尿道カテーテル(おしっこの管)は痛い?その方法と目的、体験談

尿道カテーテルとは、尿道から膀胱へ管を入れて袋をつなぎ、尿を袋にためるための道具です。

医療現場では様々な目的で使われます。

「おしっこの管」「バルーン」とも呼ばれます。

私は医師として患者さんに尿道カテーテルを入れますし、全身麻酔手術を受けた際に自分自身も尿道カテーテルを経験しました

全身麻酔手術を受ける方は、尿道カテーテルが痛いかどうかも気になるのではないでしょうか?

私自身の体験も踏まえ、医師と患者の両方の立場から、尿道カテーテルについて解説します。

 

広告

尿道カテーテルのしくみ

尿道から管を入れ、先端は膀胱内においておきます。

尿は膀胱にたまることなく、全て管を通って体の外の袋にたまっていくことになります。

ときどき「尿管のカテーテル」と間違って言う方がいますが、「尿管」腎臓から膀胱への尿の通り道です。

「尿道」膀胱から体外への尿の通り道のことで、まったく違う部分のことを指しますので注意しましょう。

 

尿道カテーテルの目的

様々な目的があります。

 

尿量を正確に測る

尿がどのくらい出ているのかを正確に測定しなくてはならない場合があります。

様々な病気で、尿の量が体の状態を反映するからです。

また、尿の量に応じて正確に点滴の量を決めなくてはならない場合もあります。

 

トイレまでいけない

自分でトイレまで行けない場合です。

たとえば全身麻酔で手術を行う際は、手術中はもちろん、術後もしばらくはベッド上で安静にしていなくてはならないため尿道カテーテルが必要になります。

手術中や術後に尿道カテーテルを使うのは、上述の尿量を正確に測る目的もあります

また、寝たきりの方なども必要に応じて尿道カテーテルを使用します。

 

排尿障害がある

前立腺肥大など尿の通り道に障害があって尿が出せない場合や、自律神経の障害などで尿を出せない場合です。

 

尿道カテーテルは痛いのか

尿道カテーテルの痛み不快感は、かなり個人差があります。

多くの方は、カテーテルを入れたままでも不快感の訴えなく普通に過ごされますが、特に男性でときに不快感や尿意のような違和感を強く訴える方もおられます

不快が強ければ、病状が許せば早めに抜くこともありますが、多くは医学的に必要なために入れているので、細い管にかえたり痛み止めを使うなどして対応することが多いです。

私自身は、入れている最中は全く違和感すらありませんでした

 

一方、抜いた後はしばらく排尿時の痛みが残ります。

私は抜いた日とその翌日は、尿をする際に尿道にピリピリとした痛みがありました。

多くの方が1〜2日はこういう痛みを訴えられます。

とはいえそれほど強い痛みではなく、時間とともに自然に治まりますので、心配する必要はありません。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です