「ブラックペアン」治験コーディネーターの描写で日本臨床薬理学会がTBSに抗議

ドラマ「ブラックペアン」での治験コーディネーター(CRC)の描写に批判的な声が急激に広がっています

治験に関わる患者さんの立場からも、臨床に携わる医療関係者からも怒りの声が高まり、日本臨床薬理学会がTBSに抗議する事態に発展しています

Facebookに掲載された抗議文はかなりの勢いでシェア数が増えており、その抗議文の中では私のブログ記事も引用されています。

 

私がドラマ関連記事を書く時はいつも、「ドラマを楽しんだ方が不快にならないように」とかなり気を遣うので、引用された記事も批判的な意見に多くを割いたわけではありません。

「医者がドラマにムキになって目くじらを立てている」などと思われるのは本意ではないし、そもそも私は医療ドラマは好きで、楽しく見ている立場です。

ドラマを楽しむ方々を興ざめさせてしまうような重箱の隅をつつく粗探しもしたくはありません。

 

しかし問題は大きくなっていますし、私の記事も引用されていることですので、今回改めて治験コーディネーターの描写に関する問題点について焦点を絞っておきたいと思います。

 

広告

ドラマにおける医療現場の描写

これまで医療ドラマに関するブログ記事で私が繰り返し述べているように、

「あくまでドラマはエンターテイメント、面白ければOK、リアルでなくてよい」

というのが私の意見です。

しかし、ドラマという影響力の大きな媒体が医療現場を描く以上は、

「患者さんが見た時にどんな風に感じるか?」

「患者さんがこれを現実(の誇張)だと思ったら、医療現場にどういう事態が起こりうるか?」

ということを、作り手は常に頭の片隅に置いておく必要があります。

医療、健康をテーマにする以上は、それだけセンシティブな話題を扱っているという自覚が必要です(むろん医療に限った話ではないと思いますが)。

 

ドラマ中での「治験コーディネーター」は、女性が一人、スーツ姿で仕事をし、医師に高級レストランでたびたび接待をし、300万円という謝礼を患者さんに手渡して治験参加を促します

患者さんは「借金が返せる」と不承不承、参加を決意します。

 

これは実際の治験コーディネーター(CRC)の仕事内容とは「似て非なる」どころか「似て」すらないわけですが、ドラマを見た人の中には、

「ありえないとしても医師が監修している以上、これに近いことは行われているのだろう」

「医師が執筆した原作をドラマ化しているのだから、原作にも近い描写があり、現実の誇張だろう」

と考える人は多いと思います。

(原作は治験コーディネーターという職業がなかった1980年代が舞台で、ストーリー自体も原作とドラマとでは全く違います

 

今回の治験に関する描写については、

「ドラマの演出上、登場人物の行動は、治験コーディネーターの本来の業務とは異なるものも含まれています」

とホームページ上で注釈がありますが、「異なるものも含まれている」どころか、「ほぼ異なるものしかない」という事実に気付ける視聴者は多くないと思います。

 

実際、医療スタッフの一員として治験に関わっているCRCのみなさんの姿は、以下のようなものです(勝俣範之先生のツイートを引用させていただきました)。

 

また、患者さんに対する300万円という高額の謝礼がありえないのは私が解説記事で書いた通りです。

実際には、治験に参加する患者さんたちに余分に発生しうる交通費など、経済的な負担を軽減する目的の補助に過ぎません

多額のお金が動くのは演出上のことだ、という注釈もありますが、金額の多寡が問題なだけではありません

むしろ治験では、

「金銭的な補助が治験参加の誘因にならないように」

ということが極めて慎重に議論されなくてはならない点では、倫理的に「最もやってはならない表現」であったことが問題です。

今回に関して言えば、

「エンターテイメントとして許容できる誇張か、それとも一線を越えてしまっているか?」

は、実際に現場を見て調べれば容易にわかる以上、その小さなステップを怠ったことに対する批判は免れないのではないでしょうか。

 

これから治験に関わる可能性のある患者さんたちに不信感を抱かせる点では、学会の抗議文にもある、

「患者さんのために、医療の発展のために真摯に努力しているCRCの心を折り、侮辱するものであった」

「医療イノベーションを目指す日本にとって大きな損失につながります」

という文言を作り手は重く受け止めるべきではないかと感じます。

 

私は医療ドラマは大好きですし、多くの方に医療に興味を持っていただく点で、医療ドラマはリアリティにこだわりすぎず、楽しいエンターテイメントであるべきだと信じています。

また医療ドラマ製作に関わる方々の、その大変な努力には頭が上がりません。

しかし、製作の過程で頭のどこかに「今現実に病気で悩み、病院に通ったり入院したりしている患者さんたちの姿」はあってほしいと思います。

それが医療、健康を扱うメディアに求められる慎重さではないでしょうか。

原作はかなり明確なテーマ性を持った、新たな外科治療に警鐘を鳴らす名作です。ネタバレなし解説もどうぞお読みください。

ブラックペアン 感想&解説|高階権太のスナイプは実在するのか?

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」
「教えて!けいゆう先生」のコーナーで定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
プロフィール詳細はこちら

「ブラックペアン」治験コーディネーターの描写で日本臨床薬理学会がTBSに抗議」への16件のフィードバック

  1. りこ

    ごばんは。
    このような騒ぎになっているとは知りませんでした。
    以前にもコメントいたしましたが、世の中このようにネットで調べたり、社会的に色々な人々、または職種の方と関わりが持てる世代だけではありません。

    失礼な言い方かもしれませんが、年齢を重ねると閉鎖的な生活になり、行動範囲なども限られ、自分の目で見た物や身近なものからの情報収集になりがちです。
    そういった方も楽しめるドラマにして頂くことはドラマなので良いと思いますが、現実とはかけ離れているとしても、極端な不安要素や描かれていたり、その職種の方に失礼な描写はなるべく避けて頂く工夫が必要なのかな。と思います。

    私個人的にドラマというのは、あれはないよねーと語り合ったりするのも楽しみの1つだと思っていますがその判断も人それぞれで、デリケートなものにもなり得ると言うことだと思います。
    長々とすみません。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      その通りです。ネット等で自分で情報収集できる方は問題ないですが、テレビのように完全に受け身的に情報を受け取ることが主体の方は、注意が必要ですね。
      現実の脚色は問題ないとしても、押さえるべきポイントは押さえ、どこは脚色してはならないか、という線引き、というかバランス感覚は求められると思います。
      その意味でも、今回のドラマのように治験なども含めて広く描くのであれば、複数の専門家の取材が必要ではないかと思いますね。

      返信
  2. 林檎

    けいゆう先生、おはようございます。

    学会のTBSへの抗議文を読みました。
    先生のブログの一部分が引用されてました。

    けいゆう先生のドラマ解説は、医療従事者、患者、一般の視聴者、その誰も傷つかないように配慮してくださっていることを、一度でもけいゆう先生のブログを読んだことがある方なら解ると思います。

    また、先生がコメント欄で読者から質問されたり、時には意見されたりすることがあっても、どのコメントにも一つ一つ丁寧に解りやすい言葉で答えていらっしゃるのも、多くの人が知っていると思います。

    けいゆう先生が一つ一つ積み上げてきた物が形となり、現在色んなメディアで連載が始まって、ファンとしてとっても嬉しいです。

    一方で、けいゆう先生が「ブログを書いている一人のドクター」ではなく、今ではインフルエンサーとなりつつあることも、今回の抗議文での引用やTwitter等のSNSで取り上げられる回数の多さで明らかになってきたとも思いました。

    けいゆう先生は、医療素人で患者でもある私のような人が、「もし仲の良い友人がお医者さんだったら聞きたいこと」を、色んな角度から教えてくださいますよね。

    「抗議文の引用からこのブログに辿り着いた人にも、ぜひ先生のブログの真意が伝わりますように」と願っています。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      林檎さん
      そうですね、特に今回引用された記事も、どんな批判記事かと思って開いたら「オペ室の悪玉菌」などと書かれているブログ記事で意外性があったのか爆発的なアクセスを集めております笑
      批判一辺倒ではダメで、どこかで読んだ人がクスッと笑える記事にしたいと思っていますし、でも看過できない部分は医療者としてきっちり指摘します。
      異なった意見をいただくこともありますが、こういう指摘には賛否両論あって当然です。
      あまり記事にして長々と意見をまとめる医師はそれほど多くない(特にドラマに対しては)ので、学会の引用もそうですし、利用していただけることも多くなってきて嬉しい限りです。
      読んでくださるみなさんのおかげですよ。

      返信
  3. YaKo

    おはようございます。

    このニュースを知り先生のブログをすぐに確認。
    ブログがアップされていて、感激しました。

    医療関係者であればドラマを見て治験コーディネーターの描き方が有り得ないと分かります。
    先生が前々からおっしゃっているように医療ドラマはリアリティに欠けても楽しめればよいと私も思います。
    ドラマの演出上誇張することもあるかと思いますが、
    その立場にある患者さんや治験コーディネーターの方がどう思うのか…
    全ての人を傷付けないようにするのは無理だとは思います。
    言い方は悪いですが、
    事実を表現しているなら仕方ないと思います。
    しかし、誇張の域を越えて事実と異なる表現により、その立場にある人などを傷つけたり不安にさせるべきではないと私も思います。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      YaKoさん
      私の解説記事が今回のニュースで参考にしてもらえたことは嬉しいことです。
      おっしゃる通りで、医療者や、治験に一度でも関わったことのある患者さんなどは「ありえないよね」で済みますが、医師監修されていることや、原作が医師執筆であることから、ある程度は真実なんだろう、と思っている方は多数いらっしゃるようです。
      最も真実だと思われては困る、お金と治験の部分で事実が歪曲されたこと、絶対に歪曲していけないということを製作者が知らなかったという事実が問題を大きくしたのではないかと思いますね。

      返信
  4. りこ

    度々すみません。
    お仕事ドラマには、同業者からのダメだしはつきものだと思います。表にはでなくても、番組感想で批判を受けるものも今までにあったはず。
    何故今回は大きな話しになっているのか。
    それは直接、人の命に携わる仕事だからではないでしょうか。
    ですから、先生はご自身の知識を、言葉を選びながら丁寧に、様々な立場の方々に誤解のないよう解説なさってきたのだと私は感じています。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      そうですよね、どんな職業を描いても、当事者は「ありえねぇ」と思うものです。ドクターXでもそれは同じです。
      どこまでは「面白い」で済むのか、どこからはやってはいけないかという線引きは、医療ドラマではかなり難しいと思います。
      感じ方も人それぞれで、全員が納得するドラマを作ることなどできないでしょう。
      ただ、少なくともこの線引きの「困難さ」を感じながらドラマを作るか、面白ければ何でもOK!と謙虚さを忘れてしまうかでは、出来上がった作品が視聴者に与える印象は変わってくると思います。
      医療ドラマは数字を取れる鉄板ネタであるだけに、扱っているもののデリケートさを今一度考え、気を引き締めなおす良い機会ではないかと感じます。

      返信
  5. 熊谷雄治

    勝手にブログを引用してしまい申し訳ありませんでした。私は日本臨床薬理学会の理事で意見文の作成に携わった者です。先生のお書きになった内容が、ニュートラルな視点からのものであり、表現が言い得て妙と感じたことから、引用してしまいました。現在、様々な方々、学会内部からも多くの意見を頂いており、最終の意見書は5/2公開版と異なる可能性がありますが、先生のご意見は私たちに力を与えました。今回の意見はCRCという職に対する誤解に対して、また、これまで治験に協力頂いた患者さん達の善意を無駄にしないようという意図で書かれたものであることをみなさまにご理解頂ければと考えております。
    このエントリーの更新についても感謝致します。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      熊谷雄治先生
      大変お世話になっております。コメントをいただき、ありがとうございます。
      また今回は私の記事を引用していただき、少しでもお力になれたことを本当に嬉しく思います。
      現場で日々患者さんのために奔走するCRCのみなさん、臨床試験に参加し未来の医療のために尊い協力をくださる患者さん方のことを思えば、行き過ぎたドラマの表現は目に余るものでした。
      今回の動きがSNS等を介してこれほどまでのスピードで広がったことは、ドラマを見て同じ不快感を抱いた人が多く、その気持ちを代弁してくださった学会側の主張を支援する人がいかに多いかを示唆するものだと感じます。
      CRCというあまり一般に知られていない、かつデリケートな仕事を扱う方々を大々的に扱う割には、その仕事内容どころか見た目の姿すら下調べしていなかったというのは、さすがに驚きを禁じ得ませんが、このような形で話題になったことで、少なくとも「全くの嘘なんだ」と多くの人が知っただけでも一つの成果と感じます。
      今後さらに良い方向に動きがあることを期待したいものです。
      必要とあらば、私の記事はいくらでも引用してくださって構いません、引き続き応援しております。

      返信
  6. ninja

    医療ドラマは全般的に楽しい(興味深い)ものが多いと感じています。コード・ブルーは救急医療にとても興味を抱かせてくれるリアリティを感じられる良質なドラマダでしたし、コウノドリは妊娠出産を取り巻く家庭や社会の問題を考えさせてくれる素敵なドラマでした。A LIFEは小児心臓外科医が成人の脳腫瘍手術をするという、現実の医療ではたぶんあり得ない状況だったと思うのですが、それでも不快に思う人は多くなかったような気がします。ドクターXについては私個人的には完全なエンターテインメントだと思って観ていたので(だって病院の名誉や保身が最優先される病院なんてあり得ないでしょう)とても楽しかった。ブラックペアンも原作の執筆時期はかなり前で、先日けいゆう先生が原作を紹介してくださった記事の範囲でしか原作を知りませんが、医学的な面で現代と合わせるのには苦労したんだろうなとは思いました。治験コーディネーターが協力費で渡した小切手の額面を見たときに、これじゃあ賄賂じゃん、と思いました。患者に300万円だったら教授には1000万?病院には一億?ありえないと思うと同時に、これ、現実のは存在しない職種名にしなければいかなかったのではないかなあと感じました。ドラマという虚構の世界ではありますが、現実に同じ職業の人がいてその人々に対する印象が悪くなってしまうようなことは起きてほしくありません。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ninjaさん
      そうですね、医療ドラマの難しいポイントだと思います。
      むろんこれまでどれだけ現実を誇張しても学会が動き出すなどということはなかったわけですから、ある意味今回の事例は重く受け止めるべきかなと思います。
      どうしても治験の裏に金銭的な闇があるというフィクションを描きたいのなら、おっしゃる通り、架空の職種を作る、というのは一つの手であったかと思いますし、逆に治験コーディネーターという実在する職業を登場させるのであれば、きっちり取材なり、仕事をする姿を見に行くなりすべきだったのではないかなと思います。
      これがそれほど難しいこととは思われない以上、批判は免れないと思いますね。

      返信
  7. honyapiyo

    おつかれさまです。
    こちらのコメント欄今日拝見しましたら、先生と日本臨床薬理学会との遭遇を拝見し鳥肌が立ちました。
    あれから職場では、ドラマや大炎上のニュースを見た分担医師の先生方から「あれはありえん!怒っていいと思う!」「あんなんやないのになー。ほんまは病院の中で駆けずり回って、一番忙しいコメディカルやのになぁ?」などのコメントをいただいています。嬉しいことに。チームで治験をできたんだなぁと違う感情に浸っております。
    とはいえ、一般の方の治験コーディネーター、CRCの認知度が皆無なのは事実!どうやって盛り上げていくか画策中です。。ニヤリ

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      私もまさか重鎮の先生からコメントをいただけるとは思ってもみなかったので、恐縮しました。
      確かに、twitterで声を上げる医師は多くても、このように長々と記事にまとめる医師はあまりいないようですし、お役に立てたことが嬉しかったです。
      ある意味今回の事件は、CRCを知ってもらう一つのきっかけになったとプラスに捉えることはできると思います。
      そもそも医師ですら臨床試験に関わらない科の人は「CRCって何?」というレベルですからね笑
      私は実はCRCがいない病院で、少数の秘書さんにその仕事を手伝ってもらいながら臨床試験に参加したことがありますが、お互い本当に大変でしたよ・・・。

      返信
  8. Q

    とあるクリニックのコメディカルです。
    当院に常駐しているCRC(数社から数名)は基本的にスーツで、患者様と面談する時は白衣着用しています。
    当院から指定した訳でもなく、大学病院などに行く時もその服装だそうです。

    今回の記事で“スーツであるはずがありません”と言い切ったのは、keiyou先生らしくないなと思いました。
    いつもなら“私の知る限りでは”を付けるのに…
    それとも“病院内で医療スタッフとして働く以上”の文で何かCRC内でも役割を分けていらっしゃるのかなと…
    グルグルグルグル考えていましたが『スーツで働くCRCを否定ととれるような表現は哀しい』と至り、今更のコメントとなりました。
    もちろん全体的な“トンデモ”には何の異論もございません。むしろ、やっぱそうだったんだねーと安心しましたし、ドラマはフィクションとして楽しく観ております。

    本題とは外れましたが、先生の1ファンとして今後の記事も楽しみにしております。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      教えていただきありがとうございます。
      そうなんですね・・・。実は私も例外があるのではと思い、最初は「病院内で〜」の文はなかったのですが、CRCを認定する日本臨床薬理学会の抗議文に「スーツを着てかっこよくこなせる業務ではありません」と明記されていることや、twitter上で腫瘍内科の先生方やCRCの方々からスーツであることに対する厳しい批判が飛び交っており、記事にもその点を厳しく書いた方が良いのではないかというコメントをいただきました。ここまでの背景があるのなら言い切っても良いだろうという判断で、記事をアップして二日後にこの文を追記した経緯があります。
      あちらを立てればこちらが立たずと、誰もが納得する文章を書くのは難しいことを痛感する次第ですが、おっしゃる通りスーツで働くCRCさんに対しては大変失礼に当たりますので、この文は削除しておきますね。

      返信

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。