医療ドラマでよく見る、実際には「ありえない」シーン

このブログでは定番ですが、今回も医療ドラマに少し突っ込んでみたいと思います。

「医療ドラマではよく見るのに実際にはありえないシーン」を3つ、紹介してみます。

いずれも「確かに見るなぁ」と思うものばかりだと思います。

 

外科医のポーズの謎

医療ドラマの手術シーンで必ず見る、外科医の謎のポーズがあります。

両腕の胸の前にビシッとあげて手のひらを内側に向けているポーズです。

最近はあまり見なくなりましたが、昔の医療ドラマではよく見ました。

あれは「何か変」です。

あの仕草の目的がわかれば、あんな風に「ビシッ」とやる必要は実はないことがわかります。

 

確かに外科医は、手洗いをした後は、肘を曲げてお腹の前あたりに両手を浮遊させておきます

普段通り両手を下ろしてぶらぶらしていると、清潔でないものに触れてしまう恐れがあるからです。

そのため、どこにも手が当たらないよう体の前に出しておくわけです。

清潔を維持できれば良いだけなので、ビシっと手を伸ばす必要はありません

 

逆にみなさんが、両手がドロドロに汚れている時に、歩きながら自分の服を汚したくなかったらどうしますか?

お腹の前あたりに出してふわふわさせておこうと思うでしょう。

それと同じポーズです。

 

これは滅菌手袋をした後も同じです。

手袋をした後は、腕組みをしておくことも多いです。

着ているガウンは清潔なので、腕組みをしたりお腹や胸を触っても構わないからです。

むしろふわふわさせているよりは、触れても良い清潔な場所に手を密着させている方が安全なこともあります

逆に手のひらを内側に向けて前に出していると、顔に当たりそうで危ないこともあります。

マスクや帽子は清潔ではないですからね(手を洗う前に装着するので顔は清潔ではありません)。

 

ちなみに私たちは、この「清潔ではない」部分のことを「不潔」と呼び、「清潔」と区別します。

「不潔」というと一般的には「汚い」イメージがある言葉ですが、医療現場では「清潔でない」「滅菌されていない」という意味です。

医療現場では「ばい菌が全くいない」高度な清潔さを要求される場面が多いので、「ここは清潔か?不潔か?」を常に私たちは意識して動きます。

 

屋上でトーク

医療ドラマに限らないのかもしれませんが、ドラマの中の人たちは妙に屋上を愛用します。

最近では、A LIFEやコードブルー、コウノドリ、ドクターXのいずれでも屋上シーンはありましたね。

病院によるのかもしれませんが、少なくとも私がこれまで務めた病院で屋上に出られる病院はありませんでした

大きな病院だと、屋上はヘリポートになっているところが多いので出られません。

まして小さな病院だと、狭い屋上が憩いの場所にはなり得ない気がします。

 

屋上だけでなく、病院の庭のようなところのベンチや、院内のカフェスペース等で医師同士や看護師などがトークする場面もよく見ますね。

これも実際にはないと思います。

やはり、白衣や医療用ユニフォームを着て、患者さんがたくさん通るようなところでくつろぐのはかなり抵抗があるからです。

コードブルーの過去のシリーズでは、病棟の自動販売機の前のソファで医師同士がゆったり語るシーンがよくありました。

入院患者さんや外来患者さんから見て、ソファで医師たちがペチャクチャ楽しそうにしゃべっている姿は決して気持ちの良いものではないでしょう

 

では日中のゆっくりしたい休憩時間はどうするのでしょうか?

医師は医局(職員室)に自分のデスクがあるので、そこでゆっくりします。

看護師など他の職種の人は個人用のデスクがない方が多いので、それぞれの部署の休憩室でゆっくりします。

コウノドリでよく見る、ナースステーションの裏側(?)の休憩室で医師や助産師らが話しているシーンは、「医師が看護師用の休憩室に入らせてもらっているのかな?」という印象を受けます。

医師が病棟の休憩室やスタッフ室に出入りすることは普通はないからです。

もちろん医師と看護師が共用する休憩室が病棟にある病院も、中にはあるのかもしれませんが・・・(私は見たことがないですが)。

いずれにしても、やはりのんびりするのは患者さんの目につかないところで、というのが基本だと思います。

広告

 

みんなでランチ

医療ドラマでは、医師や看護師たちがみんなで病院の食堂や休憩室で一緒にご飯を食べたりするシーンがよくありますね。

これも、全くないことはないですが、ほとんどありません。

科によりますが、多くの医師は普段それぞれが独立して動いているので、休憩のタイミングが一致することがなかなかありません

外来に出ている医師は昼ご飯を食べる暇がないか、あっても合間でサッと食べることが多いです。

手術に一緒に入っているメンバーでも、終わった後はそれぞれの仕事があるので、一緒にご飯、となることもあまりありません。

 

たとえば手術を担当した医師のうち、主治医は手術が終わって患者さんの麻酔が覚めたあと病室まで一緒に送ります。

さらに術後の指示等の管理があり、すぐにご飯を食べるわけにはいきません

しかし助手の医師は、手術が終われば患者さんがまだ麻酔がかかっている段階でも一足先に手術室を出ます

そのまま食事にいくケースもあるでしょうし、手術中に別の担当患者さんが病棟で何か変化を起こしていれば手術後すぐに自分の仕事を始める必要があります。

チーム医療とはいえそれぞれが別の患者さんを担当していますから、仕事内容もペースもバラバラということです。

 

一方看護師は、そのシフトで同時に全員が休憩に入ると病棟や外来が空っぽになってしまうので、休憩のタイミングをずらして取っています。

グループで交互に休憩する、というパターンなら少人数で同時に食べることもあるかもしれませんが、一人で食堂で食べている看護師もよく見ます。

これも部署によるかもしれませんが・・・。

 

いずれにしても、医師と看護師など他職種だと、まして休憩のタイミングは合わないでしょう。

またコードブルーような救急部だと特に、複数の医師がまとめて同時に不在になるわけにはいかないので、「みんなで一緒にランチ」はできません。


というわけで今回は、医療ドラマでよく見る現実的でない3つのシーンを挙げてみました。

これからもみなさんからの、

「これよく見るけれど本当ですか?」

のコメントお待ちしています。

24 Comments

DUKEFREAD

武矢先生 こんばんは。
毎回興味深く読ませていただいています。

ドラマでは、CT・MRIのモニター室で担当医が難しい顔で画面を見て異状を発見し「これって…」とかの場面をよく見ます。私は頸椎ヘルニア2回・中咽頭がん1回の手術・入院の経験がありますので10回以上は検査を受けたのですが、技師の方以外の人を見たことがないんですけど。

CTもMRIも検査に入ってしまえば周りの状況は確認できないのでもしかしたらトンネルに入っている間に担当医の方が来られていたのかもしれませんが、検査は基本検査技師が担当するという記事を先生の記事で読んだ記憶があるのですが、救急の場合は違うのでしょうか。

あと、医師や看護師が身につけている、100円ライター位の形状の名前が記入してあるプラスチックのクリップみたいなのは何なんでしょうか。
入院中に仲良くなったナース一年生の娘に聞いてみたんですが「なんかようわからん」という直球の返答でした。

素人なりの推察ですが、レントゲンとかCTの放射線被曝量のチェックメーターなのかしら?

お手すきの時で結構ですのでおっさんの疑問を解消していただければこの上ない幸せです。

追記:緋山と緒方のくだりはどれもこれも【どないなっとんねんこの病院は】なエピソードの乱れ撃ちでしたね。

返信する
keiyou

DUKEFREADさん
おっしゃる通りで、普段の検査で担当医が検査室まで出向くということはないです。
結果は電子カルテを使って画像で見られますしね。
DUKEFREADさんが技師さんしか見たことないのは普通です。
ただ、緊急の場合は急いで結果を確認する必要があるので、直接見に行くことはあります。
コードブルーではだいたい緊急検査なので、見に行く方が普通ですね。

「なんかようわからん」とは笑
ご推察の通りです。職員の放射線被曝量を1ヶ月ごとに集計しています。
1ヶ月ごとに交換するんです。

緋山&緒方さんのシーン、嫌いじゃないんですけどね、ちょっと「なんでやねん」感が強かったですね笑

返信する
DUKEFREAD

武矢先生
ご回答ありがとうございます。
疑問が解消されてスッキリです。

私の住んでいる地域では夕方のドラマ再放送枠で医龍とドクターXが同時刻に放映されているのですが、医療という同じ題材を扱ったドラマなのに何から何までまるで正反対の描き方ですね。被って出演している岸部一徳と内田有紀のキャラも全く別物で興味深くザッピングして観てます。

好みとしては断然医龍ですね。
コメディータッチのドクターXも嫌いじゃないですが、医師の真摯さをグイグイ前面に押し出したシリアス系の医龍の方が私の嗜好には合っています。コードブルー寄りだからかな。

また頓珍漢ななぜなぜで先生にはご迷惑をおかけすると存じますが見捨てずにお付き合い頂ければ嬉しい限りです。

クリップの件、ピタリ賞でしたね。ガッツポーズしております。
ご褒美に何か下さいかっこわらいかっことじる。

返信する
keiyou

DUKEFREADさん
私も同感です。
というかドクターXが異質なように思います。
病気や患者さんまでネタにしてコメディタッチで医療を描くという、結構リスキーというかタブー視されやすい部分にあえて突っ込んでいったのが新しいんじゃないでしょうかね。
私も嫌いではないですが、全然面白くないと思う人も多くいるようですし・・・
ピタリ賞、素晴らしい洞察力です。が、何も出ませんよ笑

返信する
DUKEFREAD

そうそう、言い忘れてました。

前回のレスポンスで先生は私のコトを敬称略で呼んで下さりましたよね。
何だか嬉しくて先生の事をKeyって呼んじゃおうかなぁなんて浮かれ気分なrock ‘n’ rollなおっさんです。

失敬

返信する
keiyou

DUKEFREADさん
大変失礼しました!
ケアレスミスです。
怒っておられないようなので安心しました笑
すぐ修正しておきます。

返信する
DUKEFREAD

ミスだったのですか…。
私は先生のご好意ゆえだと有頂天になっていたのですが…。
これで私が先生に「やあKey!元気かい」と呼びかける機会は完全に失われました。
マンモス悲P。

返信する
keiyou

DUKEFREADさん
わざとやってたら失礼すぎる医者でしょう笑
まあコメントが「やあkey!」で始まっていたら、ブログシステムが自動でスパム認定するかもしれませんので、安心です笑

返信する
ねお

色々なドラマで見かけるのですが、外出先で倒れた人に、気胸だと言ってボールペン等の筒上の物を刺すシーンを見かけるのですが、心臓マッサージや止血なら分かりますが、外科的な事までするのですか?
また、頭(脳)の手術をする際は髪の毛は剃ったりしないのですか?
コードブルーではドリルで穴を開けるシーンで髪の毛絡まないのか心配になります(笑)

返信する
keiyou

ねおさん
ありますね、医龍でもありましたね。
医師が現場に出るケースでは、胸腔ドレーン(胸に入れる管)を持って出ているので、気胸であればそれを入れます(緊張性気胸であれば)。
さすがに手元にこういう専用のチューブがないときに、手持ちのボールペンで、という人は実際にはいないんじゃないかなと思います。
胸の筋肉は厚いですし、胸膜も分厚いのでそんな簡単に貫かないと思いますしね。

もちろん髪の毛剃りますよ!
屋外なのでそのままやってるんですね。髪の毛からむと思いますよ笑

返信する
ドラママニア

あくまでもドラマですから。
現実と比べられても……。
少しくらい現実にないことがあるのがドラマです。

返信する
keiyou

ドラママニアさん
もちろんそれを承知の上でみなさんのご質問にお答えしてるんですよ笑

返信する
りこ

こんばんは。
私がドラマで気になるのは、女性医師のアクセサリーですね。
以前大きな病院の外来で皮膚科にかかり、女性の先生だった事があるのですが、ピアスをしていました。科にもよるのでしょうが気になります。
それから医師の白衣ですね。ドラマでは殆どの医師がボタンを開けていますね。
コードブルーはスクラブなので見かけませんでしたが

返信する
keiyou

りこさん
アクセサリー、ドラマでは結構多いですよね。
実際でもしている人はそれなりにいます。
やはり患者さんは気にされるものでしょうか?
白衣は、実際でも前は開けている人が多いように思います。
大体救急に限らず、スクラブの上に白衣か、シャツなどの上に白衣が多いですが、前を閉じている人は少ないように思います。
これも、閉じた方が良い、と考える患者さんは多いのでしょうか?私の方が聞いてみたいところです。
またアンケートでもとってみたいですね。

返信する
ソセゴン

ずっと聞こうと思っていたのですが、コウノドリで(1期から)、NICUでマスクをしてないのがとても気になります。病院ですから、どの場面でも感染管理は必要だと思うんですけど、免疫的に赤ちゃんはやばいのでは?と気になってしまいます。

返信する
keiyou

ソセゴンさん
おっしゃる通り、NICUでマスクなしは、もう論外でしょう。
NICUに限らず、重症患者さんの診察時はマスクは必須です。
ドラマでしていないのは、コードブルーと同じで俳優さんの顔が隠れると良くないから、という配慮でしょうね。

返信する
りこ

そうでしたか。外来診察の際はアクセサリーを付けている方がおしゃれをしていて好感を持てるのですが、病棟では術後の先生もいるためか、つけて居る方がいなかったので、きっと手術の際に外しているからかもしれませんね。
ドラマでは、コードブルーの戸田恵梨香さんがピアスをいつもしていて、落ちたりしないのかなーと。思っていました。
服装については病院で規則などあるのですか?
結婚指輪などは実際どうですか?

返信する
keiyou

りこさん
私は手術の時にはずすと必ずなくすので、結婚指輪もしないです。
外科系の医師はそういう人は多いかもしれないですね。
緋山はオシャレ系、白石は地味でおとなしい系、というキャラの対比ですよね。
実際手術をしないといけないような医師なら、ピアスもしないでしょう。
服装やアクセサリーに関して、病院での規則は全くありません。
看護師に対しては、規則はなくても厳しく指導されています。
医師にも厳しく指導すべきと私は思うのですが、実際は結構甘いですね。

返信する
MITA

こんにちは
なんでやねん記事、面白かったです。

コードブルー3薬物中毒の回で、匂いが判断材料になってましたが、柔軟剤の香りは診察に影響ありますか? マニキュアや香水はNGとかは聞きますが、最近柔軟剤も強烈ですよね。

返信する
keiyou

MITAさん
私は柔軟剤の匂いは気になったことがないですね〜
マニキュアをしている人は確かに見たことがないですが香水は時々います。
匂いが診察に影響する、ということはほとんどないんですが(ドラマのように匂いが決め手!というようなことはほとんどありませんので)、匂いが強いと、体調の悪い患者さんが気分が悪くなったり、何かと悪影響だと思いますので、私は香水は反対です。

返信する
TOM

白衣の前は開けてるお医者さんも多いんですね。
私は実験系の職場なので白衣を着る機会は多いのですが、先輩や上司に「白衣のボタンはしっかりかけろ。白衣の意味がないだろう。第一、機械なんかに絡んだら危ないだろう」とさんざん注意されました。
同じ医療者でも技師や病理の先生なんかはきちっと止めてらっしゃるのかな?

返信する
keiyou

TOMさん
コメントありがとうございます!
おっしゃる通り、本来白衣はそういう風に着るためのものだと思います。
実際私も、癌の研究に携わっているので実験も行いますが、そのとき着る白衣は手首に絞りがありますし、前も止めて着ています。
しかし臨床では、技師さんも病理の先生でも前を止めている人はあまりいないと思いますね。患者さんと会わない科の医師ですので白衣を着ない人も多いと思います。
そもそも臨床の現場では、処置のたびに白衣の脱ぎ着が面倒ですし、そもそもしゃがむと裾が床につきますし、何日かに1回しか洗わない白衣は不潔で、白衣自体の必要性が疑問視されています。
白衣なしで、医師は全員スクラブスーツというところも今は多いですね。
医療ドラマでも、コードブルーやコウノドリではそうしています。
私もそちらの方が合理的だと思っていて、白衣はもはや形骸化していると思います。

返信する
TOM

なるほど実験着としての白衣は他者の汚染を防ぐより自分の服なんかを汚さないことが目的ですからね。割烹着で話題になった人もいましたけど、あれでも用が足りるといえば足りますね。
医療現場では白衣は実用品というよりファッションアイテムあるいは制服のような感覚になってるんでしょうね。
そういえば、海外で暮らしてたこともあるのですが、そのときのお医者さんで白衣を着ていた人を見た記憶はないですね。白衣も日本独特の習慣だったりするんですかね

返信する
keiyou

TOMさん
おっしゃる通り「ファッションアイテム」という言葉はある意味正解だと思います。
ただ日本ではやはり古い考えの人が多く、特に高齢の患者さんなどは、白衣を着ている方が安心する、という方もいるので、そう単純でもなかったりします。
その点、米国は合理的でしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です