医療ドラマの外科医はどのくらいリアル?帽子、マスク、手袋の種類と違い

医療ドラマでは、手術シーンがよく出てきますね。

このブログでも、リアルなポイントと「あり得ない」ポイントを紹介しながら、手術シーンのことについて記事を多く書いてきました。

今回は、外科医が身に付ける「使い捨てのもの」について紹介してみたいと思います。

医療ドラマでよく見るように、外科医が身に付けるものは4種類あります。

ガウン、帽子、マスク、手袋です。

基本は全て使い捨てです。

このうち、帽子、マスク、手袋にはそれぞれ2タイプあるため、その違いについてこれまで何度かこのブログに質問をいただきました。

 

帽子には、以下の2種類がありますね。

左は通称「シャワーキャップ」タイプ、右は後ろに結び目がある四角い「コックさん」タイプです(写真サイトで購入したロイヤリティーフリー画像)

マスクも上の写真の左右の2種類があります。

左は紐を頭の後ろで上下2箇所結ぶタイプ、右はゴムを耳に引っ掛けるタイプ(多くの人が使う普通のマスク)です。

左のマスクは、後ろから見るとこんな感じです。

 

そして最後に手袋は、左のようにピタッと手に張り付くタイプと、右のようにゆるいシワのできるタイプです(これは私の手、手袋は使用期限切れの廃棄品)

これらはいずれも医療ドラマでよく出てきます。

一体どのように使い分けているのでしょうか?

今後みなさんが医療ドラマを見る時の参考になるよう、分かりやすく解説してみます。

 

広告

帽子の違い

「シャワーキャップ」のタイプと、後ろに結び目がある四角いタイプは、医師、看護師など職種を問わず好みに応じて使い分けています

シャワーキャップタイプは、ゴムで頭に固定される仕組みです。

ナースキャップと言われることもありますが、医師でこちらを好む人もたくさんいます

紐を結ぶ手間がないので、簡便でかぶりやすいのが利点です。

また髪が長い女性にとっては、帽子の中に髪の毛を収納できる利点もあり、女性看護師や女性医師がこちらを選ぶことが多い印象です。

たとえば下の写真の左側の女性のように、束ねた髪を収納しようと思うと、このタイプの方がゆったりしていて簡単です。

 

ただし、このタイプは長時間かぶっているとおでこにゴムの跡が残ります

また、汗を全く吸わない素材なので、汗かきの人は手術中に汗が垂れる恐れがあります。

一方、四角いタイプは、おでこに密着する部分が汗を吸収する素材になっています。

よって汗が垂れてくることはありません。

汗を吸収する素材でないものもありますが、その場合でもおでこの前に汗を吸収するパッドを挿入し、万全に対策します。

昔の医療ドラマでは、外科医が偉そうに「汗!」と言って看護師に汗を拭いてもらうシーンをよく見ましたが、現実ではこういうことはありえません

外科医は、手術前に自分の汗が垂れないよう準備をせずに手術に入ってはいけません

 

外科医は一度手術に入ると、清潔な手袋をつけているので、自分の帽子を手術が終わるまで触れなくなります。

したがって何時間もの間快適に過ごせる方を選ぶ必要があるわけです。

ちなみに私は汗かきではありませんが、四角い帽子を選んでいます。

手術後に患者さんのご家族に説明する際、おでこにゴムの跡がついた、シャワーキャップの形に合わせて髪型がキノコ状態になっている医師が出てきたらみっともないかな、と思うからです。

 

ちなみに、手術ではなく短い時間で終わるような処置の時は、普通はシャワーキャップの方を選びます。

長時間でなければ快適さを考える必要はなく、素早く装着しやすい方を選ぶべきだからです。

四角いタイプは、使い捨てではない布のものがあったり、整形外科で使用する顔全体をおおうタイプがあったりと、実は他にも種類はたくさんあります。

医療ドラマではあまり出てきませんが・・・。

 

マスクの違い

2種類のマスクの使い分けについては、「医療ドラマでよく見る、実際にはありえないシーン」でも解説しましたね。

紐タイプは、頭の後ろで上下2回結ぶ手間があるので面倒です。

しかも、慣れないうちは目で見えないところで紐を結ぶのに苦労します

一方、ゴムタイプは耳にかけるだけなので着用が簡単です。

「じゃあなぜ便利じゃない方をわざわざ選ぶ人がいるの?」

と思いますよね。

 

ゴムタイプの最大の欠点は、ゴムの長さがワンサイズで、しばる強さを調整できないことです。

顔が小さい人だと、手術中にずれてきます

前述の通り、一度手術に入ると顔は触れませんので、手術中にマスクがずれて鼻が見えるようなことがあると、看護師に直してもらわなくてはなりません

手術中に何度もこれを繰り返すのは大変です。

紐タイプであれば、結ぶ長さによって強さが調節できるので、顔のサイズに合わせてマスクがフィットします。

 

またゴムタイプは、長時間着用すると耳の後ろが痛くなるという欠点もあります。

よって、長い間マスクを外せない外科医は紐のタイプを好み、途中で休憩して人員交代ができる看護師はゴムタイプを好みます

 

私は顔が小さいわけではありませんが、紐タイプの方がフィット感が強く快適なので、紐タイプを選んでいます。

慣れない研修医が自分の顔が小さいのにゴムタイプを選んでしまい、手術中にマスクがずれ、タコのように口を尖らせて上下させることで手を使わずマスクを元の位置に戻す、という妙技を見せることがあります。

これは実際にやってみると分かりますが、まさに「のれんに腕押し」状態になり、かなり難易度の高い技です。

普通は決してできませんので、手術前に確実に顔に合う方を選んでおかなくてはなりません

広告

 

手袋の違い

ドラマ「コードブルー」では、災害現場への医師の出動シーンがよくあります。

その際、最初は透明のゆるい手袋を付けていますが、いざ手術や処置、というシーンになると、ピタッとした手袋に付け替えます

これは何が違うのでしょうか?

 

この違いは、滅菌処理されているか、いないかです。

ピタッとした手袋は滅菌処理されているため、体の中に触れるような処置や手術の際に使います

高度な清潔さが要求されるためです。

よってこちらの方が高価です。

また、このようにピタッと手に張り付くように装着できないと、細かい操作ができません

よって手術は、指の感覚が手袋をしていない状態に近くなるこちらでないとできません

 

一方、患者さんに点滴や注射をしたり、傷の処置をしたり、といった場面では、これほどの清潔さは不要です。

そこで、滅菌されていないゆるい手袋を使います。

たとえば、予防接種の際に医師が付けているのはこの手袋のはずです。

 

こちらはゆるいので簡単に脱いだり付けたりができ、患者さんごとに付け替えも簡単です。

また、どちらかというと医療者側が感染から身を守る意味合いの方が強いと言えます。

手を細菌やウイルスから守れれば良いので、滅菌されている必要はありません。

手術室では、手術に入って患者さんに触れている外科医や看護師は滅菌手袋をして、外にいる看護師や医師は滅菌されていないゆるい手袋をしている、というのが正しい姿です。

 

というわけで今回は、外科医の身に付けるものについて解説してみました。

今後は、ちょっと意識して医療ドラマの手術シーンを見てみてください。

「これは変だな」というような発見があるはずです。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
医療ドラマ・医療ニュースの解説と
様々な病気・症状の悩みを解説する
ブログ「外科医の視点」を運営。
目標は「医療界の池上彰」。
詳細はこちら

医療ドラマの外科医はどのくらいリアル?帽子、マスク、手袋の種類と違い」への10件のフィードバック

  1. かなちゃん

    かつてオペ室ナースしてたころ 私も 紐タイプのマスクと 布の帽子を愛用してました(笑)
    女子の帽子は 後ろの紐はなかったです(^^)
    滅菌ガウンを介助して着せたあと 最後に足元を ピッっと下に引っ張るのが心地よかったです(^^)

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      かなちゃんさん
      後ろの紐なし、ってパターンもありましたね!
      布を好んで使用する人もいましたが、私の知る限りは少数派かなあという感じです。
      ガウンをピッと引っ張るのわかりますよ〜、むしろそれをされるのが好きだと言って変態扱いされたことありますよ笑

      返信
  2. 林檎

    けいゆう先生、質問してもいいですか?

    なぜ手術のガウンは緑色なのですか?
    素人の私は「白の方が汚れも目立つのになぁ」と思ったり、「緑色の方が血が付いた時に精神的なインパクトが小さいのかなぁ」と思ったりします(笑)

    もし以前のブログで既に書かれていたらすみません。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      林檎さん
      それはいい質問ですね!
      理由は二つあって、一つは、私たちは手術中に血の赤を見続けることになるので、ガウンが白だと、白が視野に入った時に赤の残像として補色である緑や青が残るんです。
      これがチラチラして目を疲れさせるので、ガウンを青や緑にしておくことでこの作用を軽減させています。
      もう一つは、緑のガウンに血液がつくと、緑と赤が混じって黒くなります。
      白のガウンが真っ赤に染まると刺激が強いということもあって、あえて緑にして付着した血液が黒く見えるようにしてあるんです。
      これはまたどこかで記事にしたいですね〜

      返信
  3. りこ

    こんばんは。
    マスクの他にゴーグルのようなものを着ける事はありますか?

    また、聴診器にも興味があります。やはりリットマンが良いなど、何か拘りがあるのでしょうか。
    機会がありましたらお願いします!

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      りこさん
      ゴーグルは病院によっては全医師、看護師必須、としているところもありますが、付けても付けなくても良い(個人の自由)としているところもあります。
      目的はもちろん眼球からの感染防止ですね。
      聴診器は、循環器や呼吸器などの医師はこだわりがあるのかもしれませんが、私を含め、消化器系の医師は全くないですね。
      リットマンを使用している医師は多いですが、こだわりのある医師が使用する聴診器は様々で、かなり高額のものを使用している人もいますね。

      返信
  4. えり

    医療ドラマが好きなので、これからはマスクや手袋にも注意してみてみます^ ^
    先生、ずっと気になっていたことがありまして、長時間の手術中にお手洗いに行きたくなったらどうするのですか?^_^;
    手術前の手洗いはとても時間をかけるということを聞いたことがあるので、退席して再度手を洗うとすごく時間をロスしてしまうんじゃないのかなと。。
    とてもくだらない疑問ですみません。。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      えりさん
      ありがとうございます!
      手術中にはほとんどトイレに行かないんです笑
      10時間以上あってもトイレには行かないことが多いですね。
      どうしてもトイレに行きたい時は途中で下りてトイレに行って、手洗いをしてガウンをもう一度着て、ということをしますので、10分近く現場を離れることにはなりますね。
      トイレに行きたくなることがめったにない、という感じです。

      返信
  5. 林檎

    けいゆう先生、手術中のことで私も聞いてもいいですか?

    私も同じ疑問があって主治医の先生に聞いたことがあるんです。するとそのドクターは「手術中はアドレナリンが出ていてトイレに行きたいという感覚すら感じないよ」と言ってらっしゃいました。

    トイレに行きたいと感じないのなら、やはりお腹も空かないですか?

    もしかしたら喉も渇かなくて水分補給とかもされないのかな?

    あと、よくドラマ(特に海外ドラマ)では手術中にドクターのお気に入りの音楽をかけたり、手術前に決まって同じフレーズを言ったりなどのルーティーンがありますが、実際の手術の時にそのようなことはありますか?

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      林檎さん
      「アドレナリン」かどうかはわかりませんが、手術に集中していると、確かにトイレに行きたくなる感覚はないし、空腹を感じることもありません。
      水分補給もしませんね。
      ただ、私自身は、気づかないうちに集中力が落ちていることが怖いので、交互に数分でも休憩をとった方が良いのではないか、と思っています。
      私がこれまで勤めた病院でそういうルールがあるところはありませんでしたが・・・
      お気に入りの音楽をかけることはありますが、結局手術中は音楽が全く耳に入っていないので、かけてもかけなくても一緒、という感じはします。
      同じフレーズ、というのは、意味のないものはないですね笑
      手術を行うにあたって全員で示し合わせて合図しなくてはならない手技があるので、そういう時に同じフレーズを言うことはありますが・・・

      返信

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。