ブラックペアン第1話感想&解説|予想以上にトンデモな外科系ドラマ

医療ドラマの評価には、「リアル度」「トンデモ度」という指標がある。

「リアル度」は、細部に至るまで医師が監修したドラマで高まる一方、「トンデモ度」は、リアリティの追求よりエンターテイメント性を重視することで高まる

どちらに振れるかは、製作者の意図次第である。

 

これまでこのブログで120本以上の医療ドラマ解説記事を書いてきた現役医師の私にとっては、

「リアル度」と「トンデモ度」がどのレベルに設定して製作されているか?

については、第1話を見るだけでかなり正確に見抜くことができる。

非医療者の方々にはそれが難しいと思われるため、「トンデモ度」が極めて高い、と見抜くコツを今回こっそりお教えしておこう。

コツといっても実は簡単で、以下のようなシーンが見られたら、その医療ドラマは「トンデモ」と言ってまず差し支えない。

・だだっ広い講堂に、医師が異様なほどたくさん集まって会議をする(その間、全ての医療行為はなぜか中断している)

・手術の映像を大勢でリアルタイムで鑑賞し、マイクで中継するシーンもある

・製薬メーカーなどとの黒い癒着をやたらに強調する

・「患者の命より教授の指示」といった、医療界の封建制をやたらに強調する

 

というわけで、ブラックペアン第1話である。

非常に「エンターテイメント重視」の方向性であることが第1話を観てよく分かった。

私が原作解説記事で書いた予感は完全に的中しており、原作とは全く別の現代風のストーリーに作り変えているようである。

エンターテイメント性は極めて高く、そのトンデモ度はドクターXに匹敵する

また、残念ながら原作のテーマである消化器手術は完全に封印され、私の専門外である心臓外科がテーマに作り変えられている。

よって今クールは、現役外科医がドラマを観てどんな風に思ったか、という感想をお楽しみ下さればと思う。

もしこれまでのように図解付きのコアな医療解説を期待された方がいたなら、少し残念で申し訳ないが、お許しいただきたい。

 

広告

手術見学は実際どのように行われるのか?

東城大学病院の天才心臓外科医、佐伯教授(内野聖陽)の手術を、帝華大学病院教授であるライバル、西崎(市川猿之助)が部下を引き連れて偵察にやってくる。

目的は、心臓の拍動を止めずに行う世界最新の僧帽弁手術「佐伯式」の見学である。

 

実は大学病院に限らず、私たち外科医が名の通った医師の手術を見学しに行く、ということはよくある。

もちろん偉い先生が来たとしても、黒塗りの車で病院の玄関にやってきて、到着するやいなや病院が大騒ぎ、ということはあり得ない。

せいぜい電車かタクシーで病院に来て、受付で事務員が案内する程度である

 

大事なことなので強調しておくが、手術見学は当然、手術室内で行う

術者の後ろに足台を持ってきて、その上に乗って術野をのぞき込んだり、手術室全体のスタッフの動きや、使った器具など、くまなく観察するのが普通だ

でなければ、見学や偵察の意味がない

講堂での遠隔映像では、手術の良し悪しも何もわかったものではない。

おまけに東城大病院の手術見学は、なぜか心臓外科の全医師が日常業務を中断してまで見学に付き合わされる仕様になっている

あれほど多くの医師たちが、まだ日も高い日中に暇を持て余しているなど、他の患者の管理はどうなっているのかと不思議で仕方がないが、それは置いておく。

 

佐伯の「手術映像を見ながら指導」が大きな問題を引き起こしたのは、映像に写っていなかった大動脈基部(大動脈の根元)の病変に佐伯が気づかなかったことが原因だ。

術者自身がなぜ気づかないのかという疑問はともかく、遠隔映像では手術の何も分からない、というのはこのことからも言えるはずである

 

高階はスナイプを持ち込めない

高階(小泉孝太郎)が持ち込んだ最新手術機器「スナイプ」を許可した佐伯。

ところが、渡海(二宮和也)は治験コーディネーターに論文検索を頼み、米国でスナイプ使用後に死亡例の報告があることを突き止める

手術中にその危険性を高階に説明するが、高階は手術を断行。

手術はうまくいったかに見えたが、術後に患者が急変する。

術前の腹部CTには脾動脈瘤が写っていたが、これを高階は見逃していた。

弁の手術によって血行動態が変化し、血圧の変動によって脾動脈瘤が破裂してしまったのである。

 

新しい手術機器や術式について論文検索を行うのは、私たち外科医にとっては大切な仕事である

PubMedという世界中の医学論文を参照できる便利なサイトがあるため、これを利用して検索を行う。

世界中には、「うさんくさい」雑誌から、権威ある雑誌までおびただしい数の雑誌があるため、論文に書かれているからといって信用できる情報とは限らない。

これは読者の皆さんにもぜひ覚えておいていただきたいことだ。

 

よって、

「どのジャーナル(雑誌)に掲載された論文か?」

という情報から、論文の信頼性を私たちは判断している。

論文検索にはある程度の慣れと経験が必要で、治験コーディネーターに任せることはない(そもそも治験コーディネーターはそういう関わり方をする職種ではない)。

 

ではもし、今回のように死亡例が多数出ているという論文があったらどうなるだろうか?

もしそれが信頼性の高い情報なら、院内の倫理委員会からの手術機器使用の承認が下りないため、そもそも使用できない

今回は、倫理委員会のトップが佐伯教授であるため「全通し」とのことだった。

現実ではこういう「忖度」を防ぐため、倫理委員会は他科の医師のみならず、医師以外のメンバー(弁護士や医療とは関係のない一般人など)で構成されることが必須条件になっている

特に大学病院の倫理委員会は厳しいため、現実的に高階がオペ室にスナイプを持ち込むことは難しいだろう。

ちなみに原作のスナイプは全く別物で、実在する機器がモデルです。

ブラックペアン 感想&解説|高階権太のスナイプは実在するのか?

 

インパクトファクターとは?

前述の通り論文の信頼性を評価するのに大事なのは「どんな雑誌に掲載されているか?」である。

この「良い雑誌」と「大したことない雑誌」のランキングを決めるのは、「インパクトファクター」と呼ばれるポイントだ。

今回ドラマで図解されたように、この数字が高いほど権威ある雑誌とされている。

 

たとえばインパクトファクターが10の雑誌に自分の書いた論文が3本掲載されれば、自分の「持ち点」は30。

この数字は学術分野における業績として重要になる(もちろん実際には医師の評価はこんなに単純ではない)。

日本総合外科学会の理事長選を争っている東城大の佐伯と帝華大の西崎は、インパクトファクターの合計が77と71だそうである。

ちなみに医学雑誌のトップクラスであるNew England Journal of Medicineはインパクトファクターが72。

誰かがこれに1本でも掲載されていれば、西崎はポイントで抜かれてしまうということだ。

 

一方、ドラマに出てくる「日本外科ジャーナル」医療雑誌の最高権威だそうである。

それゆえ編集長の池永(加藤浩次)は、東城大病院スタッフに盛大な拍手で迎えられるほど外科医に対して発言力を有している。

こんなことは現実にあるのだろうか?

 

現実には、和文雑誌のインパクトファクターはいずれもゼロである。

いくら書いてもゼロ。

日本人しか読めない論文は世界では評価されないためだ(ちなみに日本の英文雑誌もあるが「最高権威」を冠するものは到底存在しない)。

私たちも、最初は練習として和文論文を書くことはあるが、最終的には英文論文を書かなければ話にならない。

論文は、世界中の医師が参照でき、それを読んだ医師たちが日常臨床に生かすことができて初めて価値がある情報になる

この辺りの設定も現実とは大きく乖離しているが、むろんリアルを求めないドラマ、ということだし、大人げなく突っ込むつもりは全くない。

現実をお伝えしておいただけである。

 

なお、雑誌の編集長と医師との癒着やインパクトファクターを巡るやりとりも現実離れしている

これについては以下の記事にまとめたので、ぜひ読んでみていただきたい。

広告

 

脾動脈瘤破裂の処置?

最後に、コードブルー3rd SEASONでも登場した重要な疾患「脾動脈瘤破裂」についても少しだけ触れておこう。

腹痛でのたうち回る患者の前で「単なる術後の疼痛です」といって鎮痛剤を要求する高階も残念な男だ。

この男が将来なぜ東城大病院の院長になれたのか、非常に不思議に思ってしまう。

ちなみに腹痛で「のたうち回る」のはドラマでは定番だが、腹腔内出血では少し動くだけでも痛いため、「脂汗を流して動けずじっとしている」というのが正しい表現であることは強調しておきたい。

 

また、渡海の手術も一体何が行われたのかよく分からなかった(私が無知なのかもしれないが)。

「そういうときはな、直接出しゃいいだろうよ!」

といって何かを持ち上げていたが、脾臓だろうか・・・?

 

その後の渡海の縫合も、何をしたのかあまりよくわからなかった

CT画像上も脾動脈瘤の位置がよくわからないため(脾臓がアップになるため脾門部の病変だとは思うが)、何か実在する術式をイメージして作ったシーンではないのかもしれない。

脾臓は背中側に張り付いた臓器なので、このように体外に持ち上げることができるなら、渡海が手術に入る前にすでに脾臓の裏側が剥がされていたことになる

であれば、脾門部の手前(膵尾部と呼ぶ)を手で挟み込んで容易に止血できたはず、という疑問も残る・・・。

 

悔しいので、とりあえず渡海の糸結びを真似したツイートでも貼り付けて、天才外科医と張り合ったつもりになっておこう。

残念ながら手術シーンをうまく解説しようがないのだが、できる範囲で感想を述べつつ、多くの方が楽しめる知識を引き続き紹介していけたらと思う。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」
「教えて!けいゆう先生」のコーナーで定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
プロフィール詳細はこちら

ブラックペアン第1話感想&解説|予想以上にトンデモな外科系ドラマ」への22件のフィードバック

  1. ninja

    けいゆう先生の医療ドラマ解説をとても楽しみにしています。A LIFE,ドクターX,コード・ブルー、ブラックペアンの中で比較すると、医療シーンはコード・ブルーが一番リアリティがあるような気がします。現実の手術は見たことがありません。リアリティがありすぎても、血をみるのが苦手な私としては目を背け気味にして見てしまいますw

    ブラックペアンの原作は未読ですが、けいゆう先生の先日の記事から想像していたものとドラマとでは「ブラックペアンの役割というか使い方」「スナイプの役割」が異なっているようですね。スナイプは先生の解説では(原作では)縫合や吻合を容易にする機械のようだったのがドラマで見ているとスナイプでステントを設置しているような気がしてしまいました。

    手術室の様子をあんな大会議室でみんなで見守ることはありえないとしても、大学病院のような大病院の場合、医局や院長室などで見ることができる設備は実際に一般的なのでしょうか。リアルタイムで見る人がいないとしても、記録(学習用?検証用?)として映像に残すのは一般的なのでしょうか。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ninjaさん
      ありがとうございます。
      リアリティについてはコードブルーは群を抜いています。単に監修されているかどうかの違いだと思いますね。
      スナイプについてはおっしゃる通りで、ドラマでは心臓外科をテーマにしたので(原作では消化器)、スナイプも別の道具に変えてしまいましたね。
      手術映像を医局など別の部屋で見るシステムはありますよ。記録、学習、検証用として映像に残すのもおっしゃる通りよくやりますね。
      この辺り、以前もご質問いただいたことがあるので、また記事にしてみますね。

      返信
  2. ふくたん

    待ってました!けいゆう先生。
    まだドラマの視聴途中ですが、けいゆう先生が恋しく(苦笑)こちらへお邪魔しました。
    なるほど、トンデモ度なるものが存在するんですね。私は正直、ドクターXや医龍は、医療を、あたかもゲームのように扱う行為に嫌悪を感じて、見るのをやめました。エンターテイメントなれど、医療行為は厳粛なものと信じているからだと思います。ブラックぺアンの二宮君に、ついていけるかわからないけど、今後も楽しみにして来たいと思います。けいゆう先生も、いつ呼ばれてもいいようなスタンバイ状態でご覧になったりしてるとは。面白いエピソード、ありがとうございました。ドラマより、けいゆう先生の解説の方が楽しみかもです。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ふくたんさん
      ありがとうございます!
      今回ブラックペアンを見ていて思いつき、トンデモ度という言葉を作ってみました笑
      ドクターXほどゲーム感覚ではないのですが、医療シーンの監修は深くはされていない印象ですね。
      全体的にトンデモ感が強く、医療をテーマにした完全なフィクションという感じです。
      頑張って毎週解説しますよ〜

      返信
  3. ソセゴン

    もしかしてと思い、ドクターX以来、訪問させていただきました。
    一つ聞きたかったのですが、機械出しの看護師が、ガウンを取ったり、滅菌手袋をはめさせたりしてましたが、これは「不潔」扱いにならないんですか?

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ソセゴンさん
      ありがとうございます。あれは正しい描写です。
      ガウンは清潔台に置かれているので、それを手にとって渡せるのは清潔看護師(機会出し)です。
      もらう側の不潔の医師は手に触れないようにガウンをもらいます。
      手袋も同じですね。

      返信
  4. 林檎

    けいゆう先生、解説をありがとうございます!

    私もドラマより解説の方が楽しみです!

    先生、質問させて下さい。

    よくドラマで『手術がある程度終わったら「あとは(縫合?を)よろしく。」みたいなシーン』があるのですが、そういうことは実際の現場でもあることですか?

    あと、これも手術のことなんですけど、よく『手術が終わった途端に「手術は成功です!」と言うシーン』がありますが、術後に何か起きてしまうかもしれないのに、あんなにすぐ「成功です!」なんて言うことがあるのでしょうか?

    今入院している身としては、性格が悪くても神業を駆使して手術してくれる二宮さんに「よろしくお願いします!」と言ってしまいたいです(笑)

    そわそわしながらドラマを観ていたけいゆう先生♪
    なんだかとっても身近に感じてしまいました♪

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      林檎さん
      ありがとうございます!
      「あとは縫合よろしく」はよくありますよ。
      心臓外科なら、開胸して人工心肺が回ってから教授クラスの人やってきて手術し、ある程度のところまでやったのち、「あとはよろしく」がよくあるパターンです。
      「手術は成功です!」は絶対に言わないですよ。林檎さんのおっしゃる通り、術後合併症がなく順調に回復して初めて「成功」と言って良いので、術後すぐに成功だの失敗だのということないですね〜。

      返信
      1. 林檎

        けいゆう先生、お返事をありがとうございます♪

        「あとはよろしく」が本当にあるだなんて、しかもよくあるだなんて、あぁ、何だかビックリです!
        教えて下さってありがとうございます。

        ところで、けいゆう先生、私は先生のブログの「敷居が高くない」ところが大好きです。

        先生のブログを読み始めてから初めてコメントを書くまで、私は随時と長い期間戸惑っていました。

        初めて書いたコメントは「コウノドリは助監督さんが医師の資格を持っているそうです」でした。

        お医者さんとは、あくまでも私のイメージですが、何かを質問するのにとてもこちらのエネルギーを要する存在だと思っています。

        けいゆう先生のブログは、医学界での常識を噛み砕いて素人にも分かりやすく話してくださる貴重な存在です。

        M3で連載が始まって、これまでより本職の方々が多く読者になっても、できればこれまで通り「素人の一般人にも理解できるブログ」であって欲しいと願っています♪

        返信
        1. けいゆう 投稿作成者

          林檎さん
          ありがとうございます!
          長い手術では、ある部分で分担することはあるんですよ。

          医師は敷居が高い、質問しにくい存在だと思っている方は多いと思います(あまり質問されないために意図的にそうしている、けしからん人もいます)。
          逆にそんなことはおかまいなく、どんな医師にもガンガン質問したりお願いしたりできる、良くも悪くも遠慮のない方もいらっしゃいます。
          私は、そうではない、聞きたいことがあっても遠慮してしまう方が損をする状況を作りたくないなといつも思っていて(私自身も他人に遠慮して質問をためらうタイプなので)、それがブログの目的でもあります。
          その意味でM3の方は私が本来目指す方向性とはまた違った部分なので、林檎さんのご希望通りのブログであり続けるのは確実です、ご安心くださいね笑

          返信
  5. yocco

    こんにちは。
    私もブラックペアン、見ました!
    色々突っ込みみどころ満載ですが、けいゆう先生の仰っていた脾動脈瘤ですが、私は胸部大動脈瘤(TAA)だと思って見ていました。
    術中、ニノが、「出しゃいいだろうよ!」と研修医に持ち上げさせたのは、心臓に見えたのですが……(薄いピンク色の臓器で、且つ脾臓なら赤茶色なハズ…)そして、「上行大動脈・基部」と言っていたので、TAAだと思いました。また、心臓の裏側に存在する部位の大動脈なら、術中にX線透視で大動脈瘤が見えなかった(?)というオチなのかと思いましたが、けいゆう先生、いかがでしょうか……?

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      yoccoさん
      私も不思議に思って見直したんですが、字幕付きでちゃんと脾動脈瘤と書かれてあるんですよ〜。
      腹部CTでは胸部は映りませんしね。脾臓がアップになるので、脾動脈瘤でOKのようです。
      画像上ははっきり動脈瘤は私にはわからないんですが・・・

      返信
  6. りこ

    こんばんは。
    原作は別物としてドラマが終了しましたら読むことにしました(ドラマ。最後まで楽しめるか微妙ですが…)
    先生に質問できるようにと思いながら視聴しました。二宮さんの手術シーンはそんな!持ち上げてもいいの?と驚いたので、質問させて頂こうかと思ったのですが、先生もリアリティが追求されていないため、解説することが難しい。とおっしゃっていますし…
    トンデモ度がドクターXよりも上なんですね!
    どこまでを事実と受け止めていいのか分かりません。
    今後、その辺りを先生に教えて頂くというカタチになるのでしょうか…

    手術を代わるかわりに退職させて退職金を頂くなんて、ブラックペアンではなくブラックジャック?などと思ってしまいました。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      りこさん
      ありがとうございます!
      リアリティが追求されていないのと、あとは心臓外科の細かい術式は、私自身がどのくらいリアルかを解説できるほど分かっていないのもあるんです。
      原作が消化器だっただけに、これは残念なポイントではあります。
      トンデモ度は、ドクターX以上、は言い過ぎかもしれません笑 まあ同じくらいですかね。
      今回は、「これはリアルだけどこれはリアルじゃない」という感じで解説する流れになるかな、と思っています。

      返信
  7. yocco

    けいゆう先生、ご丁寧に返信ありがとうございます。
    yoccowxって、ミス入力でした(笑)
    スマホがカクカクでw

    脾動脈瘤だったんですね。コメントした後、昨日のネタバレのサイト等見ましたがやはり脾動脈瘤だと書かれてあり、失礼いたしました。
    それにしても、だとしても、定時手術の術前には全身検索するはずで、脾動脈瘤も見つけられるはずだと思うんだけどなぁーと思いました……

    当方、現在臨床検査技師の社会人学生でして、来年国試です。また今まで病院で勤務してたこともあり、けいゆう先生から、お返事頂けて、1ドラマについてですが、勉強の為になります。超光栄です☆ありがとうございます!

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      yoccoさん
      お名前、修正しておきました笑
      おっしゃる通りです。全身検索でCTを撮影しているなら、放射線科がレポートで指摘しているはずです。
      高階ほどの人が気づかないはずがないでしょう。まあこの辺りの見落としは、ドラマではよくある「ありえない」設定ですよね。
      来年国試なんですね!頑張ってください。少しでも私のブログが知識にプラスになったら嬉しいです。

      返信
      1. yocco

        けいゆう先生
        度々のお返事ありがとうございます。
        辻褄が合わない矛盾も、た、まドラマだと割り切って見ています。
        また、私の働いていた職場のドクターも、ドクターXが好きで毎週見ていて、リアルからかけ離れているのは承知でドラマとして見ている、と言っていました。
        私が以前働いていたのは消化器外科だったので、けいゆう先生に勝手に親近感です。加えてやっぱり好きな領域は消化器なので(特に肝・胆・膵系!)
        けいゆう先生のブログを国試勉強の息抜きにこれからも拝見します!
        お返事ありがとうございます。

        返信
        1. けいゆう 投稿作成者

          yoccoさん
          そうですねぇ、ドラマと割り切って見ている方はもちろん多いと思いますが、「現実を誇張してるんだろうなぁ」程度で見ている人は多いと思います。
          実際には誇張ですらないわけですが、ここのところを分かっていない方は実際多いのでがんばってブログ記事を書いています笑
          消化器だったんですね〜。消化器領域には十分詳しくなっていらっしゃるんでしょうね。
          試験頑張ってくださいね!

          返信
  8. きんもくせい

    けいゆう先生

    ブラックペアン第1話に対する皆様のコメントと、丁寧な先生のお返事を読み、今さら書くことでもないかなと悩んだのですが、やっぱり書かせてください(笑)

    私は原作を読んだので比較したのですが、舞台が心臓外科になっていたのは、世間のイメージ(心臓外科は派手?)が影響しているのかと思いました。
    ブラックペアンも出てきましたが、まさか佐伯教授のデスクにも飾ってあったとは(笑)
    過去のレントゲン写真も出てきたので、原作に沿ったところもあるんでしょうね。

    私は大学病院へ通院したことはありませんが、大講堂に医師がたくさん集まっていたり、教授を先頭に回診していたり、というのはすべてドラマでみたことですので、そういうところなんだと思っていました。

    これからも、ドラマとして楽しむ部分と、けいゆう先生の解説をそれ以上に楽しみにしています。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      きんもくせいさん
      おっしゃる通りだと思います。私としては残念ではありますが、世間のイメージは心臓外科の方が花形、「天才外科医」のイメージにもぴったり来ます。
      原作ファンの私としては、だからといって原作のストーリーを心臓に完全に変えてしまうまでやるのはどうなの?と思うところもありますが・・・(消化器だからこその原作のメッセージ性があったので)。
      ペアンが写ったレントゲン写真も、原作では腹部でしたが、ドラマでは胸部ですね。
      一つの部屋に集まってカンファレンスはやるのですが、ドラマでは一つの科にしてはあまりにも人が多い上、医師以外もたくさん参加していて謎ですね笑

      返信
  9. 澪莉

    こんばんは。
    ブラックペアン、原作が大好きで楽しみにしていたのですが少しがっかりしてしまいました。

    脾臓のシーンは、原作にある、脾静脈からの出血を渡海が脾臓を背面深く切離し、見えるところで止血するというものだと思います。
    本でもイレギュラーな手技ではあるとありましたが、どういう操作なのでしょうか?

    ドラマは、けいゆう先生の解説を楽しみにもう少し見てみようかと思います。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      澪莉さん
      ありがとうございます!
      原作のファンが怒るほど跡形もなく変えてしまいましたね。
      おそらくですが、脾門部(脾臓の入り口付近)の脾動脈瘤の破裂で、血管を修復したのかなと思いました。
      脾臓は背中にくっついた臓器なので、これをまず広く剥がし、手前に起こしてきて、脾門部(正確には膵臓の端=膵尾部)を手で押さえてまず出血を止めます(渡海が入った時点で脾臓は剥がれていたようなので、なぜそれまでのメンツでこれができなかったのかは謎です)。
      「出しゃいいんだよ」というのは、おっしゃる通り脾臓を見える位置まで引き上げてきた、ということでしょうね(ドラマのシーンでははっきりとは分かりませんが)。
      これは実際にはイレギュラーとは言えないと思います。あれほど出血していてコントロールできない状況なら、この方法しかないかなと思いますね。

      返信

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。