医師・看護師向け|いらない医学書や参考書を高く買取り&処分する方法

若い頃や学生の頃に使っていて、いらなくなった本や医学書、教科書がたくさんある方は多いのではないでしょうか?

もらってくれる後輩がいれば良いですが、誰もあげる相手がいなければ処分することになるでしょう。

しかし、私はこれまで不要になった医学書を捨てたことは一度たりともありません

様々なサービスを利用し、全て買取に回してお金に変え、別の本を購入してきました。

医学書は定価が高いものが多く、まだ給料の少ない若手で欲しい人はいくらでもいるはずです

捨てるのはもったいないですし、資源の無駄ですので全くオススメできません

医学書を買い取ってもらう方法は3種類あります。

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみます。

 

広告

ヤフオクやメルカリで売る

あらゆる手段の中で、これが最も高く売る方法です。

物によりますが、需要がある本なら定価の5〜7割くらいで売れます。

ヤフオクなら安い値段で出品しても最終的には取り合いになり、かなり値段が上がることも少なくありません。

仲介するヤフーやメルカリには手数料をおよそ10%程度払う必要がありますが、古本屋よりは遥かに業者がとるマージンは少ないです。

一方、欠点もたくさんあります。

とにかく作業が煩雑で面倒です。

出品するときは、本の写真撮影説明文の作成が必要です。

本に書き込みや汚れがあれば、それがどの程度あるかチェックし、きっちり説明文に記載する必要があります。

落札後はお金のやりとり(ヤフー、メルカリが仲介しますが)、梱包、発送の手間があります

また取引の際、お互いの本名がわかります(実際に購入が決まった取引相手にしかわかりませんが)。

医師の場合は、名前を検索すればどこで働いているどんな顔の人かまで分かるケースもあります。

私は気になりませんが、プライバシーの観点からはマイナスと言えるでしょう。

(追記:メルカリでは「らくらくメルカリ便」を使えば匿名配送も可能です。読者の方からご指摘いただきました)

 

また、需要がない本は売れません

今でも多くの医師や看護師が使っているような本であれば売れますが、そうでないとなかなか売れずに出品し続けることになります。

特に、医師向けの本より看護師向けの本は売れにくい傾向があり、後述する方法の方がオススメです。

いずれにしても今すぐ処分したいという人には向かず、少しずつ売りに出していくスタイルが基本です。

ちなみに私はヤフオク歴15年、近年はメルカリとの両刀使いで、本以外でも物をうまく処分しています。

どちらで何をどのように売るかに関してはかなりのノウハウを持っているので、これについてはまた記事にまとめたいと思います。

 

医学書専門の買取業者で売る

これもかなりオススメです

上述したヤフオクやメルカリの欠点を全てカバーできます。

申し込みをして段ボールに入れて送るだけです。

着払いですので、送料もかかりません

段ボールも無料でもらえます。

医学書だけでなく、他の専門書や参考書も対象です。

書き込みや汚れ、押印などがあっても買い取ってもらえます

もちろんニーズがない本の買取価格は安いですが、短時間で簡単に処分するには最もお勧めできる方法です。

専門の買取業者は医学書の価値をきっちり認識しているので、後述するブックオフなど普通の古本屋より圧倒的に高く売れます

今の時期は期間限定で買取価格をアップしているので、特にオススメです。

欠点は、10冊からしか売れないということです。

医学書専門買取サイト「専門書アカデミー」のホームページへ

 

ブックオフなどの古本屋に持って行く

これが最終手段です。

利点は、最も手間が少なく、かつ1冊から買い取ってくれることです。

登録は不要、店舗に持って行って10〜15分ほど待てば終わりです(出張買取サービスもあります)。

その反面、買取価格は最低です。

上述した2つの方法のように高値で買い取られることは絶対にありません

ヤフオクで3000円くらいで売れる可能性のある本が、10円で買取ということもあります。

値段がつかない(0円で処分)ものもあります。

定価が高く価値のある医学書が10円で大量に処分される、というのは残念ですし、0円だとブックオフが捨てるだけで結局資源の無駄になるので、あまりオススメはできない方法です。

 

まとめ

ヤフオクやメルカリにすでに慣れていて、相手に名前を見せることに抵抗のない人はヤフオクやメルカリ。

こういう煩雑な作業は面倒で、たくさんいらない本があって一気に処分したい人は医学書専門買取サービス

とにかく手間を最小限にしたい人はブックオフを選びましょう。

医学書は日本中に必ず欲しい人がいます

できるだけ、資源の無駄がないようにしたいものですね。

広告

医師・看護師向け|いらない医学書や参考書を高く買取り&処分する方法」への2件のフィードバック

  1. みや子

    こんにちは!
    医療従事者ではありませんがコメントします。
    らくらくメルカリ便なら匿名配送がありますよ。
    無論メルカリやヤマトには個人情報が渡りますけどね。
    ちなみに競合のフリルやラクマには匿名配送が今のところないみたいです。
    本だとたいてい普通郵便かクリックポストが安いので購入者側から見るとちょっとかかっちゃいますが、ただ、売上から送料を引く都合で販売可能最低価格がメルカリ側で決まってるので、単価の高い本ならむしろ利益は多くなる(買う側もわかってる人はわかってるのでらくらくメルカリ便なら高くても買う。そういう匿名や追跡を重んじる人は「即購入」が多く、配送変更の問い合わせに対しては腰が重い)かもしれません。QR読み取りで発送できるので宛名書かずに済みますし、楽ですよね。
    ご利用中なのでご存知とは思いますが、ご参考までに投稿致します。
    (ちなみにメルカリの回し者ではありません…(笑))

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      みや子さん
      大変失礼しました!らくらくメルカリ便を使えば良いですね笑
      これまで本を売るときは、送料削減を重視して全てゆうメールかクリックポストで出していたのですが、確かに匿名性を重視したい人にとっては重要なサービスですね。
      修正しておきます。助かりました。

      返信

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。