かぜ薬で風邪が治らない理由、市販の総合感冒薬の成分と副作用

「かぜひいたときにかぜ薬を飲んだらすっきり治った」という経験がある方は多いでしょう。

一方で、「かぜ薬を飲んだのに今回はなかなか治らない、治るのに時間がかかった」という経験も誰しもあると思います。

なぜ、こういう違いがあると思いますか?

症状が本格的に出る前のかぜのひきはじめにかぜ薬を飲めば、早く治せるのでしょうか?

自分に合うかぜ薬漢方があって、「これなら治る!」という薬を飲めば早く治るのでしょうか?

 

医師の視点から見ればいずれも間違いです。

 

今回は、かぜをひいたときにかぜ薬を飲む目的と、その種類や正しい使い方を説明します。

「ちゃんとかぜ薬を飲んだのに治らない!」といって病院に来る方は多いですが、その前にひとまずこのページを読んでかぜに関する知識を整理しておきましょう。

 

広告

かぜがすぐ治るとき、治らないときの違い

冒頭の疑問に戻ります。

「かぜがすっきり治るときと治らないときがあるのはなぜか?」でしたね。

答えはこうです。

すっきり治ったのは軽いかぜだったからです。

なかなか治らないのは、その逆です(ウイルスの勢いが強いか自分の免疫力が低いかです)。

つまり、かぜ薬の効き目は関係ありません。

なぜなら、かぜ薬はかぜを治す薬ではないからです。

では、かぜ薬はどういう薬なのでしょうか?

 

かぜ薬の目的は?

かぜ(感冒)は上気道のウイルス感染です。

もし「かぜを治す薬」があるとすれば、それは「かぜの原因となるウイルスをやっつける薬」でなくてはなりません

しかし残念ながらそういう薬はありません。

かぜの特効薬はないのです。

かぜを治すのは薬ではありません、自分の免疫力です。

 

抗生剤があるじゃないか!」

という人がいるかもしれません。

残念ながら、抗生剤は細菌をやっつける薬です。

かぜはウイルスが原因です。

抗生剤はウイルスには全く効果がないので、かぜは抗生剤では治りません。

かぜで抗生剤を飲めば、副作用のリスクだけを飲んでいることになります。

では、かぜ薬の目的はなんでしょうか?

 

それは、かぜによって起こるいろいろな症状を軽くすることです。

こういう治療のことを「対症療法」といいます。

 

かぜ薬の成分は、あとでもう一度触れますが

解熱鎮痛薬を下げ、頭痛のどの痛みをおさえる)

咳止め

たん切り

アレルギー薬(鼻水をおさえる)

などです。

つまり、かぜによって起こる、発熱頭痛のどの痛みたん鼻水といった症状を軽くする薬だということです。

「かぜ薬が効く」というのは、こういう症状が「軽くなる」ということで、「かぜが治る」ではありません。

 

同じく、「かぜ薬を早めに飲んでおけば早くかぜが治る」のではありません。

「早いうちから症状を軽くする」だけです。

「かぜのひきはじめに飲んだから早く治った」と思うのは、たまたま何もしなくても治る期間が短いような「軽いかぜだった」だけです。

 

したがって、「病院に行けば早くかぜが治る」ということもありません。

かぜであれば、病院でも症状を軽くする薬を処方されるだけですが、それは市販のかぜ薬と大差はありません

「点滴をしてもらえば早く治る」と思っている人がいるかもしれませんが、点滴はほぼただの食塩水です(水にナトリウムやカリウムなどのミネラルが入っています)。

かぜを治す力はありません

重度の脱水がある方や、自分で口から水分が取れない方などの水分補給が目的です。

 

かぜ薬の正しい使い方

かぜ薬は、かぜの厄介な症状、つまり熱、咳、たん、鼻水といった症状を軽くするという意味では良い薬です。

かぜを治すことができなくても、こういう症状をおさえることで日常生活は楽になるからです。

ただ、病気の原因を取り除く薬ではありませんので、症状を軽くするだけで完全におさえることはできません。

状況によってはあまり効き目を感じないこともあるでしょう。

いずれにしても、特にかぜに不可欠な薬ではないと言えます(かぜは自然に治るからです)。

 

おすすめのかぜ薬はありますか?」ときかれることがありますが、答えることができません。

私は、解熱剤はよく飲みますが、かぜ薬は飲まないからです。

理由は二つあります。

一つ目は、症状によっては必要のない成分が含まれていることです。

たとえば熱と鼻水という症状だけがあって、たんも咳もないときに、たん切りと咳止めの成分は必要ありません。

鼻水がないのに、必要のないアレルギー薬のせいで眠くなるのも困ります。

複数の症状に効く成分が含まれていることは利点でもありますが、必要のない成分を取り除くことができないことは欠点とも言えます。

 

二つ目は、かぜ薬はその効果の割に値段が高いことです。

かぜを短期間で治す薬なら高いお金を払う価値がありますが、せいぜい症状を軽くできるだけならコストパフォーマンスは悪いと感じます。

 

かぜ薬にはどんな種類がある?

かぜ薬には、かぜによる症状を抑える成分が複数含まれています。

もう一度書きます。

・解熱鎮痛薬(熱を下げ、頭痛やのどの痛みをおさえる)

・咳止め

・たん切り

・アレルギー薬(鼻水を抑える)

市販の薬は、これらの分量の差などで、「咳に強い」「鼻水に効く」などと特徴をもたせています。

この中で注意したいのは、解熱剤(解熱鎮痛薬)です。

副作用のリスクに注意しなければならない人がいるからです。

 

市販の総合感冒薬に含まれる解熱剤は、

・ロキソニンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)

アセトアミノフェン

の2種類があります。

これらの2種類は副作用の危険性が異なります。

飲んでも大丈夫な人、そうでない人がいます。

 

たとえば代表的なかぜ薬、PL顆粒には、非ステロイド性抗炎症薬であるサリチルアミドと、アセトアミノフェンの両方が含まれています。

一方、ルルにはアセトアミノフェンが含まれています。

パブロンはどうでしょうか?

種類が様々にありますが、「パブロンエースAX」にはイブプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)が含まれています。

一方で「パブロンSゴールドW」にはアセトアミノフェンが含まれています。

エスタックは名前で示されていて親切です。

「エスタック総合感冒薬」はアセトアミノフェン、「エスタックイブ」はその名の通りイブプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)を含みます。

このように解熱剤の成分が異なり、副作用のリスクも違います。

 

「どういう人が副作用に注意しないといけないの?」

「非ステロイド性抗炎症薬?アセトアミノフェン?」

「解熱剤?解熱鎮痛薬?なんのことかわからない!」

という方はこちらをお読みください。

 

かぜをひいたときに注意したいこと

「かぜは自然に治るもの」

「かぜ薬はかぜを治せない、かぜの症状をおさえるだけ」

ということを書いてきました。

しかし、かぜを軽視してはいけないときもあります。

かぜをきっかけに肺炎を起こしたり、他の重篤な病気を起こす人がいるからです。

 

たとえば抗がん剤治療中の方、ステロイド治療を行っている方、高齢の方、心臓や腎臓などの臓器に重い持病を持っている方などです。

こういった方が熱を出したときは、「単なるかぜだろう」と思って軽視してはならないときです。

かならず医療機関を受診していただきたいと思います。

 

今回の記事は、大人のかぜについて書いています。

子供の場合は全く異なる注意が必要です

たとえば、子供がインフルエンザで高熱を出した時に、「解熱剤を飲ませたい」と思う方がいるかもしれませんが、小児が非ステロイド性抗炎症薬を含む薬を飲んではいけません。

小児についてはこちらの記事をご覧ください。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です