【重要なお知らせ】コメント欄の障害と運用に関して

ありがたいことに、このブログではこれまで1500件近くのコメントのやりとりをしています。

しかし、現在ものすごい勢いでその数が増えており、その全てを追いきれなくなってきました。

現在は人気ドラマの影響もあってアクセスが爆発的に増え、それとともにコメント数も膨大になっています。

コメントは承認制なので、いただいたコメントを私が読み、それに返答するとコメントが閲覧できるようになる仕組みです。

しかし中には海外からのスパム、宣伝、講演やセミナーの依頼、意味のないコメントも多すぎるので、その中から返答すべきコメントを選ぶのがかなり大変になっています。

「昨日からお腹が痛くて下痢をしていて・・・、病院に行くべきでしょうか?」

のような医療相談もかなり多いです(医療相談には一切お答えしないと書いているのですが、効果はあまりありません)

 

今日は午前中にサーバーがダウンしてブログ自体にアクセスができなくなり、その後はコメント欄を全く見ることができなくなるという障害が発生しています。

読者の方が教えてくれるまで、私も気づいていませんでした。

現在いろいろ手立てを講じて復旧中なのですが、一人でできる作業量としてはそろそろ限界かなと感じています。

複数の外部メディアの連載もあり、今後さらに作業量が増えそうなので、コメント欄の運用と優先順位について今回きっちりお知らせしておきます。

 

私はこれまで、いただいたコメントには一つ一つ丁寧にお答えすることをポリシーとしてきました。

私のブログを読んでくださっている多くの方々がよくお分かりかと思います。

いただいたコメントにはできる限り同程度の長さの返答をします。

10行くらいでじっくり書いてくださったコメントに、1行で適当に返すような無礼なことはしたくないと思っています。

 

ただ、コメントを書くのにもそれなりに時間がかかり、一つ一つじっくりコメントを返していると記事執筆が滞ります。

やはり新しい記事を楽しみにしてくれている多くの方々のため、新記事更新を優先したいという思いはあります。

今現在、この記事を書いている時間ももったいないです。

 

「コメント欄を承認制にせず、自由に書き込めるようにすればいいじゃないか」という意見があるかもしれませんが、これは不可能です。

ブログをやったことのある方ならご存知だと思いますが、必ずスパムや誹謗中傷、誰も理解できない文章などでコメント欄が荒れます。

ヤフコメや、2チャンネルのようなコミュニティサイトのように、コメントした人同士が会話を始めるので、本当に読者に役立つコメントが埋もれて無法地帯になります。

よって、このWordpressのように有料ブログを運営している人は、承認制が普通です(無料ブログではそれができないものもあるようですが)。

 

コメント欄はブログ記事の中の一つのコンテンツで、コメント欄のやりとりには、読んだ方が役に立つ情報がたくさんあります。

Googleの検索エンジンは、コメント欄に書かれた文章もクロールして検索順位に反映させています。

今後もできる限りお答えしたいのですが、全てのコメントにお答えすることはできないと思います。

 

もちろんコメントは、これまで通り遠慮なくいただいて構いません。

応援してくださる方々からのコメントは、私の何よりの励みになります。

また医療者からのコメントには、非医療者の方々が役に立つよう専門用語を排して分かりやすく書いてくださる情報もたくさんあります。

もちろん、私の間違いを親切な言葉で指摘してくださる方々のコメントも助かっています。

また医療に関する質問に対して私が答えることで、みなさんの共通の疑問を解消する手助けになります。

 

今後は、いただいた質問は記事にする形でお答えする方法も、積極的にとりたいと思っています。

コメント欄まで全て読む人は必ずしも多くなく、優良なコンテンツが画面下に埋もれてしまう事態も防げると思います。

これまでに、「質問コメントしたけど返事がないなぁ」と思っている方、もうしばらくお待ちください。

できる限り頑張ります。

 

みなさんには大変申し訳ないですが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」で定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
プロフィール詳細はこちら

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。