症状別チェックリスト最新版をrelease!

患者転倒、後遺症で賠償請求、現場ではどういう対策を講じているか?

90歳代の認知症患者が病棟で転倒し、全身麻痺の後遺症を負ったとして裁判所が病院に2000万円以上の支払いを命じた、という事例がありました。

患者さんやご家族に対しては大変気の毒に思いますが、医療者側に賠償責任が生じたことには驚きました

裁判では、

「転倒する危険性は予測できた」

「速やかに介助できるよう見守る義務を怠った」

と指摘されたようですが、現場感覚としては少々「無理な注文」と思わざるを得ない部分もあります。

むろん、やむを得ず訴訟に至るだけの事情があったのでしょうし、その背景について十分に知らない第三者がとやかく口出しする筋合いは全くありません

 

そこでこの記事では、「一般論として」病棟での患者さんの転倒にどのように対応しているか、について書いておきたいと思います。

おそらく、非医療者の方が驚くほど、医療スタッフは「転倒」をシビアに捉えているからです。

(※私の経験を元に書いているため、施設によって扱いに差があり、例外もあります)

 

転倒を防止するために

まずは、普段よくある例を紹介します。

当直中、ようやく仮眠が取れる時間帯になり、少しうとうとしかけたタイミングで病棟からコール。

「〇〇さんが転倒しました。バイタルは問題ありませんが、頭部を打撲されています。診察お願いできますか?」

※バイタル(バイタルサイン):血圧や脈拍、体温など生命維持に重要な機能を表す指標

 

私は病棟に行き、患者さんを診察し、大きな問題がないことを確認するか、必要であれば検査を行います。

たとえ軽症でも、たとえ真夜中でも、「患者の転倒」は医師を叩き起こすくらい重大な扱いです。

場合によっては、担当看護師が再発防止と問題共有のため、インシデントレポートと呼ばれる報告書を書いて提出します

必要ならその場でご家族に連絡し、状況を説明することもあります。

 

実は病棟ではこういうことが日常的にあります。

患者さんの転倒は非常に大きな問題として扱われ、いかにこれを防ぐかについて、スタッフらは日々頭を悩ませています

 

転倒リスクの高い方には、

「ベッドを離れる時は必ずナースコールするように」

と重々説明します。

トイレなど何かの用事で患者さんが移動する時は、常に看護師が付き添います。

しかし、残念ながら高齢者や認知症患者でこうした忠告をきちんと守れる人は多くありません

何も言わずにベッドを離れ、気づかぬうちに転倒してしまうこともあります。

病棟には他にも慎重な看護を要する重症な患者さんもいますから、看護師は転倒リスクのある患者さんだけを24時間常に見張っているわけにはいきません

 

また、体格のいい人だと、たとえ見守っている最中でも転倒を防げないことがあります

例えば、看護師である私の妻は、ヘルニアの術後初めての歩行を行う患者さんを横で見守っていたところ、突然患者さんが妻にもたれかかるように転倒。

患者さんはかなりの肥満体型で、支えきれずに妻も一緒に転倒したという経験があります。

人間一人の力で大人の転倒を防ぐには、物理的な限界があります。

 

そこで、病棟では様々な医療機器を使い、さらなる予防策を講じています。

具体的には、以下のような仕組みです。

・患者さんが踏むとナースコールが鳴るようにしておく特殊なマット(枕やベッドに置くタイプ、床に置くタイプなど様々)

・患者さんがベッドを離れようとするとコールが鳴る赤外線センサー

・患者さんがベッド柵をつかむとコールが鳴るセンサー

・患者さんが部屋を出ようとするとコールがなるセンサー

・患者さんの襟元にケーブルをつけ、離床しようとするとケーブルが抜けてコールが鳴るもの

 

とにかく、病棟ではあの手この手を使って患者さんの転倒を防止しようとします

リスクの高い患者さんは、こうした機器を二重、三重にも使用します。

病棟でこのコールが鳴ると、看護師の誰かが仕事の手を止めて全速力で病室に走る、という光景が毎日のように見られます。

 

しかし、機器の数に限りはあり、全患者には使用できませんし、こうしたセンサーを上手にすり抜けてベッドを離れる患者さんもいます

また、転倒はベッドサイドに立った瞬間から起こりうるため、仮に機器が反応しても介助が間に合わないことがあります

 

入院している患者さんは誰しも体に何らかの不調を抱えているため、転倒リスクが高いと見なされていない若い方でも思わずふらつくことがあります。

どうしても転倒をゼロにすることはできません

あらゆる患者さんを速やかに介助して転倒を防止することは、現実問題、不可能です

 

よって医療者にとって重要なことは、

入院中の転倒リスクはゼロにはできないこと、転倒した際には骨折や頭蓋内の損傷など様々な問題が起こりうることをご本人、ご家族に十分に説明し理解を得ること

であり、患者さん側に伝えたいことは、

入院患者(特に高齢者や活動性の高い認知症の方)の転倒に関して、ゼロリスクを求めてほしくない

ということです。

広告

 

ゼロリスクを求めると医療は崩壊する

あらゆる医療行為にリスクはあります。

医療を受ける以上、リスクをゼロにすることはできません

しかし、「医療者の過誤」とは言えないような、防ぎようのない問題が起きても、現場に責任を求めるような事例はこれまで多数ありました。

こうした事例は医療現場を萎縮させ、これが必ず「リスクの高い行為は避けよう」という動きに繋がります。

 

例えば、全身麻酔手術後には、傷が感染したり、全身への負担から心疾患を発症したり、肺炎を起こしたり、といった合併症は一定確率で起こります

どれだけ腕のいい外科医が手術をしても、合併症リスクをゼロにはできません。

これがもし手術ミスだとされるなら、「リスクが少しでも高い患者には手術をなるべくしないようにしよう」という方向に現場の意識は変わるでしょう。

手術さえしなければ術後合併症は起きないからです。

 

転倒に関しても同じです。

転倒ゼロを目指すなら、なるべくベッドから動かさないように、という方向に意識は傾くでしょう。

転倒リスクが高い方は、腰にベルトを巻いてベッドに固定したり、鍵がないと外せない特殊な手袋をする「抑制(拘束)」の敷居を下げざるを得ません

本当は、高齢者はじっと寝ているより積極的に体を動かす(離床(りしょう)する)方が、体の回復は早く、認知症の進行を防げる可能性も高いことをスタッフは知っています

しかし、万が一患者さんが転倒したら法的責任を問われるかもしれない、という恐れがあれば、転倒防止を優先せざるを得ません

 

航空機内では急病患者の診療依頼に応じない医師が多い、という記事でも書いたように、近年似たような形で医療者を萎縮させる事例は後を絶ちません。

ゼロリスクを現場に求めてしまうと、結局これが患者さんの不利益となって跳ね返ってきます

もちろん医療者がリスクを下げるために最大限努力することは必須で、これは言うまでもないことです。

しかし、非医療者側がリスクを理解し許容することもまた、よりよい医療の実現にとって大切だと私は思います。

(※本記事の機器使用に関する情報は、看護師ライターの白石弓夏さん(@yumika_shi)にご協力いただきました)

7 Comments

どらみ

このお話を伺って、かつて私の父が入院中に転倒しておおごとになったことを思い出しました。
また、医療者の方々の中で、「転倒」ということが、これほど重大に捉えられていたことを初めて知りました。

父は不調を感じてかかりつけ医に行ったところ、すぐに救急車を手配されて即入院となりました。
脳梗塞の疑いがあったからです。
おそらく本人も事態が受け入れられていなかったのではないかと思います。

検査の結果はかかりつけ医の診立て通り脳梗塞で、即入院となりました。

入院の初日だったか、父は夜中にナースコールせず自力でトイレに行こうとしたようで、ベッドから立ち上がってすぐに転倒したらしく、不自由な側の足がひどく腫れてしまいました。

翌朝、主治医の先生が父にこんこんと「必ずナースコールしてください!」「一人で立ち上がったりしないでください!」と説明していたのが印象的でした。

父には看護師の手を借りることが恐らく出来なかったんだと思います。
遠慮やら、恥ずかしさやら、見栄やら、いろいろあって
トイレぐらい杖を使えば一人で行ける
そう思ったんでしょうね。

結局、その時の後遺症が今もあるようです。
私たちにはあまり言いませんが。

あの頃(10年ぐらい前かな)、けいゆう先生からこんな話を聞いていたら
父にもっと強く
「トイレに行く時は、絶対に看護師さん呼びや!」
「一人で立ったりしたら先生方に迷惑かかるで!」と言えたかもしれません・・・

入院患者が転倒したことで、医療者が法的責任を問われることがあることに驚きました。
ましてや認知症の患者さんならなおさらのこと。
父のように言っておいても守らない患者もいるでしょうしね。
ε-(;ーωーA フゥ…

返信する
武矢けいゆう

そんなことがあったんですね。ご家族もご本人も大変だったと思います。
ご家族の立場になって考えれば、何も説明なく病院で転んで麻痺が残った、などと言われたら怒るのは当然ですので、ご本人とご家族に医療者からきっちり説明することが大切だと思っています。
また、医療現場では身の安全を守ろうと最大限努力していることもぜひ広く知っていただきたいと思いますね。

返信する
賢二

けいゆう先生更新お疲れ様です。
 以前老人ホームなどの施設で働いていたことがあるのですが、転倒リスクを0にするって難しいですよね・・・。
 
 うーごくんや、センサーマットなど前いた施設では無くって、4点ベット柵で囲み、段ボールなどでカバーをしたり、夜間は、転倒リスクがあって見守りが必要の方は、ナースステーション横の廊下に寝てもらっていました。
(なんだか変ですよね・・・。)うるさくって寝れないみたいなので、全員眠剤服用していました。転倒リスク余計あげてないか?眠剤多く処方している医者は多分このこと知らないんだろうな(悲)。
 ケアマネの方針から、センサーや、ベルト固定は虐待にあたるからしないとのことでした。(←廊下に寝るのはいいのか!)
 昼間は、転倒リスクの多い方を食堂に集めて、同じテーブルに座らせ、スタッフが見守りしていました。(というか雰囲気的には監視、初めて見たときは異様に思った。ただ座って何もさせないって・・・。)
 人手がいなく、見守り不足での転倒がかなり多かったです・・・。

 人がいないのに、看護師は、たばこを吸いに行ったっきり戻らないし、転倒したら、「なんで見てなかったの!」ばかりでした。そのうちにその施設独特の変な転倒予防策ばかり、増えていきました。

 転倒はどんな対策をしても生じるし、リスクを家族や本人に説明して、理解してもらうしかないのでしょうね・・・。
 

 
 

返信する
武矢けいゆう

転倒リスクの高い患者さんに対する眠剤の使用には慎重さが必要ですね。
医師はこの辺り理解が乏しい人が多く、看護師にしっかり状況を聞いて把握しておくことが大切です。
転倒予防はどうやっても難しいですが、確かに医療者側の対策不足でリスク軽減が不十分なケースもあるでしょうし、その場合はしっかり施設内で対応策を考える必要がありますね。
患者さん側の理解不足だけに原因を押し付けるのもあってはならないことだと思っています。

返信する
kennji

 コメントありがとうございます。そうですよね。施設内で対策をしっかり考えるべきですよね。
 利用者さんの理解不足や、事故を発見した介護者の責任ばかり追及して、話あうこと自体なかったです。介護員がインシデントレポートを書くのみでした。
 なぜか、長年勤めているパートさん1名と介護主任、看護師の思いつきで決まることが多かったです。

 いろいろ施設のやり方がおかしいと思っていても、一介の職員では、どうにもできませんでした(悔)・・・。責任を押し付けあうのではなく、施設内全員で話し合って、対応策を考えることが大切ですよね。

 

返信する
まやこ

入院したら、必ずいますね。ナースコールせずに動いてしまう人。
どうしても、躊躇してしまう気持ちが勝ってしまうのもあるかも知れませんね。
同室の方が、センサーも越えて自分で動いていた場合、こっちからナースコールした方がいいですか?

返信する
武矢けいゆう

ナースコールを遠慮して押せない、という方はいますしね。
もしそういう場面に出くわしたらコールいただけると助かるとは思うのですが、正直これは患者さんの仕事では全くない上、みなさん自分のことで精一杯ですから気を遣う必要はないと思います。
転倒対策を考えるのは医療スタッフの仕事ですからね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です