子供が使えない市販の痛み止めと解熱剤に注意!種類と副作用は?

子供はよく熱を出します。

解熱剤は大人と同じ市販のものを使っても良いのでしょうか?

 

実はそうではありません。

大人は安全に使えるのに、子供が使うと危険な副作用を起こす薬があるからです。

また、子供用の解熱剤には飲み薬もあれば座薬もあり、どのように使い分ければ良いかわからない、という場合もあるかもしれません。

そこで今回は、子供に使っても良い解熱剤使ってはいけない解熱剤の違いと、その剤型ごとの使い分けについて書きたいと思います。

 

なお、表題には「痛み止め」とも書いていますが、これは解熱剤には痛み止めの効果もあるからです。

そのため、一般的に「解熱鎮痛薬」と呼ばれます。

「熱冷まし」「痛み止め」は同じ薬の効果です。

ここでは解熱剤として使う場合の話をしますが、痛み止めとして使う場合も同じことが言えますので、そのつもりで読んでください。

 

広告

解熱剤の2つの種類

まず、大きく以下の2つの種類に分けることができます。

・非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)

・アセトアミノフェン

 

先に結論を書いておくと、子供に使うのは原則アセトアミノフェンの方です

理由は後述します。

 

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)

大人がよく用いる解熱鎮痛薬で代表的なのが、非ステロイド性抗炎症薬です。

ロキソニン、ボルタレン、イブプロフェン、インドメタシン、セレコックスなどがこの種類の薬です。

市販されていて簡単に手に入るものもありますし、頭痛や生理痛、歯の痛み、腰痛、関節痛などあらゆる痛みによく効く便利な薬です。

市販されている多くのかぜ薬にも含まれています

 

アセトアミノフェン

同じくよく用いる解熱鎮痛薬のもう一つの代表的な存在として、アセトアミノフェンがあります。

カロナールアルピニーアンヒバピリナジンなどです。

お子さんをお持ちの方は、必ず一度は聞いたことがあるはずです。

これらは上述した非ステロイド性抗炎症薬とは全く別の薬です。

解熱鎮痛効果は比較的マイルドですが、副作用も軽いものが多く、小児にもよく使われるタイプの薬です(もちろん大人にも使います)。

 

子どもに使うのはアセトアミノフェン

小児にも安全でよく用いるのは、アセトアミノフェンの方です。

非ステロイド性抗炎症薬は小児には使用しないのが原則です。

 

なぜでしょうか?

理由は二つあります。

一つは、非ステロイド性抗炎症薬には注意すべき副作用が多いためです。

「副作用が多いってどういうこと?」と思った方はこちらもお読みください(アセトアミノフェンの副作用についても書いています)。

もう一つは、発熱時に解熱剤として使用する際、インフルエンザ脳症ライ症候群のリスクがあるからです。

 

インフルエンザの際に子ども(15歳以下)に非ステロイド性抗炎症薬を用いると、インフルエンザ脳症を起こすリスクがあるとされています。

けいれん意識障害が起こり、死亡率が高く後遺症が残ることもある危険な脳の病気です。

インフルエンザで高熱が出た時に、15歳以下の非ステロイド性抗炎症薬の使用は禁止です。

またライ症候群は、15歳以下のインフルエンザや水痘(水ぼうそう)のあとに起こる急性の脳と肝臓の障害です。

重篤化すると死亡することもある危険な病気です。

非ステロイド性抗炎症薬は、このライ症候群を誘発するとされており、やはり使用は禁止です。

 

「インフルエンザじゃなければいいの?普通のかぜならいいのでは?」

と思う方がいるかもしれませんが、私は反対です。

普通のかぜだという確証を得る方法がないためです。

インフルエンザの検査も万能ではありません(偽陰性の可能性があります。)

したがって、「子どもに使うならアセトアミノフェン」と覚えておくのが無難です。

市販のかぜ薬のほとんどは、非ステロイド性抗炎症薬かアセトアミノフェンのどちらかの解熱鎮痛薬が含まれています。

使用年齢が書かれてありますので、きっちり見れば間違えることはありませんが、成分も確認してみましょう(子供用のかぜ薬は全てアセトアミノフェンのはずです)。

 

ただし、これらはあくまで原則です。

「どんなときも絶対にダメなのか」というとそうではありません。

イブプロフェンやボルタレンなどは、小児用の容量設定もあります。

ただ、使うのであれば小児科を受診し、医師の指示のもとに使うことをおすすめします。

 

座薬にする?のみ薬にする?

使いやすい方を選べば良く、「どちらか一方でなくてはならない」ということはありません

ただし、それぞれに「使いにくいケース」があります。

 

飲み薬が使いにくいケース

嘔吐が目立つ場合です。

小児は風邪をひいて嘔吐することもあれば、胃腸炎で熱と嘔吐が出ることもあります。

こういうケースは、飲み薬を飲んでも吐いてしまう可能性があり、効き目が得られません。

この場合は座薬の方が便利でしょう。

もちろん乳幼児はそもそも口から薬を飲ませること自体が難しいこともありますから、座薬を選ぶことが多いです。

 

座薬が使いにくいケース

下痢が目立つ場合です。

風邪をひいて下痢をしたり、胃腸炎を起こして下痢をしているケースでは、座薬を使ってもすぐに下痢と一緒に出てしまうことがあります。

この場合は飲み薬の方が適しています。

 

以上が、子どもに解熱剤を使うときの注意です。

ただし、乳幼児は自分の症状を言葉で正確に伝えることができません

ここに書いたことはあくまで参考であり、一つの目安です。

困ったときは、ネットでの情報を鵜呑みにせず、必ず小児科を受診してください。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です