医師が厳選!分野別7冊|看護師におすすめの医師向けの本/参考書

私の妻は看護師だが、看護師の間では、医学的な知識は医師向けの参考書を使う方が勉強しやすい、とよく言われているそうだ。

看護を学ぶための看護師向けの本はたくさんあっても、医学的知識を効率的に身につけるための本は意外と少ないそうである。

だが「医師向けの本」といっても何が良いかわからない、という人も多いのではないだろうか?

うっかり医師向けのマニアックな本を買ってしまい、数ページ読んだだけで本棚に眠らせているという人も少なくないだろう。

そこで今回は、私がおすすめする、「看護師さんが読んでもためになる医師向けの参考書7冊」を厳選してご紹介する。

 

私は以前、定期的に勉強会を開いて、病棟の看護師さんたちに様々なテーマで指導をさせていただいていた(指導といっても医学的知識の紹介のみで、看護の指導は当然できないが)。

その際、病棟を問わず看護師さんに知っておいてほしいこととして以下の6項目を挙げていた。

①感染症

②輸液・電解質

③栄養

④心電図

⑤酸素療法(人工呼吸)

⑥緩和ケア(麻薬)

なぜかというと、これらはどの病棟に配属されても共通に必要な知識であるし、後輩の指導にも必須と思うからである。

そこでこれらの分野を中心におすすめの本を選んでいる。

逆に言えば、ここに紹介する本以外の内容は座学で勉強しなくて良い(実地で身につく)、と言っても良い。

すべて薄くてすぐ読めるし、わかりやすい本なので安心してほしい。

どの本も、初心者でもそれなりに勉強してきた中堅でも十分に勉強になる内容なので、ぜひ参考にしていただけたらと思う。

 

広告

感染症

 

抗菌薬は種類が多く、使い分けが難しい、と思っていないだろうか?

実は、一般病棟で使う抗菌薬は数種類しかなく使い分けも全く難しいものではない

この本は薄くて読みやすくボリュームが少ないが、抗菌薬の選び方としてエッセンスだけを抽出していて、一般病棟では十分な量である。

医師が「セフメタからクラビットの内服に変えるよ」などと自信ありげに言ってきたら、「何考えてるんですか先生、ここはオーグメンチンでしょう。あんたどの菌狙うつもりなんですか?」と鼻で笑いながら反論できるようになるだろう。

 

輸液・酸塩基平衡

 

電解質に関してこれほどわかりやすい本は他にないと言って良い。

薄くて読みやすい

酸塩基平衡に関する化学の細かい話まで理解しておく必要はないが、輸液を行う際に最低限の電解質の知識を身につけておくことは大切である。

この本を読めば、そのあたりの知識が簡単に身につくようになっている。

低ナトリウム血症の患者さんに、「今日はこれで補正するね」と言われて出された点滴の指示に、「先生ちゃんと頭使って計算してます?これではせいぜい1日でナトリウムが1上がる程度ですよ、もう少しナトリウムを入れましょうよ」と言い返し、みんなの前で恥をかかせよう。

 

栄養管理

 

栄養に関してはこの1冊のみで良い。

栄養も奥が深く、様々なガイドラインに基づいた栄養療法の詳しい本が多くあるが、はっきり言って一般病棟では使えない高度なものが多い。

この本は、栄養の基礎の基礎から非常にわかりやすく書かれてあり、簡単に読み進めることができる。

また、病態に応じて必要な栄養療法が書かれてあるので、自分の属している病棟で必要な部分を中心的に読めば良い

医師が「絶食管理にしてTPNを開始するから。栄養のことわかってるよね」などとと講釈を垂れながら点滴の指示を出してきたら、「いや少なすぎるでしょう、先生あの患者さんの必要カロリーいくらかわかってます?」と言って黙らせよう。

 

心電図

 

心電図に苦手意識を持っている看護師さんは多いのではないだろうか。

モニターの波形に異常がある気がするが、今日は若干「ウザめ」の医師が当直なのでコールをためらう、といった経験があるかもしれない。

この本は、これまで紹介したどの本よりもさらに薄い。

だが、これ以上にわかりやすい心電図の本はないと言って良い。

心電図について網羅的に説明した分厚い参考書を買って途中で投げ出すくらいなら、これ1冊でエッセンスだけ吸収してしまうほうがよほど良い

これを読んで、無愛想な態度で電話応対してきた当直医に「P波がなく基線のぶれがありますからAfだと思いますが、前回も同じ波形の発作が起こったことが何度かあるようです。レートコントロールが必要だと思いますが、ワソランにします?ヘルベッサーにします?」とたたみかけて、口ごもらせれば勝ったも同然である。

 

呼吸器(人工呼吸器)

 

こちらは、「人工呼吸管理を全くやらない」という病棟の看護師さんは買わなくて良い。

だが、いきなり救急病棟ICUに配属され、人工呼吸器のついた患者さんの担当になって途方にくれているという人には最適の本である。

もちろん一般病棟の重症個室に人工呼吸器のついた患者さんが入院されているケースもあるだろうし、集中治療領域に限らず人工呼吸の知識は必要である。

人工呼吸に関しては、一見わかりやすそうなイラスト付きの本がたくさんあるが、だいたいそういう本に限って読んでわかった気にだけはさせてくれて実戦では何もできないまま、ということが多い。

この本は人工呼吸の考え方から詳細に解説してくれていて、しかもイラストばかりでごまかされることもない。

若手医師でも、人工呼吸を学ぶならまずはこれから、と考えている人は多い。

「ICUにいるなら人工呼吸もちゃんと勉強しといてね」などど偉そうに言ってくる身の程知らずの若手集中治療医がいたら、「当然勉強してますよ、先生もこれ読んでますよね、とくにSIMVの説明とか本当にわかりやすいですよねぇ」と言って顔が引きつるのを楽しむのが良いだろう。

 

緩和ケア(麻薬)

 

麻薬は種類が多くて、投与経路も内服から点滴パッチ座薬皮下注まであってわけがわからない、という人は多いのではないだろうか。

確かに緩和ケアは専門的な領域でかなり奥が深いのだが、一般病棟の看護師が知っておくべき最低限の使い分けが覚えられればそれで十分である。

もちろん麻薬を全く使用しない病棟では読む必要はない。

この本は薄くてボリュームは少ないが、緩和の考え方から具体的な薬の使い方まで全て網羅してあってわかりやすい。

緩和ケアの不勉強な若手外科医が「とりあえずパッチからよろしくね」などと言ってきたら、「は?何考えてるんですか。まずはオキシコンチンから容量調節しましょうよ。緩和まできっちりやってこそ外科医ですよ」と罵倒しよう。

 

その他のおすすめ

 

たとえば緩下剤(便秘薬)はどこの病棟でも出す薬だが、マグミット?プルゼニド?ラキソベロン?いやレシカルボン坐剤?と悩むことはないだろうか。

同じ用途の薬を使い分けるのは結構難しいが、症状に合わせてきっちり選ばなければ効果は乏しい。

この本はまさに、普段よく使う薬をどのように使い分けるか、というところに焦点をあてて書いていてわかりやすい。

どの病棟でも必ず必要になる知識であり、余裕があったらこちらも手にとって勉強してほしい。

夜が眠れないと訴えた患者さんに対して「じゃあマイスリーを使おうか」などど優しく言ってきた医師に、「中途覚醒で困っておられるんですよ、ちゃんと話ききました?眠剤の使いわけくらいちゃんと勉強してもらえますか」とせせら笑ってその場を立ち去ろう。


このサイトでは、患者さん向けに色々な病気や症状について解説している。

若手の看護師さんにとっても勉強になる部分が多いと思うので、ぜひゆっくり読んでいただきたいと思う。

※上記の医師・看護師のやりとりは全てフィクションです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です