志望科別に解説|外科研修医/専攻医が読んでおくべき本・医学書・手術書

初期研修医として消化器・一般外科をローテートする人は、以下のいずれかのパターンに当てはまるだろう。

・消化器・一般外科志望

・呼吸器外科・心臓血管外科・乳腺外科志望(外科専門医のための症例集積が目的)

・産婦人科、泌尿器科、形成外科などその他の外科系志望(一般外科手技に慣れておきたい)

・内科志望(研修施設のルールで外科ローテートが義務)

研修医の期間は有限で貴重なため、有用でない本を買って時間を無駄にすることだけは避けたい

しかし外科ローテートには上記のように様々な動機があるため、全員が同じ勉強法で良いわけではない

消化器外科志望でもないのに詳しく勉強したくはないだろうし、逆に消化器外科志望なら研修医のうちから詳細に勉強しておいて損はない。

外科志望と伝えると、場合によってはオペレコを書くよう言われ、書き方に困ることもあるだろう。

その対処法も後半で説明する。

 

上記のパターンは、

①初級:一般外科手技に慣れるだけで良い(しぶしぶローテート組を含む)

②中級:消化器外科志望ではないが外科専門医取得予定

③上級:消化器・一般外科志望

の順に必要な知識・技術レベルが高くなっていくので、それを踏まえて順におすすめの本を紹介したいと思う。

 

広告

①初級編

もし自分が研修医の時に出会っていたらどれほど助かったか、と言えるほど素晴らしい本。

皮膚の消毒や道具の種類、腰椎麻酔など、なかなかまとめて学習しにくい細かい知識が一冊にまとまっている。

手術器具については、鑷子一つとっても、有鈎(鈎ピン)、無鈎、ドベーキー、アドソン、ラミネクの違いが書かれてあるなど、まさに痒いところに手が届く内容

後半は、個別の術式や解剖を網羅しているが、これもビギナーにとっては適度な難易度である。

消化器外科志望でなければ、後述するイラストレイテッドに書かれた詳細な膜の解剖を見て尻込みする人がいるかもしれない。

一方この本は、ビギナーにも分かりやすいあっさりしたイラストで、術式の全体像を簡単に学んでおきたい、という人にとってはまさに最適だろう

 

まさに入門中の入門。

非常に薄い本でイラストはたっぷり

持針器の持ち方から運針の仕方、縫合の基礎など、入門レベルの技術を身につけるのには最適

内科志望でも救急外来でのナートは必要だ

大学院に帰学する予定の人なら、外勤(アルバイト)先を選ぶ際、「ナートがある救急外来は無理です」では困る。

誰しもこれくらいのレベルは身につけておいた方が良いだろう。

 

②中級編

超有名な手術書。

これほどわかりやすい手術書は他になく、術式だけでなく、各臓器別に必要な手術解剖を詳細なイラストで示してある。

消化器・一般外科志望の研修医でなくても、入った手術の流れや解剖はきっちりわかっておきたい、指導医の会話に付いていきたい、という中級者は買っておくべき本である。

また心臓外科志望は、腹部大血管手術の際に腹腔内の解剖は必須となるため、間違いなく買っておくべきだと言える。

なお、大判のものと小型版があるが、これは好みによる。

私は大判を持っているが、小型版でも十分見やすく持ち運びもしやすいので、場所をとるのが嫌な人は小型版(縮刷版)が良いだろう。

 

なお、消化器外科志望ならここまででは不十分。

上級編も参照しよう。

 

③上級編

総論

ACTS-GC試験、ToGA試験、JCOG9907試験、SOFT試験・・・

レジメンと、その根拠となった臨床試験の名前が気になったり、

大腸癌や胃癌の内視鏡治療適応拡大追加切除適応はどうだったっけ?となったり、

食道GIST、直腸NET、EUS第何層?となったり、

細かい情報に困って調べる時に便利な本は実はこれまでなく、それぞれ別個に調べる必要があった。

「こういう困った時の参考書」的な役割を果たしてくれるのがこのテキスト。

出版されてまだ4年ということもあって誤植や間違いがやや多いものの、ガイドラインや規約、論文などの知識が1冊にまとまっている本は極めて貴重だ。

専門医試験用のテキストという触れ込みになっているが、試験とは関係の無い時期から買っておくべき本。

試験対策本として特化した内容ではない。

もちろん専門医試験を受ける人が早めに買っておくべきなのは言うまでもない。

 

注意すべきは、同じシリーズの以下の本と間違えないこと

こちらは問題集という趣が強く、知識の整理には使いにくい。

 

次は各臓器別の各論。

オペレコを書くよう指示された時は、これらの本が非常に参考になるため、ぜひ購入してほしい。

 

消化管

ラパロの標準手技を分かりやすく示したシリーズ。

イラストと実際の術中写真がともに適度に含まれており、場の展開の仕方、解剖のvariationとその対応など非常に実践的

本は大判のため、ビジュアル的に理解しやすい。

各臓器別にその道の大御所が監修されていることもあって信頼性も高い。

手術に入る前にサラッと参照すれば、術式の理解も変わってくるはず

一気に全ての臓器を勉強するのは難しいので、在籍している施設で多い術式から順に揃えていくのが良いだろう。

 

肝胆膵

肝胆膵はこちらのシリーズが情報量としては圧倒的。

各種の臓器解剖、発生、術式から、術前・術中・術後管理、器具の使い方まで全てが非常に分かりやすく解説してある

ビギナーの頃は、肝胆膵領域は特にオペレコの記載に困ることが多く、書いては「下手くそ!」と言って怒鳴られることもあるだろう。

このシリーズは、オペレコにそのまま利用できるような分かりやすいイラストが多いのも特徴で、これを参考に描いているうちに徐々に絵が上手くなる。

肝胆膵に関しては最もおすすめできるシリーズである。

こちらは分厚く通読は難しいと思うので、困ったらその都度参照するのが良いだろう。

 

ヘルニア

鼠径ヘルニアはイラストレイテッドでも詳細に解説されているが、McVayやKugel、PHS など細かな術式の違い、TAPPとTEPの違いなど、手術に入る際はさらに知識を深めておく必要がある。

この本はヘルニアに特化した本の中では最も分かりやすいことで定評がある。

イラストや術中写真も豊富で、鼠径ヘルニアに関しては最初はこれ一冊で十分と言って良いだろう。

 

以上、必要度別におすすめの本を紹介した。

本来、外科ローテーターにはこのように志望に応じて異なる指導が必要だが、外科医はなかなか忙しく、研修医の指導に割く時間が取りづらい。

「無視されている」と苛立ちを感じたら、ここに書いた本を読み込んで上級医を質問攻めにしてやると良いだろう。

外科領域以外のおすすめ本を知りたい方はこちら!

【分野別23冊!】研修医におすすめの読むべき本/参考書/医学書

広告

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。