看護師/研修医のカルテ記録によく見る間違った言葉の使い方

前回の記事「病棟看護師の看護記録によく見る不思議な間違い表現」に続く第二弾。

今回は、研修医の先生もよく間違えることの多い言葉を一覧で解説してみたいと思う。

 

広告

下血と血便

下血「黒色便・タール便」血便「鮮血便」のことである。

つまり、下血は上部消化管出血、血便は下部消化管出血のことを指す。

しかしこれを混同して使っている看護師や医師は非常に多い。

おそらく最もよく見るのは、鮮血が出ているのに「下血」と言ってしまうケースである。

「内科診断学」第3版には

「下血は、黒色のタール便(melena)のみに使用し、鮮血に近い血便(hematocheziaまたはbloody stool)と区別して使用する」

としっかり明記してある。

「朝倉内科学」第11版にも

「下血は血液により黒色やタール様になった便を肛門より排泄することと定義される。血便とは糞便中に新鮮血が混入あるいは便の表面に付着したり、新鮮血そのものを排出することである」

と書かれてある。

これらの正しい定義をきっちり守って記載すべきである。

 

ところが実は朝倉内科学には

「臨床的には下血は血便を包括して用いられる」

という記載もある。

したがって鮮血便を「下血」と呼ぶのはあながち間違いではないとも言えるのだ。

ただ私が言いたいのは、下血や血便という言葉を使うより、黒色便や鮮血便という言葉を使うべきだということだ。

黒色便は鮮血便より通常緊急性を要するし、正確な病態把握のためにも、誰が見ても便の性状がわかる方法で記載すべきだからである。

 

Mチューブ、マーゲンチューブ、NGチューブ

これらもまた不適切な言葉で、同じモノを指す言葉があまりにも多い。

ここに挙げたものの他、セイラムサンプゼオンといった商品名で呼ばれることもある。

まず、Mチューブとマーゲンチューブは同じだが、いずれも胃を意味するドイツ語の「マーゲン」英語の「チューブ」を組み合わせて作った、実に奇妙な言葉である。

胃に留置する全ての管に使う言葉だが、ちょっと私は恥ずかしくて使えない。

細い管や棒を表すドイツ語「ゾンデ」を用いて「マーゲンゾンデ」とすればドイツ語で統一できるが、わざわざドイツ語を使用するのも少し抵抗がある。

NGチューブも正確な医学用語ではないと思うが、nasogastric(鼻から胃)ということで、鼻から胃内に留置したカテーテルの総称なので、通称として使用する分には良いと思う(先端が十二指腸にある場合はどうするのか?という気もするが)。

ただ、挿管中の患者なら口から挿入することもあるため(OGチューブ)、注意が必要である。

 

セイラムサンプチューブは、イレウスなどの際に、胃に溜まった排液を排出するための太めのダブルルーメンチューブの商品名である。

外から空気を入れることで中の液体を外に出すことをサンプ効果と呼ぶ。

セイラムサンプであれば、青いルーメンが外から空気を取り込むルートで、太い透明のルーメンが液体を排出するルートになる。

外から空気が入らないと効率的に液体は排出できないので、青い部分を切ったり結んだりしてはいけない

急須のフタについた小さな穴をふさぐと、お茶が注げなくなるのと同じ理屈である。

このチューブは経腸栄養にも使用できるが、経腸栄養だけが目的なら、太いダブルルーメンである必要はない。

「ゼオンEN カテーテル」に代表される経腸栄養用の細いチューブを入れれば良い(ENはenteral nutritionでその名の通り)。

これをED(Elemental Diet)チューブと呼ぶこともあるが、これも「通称」だろう。

真に正確な医学用語を使うのであれば「経鼻胃管」というのも良いかもしれない。

そこに「減圧目的に」とか「経腸栄養目的に」と目的も併記するとより分かりやすい。

なお、消化器病棟で使う管は、これらの他にイレウス管やコロレクタルチューブなどもある。

違いがしっかりわかっていない方も多いので、自信のない方は以下の記事を参照してほしい。

 

CVCとTPNとIVH

これらの言葉の使い方もめちゃくちゃな人が多い。

CVCはcentral venous catheterで中心静脈カテーテルである。つまりモノの名前である。

TPNはtotal parenteral nutritionで完全静脈栄養、要するに中心静脈栄養高カロリー輸液のことである。つまり治療法の名前である。

IVHはintravenous hyperalimentation(経静脈的過栄養?)の略語だが、我が国だけで用いられている間違った言葉である(かつては海外でも使用されていたこともあるらしいが)。

つまりIVHはそもそも使う必要のない言葉である。

「IVHを行う」は「TPNを行う」の誤り。

「IVHを挿入する」は何を言っているのか意味不明

百歩譲ってIVHという言葉の使用を許したとしても、英語からしてこれはモノの名前ではないので二重の間違いである。

 

ちなみに近年では、末梢血管から中心静脈まで長いカテーテルを挿入する、PICCによるTPNが主流である。

ESPENやCDCなど海外のガイドラインでは、以前からPICCが第一選択と記載されているが、我が国では鎖骨下や内頸のCVCが第一選択となっている病院がいまだに多い。

新しい技術の導入が苦手な日本らしい組織構造に問題があるのかもしれない。

私は以前勤務していた病院で、TPNが目的のケースでは全例PICCを挿入するようにして、感染や閉塞、静脈炎などの合併症率や挿入時間などのデータをまとめ、安全かつ便利であることを証明した。

そこまでしなければ慣習を変えることは難しい。

 

ストーマとイレオストミーとコロストミー

ストーマは「瘻孔」のことであるが、便宜的に「人工肛門」を指すのが一般的である。

小腸(回腸)で作った人工肛門は「回腸人工肛門」、結腸で作った人工肛門は「結腸人工肛門」で良いのだが、これをイレオストミーコロストミーと記載する人が多い

-stomyとは「開口術、瘻孔を作る手術」を表す言葉である。

Ileostomyは回腸人工肛門造設術、colostomyは結腸人工肛門造設術だ。

これらはモノの名前ではなく、術式の名前である。

したがって、「イレオストミー造設」とか「右下腹部にイレオストミーあり」とか「イレオストミーより排液500mlあり」という表現は不正確である。

「ストーマより」であれば間違いではない。

前回記事で、「上腹部にPEGあり」「PEGより経腸栄養剤注入」は誤りと書いたが、それと同じ理屈である。

 

スタッフ間で誤解がなく、共通の認識があれば、過度に正確性を強要する必要はないが、正式名称なのか商品名なのか、正確なのか誤りなのかということは認識しておいたほうが良い。

また正式な文書に書く場合は、正確な医学用語の記載を心がけるべきだろう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です