ようこそ、臨床の世界へ。医師・看護師1年目に伝えたいこと。

「治療が遅れたのは君のせいだ。どう責任とるつもりなの?」

私が医師1年目の時に、初めての救急外来で10年上の先輩医師に言われた言葉です。

 

私は、全国でも名の通った大きな救命センターを持つ、大規模病院で研修を受けました。

毎日、救急患者はひっきりなしに搬送されてきます。

当時は、24時間連続勤務というシフトも普通にありました。

元気に歩いてきた人が、外来で突然痙攣したり、ついさっきまでしゃべっていた人が目の前で突然意識を失ったり、といったことは日常茶飯事。

「先生!レベルダウンです!」

「先生!点滴の速度は!?」

「先生!速くしてください!」

看護師からも怒鳴られます。

まさに戦場です。

でも体は全く動きません。

指導医からは、

「君、学生時代、何を勉強してたの?」

と嫌味を言われます。

国家試験に合格するためにあれほど必死で勉強した知識は、嘘のように使い物にならないのです。

救急外来の隅っこにあった、トイレの個室の中だけが心休まる場所でした。

用を足し終わっても、「あと30秒だけ」「あと1分だけ」と自分に言い聞かせて、個室の中に閉じこもったことも一度や二度ではありません。

無力感に苛まれ、帰宅後は学んだことを必死にノートにまとめる日々でした。

 

2週間ほど経って実家に帰った時に、会社員である父にこの厳しすぎる現場のことを、愚痴のように話しました。

すると父は一言、

「そりゃあ、そのくらい厳しくしてもらわないと困る」

と言いました。

私は、それを聞いてはっとしました。

そして、何となく心の重荷が軽くなったような気がしました。

「そうだった。自分は人の命がかかった仕事を選んだのだ。厳しくない指導など受けたくない」

そう思ったからです。

 

その後、徐々に現場に慣れ、今では「こんなに楽しくてやりがいのある仕事は他にない」と思っています。

患者さんにとって、病院で治療を受けたり、入院をしたり、手術を受けることは、人生の大きなイベントです。

医師や看護師という仕事は、この人生をかけたイベントに直接関わることのできる素晴らしい仕事です。

患者さんは、あの入院の時、あの手術の時に、あの先生が、あの看護師さんが、心の支えになった、助けてくれた、と一生覚えてくれています

私は、患者さんからもらった、ファイルに入りきらないほどたくさんの手紙を、全て大切に置いています。

そこに書かれた色とりどりの思いが、私たちの仕事の大切さを物語っています。

 

最初は辛く、厳しく、険しい道のりです。

途中で逃げ出したくなることも、きっとあります。

当たり前です。

あなたは自ら、そういう仕事を選んだのですから

 

でもそれを乗り越えることができれば、

「自分はこの仕事を選んで良かった」

と思える日が必ず来ます。

その日まであきらめずに、歩みを緩めることなく共に前進しましょう。

 

ようこそ、臨床の世界へ。

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」
「教えて!けいゆう先生」のコーナーで定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
「劇場版コード・ブルー」公開前イベントに出演。
プロフィール詳細はこちら

ようこそ、臨床の世界へ。医師・看護師1年目に伝えたいこと。」への8件のフィードバック

  1. かなちゃん

    いいメッセージですね
    この春 医学部や看護学部に入学した人
    そして 国試を経て 臨床の場にデビューした人の
    やる気スイッチを押すようなメッセージですね
    応援メッセージ 医療従事者の心得 を
    こんなにわかりやすく言葉にしてくれて
    この文章このまま引用して使いたいくらいです(笑)

    私も 看護師になって 本当によかった 後悔はない と
    いつも思います
    つらいこと 泣きたいこと 悲しいこと 逃げ出したいこと いろんなことがあったけどね
    この仕事を選んで 頑張って続けてきてよかったと いつもスタッフや新人ナースたちに伝えてきました
    これまでにもらったスタッフからの感謝の手紙やねぎらいのメール ずっと大事に保存しています

    臨床の場で 独り立ちするまで大変だと思うけど 頑張ってほしいですね

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      かなちゃんさん
      ありがとうございます!
      新年度になったら伝えたいと思っていた思いを記事にしてみました。
      医療現場は最初は辛いことも多いので、良い仕事だな、って思えるまでに結構時間がかかります。
      途中でやめてしまうのはもったいないので、ぜひ頑張ってほしいです。

      返信
  2. pokkule

    武矢先生
    いつも分かりやすい解説ありがとうございます。
    コードブルーやドクターG、アンナチュラルなど、とても楽しく読ませて頂いています。

    そして今日のメッセージ。
    私は臨床検査技師として中堅規模の地方の総合病院にて勤務しております。
    ほぼ毎年新人が入ってくるのですが、国家試験がゴールかのような新人から、本当にやる気十分の新人まで様々ですが、先生のメッセージを上手く伝えることが出来たなら、やる気をもって仕事してくれるかしら?そういう導きの出来る先輩でありたいと思います。

    この間の残業代のお話しも大きく頷きながら読ませて頂きました。
    配属が生理機能検査室ですので、どうしてもDr.との関わりが多くなります。しかし、残念ながら、毎日、手術した患者さんの様子を見にくるDr.は数える程です。そして、超音波検査などをフィードバックしてくださるDr.もわずかです(もちろん電子カルテの時代なので、自分たちでその後の確認は必ず行うようにしていますし、後輩にも、そう指導はしています)。

    この道を選んだあの若かりし日のことを思い出しました。帰りの車中で涙がこぼれてきたことも一度や二度ではなっかたけれど、今、仕事を続けていて幸せだと思える日々を送る40代です。

    先生のように、日々精進しなければなりませんね。検査技師にも様々な認定試験があります。これからも、日々の臨床とともにいつまでも学ぶ気持ちを持ち続けていたいと思わせてくださる先生のブログ、楽しみにしています。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      pokkuleさん
      いつも読んでいただきありがとうございます!
      おっしゃる通り、様々なモチベーションの若手がいますし、それぞれの意欲や生き方を尊重すべきなので、指導とは難しいものですよね。
      そして若手に限らず、患者さんに対して真摯な姿勢の人もいれば、そうでない人もいるのは事実。
      常に患者さんの利益を考えて行動できる医療者でありたいものです。

      返信
  3. メロンパン

    正直、覚えることも多いし大変だと感じますが、これくらいできないと命を預けてもらえないという気持ちだけで諦めずに勉強できてると思います。

    できることなら少しでも楽に覚えたいですが、、、

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      メロンパンさん
      学生時代は知識の詰め込みなので、正直辛いと思います。
      逆に、臨床の現場に出れば、今まで何とか苦労して覚えていたことが、必要性にかられるからか何も意識せずに覚えられます。
      その点では、意外と現場に出てしまったほうが気楽なんですよ。

      返信
  4. ラブちゃんママ

    大変なお仕事なのに やりがいのあるお仕事と おっしゃってる先生のことを心から尊敬します。
    今まで何度も先生にがた助けていただいて 命に関わる病気でなくても 私にとっては人生を救われたと思えるような経験を何度もしてきました。
    私たち患者も 先生方の力に甘えず 自己管理をしっかりして生きていかなければならないと 今強く思いました。
    世界中のお医者様 方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
    今後ともどうぞよろしくお願いします。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ラブちゃんママさん
      そう言っていただけると嬉しいです。
      大変な仕事ではありますが、やりがいを感じられる仕事という意味では、恵まれた環境なのではないかとも思います。もちろん失敗した時のダメージは大きいですが…
      おっしゃる通り、自己管理というか、病気にならない努力はしている方が結果的には得ですね!

      返信

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。