手術せず治せる?内視鏡で治療できる大腸がんの特徴

大腸癌の多くは手術によって治療します。

しかし誰しも、「手術せずに治せるなら治したい」と思うのではないでしょうか。

 

実は一部の初期の段階の大腸癌は、手術をせずに内視鏡で癌を削り取って治すことができます。

内視鏡下粘膜切除術(EMR)内視鏡下粘膜下層剥離術(ESD)と呼ばれています。

全身麻酔で行う手術とは違い、大腸内視鏡(いわゆる大腸カメラ)で癌を切除する治療です。

いきなり難しい言葉が出てきましたが、内容は全く難しくありません。

簡単にわかりやすく説明しますので安心してください。

 

「内視鏡で治療できる癌かどうか(内視鏡治療の適応)」はどのようにして決まるのでしょうか。

「その癌がどのくらい進行しているか」がキーポイントになります。

 

下のイラストをご覧ください。

大腸の壁は、粘膜層、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜という順に地層のようになっており、癌は必ず一番表面の粘膜層から現れ、徐々に深く浸潤(しんじゅん)していきます。

内視鏡治療をしても良いのは、「粘膜下層の浅いところにとどまっている非常に初期の癌だけ」と「大腸癌治療ガイドライン」で定められています。

ある程度深くまで癌が入っていても、技術的には内視鏡でとることはできますが、「とってはいけない」ということになっています。

なぜでしょうか。

 

その理由が、次に説明するリンパ節への転移です。

 

広告

リンパ節転移とは

リンパ節は全身のいたるところにある、小さな粒のような組織です。

大腸の周りにも数え切れないくらいたくさんのリンパ節があります。

大腸癌は、粘膜下層の深いところに入った時点でリンパ節転移が約10%に起こるとされています。

リンパ節に転移のある大腸癌を治療するには、癌そのものだけではなく、その周囲にあるリンパ節も一緒に切除しなければなりません。

これができるのは手術だけです

内視鏡治療は癌だけをとる治療であるのに対し、手術は癌のある大腸とその周囲のリンパ節を全て切除する治療だということですね。

 

リンパ節転移を起こすような深い癌に、内視鏡治療だけで治療を終了すると、少なくとも10%の確率でお腹の中に癌が残っている、ということになります。

これでは治療したことになりませんね。

 

「では治療前にリンパ節転移があるかどうかを調べて、なかったら内視鏡治療をすれば良いのではないか?」と思う方がいるでしょう。

 

実は、リンパ節に転移があるかどうかを事前に知る方法は、残念ながらないのです。

リンパ節転移の有無は、手術してそれをとってみて、顕微鏡で見ない限りわかりません。

 

治療前には必ずCT検査をして、癌の広がりを確認します。

このときに、明らかに大きく腫れたリンパ節が癌の近くにあれば、「転移の可能性が高い」と判断できます。

ところが、転移したばかりのリンパ節にはまだ大きさに変化が現れていません

CTの画像で見ただけでは、正常のリンパ節なのか、癌が転移したリンパ節なのか見分けがつかないのです。

そのため内視鏡治療は、「リンパ節転移の確率がほぼゼロと予想される、非常に浅い癌にしか許されない」という厳しい条件があるのです。

 

以上のことから、リンパ節への転移がほぼない、と判断できる浅い癌の場合のみ、手術をせず内視鏡治療とし、少しでもリンパ節転移の可能性がある深さの場合は通常の手術をする、というのが一般的な大腸がんの治療です。

患者さんの中には、浅い癌でも最初から手術を選びたい、という方もおられます。もちろんそういう場合、ご希望に従うのが普通です。

 

癌がどのくらい深いか?

ここで勘の良い方は、

「浅い癌なら良いと言うけれど、癌がどのくらい深いのかを、事前に正確に知ることはできるの?

と疑問に思うのではないでしょうか?

 

実は、これも非常に難しい問題です。

確実に深さを判定する方法はないからです。

そこで我々は、癌の表面の形態と周囲の粘膜の状態などの所見を見て、「癌の深さを予想する」しかありません。

「浅い癌だ」と予想して内視鏡治療をして、とったものを顕微鏡で調べたら、予想に反して深い癌だった、ということが少なからずあります。

そういうときはどうするか?

追加治療として手術を行います。

 

つまり、初期の大腸がんと診断されて内視鏡で切除をされたが、顕微鏡の検査(病理検査)で予想以上に深いことがわかり、リンパ節転移の可能性を考えて追加治療として手術もする、という2段階を経る人が必ず一部にいるわけです。

そしてその中に、「手術をしたけれど、とったものを顕微鏡で調べたら結局リンパ節転移はなかったと診断される方がいることになります(転移の確率が低い以上、こういう方が大多数です)。

このとき「やっぱり手術をしなくても良かったんじゃないか!?」と思うのは間違いです。

手術をしなければ「癌がお腹の中に残っているかもしれない」という不安と永久に戦うことを思えば、「手術をしてリンパ節転移がないことが確認できてよかった」と思うのが正解でしょう。

 

癌を見て、その癌がどのくらい深いか、リンパ節転移がどのくらいの確率であるか、ということが正確にわからない以上は、あくまで予測で治療方針をたてるしかないのですね。

もちろんこう書きましたが、内視鏡の画質も非常に良くなり、CTの精度も上がっていますから、事前にかなり正確に進行度を知ることができるようになっています。

正確性を100%にはできない、というだけです。

 

では次は、この内視鏡治療のメリットとデメリットについて、もう少し詳しく説明していきます。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です