脂肪肝の症状、原因と治療、アルコールが原因でない脂肪肝の怖さ

「お酒は適量におさえているから肝臓は大丈夫!」と思っている方はいませんか?

私の担当患者さんでも「私は全くお酒が飲めないので肝臓は大丈夫ですよ!」と言う方がおられます。

実はそうではないということを今回解説したいと思います。

 

近年、脂肪肝が非常に増えているのをご存知でしょうか?

脂肪肝とは肝臓に過剰に脂肪がたまる病気です。

脂肪を含む肝細胞が30%以上になると病的とされています。

現在わが国で増加傾向にあります。

 

ただ、「脂肪肝は怖い病気だ」と言って、「脂肪肝」を一つの病気ととらえるのは適切ではありません

 

なぜでしょうか?

 

飲酒が原因となるアルコール性の脂肪肝と、アルコールが原因でない非アルコール性脂肪性肝障害(NAFLD)という、2つの全く異なる病気が含まれているからです。

 

これらは原因も違うし、必要な治療も違います。

別の病気と考えて良いでしょう。

 

お酒が肝臓に悪いことは誰でも知っています。

しかし脂肪肝が増えているのは、お酒飲みが増えているからではありません

お酒が原因でないNAFLDが増えているのです。

これが重要なポイントです。

今回はこのNAFLDという病気について解説します。

広告

非アルコール性脂肪性肝障害(NAFLD)とは?

その名の通り、アルコールが原因でない脂肪肝です。

nonalcoholic fatty liver disease、略してNAFLDと呼びます。

アルコール性肝障害は、エタノール換算で、男性30g/日以上、女性20g/日以上の飲酒量で起こる病気です。

したがって、NAFLDはこれ以下の飲酒量で起こった脂肪肝を指します。

エタノール換算と言われてもピンとこないと思います。

具体的には、日本酒1合が約28g、350mlの缶ビール1 本で約18g、ウイスキーはシングル1 杯で14g程度です。

 

何が原因なの?

原因の大部分を占めるのが、肥満高血圧高コレステロール糖尿病です。

どこかで聞いたことがあるリストですね。

 

そうです。

NAFLDは、メタボリックシンドロームが原因、というよりメタボリックシンドロームそのものが肝臓に現れたものです。

メタボの人は非常に多く、現在増え続けています。

これらの人が知らぬ間に、肝臓の病気を進行させているということです。

NAFLD患者は、コレステロールの摂取が多く、食物繊維ビタミンB、Cの摂取が少ないという偏った食事習慣の人が多いことが知られています。

 

どれくらいの人がかかっているの?

日本では30%程度の人がこの病気にかかっています。

男性は41%程度と多く、女性は18%程度とされています。

かなり、ありふれた病気と言えますね。

 

どんな症状があるの?

脂肪肝自体に症状はありません

肝臓は「沈黙の臓器」と言われているように、大きな病気があっても痛みなどはなく無症状というのが特徴です。

病気が進行し、肝硬変となっていよいよ肝臓の機能が著しく落ちてきた時に症状が出始めます。

肝硬変がひどくなると、お腹に水がたまり(腹水)、全身倦怠感食欲不振黄疸などの症状が出てきます。

脂肪肝の段階であればこういった症状は一切なく、症状で病気を見つけることはできません

ちなみに、肝臓に癌があっても、上記のように肝硬変がかなり悪化しない限り症状がないのが普通です。

 

放置するとどうなるの?

NAFLDの中でも非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)と呼ばれる状態に至っている方は、放置すると肝硬変に進行し、最終的には肝臓がん(肝細胞がん)にまで至るリスクが高いとされています。

メタボリックシンドロームが、肝硬変、肝臓がんへと進行する、というところが重要で、NAFLDの治療が必要な理由です。

 

どんな治療をするの?

メタボの治療とお考えください。

つまり、肝臓に対して特別な薬を投与するのではありません。

サプリ市販の薬で治る病気でもありません。

 

まず、肥満の改善です。

体重を下げることによって、脂肪肝は改善します。

脂肪が少ない食事を心がけ、食べる量(摂取カロリー)を減らします。

また適度な運動が必要です。

しかし肥満の方は、運動が必要といっても無理にジョギングなどをすると関節を痛めることがあります。

ゆっくりウォーキングをしたり、プールで歩いたりするのが良いでしょう。

また、原因となっている高血圧、高コレステロール、糖尿病を治療することが必要です。

これらの治療によって脂肪肝も改善します。

 

どのくらいの確率でがんになる?

前述した通り、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)と呼ばれる状態に至っている方は、肝硬変肝臓がんのハイリスクです。

肝硬変に至れば、発がん率は年2%で、アルコール性肝硬変と同じです。

また肝硬変になると、どんな薬を使っても元の肝臓に戻すことはできません。


以上見てきたように、非アルコール性脂肪性肝障害(NAFLD)は、ありふれた病気であり、健康を大きく損なうリスクがあるにもかかわらず、あまり知られていない病気です。

その意味で、「怖い脂肪肝」と言って良いでしょう。

上述した通り、メタボの改善に努めることで、取り返しのつかない肝臓の病気に発展しないよう注意しましょう。

※この記事の数値データは日本消化器病学会編「NAFLD/NASH診療ガイドライン2014」及び「専門医のための消化器病学 第2版」を参照しています。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です