小林麻央さん報道に医師が思う、がんに勝つ最も確率の高い治療とは

突然ですが、最初にたとえ話をします。

 

あなたが、病院で受けた検診で大腸がんと診断されたとします。

しかも、かなり進行していて、肝臓や肺にも転移している

病院の医師にはこう告げられます。

「ステージ4の大腸がんです。治療法は化学療法(抗がん剤治療)です。標準治療であるAという抗がん剤をおすすめします。あなたと同じ状況ならみなさんがAを選ばれます」

 

突然のことで即答できません。

そこで帰宅して、慌ててインターネットで検索してみます。

 

何か、もっと良い治療はないのか。

がんが消えてしまうような、そんな方法はないのか。

 

すると、がんを専門に取り扱っているクリニックのホームページを見つけます。

大腸がんのモニター10人、全員がんが消えたという、Bという名前のサプリメントが紹介されています。

10人全員、大腸がんが治ってしまったというのです。

これは効果があるかもしれない。

しかしいろいろ調べると、他にも同じような治療がたくさんあるのに気づきます。

「100人やって全員がんが小さくなった、最先端の免疫療法C」というのも見つけ、魅力的に感じます。

どれを信用すればいいのでしょうか。

 

そこで、昔からかかりつけだった近くの医院のベテランの先生に相談しに行きます。

すると彼はこう言います。

「私は、標準治療Aは副作用が強いので大反対だ。昔私が使っていたDという抗がん剤が良い。これまでこの町で1000人以上の大腸がんの患者さんを見てきた私が言うのだから間違いない

この先生が言うのなら、確かに正しいかもしれない。

病院に行ってDという抗がん剤が使えるかききに行こうか。

 

翌日あなたは職場の先輩に相談してみます。

すると先輩は表情を曇らせ、あなたにこう言います。

「僕の母親も大腸がんで標準治療のAという薬を使っていたけど、効き目があまりなくて、去年亡くなったよ。Aはやめといたほうが良いと思うよ

 

あなたは思います。

やっぱりAは効かないんだ。

病院にだまされなくて良かった。

 

そんな時、何気なく見ていた新聞にこんな本の広告を見つけます。

「がんは放置せよ。抗がん剤治療を受けてはいけない」

 

あなたはようやく安心します。

放置しても良いのだと。

あなたはもう病院に行くのもやめます。

特に症状もないのですから、何も辛いことはない。

普段通りの生活を送ることに決めます。

 

さて、あなたはどうなるでしょうか。

 

個人差はありますが、大腸がんが多発遠隔転移を起こしていて、全く何も治療しない場合、1年持つかどうかは微妙だ、というのが一般的です。

放置すれば、非常に高い確率で、近いうちに大腸がんで亡くなります

長生きするのはまず不可能でしょう。

 

では、長生きできる確率が最も高い治療法は何だったのでしょうか?

 

広告

がん治療は予想勝率で選ぶ

誰しも、がんに勝てる一番確率の高い方法を選びたいはずです。

タイムマシンでもあれば、一つ一つ試しては過去に戻って、一番効果の高かった未来を選べば良いのですが、そうはいかないわけです。

となると、やる前に一番予想勝率の高い方法を知りたい、ということになります。

 

では、やる前から一番勝率が高いと予想できる治療は何なのか?

答えは標準治療Aです。

 

これは確率論です。

誰もが確実に100%勝てる方法はないので、Aを選んで負ける(効き目が乏しい)こともあります。

しかし勝率の高さで言えば、上述の例で挙げたB、C、Dという治療、そしてがんを放置すること、のいずれと比較しても標準治療Aは有利です。

なぜなら、「勝率が一番高い治療」が「標準治療」という言葉の定義だからです。

 

この「勝率」=「がんに勝てる確率」を決める根拠を、我々専門家はがん治療における「エビデンスレベル」と呼びます。

このエビデンスレベルの考え方は世界中で確立していて、各治療法の効果を証明する根拠を以下のように分けることができます。

勝率が高いものから順に並んでいると考えてください。

1. ランダム化比較試験

2. ランダム割付を伴わないコホート研究

3. ケース・コントロール研究

4. 対照群を伴わない研究

5. 症例報告、ケースシリーズ

6. 専門家個人の意見

※分け方はいろいろありますが、比較的わかりやすいこちらを一部改変しています。

 

上の方には統計学の難しい言葉が書かれてありますが、覚える必要はありません。

まず、一番わかりやすいのは最も根拠として弱い「6」に位置する「専門家個人の意見」でしょう。

これに相当するのは、上述の例であげた、ベテランの先生が紹介したDという抗がん剤治療と、一部の専門家がすすめる「がん放置療法」です。

ベテランの先生は「1000人見てきたから間違いない」と言いましたが、何人見ようと個人の意見に過ぎないので、その根拠は弱いものです。

ちなみに職場の先輩の「Aはやめといた方が良い」という意見は、専門家ですらない人の個人的な感想ですので、その根拠の確かさは少なくとも「6」以下です。

 

次に10人や100人といった少人数のモニターを対象にして効果を証明したサプリメントBや免疫治療Cはどうでしょうか。

これは、標準的な薬と比較して臨床試験を行ったわけではないので、「4」または「5」に入ります。

 

では標準治療Aはどうか。

このAの効果を証明するために、どれだけ大規模で信頼に足る臨床試験が行われたかによります。

ただ大腸がんのように疾患頻度の非常に高い病気の場合、数えきれないほど多くのランダム化比較試験(最も統計学的に信頼に足る臨床試験)が世界中で行われていますから、その中の選りすぐりであるAは「1」にあてはまります。

 

がんにはそれぞれガイドラインが用意されており、多くの医師はこのガイドラインを参照して治療法を選びます。

ガイドラインに記載されている治療を、標準治療と呼びます。

どの治療を標準治療に選ぶかは、多くの専門家が世界中のあらゆる論文を調査して決めます。

そして日々新しい臨床試験の結果が論文発表され、何を標準治療にすべきかが変わるので、その都度更新されていきます。

ガイドラインは書籍として販売され、何年かごとに新しい版が出ます。

しかしこの何年かの間にも新しい試験が次々行われるため、学会のホームページ上にウェブ版が用意されていて、これが定期的に更新されていきます

我々臨床医は、更新のたびにこれを確認することで、「現時点で最も勝率の高い方法が何か」をリアルタイムに知ることができます

当然、効果だけでなく安全性も考慮されます。

つまり、副作用がきっちりコントロールできるかどうか、ということです。

同じ効果が証明された薬でも、副作用が強いなら標準治療として採用はされません

一方、副作用が多少強くても、それが薬で予防でき、コントロールが可能で、かつ効果が高いのなら、標準治療として選ばれます。

 

以上が標準治療の意義です。

先日乳がんで亡くなった小林麻央さんが、標準治療を拒否し、民間療法に頼っていた、という報道がありました。

これが事実かどうか、私は知りません。

しかし、この報道に対する様々な議論の中で、標準治療に対する誤解があるように感じ、この記事を書きました。

 

多くの医師が標準治療をすすめる理由はご理解いただけましたでしょうか?

どんな治療を選ぶかは、個人の自由です。

ただ、われわれ医師は患者さんに、あとで後悔だけはしてほしくない。

もし治療がうまくいかなかったとしても、

「あの時点では、世界中で一番勝てる確率が高い治療を私は選んだのだ」

と思えるようにしておくことが、後悔しない一つの方法ではないでしょうか?

こちらもあわせてお読みください。

ステージ4の胃がんや大腸がんはなぜ手術できないのか?

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です