コウノドリ2 第10話感想|なぜ21トリソミーだけが多いのか?生まれるという奇跡

コウノドリは毎回、非常に難解でデリケートな問題に挑み、登場人物に様々な答えを語らせています。

今回は出生前診断によって21トリソミー、すなわち「ダウン症候群」であることがわかった夫婦の葛藤を描くストーリーでした。

同じ境遇の人が多く見ている中、細かいところまで丁寧に、慎重に作られているのがわかります。

こういうタイプのドラマ製作は本当に大変だろうと思います。

もはや完成度が高すぎて私に語ることなどありませんが、医療者の立場からドラマで語られなかった部分を少し解説してみたいと思います。

 

広告

今回のあらすじ(ネタバレ)

クリニックで出生前診断を受け、21トリソミー(ダウン症候群)との結果を得た妊婦の透子。

ペルソナを受診し、羊水検査で確定診断を得ます。

育てていく自信を持てない透子は、何度も鴻鳥(綾野剛)や今橋(大森南朋)と相談を繰り返し、中絶を選びました。

しかし、

ダウン症のある子供達自身は悩まず、幸福を感じて生きていける

という今橋の言葉を受け、ダウン症の子供のこと、育てる親のことを知り、徐々に気持ちが変わります。

そして最終的には「自分の子を産みたい」という気持ちが勝り、中絶を取りやめることになりました

 

一方、出生前診断を受けたもう一人の妊婦、明代(りょう)は羊水検査で同じく21トリソミーの診断を受け、中絶を決めました。

出生前診断を受けると決めた時から、何らかの疾患が判明した場合中絶すると決めていたからでした。

小さな弁当屋を営み、ぎりぎりの生活をしている夫婦にとって病気を持つ子供を育てることは大きな負担。

こうした家庭の事情から、最後まで気持ちを変えることはありませんでした。

 

出生前診断については、登場人物が様々な角度から考えを語りました。

「親になる前に我が子の情報を集めるのは悪いことではない」

という倉崎(松本若菜)。

「その情報を知った後でどうするかを決めずに出生前診断を受けるのは無責任だ」

と否定的な四宮(星野源)。

そしてカンファレンスの場で鴻鳥が、

「平等であるはずの命を選別してはいけない」

「だが命の選別という言葉にみんなが囚われ、家庭の事情に目を向けられていない」

「赤ちゃんに関して家族がどんな選択をしても間違いではないし、間違っていなかったと思えるように家族の悩みや葛藤に寄り添うのことが自分たちにできること」

と産婦人科医の立ち位置を語りました。

 

21トリソミーとはどういう意味か?

人の染色体は全部で46本あります。

1番から23番まで番号がついており、それぞれ2本ずつセットになっているので、46本です

2本ずつセットになっているのは、父親(精子)から23本、母親(卵子)から23本、半分ずつ染色体を受け継ぐことで、お互いの遺伝情報を均等に引き継ぐからです。

しかし、精子や卵子ができる細胞分裂の過程に異常が起こり、染色体の数が変化することがあります。

21トリソミーは21番染色体が3本に増える病気です(「トリ」は「トリプル」など「3」を意味する言葉)。

精子と卵子は本来、染色体を全種類1本ずつ持っていなくてはならないのに、どちらかが21番だけ2本持っていた、ということです。

21番だけが1本多いので全部で47本になっています。

ダウン症候群と呼ばれ、精神や運動の発達の遅れ、心臓や消化管の奇形などを合併します。

他にも13トリソミー18トリソミーもありますが、これら以外の染色体異常の疾患は非常にまれです。

 

この中でもダウン症が特に有名なのは、罹患数が圧倒的に多いからです。

毎年1000出生あたり1人生まれるとされています。

また、他の染色体異常に比べると平均寿命がはるかに長いのも特徴です。

かつては20歳前後で亡くなる人が多かったのですが、医療の発展により50歳以上まで生きられる人も増えています。

 

ここで一つ、以下の質問の答えを考えてみてください。

染色体数の異常は一定の確率で起こります。

1番から23番まで、3本に増えるという細胞分裂時の間違いが起こる確率は、どの染色体でも全く同じです。

それなのに、なぜ21トリソミーの出生だけがこんなに多いのでしょうか?

そしてなぜ、1トリソミーや2トリソミーといった他の病気がないのでしょうか?

 

答えは実は簡単です。

ほとんどの染色体異常がそもそも生まれることができないからです

つまり、ほとんどの染色体異常は、受精卵の段階、あるいは妊娠初期の段階で流産してしまいます

胎児として母体の中で成長することができないからです。

だからそういう「病気」が存在しないのです

人として生まれることができないものは「病気」として認識されません

 

人が人として「生まれることができる」ことは、当たり前のことではありません

受精卵から、この世に人として生まれ、生きていける、ということ自体が奇跡的なことなのです。

そのうえ何十年と生きられるのなら、どれほど尊いことでしょうか。

私は医学生としてこのことを学んだ時、この世に人として生まれることの尊さを痛感したのを覚えています。

広告

 

コウノドリで描かれる名医とは?

白川は小児循環器のトレーニングを積むために別の病院へ移籍を考えています。

赴任先の面接で、目標とする医師が今橋であることを語った白川は、相手の医師から、

「ずいぶん大きな目標だ」

と言われてしまいました。

 

私がコウノドリを違和感がなく見ることができる一つの理由は、医師の評価基準が適切であることです。

今橋は、白川にとって「大きな目標」とされています。

しかし、今橋の新生児科医としての知識や技術といった臨床能力の高さが描かれることはほとんどありません

描かれるのは、今橋の優れた人間性や、人格的に成熟した姿です。

これは今橋に限ったことではありません。

鴻鳥や四宮も、それぞれ大人で、成熟した考えの持ち主であるからこそ魅力的です。

四宮の父親もそうです。

彼らが産婦人科医としての敏腕さで魅せるシーンはほとんどありません

少なくとも、そうした技術面では優劣がないように見えます

そして下屋(松岡茉優)や研修医の吾郎くん(宮沢氷魚)が目指している地点も、やはり人間的な成熟にあるようです。

 

私はこういう医師の評価の仕方は適切だと思います。

技術や知識は、一定のレベルまでは誰でも身につきます。

結果に現れる差は、そこに人格的な成熟があるかどうか、によります

第4話の解説記事でも書いたように、コウノドリは、日本産科婦人科学会がバックアップして周産期に関わる医師を増やすことを目指しています。

周産期医療に関する患者さんへの啓蒙だけでなく、医師への啓蒙もその制作の意図として含まれていることを強く感じます。

改めて、素晴らしいドラマだと思います。

 

来週はいよいよ最終回。

次回の解説も、ぜひお楽しみにお待ちください。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」
「教えて!けいゆう先生」のコーナーで定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
プロフィール詳細はこちら

コウノドリ2 第10話感想|なぜ21トリソミーだけが多いのか?生まれるという奇跡」への8件のフィードバック

  1. ゆーき

    以前にもコメントしたゆーきです。ドクターXとコウノドリ、今期の医療ドラマはこの両方をずっと録画しています。ドクターXは終わってしまいましたが。二つのドラマが伝えたいことが真逆で、コンセプトも全く違うのでくらべたらいけないとはわかっていますが、いいところも悪いところも比較によってよく見えてきます。特にドクターX。前にも書きましたが、手術してあっさり末期がんが治ったりしていて、違和感がありまくりでした。内神田の4b食道がんも治ったんですね…。
    コウノドリは、出生前診断ということで、こちらは身につまされたりして泣きながら見ていました。私はSLEで薬飲んでます。いちおうプレドニゾロン10ミリグラム以下・高血圧糖尿などほかの病気がない・安定しているので、妊娠はしても大丈夫ってことになってますが、もう年は40です。もういいかな、と思っています。でも一抹の寂しさも感じたりします。万が一妊娠してもハイリスク妊婦ってことになります。本当に、切ってはって治るものならばって思います。SLEやリウマチ・その他の膠原病の患者を薬服用で何年も管理…って、ドラマにしづらいし、面白くないのは分かりますが…。でも、仮にガンで外科手術をしても、再発の可能性は0ではないし、何らかの薬は飲まなければいけないと思います。神がかり的な手術をドラマで見せられても、なんか懐疑的になってしまいます。テレビでよくやっているスーパードクターもそうです。ある先生の手術を受けようとすると、何カ月も待たなくてはいけないそうです。待ってるうちに、容体が悪くなりそうで、こういうドキュメントも自分の不安が余計煽られて最近見ていられません。昨日のコウノドリを見て、余計にドクターXがふざけているように思えてならなくなりました。でも好きなドラマなんですよ。この矛盾。

    ぐちゃぐちゃとまとまらない文になりましたが、ドクターXは去年やった4期のほうが面白い気がするので、よければお暇なときに(ないかもしれませんが)ご覧になってみてください。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ゆーきさん
      ありがとうございます。
      ゆーきさんのように、自らの病気の冷静に向き合い、お付き合いされている方にとってドクターXは違和感があると思います。
      癌もそうですが、慢性疾患はそういう対処の仕方をするものではありませんから。
      ゆーきさんのように懐疑的に見つつドラマを楽しめる方は良いのですが、世の中にはそういう人ばかりではないので、こういうドラマが大人気だと私たちは不安になることはあります。
      そういう意味でもこのブログで情報発信しているところはあります(おそらくこのブログを定期的に見られているみなさんはむしろ冷静な方が多いと思いますが)。
      これまでのシリーズは、時々見る程度でまともに見ていませんでしたが、面白いんですね。
      また時間がある時に見てみます。

      返信
  2. 林檎

    先生、こんにちは♪
    コウノドリの今回のお話は原作には無い「ドラマのオリジナルストーリー」です。原作を全巻揃えているコウノドリファンとしては、そのテーマのあまりのデリケートさに「この回はどうなるんだろう」と心配していました。

    心配というのは「やたらとドラマチックになるのではないか。コウノドリがわざとらしくなるのだけはやめて欲しい」という、ちょっとお節介なファンの勝手な願望です。

    多様な価値観のもと同じく多様な意見がある「出生前診断」について、テレビ離れが進んでいるために視聴者に迎合するような内容も多いドラマ中、ここまで踏み込んだ作品を作れるなんてすごいなぁと、お話の内容だけでなく制作の皆さんの意気込みにも感動しました。

    色んなことを考えながら先生の解説を読んでいたら、1トリソミーや2トリソミーが生まれることもできないと知り、遺伝子に異常性があってもsurviveできた命を選べないことの悲しさ、と同時に、そんな簡単に悲しいとは言うべきではないという気持ちを抱きました。

    やっぱり私達がこうして生きていることは本当に奇跡なんですね。だから命は尊いんですね。今日もこうして過ごせることに感謝して、この週末はいつもよりちょっと家族に優しくしようと思います!

    私は先生のドラマ解説がとっても好きです。
    そして必ず「(ネタバレ)」と書いて下さるところに、先生の優しいお人柄を感じています♪
    コウノドリの最終回の解説も楽しみにしています♪

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      林檎さん
      私は原作の漫画を読んでいないので、それを聞いて驚きました。
      オリジナルとは知りませんでした。相当制作が大変だったでしょう・・・。
      主張が偏らないように色々な人の意見を聞いたでしょうし。相当な製作者たちの気合ですね・・・素晴らしいです。
      おっしゃる通り、答えはないんです。でも間違いなく確かなことは、この世に生まれるということはそれだけで尊い、ということで、それを鴻鳥先生や今橋先生が伝えてくれたところにドラマとしての完成度の高さを感じました。

      ネタバレ、は時々入れるのを忘れることがあるんですけどね笑

      返信
      1. 林檎

        先生、ドラマのコウノドリは、たとえば「原作ではAさんとBさんのお話」を「Cさんだけにして、よりドラマチックにしている」というような作りです♪

        心臓疾患のため無痛分娩をされる妊婦さん+迷信を過剰に気にする妊婦さん=迷信をドクターの意見より信じて揺れ動く若い妊婦さんwith心疾患…みたいな感じです。

        ドラマチックというより地味で重めでリアルな原作が好きでドラマにシフトしたファンは、皆さん、原作の良さがドラマにできるのか不安のようです(笑

        先生のおっしゃる通り、神懸かり的スキルを持ったお医者さんが目の前の難病をどんどん治していくドクターXと比べて、人間的な成熟の素地の上に物語を重ねているのがコウノドリですね!

        医療について素人の私は、「メスを扱う職業なら、もしかしたらドクターも板前さんみたいに腕の良し悪しがあるのかな?だとしたら、私の病気も職人さんみたいなドクターが手術してくれないかなあ。ドクターXは有り得なくても、神の手を持つドクターとか本当にいるのかなあ?」と思ったりしていました。

        闘病中の身としては、ドクターXは水戸黄門や暴れん坊将軍、そして仮面ライダーやウルトラマン、そんな感じで楽しく観ていました♪
        コウノドリは楽しみにしてはいても、楽しくは見れないですね。。。

        原作漫画は21巻まであって、ドラマがシーズン2を迎えるということで、3ヶ月連続の単行本発売だったんですよ♪来週は原作では19巻目くらいの助産師の小松さん&親友の武田さんのお話かな。

        ちなみに、四宮先生のお父さんは原作では開業していて、能登ではなくN県N市とやらで普通に院長先生をしています。吾郎先生はイケメンの反対で、救命の加瀬先生はあんなに暑苦しいなくてやや長髪、NICUの今橋先生はこんなにお目々はパッチリしていません(笑)
        小松さんも筋腫はありますが、子宮の摘出はしていません。倉崎先生もご主人と離婚した後に出産してシングルマザーになりました。元ご主人が倉崎先生の娘さんの主治医です。

        原作にしか登場しないドクターもいれば、ドラマにしか登場しない人もいて、どっちもとっても素晴らしいです♪

        今、最新号の単行本21巻ではDMATのお話で、加瀬先生が被災地で頑張っています!被災地で妊婦さんもいて、加瀬先生があわや…のところで救ってくれました!ドラマも単行本も次のお話が楽しみです♪

        返信
        1. keiyou 投稿作成者

          林檎さん
          丁寧に教えていただきありがとうございます!
          お話をお聞きする限り、漫画とはコンセプトは一致させつつも、ずいぶん話を変えているんですね。
          ドラマ向けに、かなり手を加えているということですね、製作者も相当大変だと思います。
          腕の良し悪しは実際確かにありますが、手術は何人もでやりますので、一人の腕に左右されるものではないというか、一人で患者さんを救うものではありません。
          チーム力がよくないと、腕の良い外科医がいても、患者さんにそのメリットは還元されないですね。

          コウノドリはドラマも人気ですし、そういう状況であれば、また続編がありそうですね。
          楽しみです。

          返信
  3. ピスタチオ

    前回、医師が臨床に「向いていない」場合どうするのか…という質問させていただきましたが、この記事でハッとしました。

    たしかに、万が一自分や家族が手術することになった場合、手術の手技が気になるというのばかりが念頭にありましたが、実際診ていただきたい先生は、術前にはきちんと説明してくれて、術後も相談にのってくれる先生でした。多少コミュニュケーションなどに難があっても、派手さはなくても、真剣に考えてくれて人格的に優れた先生がいいですね。

    でも実情は、大学病院の外来の先生達、皆、忙しすぎるようで……寝不足でご飯食べる暇もなくプライベートも無いのに人間的に成熟というのは絶対に無理があるので、医師の職場環境が改善されるといいのですが!

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      ピスタチオさん
      おっしゃる通りだと思います。
      もちろん臨床能力がそれなりに高いことは必須ですが、やはりきっちりした説明ができ、相談には親身になって対応する医師かどうかは、治療効果に直結しますね。
      医療ドラマは技術や能力面にスポットを当てているものが多いですが、コウノドリはやはりその点で、良い意味で異質と感じます。
      人間的な成熟は確かに多忙な中では無理がありますよね。
      ただ、多くの症例を経験し、たくさんの患者さんと接して、うまくいかなかったり、失敗したりを経験することが医師としての人間的な成長につながることもあるので、やはりある程度は忙しいくらい仕事量がある方が成熟への近道かもしれません。

      返信

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。