コウノドリ2 第1話 解説|妊娠高血圧症候群&ヘルプ症候群、心室中隔欠損とは?

コードブルーやドクターXは、いずれも救急や外科といった私の専門に近い分野なので、解説記事を難なく書いています。

一方コウノドリは、産科・新生児科が関わる周産期のドラマで、専門外ということもあって当初解説は見送ろうかと思っていました。

しかし今回第1話を見て、

妊娠高血圧症候群HELLP(ヘルプ)症候群って何?

子癇(しかん)発作中の処置、つまりジアゼパム投与や子宮を左に寄せるといった行為の意味は?

胎盤早期剥離とは?

心室中隔欠損とはどんな病気?

こういった疑問が生じたのではないか?と思いました。

 

特に出産の可能性がある女性の方や、出産を控えた家族がおられるような方は、きっとこういう疑問を解消しておきたいと思うはずです

そしてこの程度であれば、科を問わずどの医師でもある程度は解説できることです。

というわけで、やはり誰かの役に立つかもしれないと思い直し、解説記事を書くことにしました。

私は周産期医療の現場経験がないため、これまでのように実体験に基づく話は難しいですが、「基本用語解説」ということでお付き合いいただければと思います。

 

広告

妊娠高血圧症候群とヘルプ症候群とは?

主人公である産婦人科医、鴻鳥(綾野剛)は、先輩医師である荻島(佐々木蔵之介)の手伝いのため、離島の病院へ行きます。

そこで出会ったのが、妊娠高血圧症候群の女性でした。

リスクの高い分娩は本土でしか行えないとの荻島の判断で、ドクターヘリを手配しますが、女性はHELLP(ヘルプ)症候群から、子癇発作(しかんほっさ)を起こしてしまいます。

 

妊娠高血圧症候群とは、以前「妊娠中毒症」と呼ばれていました。

異常な高血圧タンパク尿浮腫(むくみ)などの症状が妊娠20週以降に出る病気ですが、原因は不明です。

全妊婦の5〜10%に起こり、初産、肥満、高齢や、もともと高血圧や糖尿病がある人などがリスクとされています。

 

妊娠高血圧症候群の問題は、以下のようなリスクがあることです。

胎児が発育不全を起こす

胎盤早期剥離を起こす

HELLP(ヘルプ)症候群を起こす

子癇(しかん)発作を起こす

 

「胎盤早期剥離」とは、胎盤が早い時期に剥離してしまう状態のことで、大量出血を起こし、母子ともに命に関わる代表的な産科救急疾患です。

略して「早剥(そうはく)」と呼びます。

胎盤早期剥離のうち、3分の1が妊娠高血圧症候群を合併しています

 

HELLP症候群とは、溶血(hemolysis)肝障害(elevated liver enzyme)血小板減少(low platelet count)の頭文字をとったものです。

今回、鴻鳥と荻島が緊急カイザー(帝王切開のこと)を行なった女性は、このHELLP(ヘルプ)症候群を起こしていましたね。

 

溶血とは、赤血球が壊れて貧血を起こすことです。

血小板は血を固める働きのある、血液に含まれる成分ですから、これが減ると血が固まらなくなります

大量に出血してもすぐには止まりません

つまり貧血があるのに、さらに貧血が進みやすい状況にあるわけです

さらに胎盤早期剥離は、胎盤が剥がれることで大量に出血しやすい病気です。

これが起こりやすいとなると、あまりにも危険な条件が揃っていることがよく分かるでしょう。

 

ここまで読んで、鴻鳥と萩島のセリフを思い出してください。

鴻鳥は、手術に消極的な萩島に対して、カイザー(帝王切開)を勧めた上で、

「もしもいま早剥でも起これば赤ちゃんは助からないかもしれません!」

「血小板がこれ以上下がれば、手術そのものが(不可能になる)!」

と言います。

それに対して萩島は、

「ここで手術はできない。十分な血液製剤なしに、大量出血の可能性のあるユリちゃんを手術するのは危険だ」

と答えました。

もうこのやりとりの意味はわかりますね。

ここで萩島が言った血液製剤とは、輸血すべき赤血球製剤や血小板製剤などのことを指します。

 

子癇発作(しかんほっさ)とは何か?

この女性は、子癇発作(しかんほっさ)を起こしました。

妊娠高血圧症候群が原因でけいれん発作が起こることがあり、これを「子癇(しかん)発作」と呼びます。

けいれん時は呼吸が止まってしまうため、気道を確保して酸素を投与することが大切です。

そしてけいれんを止める薬(ジアゼパム)を投与します。

今回は、鴻鳥が頭側に回って気道を確保したのち酸素マスクをかぶせます。

そして荻島が、

「ジアゼパム5ミリ!」

と指示しましたね。

 

さらにここで鴻鳥は、

「子宮を左側に押し上げて!」

と指示しました。

これはどういう目的で行うのでしょうか?

 

妊婦が真上に寝ると、大きな子宮が下大静脈を圧迫します

大静脈は、体の中心を通る、全身の血液を集める最も太い静脈ですが、心臓より上を上大静脈、下を下大静脈と呼びます。

下大静脈が子宮に圧迫されて押しつぶされると、心臓に戻る血液が減り、全身への血液の巡りが悪くなります

妊婦が真上に寝たときに突然血圧が下がってしまうことを「仰臥位低血圧症候群」と呼びますが、これは子宮による下大静脈の圧迫が原因です。

妊婦は普段からこういうリスクがあるということです。

これを防止する方法として、体の左側を下に傾けて横になる、というものがあります。

下大静脈は体の中心よりやや右寄りにあり、体を傾けることで下大静脈の圧迫が解除されるからです。

さて今回の女性はけいれん発作を起こし、前述の通りそれだけでも酸素が不足している状態です。

そこで少しでも全身への血流を保つため、子宮を左に寄せ、下大静脈が圧迫されないようにする必要があるわけですね。

広告

 

心室中隔欠損(VSD)とはどんな病気か?

一方ペルソナでは、クールな産婦人科医、四宮(星野源)が診察した胎児が、「心室中隔欠損」という病気にかかっている事が分かります。

心室中隔欠損(VSD)は、心臓の右心室と左心室の間の壁「心室中隔」に生まれつき穴が開いている病気です。

先天性心疾患の中では最も多いですが、30〜50%は自然に閉鎖します

大多数は2歳までに閉鎖するとされていますが、閉鎖しない場合や穴が大きい場合は手術が必要です。

 

ではなぜ、心室に穴が空いている状態を放置してはいけないのでしょうか?

以下の図をご覧ください(上の図が正常)。

全身から戻ってきた血液の一部がそのまま穴を通って左心室に流れ込むため、左心室に大きな負担がかかります

心筋に不自然な負担をかけすぎることにより、そのうち心臓のポンプ機能が限界を迎え、心不全に至ります

また左心室に血液が充満していると、肺から血液が戻りにくくなり、肺高血圧を生じます。

肺高血圧によって肺の機能が落ち、いずれ呼吸不全につながっていきます。

この状態を放置して生きて行くことはできません。

 

ちなみに心房中隔に穴が開く病気もあり、これを「心房中隔欠損(ASD)」と呼びます。

VSDに次いで2番目に多い先天性心疾患ですが、成人においては最多です。

なぜなら、ASDはVSDと違って自然に閉鎖する頻度が低く、かつ、軽症なら無治療で良いから(放置しても良い)です。

 

というわけで、第1話の解説はここまで。

今後も引き続き、用語の解説を中心にコウノドリの解説をしていきましょう。


過去のコウノドリを見たい方、U-NEXTで31日間無料です!

広告

コウノドリ2 第1話 解説|妊娠高血圧症候群&ヘルプ症候群、心室中隔欠損とは?」への22件のフィードバック

  1. ゆうなつ

    初めまして!
    いつも楽しく読ませていただいてます。
    今回、コウノドリも解説するんですね!
    頑張ってください。

    質問です。
    私の娘は、心房中隔欠損症です。
    産まれてからの診察で心雑音があり、3つ穴があると言われました。
    心房中隔欠損は心室中隔欠損と違って自然に閉鎖することがないからと書かれていますが、娘が診断されたとき自然に閉じることもありますと小児科の医師から説明がありました。
    実際に娘の3つの穴は治療せず自然に閉じて、来年の検査で終わりということになってます。
    ネットで調べると、心房中隔欠損で手術した子も自然に閉じた子もいらっしゃいます。
    この記事と小児科医師の説明、どちらが正解なんでしょうか?

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ゆうなつさん
      大変申しわけありません。私の説明に語弊がありました。
      心房中隔欠損は「自然閉鎖がまれ」というのが教科書的な説明です。
      記事の文章を修正しておきます。
      もちろん専門である小児科の先生の説明が正解です。
      不安にさせてしまって申し訳ございません。

      ちなみに小児科の先生の感覚は「まれ」でもないのかもしれません。
      というのも、「教科書ではこうだけど感覚的には違う」ということが私もあるからです。
      残念ながら、そこまでうまく伝えられるのは私の場合、現場感覚のある消化器疾患だけで、それ以外は「教科書的な」説明にとどまってしまいます。
      どの教科書でも心房中隔欠損の自然閉鎖は非常にまれ、というのが基本とされていて、軽症なら閉鎖しなくても大丈夫、と考えられています。

      返信
      1. ゆうなつ

        お返事ありがとうございます!
        記事を読んで凄く納得しました!
        小児科の先生は「まれ」というような感覚はなかったのかもしれません。
        心房中隔欠損の説明を聞いたとき、私にも「自然に閉じることは非常にまれ」という感覚はありませんでした。患者さんに色々説明するときは、教科書より現場での感覚が大事なんですね!
        たまに、医師によって言ってることが違うときありますけど^^; 特に、医師と看護師では言ってることが違うときが多々ありますが^^;

        これからも色んな記事を楽しみにしてます!
        無理せず頑張ってください(^-^)
        応援してます( *˙ω˙*)و グッ!

        返信
        1. keiyou 投稿作成者

          ゆうなつさん
          ありがとうございます!
          おっしゃる通り、現場感覚は大事でも、感覚でものを言うと医療スタッフによって言うことが違うことがあって、誤解を招くことがあるんですよね・・・。
          ちなみにASDに関しては、友人の先天性心疾患専門の小児心臓外科医に確認したところ「ASDは穴の大きさにもよるが大半は閉鎖しない」という認識だそうです。
          なので、私の説明の「閉鎖しない」は大間違いですが、ネットで調べると「閉鎖することが多い」と書かれてあるものもあって、これも正しい表現ではないですよね。
          穴の大きさにもよるので、結構個人差があるようですし、ゆうなつさんのお子さんやネットでのケースでは閉じやすいものだったかもしれません。
          先天性心疾患は非常に専門性が高いですし、私も勉強不足です。
          また気になったこと、疑問点あれば遠慮なくご指摘くださいね。間違ったことを放置すると大変ですので、すごく助かります。

          返信
  2. ピスタチオ

    コウノドリは大好きなドラマで、コードブルーに引き続き解説をいただけてとても嬉しいです。

    さて、今回、離島で子癇発作を起こした女性ですが、血液製剤が足りないと聞いた女性の父親が、島中の人にAB型の人たちに献血をお願いしていました。

    血液製剤出ないと安全性に問題があるような気もしますが、(都市部ではそういうことはないでしょうが)いきなり知人の血液を輸血するということは今時あるのでしょうか。以前、輸液ではなく輸血をする際は、クラスマッチ試験などする必要があり、緊急の場合はその余裕もない、と書かれていたかと思います。また、いくら離島とはいえ、血液製剤くらい十分用意してきないというのは、どうなのかなとも。

    コウノドリは、産科の先生もリアリティがあると仰っていたので楽しみです。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ピスタチオさん
      ありがとうございます!ぜひ楽しんでください。
      全くご指摘の通りです。あの描写は、私はありえないと思っています。
      家族や知人の血液を集めて輸血などもってのほか。血液製剤はないのに、集めた血液を適切に処理できる機械が離島の病院にあるというのでしょうか・・・
      ただ「じゃあ離島でこういうことになったらどうしているのか?」ということが私には全く想像できず、正しい答えが示せない以上ツッコミを入れられませんでした。
      常識的な感覚で言うと、「血液製剤が用意できないような状況なら出血リスクのあるオペなどしてはいけない」ということになります。
      ただコウノドリは日本産科婦人科学会や厚労省お墨付きのドラマですから、リアリティは非常に高いはず・・・とも思いますし。
      もしこういうことが本当にあるならいいのですが、ドラマの世界だけなら誤解を招くようなことはやめるべきなんですけどね。

      返信
  3. 匿名、レガシィ64

    コウノドリ、ドクターX と解説お疲れ様です。
    素人つに解り易い医療解説いただき、大変参考になっております。
    外科医は激務と良く言われております。ご無理なさらぬように。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      レガシィ64さん
      ありがとうございます。
      もはやみなさんに暇だと思われているかもしれません笑
      ドラマ解説はとても楽しいので、大丈夫ですよ!
      ぜひ楽しんでください。

      返信
  4. ピスタチオ

    お忙しい中ありがとうございます!
    昔のドラマだと、「患者と同じ血液型だから俺の血を使ってくれ」みたいのがあった気がしますが、ありえなさそうですね。

    離島の事情はよくわかりませんでしたが、血液製剤の作り方について少し調べてみました。検査して、遠心分離にかけたり放射線あてたり。普通の病院にはなさそうですね。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ピスタチオさん
      確かに昔は実際、家族の血液を集めたりしていました。
      血液製剤の副作用がまだはっきりわかっていなかった頃ですね。
      おっしゃる通り放射線照射はいわゆる拒絶反応の予防に必須ですし、ウイルス(HIVや肝炎)検査も必須ですしね。

      返信
  5. yoshi

    皆様のご指摘はすばらしいですねえ…。私は読みながら、「これくらいは専門外でも説明出来る事」の部類なのか、専門家の解説だとどうなるのだろうと思っておりました。
    コードブルー1の消化器疾患の記事は、先生の専門というのがよくわかる記事で、コードブルーを解説なしで観ながら「なんだかよくわからないけどスゴイ」という時の感覚に少し陥りました(笑)。いえ、わかりやすい解説だったんですが。
    コウノドリは観ていなかったのですが、観ようと思います。
    先生がオススメされていたMONSTERという漫画も、人待ちをしていた所に置いてあったので半分ほど読みました。主人公が優秀な医師という設定も、このサイトを読んでいたせいか、そんなにトンデモ漫画ではないというか、違和感がないような感じがしました。途中までですが、面白かったです。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      yoshiさん
      私がコードブルー解説で意識していたのは、教科書には書いていないことを入れることですね。
      現場で働いている人にしか分からないような裏事情のようなものも書いて楽しんでもらおうという感じです。
      コウノドリではこれができないので、私の解説は全部自分で調べれば分かることなんです。
      まあこれをわかりやすく説明するのも私の仕事かなと思っています。
      MONSTERはストーリーが複雑ですが、面白いのでぜひ読んでみてくださいね。

      返信
  6. オレンジ湯たんぽ

    こんにちは。
    このドラマのロケを我が県の離島でやってたと、少し前に話題になってました。
    島のみんなで輸血…のくだりは「これはきっと先生がツッコミが入るにちがいない!」と思ってましたが、やっぱりでしたね。
    リアル離島の妊婦さんは初産の時は本土にやってきて設備の整った総合病院で産むようです。
    本土には島の人御用達のホテル(病院までタクシー1メーターの距離)があって「出産パック」みたいな島の妊婦さんのためのプランがあるとききました。
    経済的な負担はあるけどやっぱり安全第一なので、初めての出産はそれを利用される方が多いと聞きました。
    ちなみに「次のヘリは後1時間かかる」と言うのも「自衛隊のヘリも使えるはずなのにねぇ」などと我が家では違う視点からツッコミいれてましたが、それでもコウノドリはとても好きなドラマです。
    やはり自分の出産を思い出しますし、どこから連れてきたのか、結構生まれたてみたいな赤ちゃんがたくさん出てくるので「あら〜産まれた〜よくきたね〜」とテレビに声をかけ、涙が流れてしまいます。
    解説でなくてもお医者さんの目からみた感想など聞かせていただけたらと楽しみにしてます。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      オレンジ湯たんぽさん
      そういう仕組みなんですね。納得しました。
      そのあたりの知識はなかったので、記事内ではあえて突っ込まなかったんです。
      そういうことってやっぱり現地の人に聞かないとわからないんですよね、調べて分かるものでもありませんし・・・。
      私も子の親なので、コウノドリの出産シーンは毎回感動します。
      コウノドリは非常に正統派というか、コードブルー以上に綺麗にまとめている感じがします。
      実際にはもうちょっと口の悪い医者もいていいのになと思います笑

      返信
  7. きたろー

    いつも楽しく拝見しております!
    コードブルーの過去シーズンに加えてドクターXやコウノドリまで…
    keiyou先生の多忙さが心配です…
    無理の無いようにして下さいね!

    さて、今回は「研修医」についてお聞きしたいのですが

    コードブルーとコウノドリで設定に矛盾があるようなのですが…

    初期研修(スーパーローテーション?)と後期研修がある事は知っています
    私の感覚では、一般的な研修医=初期研修医と思っていました
    コードブルーのフェロー達は後期研修に当たりますよね?
    作中でも緋山が「研修医ではない」と発言してました
    ここまでは納得です

    しかし、今回のコウノドリで??になりました…

    下屋(松岡茉優)は1期では研修医でした
    しかし、2期では産婦人科医として立派にやっているようです
    院長も既に産婦人科医の認定を受けているかのような発言をしていました
    「1期と2期の間に認定を受けたのかな?」と思いましたが、調べてみれば1期と2期の間の空白期間は2年間らしいです
    これは無理がありませんか…?

    ①1期で後期研修の下屋の事を「研修医」と呼んでいた
    ②設定に矛盾や無理がある

    どちらだと思われますか?

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      きたろーさん
      ありがとうございます!
      このくらいは大丈夫ですよ!まあ最近は種々の事情で少し余裕があるのですが、忙しくなるとちょっと更新が遅れがちになるかもしれませんが・・・
      実際には、初期研修2年(=スーパーローテート)、その後は専門科の医師という扱いです。
      ですから、3年目以降下屋先生が産婦人科医と言うのはOKです(産婦人科以外の仕事はしませんからね)。
      この3年目以降のことをフェローと呼ぶのか、後期研修医と呼ぶのか、専攻医と呼ぶのか、またそれを何年間呼ぶのかは病院によってルールは様々なんです。
      いずれにしても、呼び方は違っても3年目以降はもう専門の科に属した立派な医師扱いですね。
      「研修医」という言葉は曖昧で、スーパーローテーターのことを指す場合もあるし、3年目以降を「後期研修医」と呼んでいる病院なら、彼らも「研修医」です。

      返信
  8. ソセゴン

    いつも記事の掲載、質問の回答、本当にありがとうございます。
    今回は一つだけ聞きたいのですが、VSDのお母さんが、診察を受けたあとに
    ネット検索や参考書で病状を調べて不安になっていましたが、現実でも自己診断をしたり
    医療従事者以外の媒体を鵜呑みにしてしまう患者さんや家族は多いのでしょうか?
    (ドラマだとありがちなのが、「先生!私本当は○○なんじゃないんですか!?」みたいなシーンです。)

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ソセゴンさん
      良い質問です笑 それはもう非常に多いです。
      特に産婦人科や小児科は若くて自己学習の意欲の高い方の受診が多いですから、ドラマのシーンがその通りです。
      これは患者さんにとっては良い点もあるし悪い点もあるんですね。
      こういったことをまとめてまた記事にしようかなと考えているところです。

      返信
  9. ピスタチオ

    ソセゴンさんの質問、とても気になります。

    先日、某良性腫瘍で大学病院に行った際、また別件で歯医者で治療した際の事。私はトンデモ医療情報系が嫌いなので、なるべく、病院が公開している記事や、日本語の論文とかを読むようにしていたのですが、「先生、こういう情報を読んだのですが!」と質問したところ、いずれも、心底めんどくさそうな顔を医師、歯科医にされてしまい、、、「あぁ、ウザい患者を、やってしまった…。」と恥ずかしくなり、後悔しました(悲…)

    家庭の医学、とかも読むのも昔から好きで…鬱陶しいですよね……

    とはいえ、自分や家族、ましてや赤ちゃんが病気になったら気になって調べて質問したくなってしまうとは思います。医師に質問するコツ?も是非お願いいたします。

    (オレンジ湯たんぽさん、離島のお産体制についてありがとうございます)

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ピスタチオさん
      不安になって調べるかたが多いのは当然ですし、最近はインターネットなどで調べやすくなっているので、そういう方の方が多いですよ。
      また、治療を受ける本人、あるいは子供なら親が病気のことを十分理解しておくことは大切なので、それに関しては私は大歓迎です。
      その方が治療はうまくいく可能性が高いですし、これに嫌な顔をする医師は最低ですよ。
      ただ、時に思い込みの強い方がおられ、こちらが説明しても「いや私が調べた限りそんなはずはない」と言われて当惑することはあります。
      ですから、調べたとしてもどんな風に話をすると良いか、ということもまた記事にしてみます(こういう外来あるある系は、何本も記事のストックがあります笑)

      返信
  10. YaKo

    こんばんは。

    研修医の定義ってほんとよく分からないです。
    看護師でありながら全く…
    うちの病院では、研修医→修練医→医師ですが、修練医は何年とは決まっていないです。その科の医師の人数によって空きがなければ何年も修練医を続けることもあるようです。

    そして、ネットで疾患の事を調べて不安になり外来であれやこれやと質問攻めはほんとによくありますよね。
    特に有名人の方が発病を公表した後などは大変なことになります。
    同じ病気の患者さんは、あの人が抗癌剤で効果があったと言うので自分もして欲しいとか、自分も予後は三ヶ月なんですね…とか。
    情報収集するのはいいことだと思いますが、得た情報が自分に当てはまるのか、その見極めが大切なのですが、それが一番難しいんだと思います。
    なので、私はkeiyou先生の正しくてわかりやすい話や説明に感銘を受けました。
    多くの方が先生の記事を読んでくれることを願っています( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

    しかし!ほんとに外科医は激務です。
    友達の独身の女医さん(外科医)は1週間家に帰っていないとよく言っています(汗
    先生のお身体も心配ですが、奥さんや子どもさんとの時間も大切にして下さいね(笑)

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      YaKoさん
      そうですよね、研修医という言葉の定義は本当に曖昧だと思います。
      初期研修2年が終わればもう医師と呼んでいる病院もありますし。
      ネットの情報は、ニュースになりやすいもの、珍しいものが多くなりがちです。
      有名人のケースは話題になりやすいし、珍しい副作用や事故などもそうです。
      専門家が監修したような信頼性のあるページならともかく、患者さん個人の感想やブログなどは自分に当てはまらない方が多いと考えるべきでしょうね。

      心配してくださってありがとうございます笑
      外科医は確かに忙しいですが、1週間家に帰れないなんてことはまずないですよ。
      独身の先生であれば、病院にいる方が楽だから帰らないんでしょう。その気持ちはわかります笑

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です