病院で教えるダイエットの方法、自宅でできる医学的に正しい肥満の解消法

世の中には間違ったダイエット方法が出回っています。

インターネットで「ダイエット」という言葉は毎月数十万回検索されますが、出てくるページはどれも、

「食事を減らさず痩せる」

「運動せずに痩せる」

など、とにかく「楽して痩せる」を前面に押し出し、結局はサプリや健康食品で収益を上げるのが目的です。

雑誌や本なども同じです。

読んだ人の健康を真に目指している記事など、なかなか見当たりません

 

したがって、

「これらの記事に従ってもダイエットがうまくいかなかった」

という人が多いのは当たり前のことなのです。

 

ダイエットとは、「肥満症」という病気に対する「治療法」です。

医学的に正しい「治療」を行わない限り、決して痩せられません

では、本当はどうすれば痩せられるのでしょうか?

どんな食事に気をつければ良いのでしょうか?

何キロの減量を目標にすれば良いのでしょうか?

これらには全て、日本肥満学会発行の肥満症診療ガイドラインに医学的根拠のある答えが掲載されています。

今回はこれに基づき、病院で行う肥満治療について解説します。

いずれも自宅でできるものですので、参考にしてみてください。

 

治療法は大きく、行動療法食事療法運動療法の3つに分けられます。

順に説明します。

 

広告

行動療法

食行動の異常を認識する

肥満のある方は、「食行動の異常」のある人が多いのが特徴です。

食行動の異常とは、以下のようなものです。

間食が多い

イライラするとつい食べてしまう

夜間にたくさん食べてしまう

偏食(好き嫌いが多い)

早食い

朝食を摂らない

目の前に食べ物があればつい手が出てしまう

買い物に行って必要以上の食べ物を買ってしまう

まずこういう行動が異常であることを認識する必要があります

 

また肥満の方は、食行動に対する考え方にも異常があります

以下のような誤解をしているということです。

お腹がいっぱいでも、好きなものなら別のところに入る

たくさん食べているのに、自分の食べた量はそれほどでもないと思っている

水を飲んでも太る、空気を吸っても太る

この考え方が異常であり、肥満の原因になっていることをきっちり認知することが大切です。

「食べれば増え、食べなければ減る」

という当たり前の事実をまず認識してもらいます。

 

ではどうすればこの異常を改善することができるのでしょうか?

実はその答えはそれほど難しくはありません。

その方法を書いていきます。

 

自己記録をとる

まず、体重や食事内容をノートに記録します

毎日体重を測り、何を食べたか、どのくらいのカロリーを摂取したかをきっちり記録します。

こうして問題点を自分で分かりやすくすることが、前向きなダイエットにつながります。

何も計画せずにやみくもに食べる量を減らしても、必ず途中でギブアップしてリバウンドしてしまいます

記録による自己管理が大切です。

 

体重測定は正しい方法で

体重は、

起床直後

朝食直後

夕食直後

就寝直前

1日4回測定して記録します

できればグラフにするのが良いでしょう。

基準になるのは起床直後の体重ですが、夕食直後と就寝直前の体重の測定も大事です。

これを比較することで、夜間の間食を検討することができるからです。

ここで毎日のように増えていると、

「間食しすぎている」

と自分で認識することができます。

体重は必ず毎日ノートに記載します

1週間まとめて記載する、というような方法をとってはいけません。

毎日、起床直後の体重を前日のものと比較し、体重がなぜ増えたか、あるいは減ったか、理由を考えましょう

 

記録を見て対策を

次に、何が原因で食行動に異常が起きているかを考え、対策します。

たとえば、

身の回りに常にお菓子がある

雑誌で食べ物の記事を読む

食事関連のテレビ番組を見る

といった、食べ過ぎを誘発するような刺激は全て回避します

(お菓子は買い置きしない、食べ物の雑誌は買わない、食事関連のテレビ番組は見ない、と決める)

重要なのは、こういう「食べ過ぎの原因になっていそうな刺激」を自分で認識することです。

「何が刺激になって自分は食べ過ぎているのか?」

という理由が分からないままダイエットをしても、仮に痩せられても必ず数ヶ月たてばリバウンドします。

 

30回咀嚼法を行う

食事のときは、

一度口に入れたものは30回咀嚼(そしゃく)してから飲み込む

を徹底します。

これができれば◯、29回の咀嚼や、31回の咀嚼でもダメです。

こうした単純作業をコツコツ行うことが大切です。

これによって早食いが是正され、満腹感が得られやくなります。

「30回」というのは一つの目安で、40回や50回に設定しても構いません(少なすぎては意味がないので最低30回です)。

ちなみに食べる速さが遅い人の方が速い人よりメタボリックシンドロームの割合が少ないことが医学的に証明されています。

 

食事療法

食事療法は肥満治療の基本です。

摂取エネルギーを制限することは減量のために最も有効です。

では、どのくらいカロリーを制限すれば良いのでしょうか?

分かりやすく説明します。

 

目標となる摂取カロリーは、1日あたり、

25kcal×標準体重

です。

標準体重とは、

22×身長(m)×身長(m)

です。

22に、身長をメートルにして2回かけ算します。

計算が面倒な人は、ネット上に自動計算できるサイトがたくさんありますので参考にしてみてください。

たとえば、身長が160センチの人は、

22×1.6×1.6=約56.3キロ

ということになります。

これが標準体重です。

 

次に、これに25をかけ算します。

25×56.3=約1400kcal

となります。

これが1日の目標カロリーになります。

 

コンビニやスーパーでお弁当やおやつを買う時に必ずカロリーをチェックし、1日で合計してこの数字を超えないようにします

最近はレストランでもメニューにカロリーが書かれてあるところが多いですね。

カロリーをきっちりチェックし、目標カロリーを超えないようにしましょう。

自宅で食事を作るときは、「カロレピ」「味の素パーク」などのサイトを見て、カロリーが分かるレシピを利用するのが良いでしょう。

 

各栄養素のバランスは、

糖質:50-60%

タンパク質:15-20%

資質:20-25%

が理想的ですが、ここまで自力で調整するのは難しいと思いますので、あくまで目安にしましょう。

また近年、糖質制限がダイエットに有効だという報告もありますが、制限しても良いのは糖質40%までです。

当然ですが、糖質ゼロがダイエットに良いことを示す医学的に確実なデータはありません

広告

 

運動療法

食事療法と運動療法を併用し、3〜6ヶ月の間で3〜5%の減量を維持することが目標です。

最初から、高い目標をかかげても成功しません。

体重70キロの人なら、まず2キロ〜3.5キロ減った状態を維持することをひとつの目標にしましょう。

運動を行えば、仮に体重がうまく減らなくても、肥満に合併しやすい脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い)や血圧、血糖値が改善すると言われています。

 

仕事や通勤、家事などの日常の活動でもエネルギー消費を増やすことができます。

エレベーターやエスカレーターではなく、なるべく階段を使う

出かける時は車より自転車や早歩きで

といった日頃の心がけが大切です。

 

一方、よく「筋力トレーニングをすれば痩せる」と誤解している人がいます。

例えば、

お腹周りの脂肪を減らしたいので腹筋をする

といった誤解です。

筋力トレーニングは「レジスタンス運動」とも呼ばれ、いわゆる「無酸素運動」です。

筋肉は鍛えられますが、脂肪は減りません

ダイエット中の筋力トレーニングは、

減量中に筋肉も一緒に減ってしまうのを防ぐ

ということが目的です。

つまり、脂肪を減らすことができる運動ができていることが前提です

 

ちなみに注意点として、

糖尿病や高血圧、脂質異常症が重度の方が運動中に心筋梗塞や狭心症などになるリスク

関節を痛めるリスク

運動中の脱水症のリスク

が挙げられます。

突然の激しい運動は避けましょう。

ランニングではなくウォーキングから、水泳なら水中ウォーキングや水中エクササイズから開始しましょう

また、運動中は必ずスポーツドリンクなどを持参し、水分をこまめに摂取しましょう。

ダイエットのためにスポーツを始めたい方は、以下の記事をご覧下さい。

 

ダイエットの考え方まとめ

肥満とは、

摂取エネルギー>消費エネルギー

となる状態が続くために起こります。

当たり前ですが、肥満の解消は、

摂取エネルギーを減らす

消費エネルギーを増やす

のどちらかでしか行えません。

これ以外の痩せる方法は、物理的に絶対にありえません

 

よって、ここに書いたように、

食事療法によって摂取エネルギーを減らす

運動療法によって消費エネルギーを増やす

これらを維持するために適切な行動をとる

という3段階でダイエットを行うようにしましょう。

(参考文献)
日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン 2016」

広告


医師。専門は消化器外科。二児の父。
ブログ開設4ヶ月後に月間67万PV達成
時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」
「教えて!けいゆう先生」のコーナーで定期連載中。
エムスリーでも連載中&「LIFESTYLE」企画・監修。
「劇場版コード・ブルー」公開前イベントに出演。
プロフィール詳細はこちら

病院で教えるダイエットの方法、自宅でできる医学的に正しい肥満の解消法」への7件のフィードバック

  1. ポッキー

    こんにちは。
    ダイエット、とは違うかもしれませんが、私の経験談です。
    手術とリハビリでトータル4ヶ月入院した時です。
    朝昼晩と決まった時間に食事をとり、ほとんど間食のない生活。運動量は制限がありましたが、毎日のリハビリでそれなりに動いてました。なのに体重に変化はありませんでした。
    普段間食をしてる方だと思うので、その間食がないのに何故?と思うばかり。
    友達は3週間の入院で5キロ近く痩せたとか…
    管理された食事で、間食を辞めても痩せられなくて私にダイエットは無理?なんて思ってます。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ポッキーさん
      個人差があるので何とも言えませんが、入院中の短期間で自然に痩せられる人は、普段の摂取エネルギーがかなり多すぎる人だけですね。
      入院中というのは、消費エネルギーがかなり少なくなります。たとえリハビリをしていても、家事や買い物、仕事はしませんし、病室内でほとんどを過ごすからですね。
      また、入院中はむしろ体重を落とさないように栄養管理する必要があるため、摂取カロリーの制限はしません。
      短期間で痩せてしまうと健康上良くないためです。
      普段からものすごく食べ過ぎている人以外は、太りもしないし痩せもしない、というのが入院中は理想ですね。

      返信
  2. ポッキー

    そうですね、活動量は違いますね。
    人よりプラスαは余分に食べてる自覚があるので(友達にも言われます)その分食べない努力でダイエットに繋げることが出来れば、とは思いつつ、何かに手が出てしまいます。
    増えることもなく減ることもなくの入院生活、考えようによってはよかったのかな、と思うことにします。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ポッキーさん
      問題意識がある方は、その気になったら痩せられますよ。
      ポッキーさんが今もし体重が減らないとしたら、まだ本気を出していないだけでしょう笑
      入院中はそれがいいですよ、体重の変動は治療にも影響しますからね。

      返信
  3. ポッキー

    ダイエットの肝心なところですね。本気と根気、そして継続。
    意識を持って生活していかなくちゃ。
    ありがとうございます。励みにします。

    返信
  4. ピスタチオ

    最近ダイエットを始めたばかりで、ちょうど、医師によるダイエット解説は無いものか、と思っていたところでドンピシャな記事ありがとうございます。

    「夜間にたくさん食べてしまう」
    「買い物に行って必要以上の食べ物を買ってしまう」
    が食行動の異常、という言葉にドキッとしました。まさに私…

    歩いたり走ったりするとカロリー計算してくれるデバイスをつけ(どこまで正しいかわかりませんが)、スマホのアプリに摂取カロリーを入力すると、摂取カロリーマイナス消費カロリーが出てくるもので、これに合わせて毎日体重も計測して同じアプリで管理しています。

    記録すると、お菓子はやめよう、とか、エスカレーターやめよう、とか、自転車の代わりに歩こう、となるので、面白いものですね。

    早食いがメタボリックシンドロームと関連があると証明されているとは…これも、気をつけます。

    でも、ハンバーガーでもお菓子でも、なんの迷いもなく食べて食べて、全く太らなかった学生時代が懐かしいです。年取ると節制しなくては行けないのは少し残念です。

    単なる感想ですみません。

    ※コードブルーの全解説、ありがとうございました。大変ためになりました。

    返信
    1. けいゆう 投稿作成者

      ピスタチオさん
      ありがとうございます!お役に立てて良かったです。
      こういう記事は専門家であればほぼ誰でも書けますが、なぜかどこにもないので書きました。
      意外にかなり大勢見てくださっているので嬉しい限りです。
      スマホのアプリは良い手だと思います。私はアプリをきっちり調べていないので具体的に書けなかったのですが、今はノートより便利で良い方法かもしれません。
      おっしゃる通り記録するという行為自体が大切なようです。
      年齢とともにホルモンバランスや基礎代謝は変化しますから、同じ食生活でも太りやすくなるのはみなさんそうですね。
      そういう私も例外ではないので気をつけなくてはなりませんが・・・

      返信

Warning: Use of undefined constant ‘コメントはこちらから’ - assumed '‘コメントはこちらから’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/keiyouwhite/keiyouwhite.com/public_html/wp-content/themes/twelve-child/comments.php on line 67

‘コメントはこちらから’

全てのコメントにはお答えできませんが、ご了承下さい。

下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。