医師がよく使うのに患者さんには理解されない業界用語集

患者さんに病状について説明する際は、なるべく専門用語を使わず、わかりやすい言葉を使わなくてはなりません。

しかし私たちは知らず知らずのうちに、医療者にしか分からない業界用語や専門用語を使ってしまうことがよくあります。

他の医師が病状説明しているのを横で聞いていて、

「その言葉では伝わらないのでは・・・?」

と思うことはよくあるし、私自身も無意識のうちに業界用語を使ってしまうことがあります。

今回は私が思う、「医師や看護師がよく使うが患者さんには意味が伝わりにくい専門用語」を挙げてみたいと思います。

 

増悪(ぞうあく)

「増悪」は私たち医療者が非常によく使う言葉です。

しかし、一般的にはほとんど使わない言葉で、医学部に入るまで私は聞いたこともありませんでした。

血液検査やCT検査を見せて患者さんに説明しながら、

「徐々に増悪しているようです」

のように言う人が時々いますが、まず理解されません。

「増悪(ぞうあく)」は、広辞苑には載っているものの、一般にはあまり使われないかなり限定的な医療用語と言えます。

字面を見ると意味は分かりますが、話し言葉で「ぞうあく」と言われても相手はピンと来ません

「悪化している」「悪くなっている」と言うべきです。

 

余談ですがこれを「ぞうお」と間違って覚えている人がいます。

「憎悪」は「憎しみ」、「増悪」は「増える」と漢字が違いますのでご注意ください。

 

認める・得る

「ここに腫瘍が認められます」

「改善が得られています」

のような説明をする医師もよくいます。

「得られる」「認める」もかなり固い言葉で、会話では普通使いません。

先日電話で患者さんのご家族に、

「お母さんのレントゲン写真の結果なんですが、ようやく肺炎の改善が得られてきまして」

と説明している人を見ました。

「かいぜんがえられる」と聞いて、すぐに意味がわかるだろうか、と疑問に思いました。

そもそも電話の場合は、直接対面で話すよりさらに噛み砕いて話す必要があると思います

 

指摘できない

画像レポートなどでよく見る「異常は指摘できません」は、一般人から見れば不思議な表現です。

一見すると、異常があるのかないのか、よく分からない印象を持たれます。

 

実は医療現場では、「異常がない」という限定的な言葉はあまり使いません。

医師は神ではないので、異常が本当に「ない」と証明することはできません

あくまで、行った診察や検査で「異常が見当たらなかった」だけです。

本当は、検査では見つけられないようなわずかな異常は起きているかもしれず、数日後に同じ検査をすれば、初めてその異常が目に見える形となって現れているかもしれません。

 

分かりやすい例をあげます。

CTは、体を輪切りにした写真が撮れる画像検査で、日本語で「断層写真」といいます。

かつて最小で10mmスライスでしか撮影できなかった頃は、10mm未満の病変は、ちょうどスライスの間に入れば「異常はあるのに指摘できない」病変でした。

検査結果は「異常なし」ですが、本当に異常がないかどうかは分からない

だから異常は「なし」ではなく、「指摘できない」が正確です。

技術が発達し、CTが1mmスライスで撮れていたら「指摘できた」かもしれないからです。

そして1mmスライスでも、やっぱり1mm未満の異常は見つけられません

 

この辺りの微妙な感覚を医療者はよく理解していますが、患者さんには「指摘できない」の一言では理解されません

ここに書いた内容を全て説明する必要があるでしょう。

私も必要なら、

「今の時点では検査で異常は見当たりませんが、検査では分からないような異常が起きている可能性もあるため、症状が現れたらすぐにもう一度検査をしましょう」

というような説明をよくします。

 

頻回(ひんかい)

「頻回」は、回数が多いことを表す言葉です。

「頻回に吸引する」

「ナースコールが頻回」

のような使い方をします。

最新の広辞苑には載っているのを確認しましたが、医療現場以外ではあまり使わない言葉だと思います。

少なくとも患者さんには理解されません。

「頻繁」は普通に使いますが、それともニュアンスは少し違い、そのまま代用できる熟語はありません。

患者さんに説明するときは、「繰り返し」「何度も」のような言い換えが必要だと思います。

 

経時的(けいじてき)

「経時的」「時間とともに」という意味ですが、これも分かりにくい言葉です。

「経時的に変化している」

は、「時間とともに徐々に変化している」という意味で、私たち医療者は毎日のように使います。

辞書的にも正しい表現のようですが、やはり患者さんは理解しづらい言葉だと思います。

医療者間での会話でしか使わない方が良いでしょう。

 

所見

「画像所見は良くなっているんですが・・・」

「血液検査では貧血の所見があります」

のような使い方をします。

これも文章では分かりますが、口頭ではなかなか伝わりにくい言葉です。

「所見(しょけん)」は、一般には「見た目での判断」「意見」「考え」といった意味で使うことが多いです。

「あなたの所見を聞かせてください」

のような使い方ですね。

「画像所見」「検査所見」のような医療現場で使う「所見」とは少しニュアンスが異なります。

私たち医療者は「所見」を日頃から数え切れないほど使いすぎて、もう「一般的にどんな使われ方をする言葉か」が分からなくなっています

私はなるべく、「サイン」「兆候」「きざし」のような表現に言い換えるようにしています。

広告

 

傾眠(けいみん)

「今朝から傾眠傾向です」

と看護師が患者さんのご家族に説明している姿を時々見ます。

「傾眠」とは、意識障害があって「ぼーっとした状態」「すぐ眠ってしまい、刺激しないと起きていられない状態」のことです。

便利な言葉なので、医療現場で私たちはよく使いますが、やはり一般には理解されない言葉です。

「意識がぼんやりしている」

「すぐに眠ってしまう」

のような言い換えが必要でしょう。

 

発赤(ほっせき)

「発赤」も医療者は日常的に使いますが、なかなか難しい専門用語です。

皮膚が赤くなった状態を指して使います。

他にぴったり意味が一致する分かりやすい単語はないように思います。

文字で見ると意味は分かりますが、「ほっせき」と言葉で発すると全く理解されないことがあります。

一方、「発疹(ほっしん)」「突発性発疹」など一般的に知られた病名に付いているため、音だけでも理解できることが多いです。

 

今回は、医療者はよく使うけれど一般的には分かりにくい単語を8つ挙げてみました。

他に「こういう言葉も分かりにくい!」というものがあればぜひ教えてください。

15 Comments

かなちゃん

高齢者の方には 横文字をまじえた言葉で説明するのは 極力控えた方がいいですよね
Dr.のICや 若手ナースが患者さんやそのご家族に説明している場面で 患者側が???の表情をしているケースを 何度か見かけたことがあります
わかりやすい言葉に言い換えて追加説明することで ようやく納得された・・なんてこともあり ナースであれば 私から注意指導も出来ますが Dr.には なかなか指摘しづらいです(笑)
「患部」とか 「屯用・頓用」「清拭」「与薬」「安楽」 つい言ってしまいがちな単語、パスやパンフレットに記載してしまいがちな単語ですが わかりやすく直して 正しく理解してもらうよう心がけています(^^)

返信する
けいゆう

おっしゃる通り、高齢の方に対しては特にそう思います。
医師によっては相手の理解度も考えずに難しい言葉をたくさん使う人もいます。
おそらく看護師さんがフォローしてくれているのだと思いますが笑(医師に直接指摘は難しいですよね、医師が自覚すべきだと思います)
「清拭」「与薬」「安楽」は看護用語と言えますよね。私たちは少なくとも医師になるまでは一度も聞いたことがなかった言葉です。
まして患者さんは全く分からないでしょう。若手の看護師さんにはこういった点も気をつけてほしいですね。

返信する
鈴木

こんばんは、今回も面白かったです。
広辞苑は今年10年ぶりに改定されたので買いましたが、そういう言葉も載っているのですね〜。

「異常は指摘できません」のCTの例がとてもわかりやすかったです!「あの時、CTを見て異常はないとおっしゃったじゃないですか、医療ミスで訴えます」「それは医療ミスとは言いません」みたいなやり取りを想像してしまいました(笑)

ブラックペアン放送日なので、アクセスがすごいと思いますが、また更新を楽しみにしています。
先生の記事は有料でも購読しますし、書籍化されたら買います(笑)
アクセス数、大事ですよね。知りたいことを検索した時、素人が書いた広告付きのまとめサイトが上位に来るとイラつきますもん…

返信する
けいゆう

私が知る限り、昔の広辞苑には「頻回」は少なくとも載っていなかったはずなので(記憶が確かなら)、私も今回改定された広辞苑を見直しました。
CTに関してはおっしゃる通りです。現場では「医療ミスとは言いません」では済まず、異常がないと言ってしまった医師の信頼は大きく損なわれ、訴訟問題に発展する恐れがあります。
私たちは検査結果の説明の仕方には重々注意する必要がありますね。

そう言っていただけてすごく嬉しいです!
おっしゃる通り、アクセスを集めるためにはやはり検索経由で来る方を意識した記事を書かなくてはなりません。
今回のドラマではそれが成功していて、「ブラックペアン 感想」で私の記事はいつも上位なので、かなりうまく読んでもらえています。

返信する
TOM

よく聞く単語で、普段使わないので理解しずらいといえば、頓用、頓服。ですかね。

祖父が医師だったので、子供のころ祖父が時々同僚の先生と話してるのを聞いていて「テーベー」という単語がよく出てきていたのを思い出しました(大人になってから結核の事だと知りました)。祖父は元結核療養所の医師だったのでそんな会話になっていたんでしょうね

返信する
けいゆう

頓服、頓用についてはおっしゃる通りで、他にもコメントをいただきました。
これについては、そもそも処方薬が定期と頓用に分けられる、という概念が、一般にはそれほど理解されていないというのが原因で、言葉の問題だけではないと思い、改めて記事にしようと考えています。
テーベーはTBのドイツ語読みで、おっしゃる通り結核を表す業界用語として今でもよく使われます。
ティービーと英語読みすることはなぜかないんですけどね。

返信する
TOM

テーベーは今でも使われているんですね。
薬の飲み方に関する言葉は(頓服、食前、食後、食感など)は是非記事にしてください。
ところで、元に記事から離れてしまって恐縮ですが聞きたいことが。
私の祖父は前述のように元結核療養所の医師だったんですが、外科の医師だったんです。結核といえば今なら抗生物質を中心の治療で内科の守備範囲。ペニシリン以前は静養以外に治療法がなく、これも内科。というイメージで外科の出番がないように思ったのです。もちろん結核の患者だけが来院するわけでもないでしょうから、結核以外で外科医として活動してたのかもしれませんが、以前は(今も?)結核に外科医が腕をふるう場面というのがあったのでしょうか?

返信する
けいゆう

薬の飲み方、確かにわかりにくいですよね。まとめてみたいと思います。

以前は、肺結核に対して外科医が肺切除を行なっていたんですよ。
高齢の方で昔に結核の手術をされたことがあるという方には今でもよく出会いますよ。
TOMさんのお祖父さんも肺を手術されていたんだと思いますよ。

返信する
けいゆう

薬の飲み方、確かにわかりにくいですよね。まとめてみたいと思います。

以前は、肺結核に対して外科医が肺切除を行なっていたんですよ。
高齢の方で昔に結核の手術をされたことがあるという方には今でもよく出会います。
TOMさんのお祖父さんも肺を手術されていたんだと思いますよ。

返信する
鈴木

いつも丁寧なお返事をくださり、ありがとうございます。
「医療ミス」の件は、以前、個人的に医療事故と医療過誤の違いを調べていたときに、医療事故を多く扱ってる弁護士のブログで「医療相談のうち9割は医療事故ですらない。医師と患者のコミュニケーションの不足だ」という記事を読んだからです。
弁護士に相談する前に、担当の医師に聞けばいいのに。患者もある意味“悪い”のでは?と思ったことがあったのです。
(裁判する予定も、私も家族も病院にかかっていることすらありません笑)

先生の看護師向けtwitterや他の方のコメントでも書いてある、ドイツ語と英語シリーズもおもしろいです!

返信する
けいゆう

確かにその通りですね。
コミュニケーション不足によって患者さん側は医療者に対して不満を溜めている、あるいは医療過誤だと認識している、という現状はありますよね。
中でもやはり知識の格差が大きいことが誤解の原因になっていますね。
業界用語には、よくわからない日本語の略語やドイツ語、英語から派生した不思議な言葉が多いんですよ、いかにも日本的と言いますか・・・笑

返信する
けんけん

こんにちは。
コードブルーのファンでここに辿り着き
以来、楽しませていただいております。

私も1つ思い当たる言葉があります。
「感受性」です。
ある医師にお世話になっていたときに

「この薬に感受性があり」みたいな表
現だったと思います。
難しい表現だなと思っていました。
一般的な会話だと登場しませんよね。

まだまだありそうですね。

今後とも頻回に記事の更新をお願いします(^O^)

返信する
けいゆう

ありがとうございます!
さっそく頻回をうまく使ってきましたね笑
確かに「感受性」は、医療現場でしか使わない意味がありますね。
sensitiveの訳語をそのまま当てはめたんだろうと思います。
患者さんに「感受性があります」と言ってはまず理解されないでしょうね〜

返信する
林檎

けいゆう先生、今回も新しい学びをありがとうございます♪

何度も入院していると「頓用」くらいなら理解できるのですが、「○○に△△は“認められません”」だけは「異常あるの?ないの?どっち?????」と不安になったことが何度となくあります。

今回、先生の記事を読んで「なぜ異常無しと言わないのか」をようやく理解できました。

とっても分かりやすい説明をありがとうございました♪

けいゆう先生、私も先生のブログが有料になっても購読します!

ところで、私は明日、某大学病院で診察なのですが、明日の私の患者コーデも、先生のこれまでの記事のお陰でバッチリにしてあります♪

きっとめっちゃ待たされると思うのですが、そのことについても先生が以前記事を書いて下さったので、以前のようにモヤモヤした気持ちにはなりません♪

私も診察しやすい患者になれるよう、先生のブログで学んでいきたいです!

先生の記事を読みながら診察を待って、検査や痛いことも明日(もう今日)頑張ってきますね!

これからも先生からたくさんお話を伺いたいです!

先生、これからも宜しくお願いします!

返信する
けいゆう

「認められません」を食らったことがあるんですねぇ、絶対わかりませんよね。
NGワードなんですが、何せ私たちは毎日のように使うものですから、うっかり使ってしまうんだと思います。
みなさんが病院を安心して受診し、治療に専念できるよう、これからも情報発信していきますね。
心配しなくても医療関係の情報を有料にすることはありませんので、大丈夫です笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です