新年度開始1ヶ月、新人看護師に向けて送るメッセージ

私はこれまで大規模な急性期病院にいくつか勤務していますが、とにかく新卒看護師の離職率が高いのが悩みでした。

たとえば、オペ室の1年目看護師7人が1年以内に全員辞めた、という事態が起こっても、驚かなくなっていました。

臨床の現場は最初は辛いので、それに滅入ってしまう人がいるのは当然のことです。

私は1年目看護師には、

「辛くない?大丈夫?」

「今はしんどいと思うけど、じきに慣れてくるから」

というように、積極的に声をかけるようにしています。

「医者が何を知ったような口をきいて」と思われているかもしれませんが、私はシステム改善に手を下せないような「ヒラ」なので、このくらいしかできることはありません。

 

4月の初旬には、「ようこそ、臨床の世界へ。医師・看護師1年目に伝えたいこと。」という記事を書きました。

約1ヶ月経ったので、今回は辛くて苦しい1年目勤務をこなす看護師さんにもう少し踏み込んだメッセージを書きます。

もし辞めたくなったらぜひ読み返してください。

 

新しい環境は辛いもの

新社会人のあなたにとっては、初めての臨床現場は辛いことだらけだと思います。

何もかもが慣れない環境で、仕事をてきぱきこなす先輩を見て、無力感を覚えることもあるでしょう。

先輩から毎日のように叱られ、理不尽な要求をされ、何のためにここにいるのか、疑問に思うこともあるでしょう。

いっそ仕事をやめてしまいたい。

そういう気持ちになるかもしれません。

 

これが「お金を稼ぐ」ということの重さです。

生きて行くためにお金を稼ぎたいなら、戦場から逃げても、どうせ次にたどり着くのは別の戦場です

どこかに楽園などありません。

それなら、楽園を探してもがくより、今の戦場に耐性を身に付ける方を優先しましょう

先輩は楽しそうに生き生きと仕事をしているように見えるかもしれませんが、彼、彼女らもまたビギナーの時があったのです。

先輩たちが自分より才能があるのではありません。

ただ「仕事に耐性がついているだけ」です。

そしてそれは難しいことではありません。

大部分は時間が解決してくれるからです。

 

いつも好きでいられる仕事などない

「今の仕事を辞めたら、何か他の好きなことで稼げるかもしれない」

そう思う人がいるかもしれません。

好きなことで稼いでいる(ように見える)人たちを見れば、好きになれない仕事で踏ん張っている自分が惨めに見えるかもしれません。

 

しかし、自分の仕事のことを「いつも好き」な人などいません

自分の仕事を好きなときもあれば、なかなか好きになれないときもある。

自分に向いていると思う時もあれば、「自分はこの仕事向いていないな」と悩む時もある。

そんな自分と折り合いをつけながら、それでも続けていくのが「労働」であり、「お金を稼ぐ」ということです

 

「私は好きなことで稼いでるよ!」

と言う人は輝いて見えますね。

しかしこれは、「今、私は仕事が好きなフェーズにいるよ」という意味です。

彼、彼女にとっては、決して楽な時ばかりではないし、「この仕事、本当に辛い、好きじゃない」というフェーズの時もあります

しかしそういう時にその人から「私の仕事は本当に辛い!」という言葉は漏れ聞こえてきません。

「なんとかこの局面を打開したい」と思っている時に、自分のモチベーションを後退させるようなセリフを吐きたくないからです。

 

仕事を好きかどうかはどうでもいい

労働は、それが社会に対してどんな価値を生み出したかによって評価されます。

そして、生み出した価値の大きさによって金銭的な対価が決まります。

あなたの仕事が社会から評価されるとき、「あなたがその仕事を好きかどうか」は評価の対象ではありません

一生懸命やっている仕事が仮に「好きじゃないな」と思っても、それはただの個人的な感想です。

興味があるのは、「あなたが労働によって生み出した価値がいかほどか」だけです。

お金をもらって仕事をしているなら、必ずその分の価値が社会に生み出されています

ひとまず今は「好きか好きでないか」とは切り離して考えてみてください。

 

社会人になって約1ヶ月。

辛いことばかりでしょう。

来月も再来月も、1年後もたぶん辛いですよ

でも、そこを超えると、一気に楽しくなってきますから。

ともに頑張りましょう。

19 Comments

りこ

おはようございます。
先生のおっしゃるとおりですね。
どんな仕事でも、やり甲斐や楽しさというのは、慣れてから自分自身で見いだすもの。だと思っています。職場から与えられる物ではありません。

ですから、時間が必要となり、仕事覚えるまでは社会人としての訓練の場であるのかな。と
辛いときには、例え理不尽な事を言っていたり、感情的になっている相手であっても、まだ職場の即戦力にはなっていない自分の為に、時間を割いて教育してくださる方の事を考えてみる必要があると思います。

返信する
けいゆう

りこさん
そうですよね、最近は、仕事を始める前から「好きかどうか」「自分に向いているかどうか」を考える人が多いと思うんですが、やってみないと分かりませんからね。
おっしゃる通り労働は最初は訓練であり、理不尽でしんどいものです。これが当たり前、と思う方が楽かなと思って書きました。

返信する
ぞーさん

若手消化器外科医です。
いつもブログ楽しく拝見させていただいています。
どの職業でも一年目はつらい時期ですよね。
オペ室の看護師さんは特に複数の外科医の指示と外回りとの連携をしないといけないので僕には到底できそうにないです。また外科医から(特に年配の頑固な方)怒鳴られることもおおくストレスの多い部署だと思います。
オペ室の看護師さんは本当に尊敬します。

返信する
けいゆう

ぞーさん先生
ありがとうございます!
そうなんです、私たちもそうですよね。
ストレスの多い職場でこれから頑張ろうという看護師さんが多い中で、自分の病院以外の人たちにもメッセージを伝えたいという思いで書いてみました。

返信する
どらみ

読んでいて感動します。
文章に惹きつけられてしまいます!
看護師さんだけではなく、すべての仕事に通じることですね^^

コメントもいろいろあり、読むだけでも大変だと感じるところを
けいゆう先生は丁寧に返信されていて、感心していました。

これだけ人気のあるブログになってくると、ひとつひとつのコメントに返信するのは大変ですよね。
確かに、読者は記事だけを読むことが多く、コメント欄を下まで全部読む人はあまりいませんものね。
そんな時に、貴重なコメントが埋もれてしまうのは惜しいです。

そういう意味でも、積極的に記事に取り入れる形でコメントを活用されるのは、読者にとっても、けいゆう先生にとっても、大変有益ではないのかなと感じます。

これからも画面の向こうで応援しています!
記事の更新頑張ってください!楽しみにしています!

返信する
けいゆう

どらみさん
そう言っていただいて嬉しいです!
おっしゃる通り、どんな仕事でも同じですよね。
こう言うと偏見に聞こえるかもしれませんが、看護師は国家資格なので、辛い現場をやめてもパートでフリーでやっていけるため、やや離職へのハードルは低いと感じます。
でも真に楽な職場なんてないので、別の戦場とあえて書いてみました。

コメントについてはおっしゃる通りで、コメント欄までぜひ読んでほしいという思いがあって丁寧に返信するので、逆に、読者の方々のための取捨選択は必要だなぁと思って、仰々しいと思いながらも記事でお知らせしたんです。

返信する
かなちゃん

日本看護協会で毎年 看護師の離職率が発表され、新人看護師は約7%くらい 新人以外の看護師は 10%以上と 経験者の方が離職率はいつも高いです
でもオペ室新人ナースは 看護学生時代に機械出し実習とかもないまま 手術室勤務に配属されて もしオペ室勤務希望じゃなかったら 本当に毎日つらいだろうな・・って不憫に思います 外科は苦手〜っていう人けっこう多いですもんね(笑) 失敗したら自分には向かない! 無理!って思って 辞めたい!って考えちゃいますもんね でも慣れてしまえば そのドクターや診療科独自の暗黙のルールも把握できて おもしろくなって 信頼関係も強くなるんですけどね (^^)
新人が7人全員退職なんて 看護師長はあせったでしょうね〜(・・;) ドクターが新人ナースばかりに優しく声かけするのも 女の世界では混乱を招くので 上手にfollowなさってくださいね(笑)
4年間のオペ室勤務 懐かしく思い出しました
ドクターの手袋サイズとか よく覚えました(笑)

返信する
けいゆう

かなちゃんさん
新卒社会人の離職率って10-30%程度らしいので、そもそも看護師の離職率自体が他と比べて決して高いわけじゃないんですよね。
なので、この文章は看護師向け、と書いて実は全社会人に向けて自分の思いを書いています(全社会人向けと大っぴらに医師が書くと、大して離職率が高いわけでもないのに医療職と他の仕事と一緒にするな、と必ず反感を買うので)。
手袋のサイズとか、覚えてくれてるとすごく嬉しいですよね。なので、私たちも少なくとも名前は必ず早いうちに覚えて名前で呼ぶようにします。
看護師さんは「先生」と呼べるから便利だなと思いますが笑
新人ばかりに優しくするのはアウトです、おっしゃる通り、仕事が辛いのは新人だけではないし、男女関係を色々と邪推する人もいるでしょうから、新人看護師さんがいじめられる原因を自分が作っていることになります。しかもこのご時世、馴れ馴れしく話しかけること自体がセクハラとも取られかねないので、とにかくかなり気を遣いますね。

返信する
かなちゃん

さすが よくわかってらっしゃる(^^)(笑)
新人を熱心に指導している師長・主任や先輩看護師さんのことも よろしくおねがいしますね(^^)
ドクターと以心伝心で会話できるナースに 新人看護師は憧れます(^^) そして あの先輩のようになりたい!と頑張るモチベーションにつながります(^^)
ほめ殺しって 言葉は乱暴ですが かなり効果がありますよ♬ やる気スイッチが入りやすいです(^^) 看護部教育委員会リーダーを長く勤めたかなちゃんより(^^)

返信する
けいゆう

かなちゃんさんは、これまでの豊富な経験から、そのあたりのことは知り尽くしてらっしゃいますよね。
ほめ殺しは有効なんですね笑 これからも新人だけでなく、指導者の方々も含めコミュニケーションを大切にしていきたいです。
やはり私が一番大切にしているのはそこですので・・・。

返信する
りこ

先生お返事ありがとうございます。
先生の今回ようなブログは職種は違いますが、職場でとても役立つので、毎回コメント欄まで全て読みます。
特に医療関係者の方からのコメントは、知らないことを知る機会でもあり、とても楽しみです!

引き続き、ブラックペアン楽しみにしています!

返信する
けいゆう

りこさん
ありがとうございます!
時々こんな記事も書いていきますね。誰かの役にたつかもしれないので。
ほとんど思いつきですが・・・。

返信する
きんもくせい

けいゆう先生

私事ですが、この4月から昇進し、バタバタな1ヶ月を過ごしました。
勤務先は春から夏がピークで、9時から22時まで仕事をしたこともありました。
新人さんも2人所属になったので、常に何かを説明している日々でした。

先生の記事「ようこそ、臨床の世界へ」「新年度開始1ヶ月」は、春にピッタリでしたね。
皆さんのコメントも、ウンウンうなづきながら読みました。
医療者の方々はもっと大変でしょうし、比べるのもおこがましいですが、私にも当てはまるメッセージでしたので嬉しかったです。
先生のメッセージをかみくだき、がんばっていきます。

今日もこれから仕事です。
GW中も1日しか休めませんが、がんばります!

返信する
けいゆう

きんもくせいさん
GW中も1日しか休めないとは大変ですね!
私の文章が少しでも役に立てたら嬉しいです。
医療者は大変ですが、医療者だけが大変、というわけでもないですし、あらゆる人にメッセージを届けるつもりで書きました。
一般受けはしませんが、響く人に響けばOKです。

返信する
林檎

けいゆう先生、私はこれまで「好きなことを仕事にできた人はいいなぁ」と羨む気持ちを抱くことが何度もありました。

実は、特に羨ましいと思っていたのが「看護師さん」だったんです。なぜなら、全国各地の自分がすぎな県に住んでいつでもお仕事ができるし、別に日本に留まらず世界で関連したお仕事ができるし…と思っていたからです。

でも、けいゆう先生のブログを読んで、胸につかえていた物がポロリと取れた気持ちになれました。

私も早く体調を整えて、お仕事に戻りたいと思いました。

コメントされていらっしゃる皆さんのお話も、たくさん頷きながら読みました。(すごく勉強になりました。)

けいゆう先生のブログを読んでいると、「なりたい自分をイメージして、自分でそのステップを1つずつクリアしていくこと」が、人生のどの時点からでもできるんだなと気付かされます。

私も小さな一歩でも少しずつ前に進んでいきたいです。

返信する
けいゆう

林檎さん
そうなんですね、確かに病院は全国各地にありますし、国家資格なので色々なところで仕事ができます。
現に私の妻が看護師を選んだのも似た動機でしたね。
偉そうなことを書いていますが、まあ労働は基本的人権で定められた私たち国民の義務なので笑、もう楽しい、好きにこだわる前にとりあえず働きましょう、って話にもなります。
ある意味そう考える方が楽なんじゃないかと思いますね。

返信する
賢二

  けいゆう先生、いつもつらいことがあったときこの記事を読み返しています。
理不尽な言葉、パワハラがあり、「なんでここにいるんだろう」「辞めたいな」と何度も思いました。
 仕事に慣れ、即戦力になるまで頑張ろうと勤めていました。金を稼ぐことの重み大変さを感じました。
 向いていないし、もともとなりたい仕事ではなかったし、ただ弱っていくだけで何にもできない利用者さんを見ているのがつらかった。(ホントは介護福祉士ではなく、看護師になりたかった。看護大中退W)温めないまま浣腸を実施していたり、安楽とは言えないポジショニングなど色々沢山これおかしいかもと感じることがありました。人手が足りないため、口腔ケアを行わず含漱のみだったり、シーツ交換もあまりしないし、感染対策も甘いため、疥癬が1年に必ずはやります。
 もっと正しい知識が欲しい・・・。そしたら何か違うかもしれない、と毎回思います。
 話は変わりますが、いつもイライラしていて、思い通りにならないと怒り、メモ通りの手順ではないと行動できない。予定が変わったら、途端に不機嫌になってしまう。どこまで進んだのか報告しないで、自分のペースで仕事をする。他の人がやっている仕事を急に取り上げてしまう。待てないし、人の間を縫うように歩く。2時間以上居眠りをしているなど、とても気難しい人がいます。
 どこの職場でも気難しい人、苦手な人がいると思うのですが先生はどう対応してましたか?
答えずらい質問かもしれませんが、回答お願いします。

返信する
けいゆう

そういう人はどこの職場にもいますよね。
私がこれまでとった対策の一つに、年齢の近い数人でトップに言いに行く、という手法がありました。
事前に数人で会議をして問題点をA4数枚にまとめ、これを元に説明しました。
これでトップから注意が入ったケースと、黙殺されたケースがありました。
結局はトップの責任ですから。
黙殺されたら下っ端にできることはもうありませんが、その人の問題点を明らかにできたことで自分たちの成長に繋がったのは間違いないので、プラスに捉えています。

返信する
賢二

お忙しい中、回答ありがとうございます。2人で行動することが多いので、もう限界でした。
前にいた人は1週間で辞めていったそうです。仕事上の事を伝えなかったり、私が幹事だと嘘をついたりし仕事に支障がでていました。なぜか、コーヒーを入れただけなのに激怒されたことがあります。対応中で手が離せないのに、「ちょっと来い」といきなり手をつかんで、給湯室に連れて行かれ、「私がコーヒー入れるっていったでしょ。」とものすごい剣幕で怒られました。床にはキレた後なのか、コーヒーフィルターが散乱していました(笑)なんでも自分のメモ通りの手順じゃないと、ダメなので、気を遣いながらが大変でした。問題点をまとめて上司に報告できるように頑張ります!ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です