アンナチュラル解説 番外編|必ず知っておくべき危険な薬物中毒の知識

ドラマ「アンナチュラル」の放送は終わってしまいましたが、最終話の解説記事で書ききれなかった薬物中毒について、もう少し書いてみたいと思います。

 

医療ドラマでは薬物中毒が頻繁に扱われます。

その緊急性と、診断の難しさがドラマになるからです。

アンナチュラルでは、第1話で登場したフグ毒(テトロドトキシン)エチレングリコールを最終話で再び登場させる、という巧みな伏線が張られていましたね。

また第9話では、メタノールの分解産物であるホルムアルデヒド(ホルマリン)中毒が登場します。

このブログの解説記事では、

ホメピゾールは、エチレングリコール中毒とメタノール中毒の共通の解毒剤である

というマニアックな知識を紹介しました。

また、第9話で当初疑われたのがボツリヌス中毒でした。

 

「コードブルー」でもこれまで、ボツリヌス中毒ヒスタミン中毒、シアン中毒が出てきました。

3rd SEASON 第3話で扱われたシアン中毒は、新人医師の灰谷がシアンの「甘いにおい」に気づいたことが原因特定の鍵になりました

アンナチュラルで、久部がエチレングリコールの「甘い味」に気づいた、という展開とよく似ています。

ベテラン医師でも気づけないことをビギナーが見抜いてしまう、という共通点もそうですが、「甘い」という共通点も重要なポイントです。

 

中毒でよく問題になる薬物は、基本的に「飲んでも苦味などの不快な味がない」という共通点があります。

当然ながら「一口舐めただけでものすごく苦い液体」なら、そもそも大量に飲めません

「臭いがきつくて不快な気体」なら、その場にいられず退散しますから、重度の中毒にはなりません。

 

エチレングリコールは、久部が言ったように甘い味なので、大量に飲むことができます

エチレングリコールの危険量は体重1kgあたり1mlです。

宍戸の体重は60キロくらいでしょうから、中堂が隠し持っていたビンの量でほぼ致死量と言って良いでしょう。

あの量ならあっという間に飲めてしまいます。

 

ちなみにメタノール自動車のウィンドウウォッシャー液に含まれていますが、これを子供が飲んだという事故が起きています。

まさに薬物中毒は、「知識がないと危ない」ということがよく分かります。

 

広告

死の危険のある薬物

アンナチュラル第9話の解説で私は、

「ボツリヌス毒素は自然界の毒素の中では最強」

と書きました。

人を死に至らしめる毒の中で代表的なものを、強いものから並べると、以下のようになります。

毒の名前 LD50
ボツリヌス毒素 0.0003
テタヌストキシン(破傷風毒素) 0.0017
志賀毒素(赤痢菌の毒素) 0.35
テトロドトキシン(フグ毒) 10
ダイオキシン 22
ウミヘビ毒 100
アコニチン(トリカブト毒) 400
サリン 420
コブラ毒 500
青酸カリ(シアン化合物) 10000

(出典:「毒と薬の科学」/朝倉書店)

数字は「投与されると死ぬ最小の量(μg/kg)ですので、数字が小さいほど強い毒です。

これを見るとわかるように、ボツリヌス毒素はフグ毒の約3000倍青酸カリの約3000万倍強い、ということがわかります。

第9話の解説記事で書いたように、ボツリヌス中毒での死亡例の報告はこれまで多数あります。

十分に注意が必要です。

 

上の表で2番目に挙げた破傷風毒素もかなり強力です。

破傷風菌は土の中に存在し、汚れた傷口から感染する神経毒です。

感染から症状が出るまでに数日から数週間とかなり時間がかかるため、原因が分からずに治療が遅れることがあります

「何となく話しにくい」「物が食べにくい」

といった漠然とした症状がゆっくり現れるのが特徴です。

数時間の単位で死亡するボツリヌス毒素とは対照的ですが、「時間がかかりすぎてむしろ危険」とも言えるでしょう。

 

最後に書いた青酸カリも、このように並べると弱いように見えますが、もちろんかなり強力で致死性の高い薬物です。

青酸カリはシアン化カリウムのことで、コードブルーで出てきた「シアン中毒」の原因物質です。

気体(青酸ガス)は皮膚から吸収されるため、マスクをしても中毒を防ぐことはできません

かつてナチスがユダヤ人を強制収容したアウシュヴィッツで使った毒ガスとして有名です。

 

コードブルーでは、自殺を目的として男性患者が使用し、そのガスを医療スタッフが吸い込んだことで問題になります。

シアン化合物は工業用に使用されているため比較的手に入りやすく、自殺の手段として使われやすいのです。

コードブルー3rd SEASONでは、この症状や治療経過など、全てにおいて極めてリアルに描かれています

まだ見ていない方は、ぜひご覧になることをオススメします。

コードブルーはFODで31日間無料で見られます↓

 

さて、それに対してテトロドトキシンは簡単には手に入りません。

これはアンナチュラル最終回で中堂が言った通りです。

ちなみに手に入らない理由は、「流通していないから」どころではありません

テトロドトキシンが合成できれば、「世界で○度目の成功だ」と研究発表ができ、表彰されるレベルです。

ジャーナリストとして有名な宍戸なら、知っていて当然の知識です。

宍戸を見下したような中堂の言い方は、

「ジャーナリストのくせにこんなことも知らないのか」

という意味ですね。

麻酔薬などの応用を目指して多くの研究者がテトロドトキシンの合成に挑戦している。

フグ毒とはそんな難物です。

 

ちなみに、テトロドトキシンはフグが生まれ持った毒素だと誤解している人はいませんか?

テトロドトキシンは、海藻に付着する細菌が作る毒素です。

これがフグの臓器に蓄積されているだけです。

よって、隔離した状態で卵から養殖したフグは無毒です。

逆に、海外に生息する一部のイモリやタコ、カエルなどもテトロドトキシンを持っています。

意外に知られていない豆知識ですね。

 

また、フグ自身がテトロドトキシンで死なないように、

「動物が食べて大丈夫だったから人間も大丈夫」

は通用しません

トリカブトの根は猛毒ですが、これを食べて生きている昆虫はいます。

メタノール中毒は、アンナチュラル第9話の記事で解説したように、

メタノール→ホルムアルデヒド→蟻酸

という分解反応が体内で起き、最終的には有害な蟻酸が蓄積して死亡します。

しかし、これが起きるのは人間を含む霊長類だけです。

犬や猫、ウサギ、マウスなど動物実験で使うような動物は、蟻酸を効率よく代謝できるため、毒性はほとんどありません


というわけで今回は、薬物中毒について知っておくと良いことをまとめました。

薬物中毒は知識が全てです。

ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
医療ドラマ・医療ニュースの解説と
様々な病気・症状の悩みを解説する
ブログ「外科医の視点」を運営。
目標は「医療界の池上彰」。
詳細はこちら

アンナチュラル解説 番外編|必ず知っておくべき危険な薬物中毒の知識」への4件のフィードバック

  1. りこ

    こんばんは。
    テトロドトキシンが合成できれば、 表彰されるレベルです。
    とありますが…もし合成できれば解毒剤も作れますか?解毒剤がないのは、そういった事も関係しているのでしょうか。

    先生が仰っているとおり、私、フグが持っている毒だと思っていました!勉強になりました。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      りこさん
      その通りだと思います。
      化合物として容易に整合性できるというのでないと、その拮抗薬を作るのは難しいだろうと思います。
      ただフグ毒の中毒はフグの内臓を食べなければ簡単に防げるものなので、「食べないように」という啓発も大事ですよね。

      返信
  2. 林檎

    ボツリヌス毒素、最強中の最強ですね!
    ビックリしました!!

    フグの毒がサリンよりも強いことにも驚きました!
    しかも解毒剤も無いなんて、もうフグは食べられない気持ちになりました~(汗

    今回の記事を読んでもう一度アンナチュラルの最終回を観たのですが、中堂さんと宍戸のシーンで結末を知っているのにハラハラしました。

    何の毒か分からないのに空き瓶に残っている液体を舐めたのも、「早く吐いてー!!!」と分かっていてもドキドキしてしまいました(汗

    先生、もしも…ですけど、誰かが目の前で倒れたとして(怪我や事故や貧血ではなく)、そういう時は毒も考えて接触しない方がいいのでしょうか?

    どのくらいの頻度でこれらの毒による薬物中毒の患者さんは運ばれてきますか?

    これまでに救急車で運ばれたことがあるのですが、どんな患者さんが運ばれてくるか分からないのに、受け入れをしてくれた救急外来のスタッフの皆さんと救急隊員の皆さんにあらためて感謝しました!

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      林檎さん
      いずれも猛毒には違いないんですが、ごく少量で有毒なものからそうでないものまでありますね。
      薬物中毒自体は非常に多いですが、搬送される方の多くは睡眠薬や風邪薬などの薬の過量内服です。
      介助した人にまで被害が及ぶものはほとんどありません。
      なので、「接触しないほうがい良い」ということはないですよ。
      接触した人にまで影響が及ぶ、という点では、中毒より感染症(結核など)の方が厄介ですね。

      返信

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。