2017年最も読まれた記事&お気に入り記事ランキング!

2017年最後の今日は、今年アップした記事を振り返ってみたいと思います。

まずは人気の記事ランキングから紹介し、次に私のお気に入りの記事を紹介します。

 

広告

人気記事ランキング

まずは人気記事紹介ということで、2017年に最も多く見られた記事ベスト6を紹介します。

 

第6位:冴島看護師はなぜ優秀か? 38438 PV

コードブルー3 医師が解説|冴島看護師はなぜ優秀か?手術のリアリティ

第6位はコードブルー3rd SEASON解説番外編として書いた記事です。

敏腕看護師、冴島はるかの「あまりにもリアルな」有能さについて書きました。

医療ドラマに出てくる看護師の中でも、冴島ほど細かい動作まで研究されているキャラはいません

徹底してこだわった監修と、もはや本物の看護師にしか見えないほどトレーニングされた女優の比嘉愛未さんの動きには驚くばかりでした。

 

第5位:コードブルー3 第5話の解説記事 40535 PV

コードブルー3 第5話|医師が骨盤骨折を解説&医師の謝罪にツッコミ

第5位は、骨盤骨折について書いた第5話の解説記事です。

第5話では、Hey!Say!JUMPの有岡大貴さん演じるフェローの名取が、骨盤骨折を見逃すというミスを犯し、患者さんが瀕死の状態になります。

なぜ骨盤骨折が危険か、について丁寧に解説したところ、この記事は「骨盤骨折」だけの検索で上位に表示されます。

未だに毎日のように見られている記事です。

 

第4位:術後の生活上の注意点 45023 PV

お腹の手術後、入浴/飲酒/仕事復帰はいつ?運転や性生活は?

現在では1日600人前後の方が見ている記事です。

お腹の手術をしたあと、いつから職場復帰できるのか、いつから家事や買い物をしても良いか、入浴や飲酒は?

といった疑問の答えをまとめた記事です。

こういう記事こそネット上に必要だと思うのですが、意外に私が書くまでまとまった記事はありませんでした。

多くの人に役に立てていると実感できる記事です。

 

第3位:術後の傷の変化について 45766 PV

手術後の傷口の痛み、赤み、化膿など傷の変化は受診すべき?

こちらも現在毎日600人ほどの方が見ています。

手術をしたあとの傷の変化は、退院後にこそ不安になります。

少し赤みが出たり腫れただけでも患者さんは心配してしまうものです。

こういう記事もネット上で見られると便利です。

ただ、実はこのタイプの記事を書くのは勇気がいります

この記事を見て自己解決し、病院に行くべき人が行かなくて済むと誤解する恐れもあるからです。

しかし、やはり病院に行く前にまずネットで検索するのが今の時代です。

ネット上に不確かな情報があふれている以上、正しい情報を書く必要があるだろうと思い、書くことにしました。

 

第2位:血便の原因と対策について 92153 PV

病院に行くべき血便(鮮血便)|原因となる病気、何科にかかるか?

毎日1200〜1300人以上の方が見る、ここ数ヶ月の週間ランキング不動の1位の記事です。

血便で困っている人ってそんなにたくさんいるの?

と思った方、実はそうではありません

この記事が群を抜いてよく見られるのは、血便関連のどんなワードで検索してもこの記事が上位に表示されるからです。

他の症状で困っている人もたくさんいるのですが、それについて書いた記事が検索結果で上位に表示できない以上、多くの人に見られることはありません。

なかなか難しいものですが、他の記事もリライトを繰り返すなど努力して上位表示を狙っています。

 

第1位:コードブルー3 第9話の解説記事 100289 PV

コードブルー3 第9話 感想|SSSって何?危険すぎる災害現場に物申す

私が2017年5月末にこのブログを開設して今まで約7ヶ月で、唯一閲覧数が10万回を超えているのがこの記事です。

第9話が放送されたのは9月11日ですが、その翌日だけで実に何万人もの人がブログに押し寄せました。

おまけにこの記事をほぼ全文コピペされ、別のサイトに盗作されるという事件まで起きました(抗議したら削除されましたが)。

 

なぜこの記事がこれほどアクセスを集めたか?

というと、原因は「SSS」というワードでした。

SSSとは脳にある静脈の集まった部分(静脈洞)のことで、第9話で頻繁に出てきた単語でした。

改めてこの放送を見直してみると、確かにSSSというワードが何度も登場するのに特にその説明はなく、

「結局SSSって何やねん」

という内容でしたね。

製作者側もここは詳しく説明する必要はないだろう、という判断だと思いますが、「そのせいで若い男性が急死する」というショッキングなストーリーだったため、視聴者の検索意欲をかきたてたのでしょう。

現在でも「SSS」と検索するだけでこの記事は上位に表示されます。

他に表示される記事がいずれも医療と全く関係のない記事で、この記事がすごく浮いて見えるほどです。

この回はあまり書く内容がなく、個人的にはあまり気に入っている記事ではないのですが・・・。

 

コードブルー3rd SEASONはFODプレミアムで見られます!

 

お気に入りの記事ランキング

これまでも度々書いていますが、人気記事として上位に来る記事は、

「よく検索される内容の記事」

かつ

「検索エンジンで上位表示に成功している記事」

です。

必ずしも記事の内容が良いとか、このブログの読者のみなさんが「いいな!」と思った記事ではないと思います。

何より私自身が気に入っていない記事も多く、逆に「これがなぜ上位に表示されないのか」と悔しい思いをしている記事もあります。

そこで逆に、私が今年書いた記事でお気に入りのものを6本紹介してみます。

 

第6位 全国の医学部で留年が急増

全国の医学部で留年がなぜ急増しているのか

医師になるためには、ペーパーテストで「かなり」高得点を取る必要があります。

受験時に必要とされる能力と、医師になってから必要とされる能力が全く違う、ということについて書いた記事です。

こういう短い記事はあまり検索エンジンに評価されず、また検索ボリュームも少ないので、ほとんど見られてはいません。

 

第5位 執刀医の定義に関する誤解

患者は希望の執刀医を指定してはいけない

手術に関する知識の中で「執刀医」ほど誤解されている言葉はありません

医療ドラマはその大きな要因の一つでしょう。

外科系の医療ドラマは「執刀医」という言葉にスター性を与えているものが多いです。

現実とあまりに乖離した「執刀医」の言葉のニュアンスに、多くの患者さんは影響を受けています。

かなり大切なことなので、まだ読まれていない方はぜひ読んで欲しい記事です。

 

第4位 受験制度の矛盾について

センター試験に英検、TOEIC導入は妥当なのか

私は自分が受験を経験した頃から受験制度にはかなり疑問を持っています。

この記事ではその受験制度にある矛盾について私の考えを述べました。

短い記事である上、タイトルから予想される内容と実際の内容がやや乖離していることもあってか、ほとんど読まれませんでした。

私自身は結構気に入っている記事です。

 

第3位 全国の医学部豆知識

全国の医学部を徹底解剖!部活の不思議?国公立大と私立大の違いとは?

最近書いた記事ですが、私はこういう記事を書くのが結構好きです。

業界の内情というのは、どの業界の人もあまり明かしたがりません。

しかしその世界を目指している人にとっては、ある意味最も知りたい情報でしょう。

特に出し惜しみする必要もないので、私が医学部に入るまで全くと言っていいほど入手できなかった情報を全部書きました。

 

第2位 風邪と風邪薬に関する誤解

風邪で熱が出たときの治療と対処法によくある4つの間違い

薬に関する記事を検索エンジンの上位に表示させるのは実は難しく、この記事もあまり見られていません。

私を含む、多くの医師がおそらく賛同すると思われる「風邪の治療」についての正しい知識や陥りがちな誤りについて書きました。

多くの人に役立つ記事だと思います。

 

第1位 がん治療について

がん治療の選び方、標準治療と民間療法の違いとガイドラインの意味

私がブログをやっている理由をそのまま体現したような記事です。

がん治療について医師が書いた文章は世の中にたくさんありますが、非医療者にとっては分かりにくいものばかりです。

本人にはその気はないのでしょうが、専門用語を多用したり、難しい言葉を使ったり

中には統計の難しい手法を持ち出してグラフまで登場させると、もはや見た人は読む気をなくしてしまいます。

もちろん私たち医療者にとってはよくわかりますし、その伝えたいという熱意や強い意図はよくわかります

しかし大切なのは、伝えるべき専門的な情報をいかに噛み砕いて分かりやすく説明し、かつ最後まで退屈させないかです。

時には伝えたい情報の一部を容赦なく削ってしまう勇気も必要です。

自分の言いたいことを100%伝えようとすると、文章が冗長になって途中で読者が離脱してしまうからです。

こうした技術は、私たち医師が常に磨かなければならないものだと思います。

やはり残念ながら検索エンジンでは上位表示されないため多くの人に見られることはありませんが、諦めず今後も引き続き情報発信していくつもりです。

 

私の文章を毎日のように見てくださる多くの方、本当に感謝いたします。

2018年も、みなさんの役に立つ記事をどんどんアップしていきますので、ぜひ、楽しみにしていてください。

 

それではみなさん、よいお年を!

広告


外科医ブロガー、二児の父。
医療ドラマ・医療ニュースの解説と
様々な病気・症状の悩みを解説する
ブログ「外科医の視点」を運営。
目標は「医療界の池上彰」。
詳細はこちら

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。