スキルス胃がんとは何か?特別な手術や抗がん剤治療は必要?

ひと口に「胃がん」といっても、その中にはさまざま種類のものがあります。

進行が速いもの、抗がん剤がよく効くもの、再発率が高いもの、胃を全部摘出する手術をしなくてはならないもの、内視鏡治療で治ってしまうもの・・・

適切な治療を行うためには、胃癌を一様に捉えるのではなく、特徴によってきっちり分類する必要があります。

 

よく用いる分類方法は3つあります。

進行度分類組織型分類肉眼型分類です。

 

広告

進行度分類

進行度分類は、「ステージ分類」とも言います。

「ステージ」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

胃癌の場合は、ステージⅠAからⅣまで、実に8段階に細かく分かれています。

どのくらい癌が進行しているか、を示す指標です。

それぞれのステージに応じて、治療法再発率などが異なるため、非常に大切な分類です。

 

組織型分類

胃癌の癌細胞を顕微鏡で見て、その姿、形で分類する方法を「組織型分類」と言います。

乳頭腺癌、管状腺癌、低分化腺癌、印鑑細胞癌、粘液癌など、難しい名前の分類名があります。

それぞれで進行の速さや抗がん剤の効きやすさなどの性質が異なるため、非常に重要な分類です。

どのタイプの癌なのかは、必ず病理診断科の医師が全例で診断します。

 

肉眼型分類

胃癌そのものの「見た目」から癌を4 種類に分類しよう、というもので、ボールマンという病理学者が100年以上も前に提唱した分類方法です。

「ボールマン分類」とも呼ばれています。

1型〜4型まで4 種類、あるいは分類できないものを5型、とすることもあります。

 

現在では、この「肉眼型」=「癌の見た目」はそれほど重要視されてはいませんが、4型と呼ばれる胃癌は特に注意すべき肉眼型だという認識があります。

これが「スキルス」と言われる胃癌です。

 

スキルス胃がんとは

つまりスキルスとは、胃癌を肉眼型分類で分類した場合の一つの型です。

したがって、スキルス(4型)でも、進行度分類で分ければステージⅡのこともあればステージⅣのこともある、ということです。

ただ組織型分類で分けると、低分化腺癌印鑑細胞癌が多いことが知られています。

 

スキルスとは「硬い」という意味です。

胃の壁の中を癌が這うように広がっていき、胃の壁全体が硬くなることからそう呼ばれています。

 

スキルス胃癌が「要注意」である理由はいくつかあります。

・比較的若い人に起こる

・比較的進行が速い

・腹膜播種(お腹の中に癌が広く散らばる形の転移)が起こりやすい

・内視鏡(胃カメラ)では初期の段階では見落としやすいことがある(癌が胃の壁の中で進展するため、表面からではわかりにくい)

が挙げられます。

 

腹膜播種が起こると、ほかの臓器に転移したのと同じ扱いでステージ4になります。

お腹の中に広がった目に見えない癌の粒をすべて摘出することはできないので、手術は行いません。

抗がん剤が治療の中心になります。

しかしこのタイプの癌でも、見つかる段階が早ければ他の型と同じように手術を行って治します。

この治療の選択は他の肉眼型の胃癌と何も変わりません。

スキルス胃癌だから特殊な治療が必要、というわけではありません

あくまで肉眼型分類の一つの型です。

 

そしてこのタイプの胃癌を早く見つける方法も、他の型と全く同じ。

胃癌の検診です。

初期の段階では他のタイプと同様に症状はありません

特別な原因で起こるわけではありませんので、特別な血液検査でわかるというものでもありません。

上記の特徴があるため、スキルス胃癌は少し「たちが悪い」のは事実ですが、その予防や治療については、これまで書いてきた胃癌についての検査や治療をお読みいただければ十分、ということになります。

胃癌について詳しく知りたい方はこちら

胃がんの記事一覧

広告

スキルス胃がんとは何か?特別な手術や抗がん剤治療は必要?」への4件のフィードバック

  1. 亀ちゃん

    父はスキルス胃がんで57歳で亡くなりました。体調不良で検査入院したときには、腹膜播種、肺やリンパ節への転移で、すでに手の施しようがなく、入院から20日後に亡くなりました。
    父は毎年健康診断(各種ガン健診)を受けており、亡くなる10ヶ月前に受けたガン健診では、特に何も指摘されませんでした。定期健診とそれによる早期発見・早期治療が大切なのは理解していますが、スキルス胃がんの場合は、年1回の定期健診では発見できず、がんの発生から、その後の急速な進行、死亡に至るケースというのはやはり多く、これはもう、仕方のない事なのでしょうか?
    健康な人の場合、年に2回以上、健康診断を受けるというパターンはほとんど無いと思いますが…。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      亀ちゃんさん
      ご質問ありがとうございます。
      原則、患者さんご本人を診察したりデータを見たりしない限り具体的なことは言えませんし、また言ってはいけないと思っていますので、一般論として伺ったものとして回答します(実際一般論として知りたい方が多い情報だと思いますので)。
      スキルス胃がんの場合、進行が早いこと、定期検診では見つかりにくいことの両方が原因で、発見時にかなり進行していることが多いのは事実です。
      この状況は、仮に年に2回検診を受けたとしてもあまり変わらないと思います(おっしゃる通り実際そういう方もいませんが)。
      ただ、こういう進行の早いタイプのがんや、かなり進行するまで症状が出ないタイプのがんは、スキルス胃がんに限らず全て同じです。
      膵がんや、胆嚢がん、肝臓がん、一部の乳がんなどもそうです(膵がん、胆嚢がん、肝臓がんに至っては有効な市民検診すらありません)。
      仕方がないというより、現状として、がんの早期発見に関する医療レベルはまだまだ未熟であり、より精度の高い検診を目指すために医学の進歩を待つしかない、というのが答えです。

      返信
  2. 亀ちゃん

    あまりにも速く、そしてご丁寧なご回答、ありがとうございます。
    「自分たち(本人や家族)に何かできた事があったのではないか」という自責の念もあり、個別のケースに関する質問をしてしまい、申し訳ありませんでした。
    「現代の医療の限界」であったのだと、自分自身を納得させる事ができました。
    「がんの早期発見に関する医療レベルはまだまだ未熟」との事ですが、いろいろな報道から、近年急速に進んでいるように感じていますし、今後さらに加速度的に進歩していく事を期待したいです。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      亀ちゃんさん
      お気持ちは非常によくわかります。私もそういう思いのご家族の方、あるいはご本人と何度も接してきました。
      がん医療はまだまだ未熟で、非常に進行した状態で見つかった時には未だに手も足も出ない、という事態に遭遇します。
      医療者としては非常に悔しく歯がゆいことです。ご本人やご家族はもっとそうでしょう。
      私はがんの研究も並行してやっています。何とか未来の患者さんの役に立てるように、という気持ちです。

      返信

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。