コードブルー3 第1話の感想、医師が感じた不自然さ(ネタバレあり)

「コードブルー シーズン3」が17日から始まった。

相変わらず、イケメン医師がカッコよく救急医療をこなし、医師である私も見ていてほれぼれしてしまう。

私自身も3次救命救急センターでの勤務歴があるが、実際にはあんなに華やかではないものだ。

一睡もせずに診療し続けるときは、顔はやつれ、無精髭が不潔に伸び、体も汗臭い医者ばかりが動き回っている

ドラマに出てくるような救命救急センターでも、頻度的にはもう少し軽症の患者さんも搬送されるし、救急業務はどちらかというと地味な仕事である。

まあ、ヤマPほどの人なら髭も生えないし汗も美臭なのかもしれない、とも思う。

とにかくそのくらいカッコよかった。

 

それはともかく、第1話の感想を書いてみる(以下ネタバレあり)。

これまで同様、現役医師が医療ドラマに大人げなく突っ込んでいくという、ちょっと「ウザめ」のコーナーである。

(一応申し上げておくが、このサイトの9割以上の記事はかなり真面目である)

ちなみに、今回出てくるフライトドクター候補生(フェロー)の若手医師3人は、救急車が搬送されてきても部屋の隅でスマホをいじったり、現場で重症患者を見ても何もせずに逃げ出すような医師ばかりである。

さすがにあれほど何もできないビギナーは必ず上級医がペアになって動くし、重症患者を一人で診療させることはない

もしそうせざるを得ないなら、救急搬送の受け入れ台数を制限しなくてはならない。

主人公の藍沢(山下智久)も、

「フェローが無能すぎる」

「フェローが育つ前に患者が死ぬ」

と吐き捨てていたがその通りだ。

だが、まあこれは誰が見ても「こんなやつおらんやろ」となるのでこのくらいにしておいて、私が医師として書いておきたい不自然さは、「患者さんの家族のケア」についてである。

広告

患者さんの家族がないがしろ

夏祭り中の事故で、小学生くらいの少年が全身に重傷を負い、意識不明の状態で発見される。

頭を挟まれ頭部に重傷を負っていると思われたが、脳外科医である藍沢が現れ、機転の効いた応急処置で何とか救出する。

病院に搬送して脳外科で緊急手術を行い、落ち着いたところで父親が病院にスーツ姿で登場

集中治療室に入ってきた父親に藍沢は、「息子さんが頭蓋内に外傷を負っていたので手術をした」ということをその場で一言伝え、父親は息子のところへ向かう。

人工呼吸器に繋がれ、全身を包帯で巻かれて変わり果てた息子に父親は

「痛かっただろう」

「一緒にいてやれなくてごめんな」

「お父さんは仕事ばかりで・・・」

というようなことを言って泣く、というシーン。

これは実際にはあり得ない描写である

 

私の仕事も緊急手術が非常に多いので、慌ててやってきた患者さんのご家族が、緊急手術が終わった後に変わり果てた患者さんと対面する、ということはしょっちゅうある。

もしドラマのような状況でご家族が病室にやってきたら、必ず患者さん自身ではなく医者に詰め寄り、

「何があったんですか?」

「どんな病気ですか?」

「どんな手術したんですか?」

「助かるんですか?」

「いつまで入院ですか?」

質問攻めにするのが普通である。

 

そして緊急手術だと、ご家族にとっては医者と術後に初対面となるので、

「こいつは本当にちゃんと治療してくれたんだろうな!?」

「まさか手術ミスとかしてないだろうな!?」

と、まず不審感半分で見るのが普通である。

出てきた相手が若い医者なら余計にそうである。

突然の家族の危篤を知った人というのは、そのくらい簡単に状況を飲み込めないし、冷静でいられないのが当たり前である。

 

こうなってしまうと病状の説明が難しくなるので、緊急手術後はまず患者さん本人に会ってもらう前に別室に案内し、画像を見せたり検査結果を見せたりしてゆっくり状況を説明する

質問には丁寧に答え、患者さん本人に会う前に疑問が残らないようにする。

それからようやくご本人と対面してもらう。

ここで医師とご家族との間で信頼関係が築けなければ治療はうまくいかない。

 

私は緊急手術の際はご家族の到着が夜遅くなる場合でも、必ず到着まで待って自分で病状を説明をするようにしている。

それができなければ必ず電話で自分の言葉で直接説明する。

当直医や看護師よりも、やはり直接治療した自分が説明する方がちゃんと意図が伝わるだろうと思うし、何よりご家族とここで信頼関係を築くことが一番大切だと思っているからだ。

まあもちろんドラマなので、そんなところまで描いている尺もないだろうし、今作のテーマでもないので突っ込んでも仕方がないのだが・・・。

 

というわけで藍沢先生、クールで無口なのはかっこいいのだけれど、ここだけは饒舌になってください、という感じである。

広告

 

細かいツッコミ

かなりどうでもいいことを一つだけ。

脳外科部長の部屋に日本外科学会の公式英文雑誌「Surgery Today」がたくさん並べてあって驚いた。

これは脳外科疾患を取り扱わない雑誌だし、日本外科学会に入っている脳外科医はたぶんほとんどいないのではないかと思う。

 

「外科」というとひとくくりに考えがちだが、日本外科学会のカバーする範囲は消化器呼吸器乳腺心臓である。

昔はこれらの疾患を全て「一般外科」として同じ科の医者が診ていた歴史の名残である。

余談だが、近年ではきわめて専門性の高い領域となった呼吸器外科や心臓外科、乳腺外科の医師らが、消化器を学ぶ必要があるのか?という疑問が生じつつあるのも事実。

だが脳外科ともなると、昔から全く別の畑なので、毎年の学会に脳外科医が参加しているのもこれまで一度も見たことがない。

脳外科部長の西条先生には、とりあえずSurgery Todayを片付けて、日本脳神経外科学会の公式英文誌に変更しておくよう、来週までに私から言っておきます。

完全にどうでもいいツッコミである。

 

ということで、第1話の感想はここまで。

ここまで突っ込んでおいても、やっぱりコードブルーは面白い。

次回も楽しみである。


見逃した!もう一度見たい!という方、

今ならFODプレミアムで過去の放送が無料で見放題!

31日間無料キャンペーン実施中です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です