医療ドラマに見る外科医のガウンとルーペ、理想のオペ中コーデとは?

ブラックペアンの関川医師役、今野浩喜さんが「オペ中コーデ」をツイートされていました。

腕の組み方や足の感じなど、何とも言えない「外科医っぽい」感じが出ていますね。

この「ちょっとイキった感じ」も好きです。

ブラックペアンのオペ中の服装はみなさん非常にリアルで、この写真の格好も本物にしか見えません。

 

ドラマのオペ中の外科医の服装に関して質問をいただくことが多いので、前回はマスク、手袋、帽子についてまとめました

今回は、ガウン、ルーペ、シューズについて、これまでいただいた質問の答えををまとめる形で実際の「オペ中コーデ」を紹介してみます。

 

広告

ガウン

医師の普段の服装については、「医療ドラマの医師の服装はリアルか?スクラブスーツと白衣の使い分け」でまとめました。

手術の時は、手術室が並ぶフロアにある更衣室で手術着に着替え、帽子とマスクをして手術室に向かいます

このフロア内は、手術着以外で通行するのは原則禁止としているところが多く、普段のスクラブや白衣では入れません

 

全身麻酔がかかった時点で手洗いをし、手がどこかに触れないようお腹の前に出した状態で手術室に入り、看護師からガウンを受け取ります(自分で取ることも)。

ガウンは背中が空いているので、前から両腕を通した状態で看護師に背中の紐を結んでもらうことになります

自分で背中に手を回すと、せっかく洗った手が不潔になってしまいます。

必ずここは看護師に任せなくてはなりません

 

研修医の頃は、こうした手術室のルールが分からないので、うっかり触ってはいけないところを触ってしまい、看護師から、

「もう一回手を洗って来てください!」

と叱られることがよくあります。

 

手術が始まる前に、同時に数人の外科医が手術室に入って来てガウンを着ることになるので、看護師が背中の紐を結んでくれるのを順番待ちします。

救急の現場で「超緊急の処置が必要!」という場面で、

「看護師が背中の紐を結ぶのを待っていられない!」

と、とりあえず前から羽織るだけで背中が空いた状態で手術に参加する、ということがまれにあります。

本当はダメなのですが、やむを得ないケースです。

実はコードブルー3rd SEASONでも藍沢がこれをやるシーンがあり、監修医の先生のこの微妙な部分へのこだわりには脱帽しました。

 

さて、ブラックペアンの手術シーンでは、ガウンの下にもう一枚服を着ていますね。

この公式ツイートの右側の写真に写っている水色とピンクのベストです。

スナイプを使用する際、X線を照射して位置確認を毎回行っています

このように手術中にX線を使用する処置や手術では、鉛の板が入った放射線防護服を着ます。

外科医や器械出し看護師は、手術着の上にこの防護服を着て、その上からガウンを着ることになります

かなり暑いし重いので、長時間手術の時は結構大変です。

ブラックペアンでは、スナイプ手術の見学に来ている人たちがこれを着ているシーンもありましたね。

 

ちなみに、ガウンは一般に水色で使い捨てですが、ブラックペアンでは佐伯教授が白いガウンを使用しています。

天才外科医である教授を他のメンバーと差別化するためでしょう。

一般的には、ガウンやシーツは青か緑が多いです

理由は二つあります。

一つは、私たちは手術中に血の赤を見続けることになるので、ガウンやシーツが白だと、白が視野に入った時に赤の残像として補色である緑や青が残ります

これがチラチラして目を疲れさせるので、ガウンを青や緑にしておくことでこの作用を軽減させているわけです。

もう一つは、緑や青のガウンに血液がつくと黒くなります。

白のガウンだと真っ赤に染まって刺激が強いので、あえて緑や青にすることで付着した血液が暗く見えるようにする効果もあります。

 

さて、写真の関川医師の手首を見てみてください。

手袋の中にガウンの袖が入っている状態ですね。

手術の際は、先にガウンを着て、その後手袋を装着するのでこのようになります。

一方、手術室以外で処置を行う時は、手袋を先につけ、その後でガウンを着ます

そのため、ガウンの袖は手袋の上になります。

コードブルーでは、これを全てのシーンで完璧に使い分けています

恐ろしいほどのこだわりです。

これは「コードブルー3 医師が解説|冴島看護師はなぜ優秀か?手術のリアリティ」で解説したので、既読の方は多いですよね。

 

ルーペ

写真の関川医師はルーペを付けていますね。

細かい操作をする際、ルーペがあると非常によく見えるので便利です。

 

以下の写真は、私が時事メディカルとYahoo!ニュースで使ってもらっている自分のプロフィール写真です。

私も開腹手術の時はこのルーペをつけています。

目の幅や焦点距離を測定してオーダーメイドで作ることが多く、20〜40万円と結構高くつきます(ピンキリなので、もっと高いものもあります。もちろん自腹)。

 

ドラマでは、レンズを上げ下げできるタイプのルーペをよく見ますが、グラス自体にレンズが埋め込まれて上げ下げできないタイプもあります(私のルーペは後者ですね)。

ドラマの場合、俳優さんの目が見えるよう上げ下げできるタイプが使われることが多い印象です。

それどころか、さらにレンズの角度もずらして目が見えやすくしてあるので、渡海のアップのシーンでは、明らかにルーペと目の角度が合っていないのが分かります。

あれでは焦点が合いませんが、二宮さんの目の演技を見せるためには必要な演出です。

 

コードブルーでは、現場の処置シーンで医師がマスクと帽子をしないことが多く、災害現場ではヘルメットすら付けません。

これも本当は決してあり得ないのですが、同じように俳優さんの顔を見せるための演出ですね。

ドラマを面白く見せるための演出は必須ですが、どこまでを演出で通して良いのか、という点で製作者は頭を悩ませるのだろうと思います。

広告

 

シューズ

写真の関川医師は、白のクロックスを履いていますね。

クロックスには医療者専用のモデルもあるので、クロックスを履く医師は結構多いです。

手術中に、シューズは血液や体液でかなり汚れます

そのまま病棟に行って仕事をするわけにはいかないので、手術室内とそれ以外ではシューズを履き替えるのが原則です

手術室用に自分で一つ用意するケースもあれば、病院から手術室用サンダルを支給されるケースもあります。

 

前回記事で書いた通り、医師の普段の格好は自由度が高く、規制の厳しい病院はあまりありません

そのせいか、時々研修医の先生や実習中の学生が派手な色のクロックスを履いてくることがあります。

全く個人の自由なので、派手な色だろうと下駄だろうと構わないのですが、一応、

「患者さんが見てどう思うかを常に考えるように」

と私は注意します。

どこまでを許容するかという線引きは難しいのですが、スーツに革靴までは必要ないにしても、ジーンズや茶髪、原色のTシャツなどは避けた方が良いと私は思っています。

医師の外観が、患者さんの精神面や医師への信頼に与える影響は大きいためです。

 

というわけで今回は、関川医師の写真を参考に、オペ中コーデについて解説してみました。

医療ドラマを見る時は、ぜひ注目してみてください。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」
「教えて!けいゆう先生」のコーナーで定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
「劇場版コード・ブルー」公開前イベントに出演。
プロフィール詳細はこちら

医療ドラマに見る外科医のガウンとルーペ、理想のオペ中コーデとは?」への6件のフィードバック

  1. かなちゃん

    鉛のプロテクター ほんと重かったです
    アレ着ながらの外回り業務も けっこうきつかったです
    整形のオペで よく着てました

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      そうですよね〜
      私たちはまだ少ない方ですが、術中胆道造影の際に着ますね。

      返信
  2. 林檎

    けいゆう先生、こんにちは♪

    今日の記事も楽しく拝読しました♪
    (今回の時事メディカルの「教えて!けいゆう先生」もすごく勉強になりました)

    先生、ルーペが自腹で個人所有の物ということにすごーーくビックリしました!てっきり病院の備品かと思っていました。

    先生、ルーペその物は、洗浄というか綺麗にというか、お手入れ的なことをするのですか?

    ドラマではルーペを上向きにしてドクター同士が会話したりしていますので、今回の記事でルーペには固定型があると初めて知りました!

    けいゆう先生の「医療について正しい知識や情報を伝えたい」というアクションのお陰で、ドラマでは演出になっているけど真実は違う事を知る機会を頂けて、本当にとっても楽しく学べています。

    けいゆう先生、いつもありがとうございます。

    真実と云えば、時事メディカルにあった「余命について」のお話も、とっても勉強になりました。

    ドラマでは「あと3ヶ月の命です。」とか「もって半年です。」などと、いとも簡単に宣告されているので、私は「余命=その人独自の残りの時間」と誤解していました。

    記事を読んだ後、私の祖父が「あと一年くらいの余命だ」と言われていたにも関わらず、そこから三年半も生きてくれた理由も、何だか謎が解けたような気持ちになりました。

    これまで私が患者として(又は患者の家族として)病院で説明を受ける時、実際はけいゆう先生みたいに詳しく教えて下さる方はおらず、ほとんど全てが「個人差があります」「人によって違いがある」と言われてきました。

    私だけでなく、多くの方がけいゆう先生みたいな詳しい説明は受けていないと思います。だから、もしかしたらブラックペアンで渡海先生が「手術は博打だ」と言っても、本当に手術は博打に近いと思う人もいるでしょうね。

    「教えて!けいゆう先生」を読んだ後、「個人差があるにも関わらず、標準治療を確立して下さった医療者の皆さん」と「その治験に参加して下さった皆さん」に、本当に心から感謝の気持ちがこみ上げました。

    けいゆう先生、いつも新しい学びを与えて下さってありがとうございます。

    (コメントがいつも長くなってすみません)

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ルーペは人によってサイズや焦点距離が違うので、私物ですね!
      ブラックペアンみたいに血液がドバッと飛ぶことはあまりないので、お手入れといっても軽く拭くくらいですよ笑

      余命の記事も読んでいただいてありがとうございます。
      今回もYahoo経由で、自分のブログで公開するよりはるかに大勢の方が読んでくださってよかったです。
      どうしても伝えておくべきことだと思っていたので・・・。
      1年くらい、と言われてそれ以上生きた方はたくさんいますし、それを経験したことのある方々にとってはある程度は「あてにならない」と分かっていると思うのですが、初めて余命という言葉を目の当たりにした方にとっては、医師はきっちり予想できる、と思う可能性があると思うんですね。
      まあ医師がきっちり説明すれば心配はないのですが、おっしゃる通り、残念ながらそんな医師ばかりではありません。。
      なのであの時事メディカルの記事は、医療者も読んでくれると嬉しいと思っています。

      返信
  3. きんもくせい

    けいゆう先生

    ブラックペアンでも、後から登場するのがパターン化している渡海先生が、ガウンに腕を通しているシーンをよく見ます。
    手袋は看護師さんにはめてもらっていたような気がしますが、手術室に最初に入る人はどうやって手袋をするんでしょうか?
    いろいろ考えたのですが、子ども向けのなぞなぞのようで頭の固い私にはさっぱりわかりませんでした。

    私は先生のブログを読む時に「最近のコメント」をチェックして、皆さんのコメントを読むのが好きです。
    今日も、他の方のコメントを読んで「時事メディカル」の記事を読むことができました。

    お忙しいでしょうが、これからも記事もコメントも楽しみにしています。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      一般的には、手術の時もそうでないときも、手袋は自分でつけることが多いです(私の経験では、心臓外科医は看護師さんに付けてもらっていることが多いように思いますが)。
      なので、おっしゃるように最初に手術室で手袋をはめた看護師さんは自分で付けているということですね。
      なぞなぞの答えはあっけないものでした笑

      コメント欄でもいろんな話をしていますからね。
      時事メディカルの連載記事は、FacebookとTwitterでは通知しているので、そのいずれかに登録されると更新がわかりやすいですよ!

      返信

Warning: Use of undefined constant ‘コメントはこちらから’ - assumed '‘コメントはこちらから’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/keiyouwhite/keiyouwhite.com/public_html/wp-content/themes/twelve-child/comments.php on line 67

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。