症状別チェックリスト最新版をrelease!

医療ドラマの「あのシーン」はウソかホントか?vol.3

人気の医療ドラマ「あるある」シリーズ

今回はシリーズ第3弾。

ドラマでよく見る「手術中のあのシーン」がリアルなのか、について分かりやすく解説しましょう。

今回は、

顔に血が飛ぶことはあるか?

手術中に作戦変更!は本当にあるのか?

大人数で手術を見学することはあるのか?

について解説します。

 

顔に血が飛ぶことはある?

医療ドラマの手術シーンでよく見るのは、血がピューッと吹き出して顔にかかり、手術室が大騒ぎになる、というものですね。

人気医療ドラマの定番「ドクターX」でも度々見るシーンです。

これは実際ありうるのでしょうか?

 

実は、実際の手術でも血液が顔に飛んでしまうことは時々あります

ただし、ドラマとの大きな違いは、血が飛んだとしてもたいてい「誰も慌てない」ということです。

 

私は消化器外科医なので、腹部の手術を多く行います。

お腹の中には細い血管がたくさんあるため、病巣を切除する時は、周囲の細い血管を糸でくくって切ったり、特殊な道具で焼きながら切断したりします

何もせずにブチっと切ってしまうと、大量に出血してしまうためです。

 

しかし、細かい血管は脂肪組織や血液などに紛れて見えにくいことがあり、手術中のふとした操作で傷ついてしまうことがあります

これが静脈ならじわっと血液が出るだけで済みますが、動脈だと細いものでも血が飛びます

静脈より動脈の方が、はるかに血圧が高いからです。

 

この飛んだ血液が顔やマスクにかかることがあるため、これから目を防御するため、外科医はアイシールドを付けるのが一般的です。

「誰も慌てない」と書いたのは、傷ついた血管をピンセットでつまんで電気メスで焼くなど、止血の手段はいくらでもあるからです。

(もちろん大きな血管を傷つけたケースはその限りではありませんが)

 

手術では、出血は少なければ少ないほどいいのですが、すぐに止められるようなわずかな出血であれば、ミステイクとは言えません

すぐに対処すれば問題なしです。

血が顔に飛んだからといって緊急事態とは限らない、ということですね。

 

逆に、「血が顔に飛ばなくても大出血で緊急事態」ということはあります。

例えば、お腹の中の太い静脈を傷つけるとかなりの勢いで出血しますが、動脈のように血圧が高くないため、周囲にじわじわと血液が広がるように血が出ます

多い時は、血液の水面がゆっくりと上がってくるような出血が起こります。

まさに、すぐに止血しないと命が危うい、かなりの緊急事態です。

顔に少しの血が飛んでいるくらいの方がまだ「マシ」とも言えます。

 

ドラマでは、出血したことがよく分かる描写と、これが緊急事態につながる、という分かりやすい筋書きが求められます

血液が飛ぶ描写が多いのは、それが理由ですね。

 

手術中に作戦変更!はありうる?

医療ドラマでは、手術中に何かとよく窮地に陥ります

そして、主人公がこの状況を打開するための新しい作戦を思い付く、というのが定番のストーリーですね。

さらには、この新たな作戦は主人公の頭の中にしかなく、テキパキと対応する主人公を前に周囲の外科医たちは、

「一体、何が起こっているか分からない!」

といった表情を見せることもよくあります。

これは実際にありうるのでしょうか?

 

まず、ほとんどの手術は予定通りに行われるので、「窮地に陥る」といったことはあまりありません。

ただし、もし困難な手術だと予想される時は、可能性として考えられる術式を複数用意しておくのが一般的です。

つまり、「AがあればBに変更する」といった作戦を事前に立てておく、ということです。

 

そしてこの作戦は、手術に参加する全医師と相談の上で術前に決定します

ここで「起こりうる事態を全て事前に予測しておく」ということが大切です。

近年は、CTやMRIなどの画像検査や、内視鏡検査の技術が進歩しているため、「術中に全く予想外のことが判明する」といったことはかなり少ないと言えます。

 

また、手術中の急な予定変更はないわけではありませんが、術者が一人でそれを敢行することはありません

一部の手術を除き、手術は一人ではできないからです。

少なくとも「前立ち」と呼ばれる、執刀医の前に立つ医師(第一助手とも呼びます)が手術の流れを把握していないと、手術は成り立ちません。

また、看護師を含め、手術に参加している「医師以外のスタッフ」もそうです。

予定を変更するなら、彼らにきっちりその意図を伝えなければなりません

 

術式が突如変わるなら、予定していた手術時間内に終われない可能性もあるでしょう。

「5時間予定で申し込んでいた手術が、予想外に8時間くらいになりそうだ」

となれば、麻酔科医にもきっちりその必要性を説明しなくてはなりません

その手術の後には別の手術が控えているでしょうし、麻酔科医のシフトを変更しなくてはならない場合もあるからです。

 

よって、もし執刀医が突然すばらしい作戦を思いついた、といったシチュエーションがあったなら、まず全員一度手を止めて、この是非について軽く議論することになるでしょう。

そして、参加者がこの流れを頭に入れたのち、ようやく手術再開とするはずです。

 

また、かなり大幅な作戦変更が必要な場合、「そのことを医療スタッフだけがわかっていればいい」というものではありません

当然、患者さんの家族の同意が必要です。

大幅な術式変更の時は、一旦主治医が手を下ろし、ガウンを脱いで手術室を出て、待合室で家族に面談します。

予定が変更になったこと

なぜ変更になったか、その理由

予定される手術時間

などを丁寧に説明し、同意を得ます。

全身麻酔手術中に、ご本人を起こして同意を取るわけにはいかないからです。

 

いくら理由が正当であっても、同意なしに予定外の治療はできません

もし同意を得ずに行なった医療行為で何か問題が起きた時、訴訟問題に発展する恐れもあります

予想外の事態が起こった時こそ、患者さんやご家族の十分な理解が必要になるのです。

広告

 

大人数で手術見学することはある?

医療ドラマでは、手術を大人数で見学するシーンがよくありますね。

以前の記事で、「手術室を2階から見下ろす窓は実在する」という話をしましたが、これは手術を行っている現場から遠すぎて、見学するには不便な仕組みです。

医療ドラマの手術と実際の手術とはどこが違うのか?

 

またドラマでは、窓の外から手術室の中を眺める、というシーンもあります。

私自身は、こういう大きな窓のついた手術室を見たことがありませんが、あったしても遠すぎて手術中の様子は見えないでしょう。

 

よって、「本当に手術の流れを理解したい、手術を見学したい」という場合は、直接手術室に入るのが一般的です。

そして、手術台の横に踏み台を置き、これに乗って上から見下ろすように手術を見学する、という形をとります。

手術台に乗った患者さんは外科医や看護師に囲まれているので、見学者が台に乗らない限り、手術の様子ははっきり見えません

 

ちなみに、ドラマのような「大人数での見学」は、高名な外科医の先生の手術であればあり得ます

時に、海外から複数の医師が手術見学に来ているケースもあります。

「〇〇先生の手術を見学するセミナー」といったものもあり、そうした際は大勢の医師が手術室に勉強に訪れます。

 

私が見学した手術でこれまで最多だったのは、一部屋に見学者が10人いたケースです。

この時は、全員が台に乗ってのぞくスペースはないので、術野の上にカメラをつけ、それを大きなモニターに映し出していました

 

また、腹腔鏡や胸腔鏡手術では、そもそも外科医たちもモニターを見ながら手術をしています

こういう手術の見学であれば、全見学者が手術室でモニターを見つめる、というスタイルになります。

 

「モニターを見るだけなら別室で見ればいいのでは?」

と思う方がいるかもしれませんね。

実は、それでは手術を学ぶには不十分です。

手術では、

「外科医がどんな風に指示を出しているか」

「看護師や他の外科医とどんな風にやりとりをしているか」

といったポイントを見る必要もあるからです。

こうした「手術全体のマネジメント」を学ばなければ、見学する意味はありません

内視鏡を使わない手術(開胸・開腹手術)であっても、遠隔モニターで手術の様子を別室で観察できる仕組みがありますが、「見学」という目的では不十分なのです。

 

今回はドラマでよく見る手術シーンについて解説してみました。

あながちどれも完全なフィクションではありませんが、「現実はちょっと違う」というのが答えです。

 

こちらもどうぞ!

医療ドラマの手術ではよく見るが実際にはあり得ないシーン

8 Comments

尾上

けいゆう先生、お疲れ様です。
アップ、ありがとうございます。

心臓外科のオペでは、血液が顔面に飛ぶことは日常茶飯事といってもいいくらいです。
廃棄するガウンのほとんどに上から下まで血液が付着しています。
特に、ERでするオペは99.9%ですね。

心タンポナーデの時は、あまり顔面には飛びません。
どちらかというと、横に散らばるという感じです。
これは、早急に止血しないと死に至るケースです。

ゆくゆく、ブログを公開しようと思っているので、是非読んでください!

返信する
武矢けいゆう

やはりそうなんですね。心臓外科の先生方は私たち以上にシビアな出血リスクと戦ってらっしゃいますよね。
私が心臓外科に短期間研修した時は、「消化器と心臓は全然違うんだ」と説明された覚えがあります。
同じ外科とはいえ術中のシチュエーションは随分違いますし、心臓外科がテーマのドラマ解説ではいつも「消化器外科では」と断りを入れて書くようにしています笑
先生のブログ楽しみですね!勉強させていただきたいです。よろしくお願いします。

返信する
武矢けいゆう

ありがとうございます!
拝見しました、すてきなブログです!
お忙しいと思いますがご無理のない範囲で、更新楽しみにしております。

返信する
ヒグマ

いつも、楽しく読ませていただいています。

医療ドラマのカンファレンスのシーンで、CTやMRIの画像がプロジェクタ等で映し出されて、
「患者は50才男性、胆管がんで肝臓にも浸潤・・・」みたいなセリフで説明しますが、
映っている画像は本当に腫瘍が映されているのでしょうか?
消化器外科の専門医のけいゆう先生から見て、ドラマで使用している画像はリアルですか?
ドラマですので、スタッフの誰かがCT等を受けてきて、同じ画像をいろんなドラマで
使いまわしているのではないかと思っています。
また、イスに座ったままああでもないこうでもないと議論するものですか?
2階から手術の内容が見えないように、画像の前に集まって議論するのではありませんか。
(大門先生のように)
宜しくお願いいたします。

返信する
武矢けいゆう

画像は、ストーリーに合う本物が使用されている時と、そうでない時があります。
後者の方が多いですね。そう都合よく画像が手に入るわけではないからでしょう。
「使い回し」はありえるでしょうね。
カンファレンスは、そもそもドラマのようにあんなに大勢で行うことはなく、大きな病院でもせいぜい多くて10人くらいですし、小さな部屋で画面を写してやることが多いので、座ったまま余裕で見えます。なぜかドラマでは大人数でやりますけどね笑

返信する
トラッキー

けいゆう先生、更新お疲れ様です。

唐沢寿明さんが主演の「白い巨塔」の話なんですが、財前教授が肺がんで手術することになったときに、いざ開胸してみたら播種で手の施しようがなく閉胸することになったと思うんですが、実際にあるケースなんでしょうか?

あの当時(2003年だったかな?)と今とでは検査の精度も上がっているかとは思うんですが播種はやはり見つけにくいものなんでしょうか?

返信する
武矢けいゆう

残念ながら今でも実際にあります。
確かに検査の精度は上がっているので、お腹を開けて始めて播種が見つかるというケースは減っているものの、数mm程度の腫瘍は画像検査での検出が難しく、また術前の画像検査は手術から数週間は前になることが多いので、その間に腫瘍が現れるという可能性もありますね。
年間1000を超える悪性腫瘍の手術をしていて、せいぜい年に数件といったところだと思いますが…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です