのですか?ヘリで搬送は普通の事なのですか?
    専門外のご質問になりますでしょうか。申し訳ありません。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      りこさん
      私も色々と盛り込みすぎだと思いますが、最終回に向けての布石ということなのでしょう。
      何のために盛り込んだのか、現時点ではわからない描写が多くありましたね。
      実際、未成年の場合は判断が難しいと思います。
      未成年の場合ももちろん本人の同意が倫理的には原則だと思いますが、何歳なら自己判断を尊重するかは非常に難しいため、一貫したルールはないのではないかと思います。
      ヘリでの搬送は、ヘリがない病院の方が多いですから一般的ではないと思います。
      ただ確かに専門外で移植の経験はないため、あくまで私の個人的な考えになるのですが・・・間違っていたらすみません。

      返信
  8. りこ

    補足させてください。以前、ある記事でドナー登録していたお子さんが、海外に渡り移植を目前にこの世を去り、心臓以外の臓器を提供した。という話を目にしました。ご両親は、「待っている人の気持ちが痛いほど分かるから」と仰っていて…
    とてもデリケートな問題であると共に、
    先生も記事で仰っていましたが
    日本は海外に比べドナーが少なすぎる。と
    そのような事をドラマに取り入れて欲しかったです。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      りこさん
      そうですね、移植をメインに書くのであれば、そういった描写はあっても良かったと思います。
      ただ、実際には救急医は移植の専門家ではないので(脳死移植に関わることはありますが)、今回のドラマでバックアップしていても、やはりその部分についてはなかなか力を入れるのは難しかったのではないかなと思います。
      救命救急センターが舞台のドラマですので、致し方ないのかなと。その割には盛り込みすぎだなとも思いますね。

      返信
  9. 匿名、レガシィ64

    コードブルーはドラマだから仕方ないとは思いますが、他の医療機関等の医師たちが地下鉄駅災害現場で活動を始めているのを見て、白石先生(新垣)は治療を中断して、指揮に回ってますが、別に後から到着してもドラマは成立するし、安全とされてから二次災害が起きても不自然でなかったので、先生の指摘のような段取りの方が、黒田先生の教訓も活かせたのに。残念ですね。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      匿名、レガシィ64さん
      ありがとうございます。
      今回はまだ最後だけの短いシーンだったので、何とも言えませんでしたね。
      実際、安全確認後だったのかもしれませんし、黒田先生の教訓があったとしても事故は防げなかったのかもしれません。
      ただ少なくとも、こういう事故が起きた時に傷害を最小限にするためにも、もう少し格好は考えても良かったのかなとは思ったので指摘しました。
      実際には俳優さんの顔や外観が隠れてしまうと魅力が半減しますので、これまでもいつも軽装だなとは思っていましたが・・・

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です