下痢で困った!原因となる病気と確認すべき5つのポイント

下痢はよく起こる症状です。

食事の摂りすぎやストレスなどが原因になることもあります。

ただ長い期間続く、止まらない下痢、発熱を伴う場合などは要注意です。自己判断で下痢止めなどの薬で対応せず、病院を受診し検査などを受けるようにしましょう。

また、自分の便を観察してその性状(性質や色など)を伝えられるようにしておきましょう。

下痢は多くは急性の感染性によるものが多いため、感染源に関する質問を必ずされます。また大量の下痢脱水をきたします。どのくらいの量か説明できるようにしておきましょう。

また多くは腹痛や吐き気、嘔吐を伴う場合が多いでしょう。

その場合は、受診前に腹痛のページ吐き気・嘔吐のページもご覧になって、必要なポイントをチェックするようにしてください。

 

※これはあくまで「医師に自分の症状をどのように説明するか」をサポートするチェックリストです。診断が目的ではないため、病名は参考程度にしか記載していません。症状だけで病気を診断することはできません。必ず医師の診察を受けましょう。

 

広告

1. どんな性状ですか?

■軟便

■水のような下痢

■血が混じった下痢

本人が「下痢」と思っていても、実際には柔らかめの便で、病的意義のないもののことがあります。

治療を考えたほうが良いのは、水様性下痢(水のような下痢)や、血性下痢(血が混じった下痢)です。

発熱を伴う場合は、感染による急性腸炎によるものが多く、カンピロバクターサルモネラ腸炎ビブリオなどが原因になることがあります。

血性の下痢でも、感染性腸炎のことが頻度的には多いですが、虚血性腸炎(高齢者に多い)、炎症性腸疾患クローン病潰瘍性大腸炎など。若い人に多い)、悪性腫瘍などが原因のことがあります。

必ず便の性状を確認して医師に伝えましょう。

 

2. 何回下痢していますか?

■10回以上

■5〜9回

■4回以下

おおよその目安で、下痢の回数を伝えましょう。

これは診断に関わるのではなく、多量の下痢は脱水の原因となるため、点滴が必要と判断される場合があります。

必ず医師に尋ねられますので、「◯日前から、1日あたり◯回」ときっちり応えられるようにしましょう。

1ヶ月以上前から、というような慢性的な経過の場合は、感染性の可能性は低くなり、炎症性腸疾患クローン病潰瘍性大腸炎)など他の病気を考えなければなりません。

その場合はその旨をきっちり伝えましょう。

 

3. 摂取したものに心当たりはありませんか?

■ある(過去1〜2週間の範囲までさかのぼって)

■ない

摂取したもので確認すべきなのは、生魚生肉、などです。

感染性の下痢の場合は、摂取したものに含まれる病原菌が原因です。

カンピロバクターなど発症まで1週間以上かかるものもあるので、過去2週間近くまでさかのぼって記憶をたどってみてください。

食べた記憶がある場合、「◯◯を◯日前に食べた」と、正確に説明しましょう。

また薬剤が原因で下痢をする場合もあります。最近新しい薬を始めていないか(漢方やサプリメントなど含めて)一度確認してみてください。

 

4. 周囲に同じ症状の人はいませんか?

■いる

■いない

感染性腸炎の場合は、家族の中に同じ症状の人がいたり、施設入所中の高齢者や子どもなら、施設や幼稚園、小学校で流行している可能性があります。

必ずきかれますので、確認しておきましょう。

 

5. 最近海外に行きましたか?

■海外に行った(1ヶ月程度の範囲で)

■海外には長い間行っていない

これも必ずきかれます。

海外旅行帰りの方の場合は、旅行者感染症の可能性があります。

中には潜伏期間が3週間以上という感染症もあります。

比較的長い期間で、海外渡航歴がないかどうかを思い出してください。あればいつどこに行ったかを正確に説明しましょう。

 

「下痢」受診前チェックリスト

1. どんな性状ですか?
軟便
水のような下痢
血が混じった下痢

2. 何回下痢していますか?
10回以上 
5〜9回
4回以下

3. 摂取したものに心当たりはありませんか?
ある  ない

4. 周囲に同じ症状の人はいませんか?
いる いない

5. 最近海外に行きましたか?
行った  行っていない

※スクリーンショットなどで受診時にお使いください。PCの方:Windowsの方はPrint Screenボタン、Macの方はshift + command (⌘) + 3でスクリーンショットできます。

 

他の症状を見る場合は以下の記事へ

病院で症状をうまく医師に説明する方法/13の症状とチェックリスト

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です