看護師さんだけがよく使うちょっと不思議な業界用語一覧

これまで色々な間違い用語集を書いてきたが、今回は、看護師さんは使うが医師はあまり使わない不思議な業界用語をあげてみたいと思う。

いずれもかなり「変」なのだが、共通理解はあるので、矯正したいわけではない。

ただ、医学的に正しくないか海外では通用しない間違い表現も多いので、「何が正しい表現か」は一応理解しておいた方が良いだろう。

 

広告

サーチ

看護師さんだけは、なぜかSpO2(動脈血酸素飽和度)のことを「サーチ」と言う。

医師で「サーチ」と言う人は見たことがない。

saturationは「飽和」という意味で、「サチュレーション」としか読めない

「サチ」や「サチュ」ならまだしも、なぜ「サーチ」と伸ばし棒がつくのだろう

しかし「サーチ」と普段言う人でも、SpO2を測定するパルスオキシメーター(指先につける小型の器械)のことは、「サチュレーションモニター」「サチモニター」と呼ぶ。

「サーチモニター」と言う人はあまり見ない。

ちょっと不思議な習慣である。

 

デキスターチェック

血糖チェックのことをこう呼ぶ。

デキスターは血糖測定器の一つの商品名で、由来はおそらくブドウ糖という意味の英語dextroseである。

いずれにしてもデキスターという英語はない

また、たいていよく見ると使っている商品は「デキスター」ではなく、「メディセーフ」だったりする。

確かに、「簡易血糖測定器を使って血糖を測定する」という意味を表すには便利かもしれない。

だが普通「デキスターチェックどうしますか?」と医師に質問して「血糖3検してください」という返答があったとき、まさか1日3回採血するという意味でないことは誰でもわかる。

「血糖測定」と普通に言ってもいいのではないか、と個人的には思う。

 

ゼプシス、ゼプる

これは医師でも言う人は時々いる。

敗血症を意味する「sepsis」は「セプシス」としか読めないが、なぜか「ゼ」とドイツ語風に頭文字を濁音にする(英語だが)。

「ゼプる」の便利なのは、sepsisではなく、septic shock(セプティックショック)にまで至っていることをほのめかすことができることだ。

さらには、「尿路感染症による敗血症性ショック」は「ウロゼプ」

なんと便利なこと。

「急性閉塞性化膿性胆管炎による敗血症性ショック」は「アオスクでゼプる」

AOSCをアオスクと読むのも日本人だけだろう。

一応、恥ずかしくないようsepsis(セプシス)の間違った読み方に由来することはわかっておいたほうが良い

ちなみに似たような習慣として、くも膜下出血「SAH」をなぜか「ザー」と同じく濁音を使ってドイツ語風に言う人もいる。

これも日本人しか使わない不思議な言い方で、普通は「エスエーエイチ」だ(そのままだが)。

ついでに言うと、MEN(多発性内分泌腫瘍症)を「メン」と言うのも日本人だけで、「エムイーエヌ」である(そのままだが)。

誰でもわかる言葉なので他人に矯正するつもりはないのだが、私は恥ずかしくて使うのは抵抗がある。

 

プルス

「ヘルツ(心臓)」「アイテル(膿)」とドイツ語を多用するベテラン医師でも、「プルス」はあまり聞かない。

だがなぜか看護師さんは若い人でも脈拍数を「プルス」とドイツ語を使って言う

英語なら「pulse(パルス)」だが、pulseは「脈拍」や「心拍」という意味で、「脈拍数」なら正しくは「heart rate(ハートレート)」である。

普段「プルス120です!」と言う人でも、記載を見ると「HR 120」と書いている。

話し言葉ならプルスの方が言いやすいのだろうか。

 

タヒる

私の経験上だけかもしれないが、やはり「タキる」という医師はいても「タヒる」は聞いたことがない。

だが看護師さんは若い人でも「タヒる」と言う

「頻脈」を意味する英語「tachycardia(タキカルディア)」のドイツ語「Tachykardie」に由来しているらしい。

ドイツ語を好んで使う医師はかなり減っているが、看護師さんの間では根強く残っているようで、エッセン(食事)プンク(穿刺)などもよく使われている。

 

K

癌を全部K(ケー)と言う。

癌を意味するドイツ語のKrebs(クレブス)の頭文字である。

英語ではcancer(キャンサー)だが、Cと言うことはない。

ただ、胃癌MK(Magenkrebs)と言うのはまだわかる。

肺癌LK(Lungenkrebs)もわかる。

しかし、S状結腸癌をSKと言われると、一瞬何のことか分からない。

さらに胆管癌を「胆管K」として日本語を混ぜることもあり、ここまでくるともう「胆管癌」と言ってしまって良いのでは?と思ってしまう。

だがそんな看護師さんも、肝細胞癌は「HCC(hepatocellular carcinoma)」と英語の略語で書いている

ドイツ語、英語、日本語の乱打戦である。

 

不思議な略語

看護記録の略語表記だと、もっと不思議なドイツ語が出現する。

KT(体温)Hr(尿量)EKG(心電図)などだ。

医師は英語か日本語のどちらかを用いることが多いが、看護師さんの間ではやはりドイツ語の略語が根強く残っている。

KTは体温を意味するドイツ語「Korpertemperatur」の略だが、英語ならBT(body temperature)

Hrは尿を意味するドイツ語「Harn」の略で、英語ならurineだが、これは「尿量」と日本語で書くほうが多い。

Hrは脈拍(HR)と紛らわしいので、あまり好ましくないと思う。

EKGはドイツ語の「Elektrokardiogramm」の略で、英語ならECG(electrocardiogram)

12誘導心電図のことだ。


というわけで、後半は看護師間にだけ根強く残るドイツ語集だった。

医師もかつてはドイツ語を多用しており、今でもベテラン医師はドイツ語で業界用語を使う人が多い。

だが近年は大半の医師は英語表記を使うようになっている。

論文発表も国際学会発表も、医学(科学)の領域では英語が世界共通語だからだ

だが、看護師の場合は若い人にまでドイツ語が広く残っている。

なぜこんなことになっているのか。

私の勝手な想像を以下に述べる。

 

看護という技術は経験がものを言うし、座学で学ぶことはおそらく難しい。

場数を踏んだ先輩から直接指導してもらわなければ身に付きにくい

従って、入職時から常に忠実に先輩に従うという習慣があり、看護記録の書き方も昔から変わらず正確に引き継がれてきたのではないだろうか。

一方医師はプライドの高い人間が多く、先輩からの指示に従うそぶりを見せつつ、「間違いを見つけてやろう」「出し抜いてやろう」と斜に構えた「イケ好かない」ヤツが多い

そしてこっそり勉強し、「ドイツ語なんてダサい、今の世の中英語じゃないと通用しませんよ」とばかりに、ドイツ語の風習を打ち破っていったのではないだろうか。

 

あくまで勝手な想像である。

そしてあくまで私はそんなイケ好かない若手医師では断じてなかったことを最後に申し添えておく。

広告

看護師さんだけがよく使うちょっと不思議な業界用語一覧」への2件のフィードバック

  1. かなゑ

    医療事務をしています。
    ECGとEKG、KTとBTなど
    なぜレセプトと違う呼び方が同じもので存在するのか不思議でした。現場では別の呼び方が浸透してるのかな?と思ったらDRはやはりECG、BTと書いてくるので…
    確かに看護師さんがDRの指示を書き留めた時に違う表記です。
    デキスターも一体どこからくるんだ?と思ってました。(うちもメディセーフが使われてます)
    小さいクリニックなのですが、医療事務の先輩に聞いて「二つ呼び方があるけど同じことだから」としか言われず、謎でした。ありがとうございます○

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      かなゑさん
      コメントいただきありがとうございます!
      呼び方が統一されていないと、医療事務の方は本当に大変だと思います。
      お役に立てて良かったです。
      私は個人的には、略語は英語、それ以外は日本語に統一すべきだと思っています。
      ただ、電子カルテの看護記録のテンプレートがドイツ語だったり、紙カルテの病院でも書類がドイツ語表記で残っていたりするため、どうしてもドイツ語がなくせないようです。
      難しいところですね・・・

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です