コードブルー スピンオフ 第4話 感想&あらすじ徹底ネタバレ解説

第3話は各フェロー達が主役だったが、第4話は新人ナースの雪村(馬場ふみか)が主役である。

雪村は、複雑な家庭環境の中、自力で自分の人生を切り開いてきた自負があり、プライドも人一倍高い。

いつもつっけんどんな口調であまり愛想がなく、フェローに対して厳しく当たったり馬鹿にしたりすることもある。

 

第3話は、そんな雪村の成長物語。

今回はテーマが看護であり、専門外の私が看護について語るのは難しいため、感じたことを自由に書いてみることにした。

解説ではなく、ただの所感であることをお許しいただきたい。

※地域によっては放送されていないところもありますが、放送終了後FODで見ることができます。スマホでも簡単に見られますので、この機会にぜひ登録してみてください。

FODプレミアム公式ホームページへ
※入会後31日間無料です。

 

今回のあらすじ

救急部の新人看護師雪村は、小児科病棟での研修初日、満面の笑みで迎えてくれた中堅看護師の江藤に驚く。

いつも笑顔で愛想を振りまき、雪村も引いてしまうほどのハイテンション。

江藤は、将来の夢が医者だという患児に、小さな白衣におもちゃの聴診器で「医者ごっこ」をさせてあげるなど、患児にも人一倍手をかける

 

ところが、江藤が陰で「スマイリーさん」と呼ばれ、他の看護師から悪口を言われている様子を雪村は目撃する。

「疲れている時にあの笑顔を見るとキツい」

「笑顔がなんか不気味」

そう影口を叩く看護師が患児に対しても冷たく当たる姿を見て、雪村は複雑な表情を浮かべる。

 

ある日雪村は、担当の患児が嘔吐し、ICUに入室になったことを知る。

慌ててICUに向かうと、そこには江藤の姿があった。

少年に対し、

「私笑ってるだけで何もしてやれなかった、ごめんね」

と言う江藤を見て雪村は、

「いつもどうしてそんなに笑顔でいられるんですか?」

と日頃の疑問を投げかける。

 

江藤は、実は自分が人見知りで、患者さんにもうまく話しかけられず、無表情で周囲に疎まれたことがきっかけで笑顔を作るようにしたことを明かし、

「(笑顔でも)結局何も変わらなかった。だから決めたの。無表情でも笑顔でも周りから疎まれるならせめて笑顔でいようって」

と、周囲から悪口を言われていることも知った上で無理に笑顔を作っていたことを雪村に伝えた。

 

あえて笑顔を作らず無愛想でいることで自分のプライドを保っていた雪村はこの言葉を聞き、涙を浮かべたのだった。

 

愛想の悪い看護師、いい看護師

第4話では、いつも愛想の良い看護師が疎まれ、無愛想な看護師が幅を利かせている、という病棟が描かれる。

確かに、こういう病棟を見ることは実際ある。

むろん、いつも優しい看護師は、疎まれるどころか若手看護師に好かれているケースも多い

疎まれる人はたいてい、人柄が良いものの仕事のパフォーマンスが「イマイチ」で、他の看護師の仕事を増やすなど、業務上の欠点を持っているものだ。

 

今回の看護師が、看護師として仕事ができるのかどうかまでは描かれなかったが、もしかすると不器用であまりテキパキ動けるタイプではないのかもしれない。

だが、「他の看護師から見て評価が高いか」と同時に「患者さんから信頼を勝ち取れるか」も大切だと私は思う。

 

私は医師になってから長期入院を経験し、医師と患者の両面から看護師を見る機会に恵まれた。

入院したのは勤務先とは違う病院で、あくまで第三者の目線で看護師を見ることができた。

 

医師として病棟で働く時は、患者さんに多少は愛想がなくても、テキパキ仕事ができ、頭の回転が早い看護師が好ましいと思っていた。

臨床的にも患者さんにプラスだ、と考えていた。

ところが入院して患者の立場になってみると、笑顔で愛想よく対応してくれる看護師にいかに救われるか、ということに気づいた。

 

入院中は、患者にとってはとにかく不安なことが多い。

手術後の傷の周りが腫れてきたが正常の経過なのか?

妙に痛みが強いが大丈夫か?

吐き気がするが投与した薬のせいではないか?

頻繁に病室には来ない医師と違って、定期的に訪れる看護師にはこの不安を吐露したくなるのが患者だ

 

ところが、こうした不安を聞こうともせず、とにかく早くラウンドを終えたい一心の看護師がやってくることも少なくなかった。

一方で、笑顔でじっくり話を聞いてくれ、こうした不安を傾聴してくれる看護師ほど、貴重な存在はなかった

医学的知識を持つ私ですらこうなのだから、非専門家である患者さんなら、なおさらそうではないだろうか。

結局感じの良い看護師ばかりに相談してしまい、人の良い看護師に限って仕事が増える、という事実にも気づけた。

 

この話を私の妻(看護師)に打ち明けたところ、妻は、

「看護師にはプラスαが大事」

と言った。

「ラウンド(担当患者さんを順に回ること)など、早く終えようと思ったらいくらでも早く終えられる。

患者さんには愛想を振りまかず、話は早々に切り上げて、必要最低限の仕事だけをしていればいい。

しかし、それで終えるだけの仕事をしたいなら、何のために看護師になったのか?

 

患者さんの話をじっくり聞いたり、足浴や洗髪をして気持ち良いと言ってもらったり。

こういう「プラスα」は自分の労力を増やすことになるけれど、これが看護師の仕事であり、ここにこそ楽しみを見出すことができるのではないか。

 

その点で第4話は、看護師という仕事の大事な一面を描いていたと言えるだろう。

広告

 

医師にとっても大切なこと

患者さんに笑顔で接し、話しかけられやすい存在であることは、医師にとっても大切なことだ。

愛想の悪い医師も中にはいるが、こういう医師ほど患者さんの訴えをうまく聞き取れず、結果として対応に苦労していることも多い。

 

また、医師は看護師などの他職種のメンバーから話しかけられやすい存在であることも大切だ。

こういう医師ほど、より適切なタイミングで大事な情報を得ることができるからである。

 

3rd SEASONで、無愛想で技術を磨くことだけを目指す雪村を見かねた先輩ナースの冴島(比嘉愛未)は、

「あなたの顔を見るとみんなが安心する、そんなナースになってもらいたいの」

と看護師としてのあり方を教育したこともある。

この教育はある意味、看護師だけでなく、患者さんに接するあらゆる医療者にとって重要な提言であると言えることを、今回改めて痛感したのである。


現在FODで1st、スペシャル版、2nd、3rd SEASON全話が期間限定無料で視聴できます

ぜひ登録することをオススメします↓

劇場版コードブルーのネタバレなし記事はこちら!

【ネタバレなし】「劇場版コード・ブルー」試写会 感想&解説

コードブルー1st〜3rdのあらすじまとめはこちら!

コードブルーのあらすじを1st〜3rd SEASONまでおさらい!総まとめ集

9 Comments

ayumi

はじめまして。いつも先生のブログとツイッターを楽しみにしています。
私は病院内のコンビニで働いています。自分は医療の知識や技術は無いけど、病院内のコンビニで患者さんだけでなく医療従事者の方々に対して少しでも役に立てたらそれも患者さんの為になるかな?と思い始めた仕事です。
でも先生のツイッターで紹介されていたアルバイトさんのような笑顔はなかなか出来ていません。せめてみなさんの休憩時間を減らさないように手早くレジ、袋詰めをするくらいです…
少しでもそのアルバイトさんのようになれるように、初心を思い出して頑張ろうと思いました!(ツイッターはやっていないのでこちらにコメントしてしまいました)

返信する
けいゆう

ありがとうございます!
ツイート見てくださったんですね。何気ないツイートでしたが予想を遥かに超える反響があって驚いています。
私たち医療者もそうですが、人と直接接する仕事に表情や挨拶は重要なのですが、なかなかできないことも多いですよね。
もちろんコンビニ業務に対してはスピードや作業の丁寧さなど、求めるものは人それぞれで何が正解、というのはないと思いますが、一つの学びがあるかなぁと思いました。

返信する
Yako

おはよぅございます。

コード・ブルーで看護をテーマにするところが凄いと驚きました。
短編ですが、考えさせられる事が多かったです。

医師の指示の元必要な処置を行うことも看護ですが、それは看護師でなく医師ができます。
看護師にしかできないことを看護だと私は思っています。
医師は患者の病気を診る。
看護師は患者を看る。
身体的苦痛や精神的苦痛、社会的背景も含めその患者を看ることが看護だと。

先生のおっしゃるように、知識も技術もありテキパキと仕事が出来る看護師は医師に認められます。でも患者さんにはそれは分かりません。
患者さんにとって信頼できる看護師は、話を聞いてくれる看護師。
業務に追われなかなか時間がない時は、処置をしながら話を聴くことを心掛けています。
もちろんそれだけではいけませんが傾聴という言葉があるように耳を傾ける事がとても大切だと思います。

私自身は笑顔が苦手で…
プライベートでは冷たそうとよく言われるので、仕事では気を付けています。
笑顔が素敵な看護師に憧れています(笑)
笑顔が患者さんを救うこともありますから。

返信する
けいゆう

珍しいテーマでしたよね。
私もどう書くか戸惑いましたがYaKoさんのコメントを読み、私の考察が的外れではないことを知って少し安心しました。
看護師の仕事は難しいと思います。
技術だけでなく、患者との直接的な心のふれあいを重視する必要もありますし…
看護師を取材して作られたのか、短いドラマながら丁寧に描写されている印象を持ちました。

返信する
Anemonefish

はじめまして。

私は医療系ドラマが好きで、感想ブログを探すうちにこちらにたどり着きました。

先生の分かりやすい解説を読んでいると姉を思い出します。

9歳年が離れている姉は以前臨床検査技師をしており、小さいころ病気や怪我について聞いていました。
そんなとき、ちょっと面倒くさそうにしつつも分かりやすく噛み砕いて説明をしてくれました。

さて、今回のスマイリーさんのお話、見ながら涙しました。

私自身も息子がおり、子供を診て頂く母という立場としてもやはり病院のスタッフさんが(常に笑顔ではなくてもいいですが)明るい雰囲気を作って下さっているところが安心です。

「グッドドクター」にも繋がるかもしれませんが、息子が3歳の時に夜中に腹痛と嘔吐をしてタクシーで近くの大きい病院に運んだことがあります。

一時は経口補水液すら受け付けない息子をみてとても不安になりました。

結果的に消化不良と便秘とわかり、息子も私も落ち着いたときに「大したことないのに夜中にきて申し訳ない。同じようなことがあったら自宅で様子をみて翌日小児科受診でいいのか」と医師に確認しました。

その医師は「もし同じ事があったら、次も同じようにしてください。小さい子どもは腸の病気は時間が大事。夜中でも何でも早い方がいいです」と、柔らかく優しく答えて下さり、「私達親の判断は間違ってなかったんだ」とホッとしました。

長くなり大変失礼いたしました。

これからも楽しみにしております。

返信する
けいゆう

私も幼い子供がいるので、子供の不調は自分のこと以上に心配になります。
医師である私ですらそうですから、多くの人はそうでしょう。
ドラマを通して、小児を対象とする医師たちの働きが広く知られるのはいいことだと思います。
おっしゃる通り、子供は自分で自分の症状を言葉でうまく説明できませんので、受診の判断は難しいことが多いと思います。
その先生が言った通り、早めの受診として問題はないと思います。

返信する
賢二

 けいゆう先生、うちの地域では放送されていないので、助かりました。
 私自身も入院した時、早くラウンドを終えたい雰囲気の看護師だと、話しかけずらくて症状が訴えられず、もどかしい思いをしました。(いろいろ雑務とかで忙しそうだし・・・。)
 どうしても話しかけやすい雰囲気の人に言ってしまいますよね。話を聞いてもらったりするだけで、不安な気持ちが楽になったり、医師に伝えずらいことを代わりに伝えて頂いたり、本当にありがたい存在でした。
 学生時代、病院実習に行ったのですが、テキパキと情報取集をすることを求められ、患者さんが話してくださっていても、情報収集に関係ない無駄話は一切禁止だと教員に言われました。だらだら話していないで、話は早々に切り上げ効率良くするように言われました。私は、その考えに何か納得できませんでした。無駄話ばかりでは困るし、限度があるけどそこから患者さんが伝えずらいことを話していただけたり、話がしやすくなったりすることもあるんじゃないかなと思いました。
  全然関係ないですが、
 助手でのパート経験があるのですが、いつもつくり笑顔をしているからか、笑顔がキモイと言われたことがあります。(泣)キモイのは自己免疫と関係あるかとまで、聞かれました….
 
 

返信する
けいゆう

私たち医療者の場合は、一見無駄話に見えても、それが患者さんの不安を軽減したり、疑問を解消したりするなら「無駄」ではないわけなので、その辺りのバランス感覚が重要になってきますね。その点、医師は技術だけでなく性格面も非常に大切です。
笑顔がきもいとは…信じられない発言ですね。病気と関係あるか、などちょっと人間性を疑うレベルですね。

返信する
賢二

  回答ありがとうございます。笑顔がキモイはさすがにありえないですよね。しかも、病院で、役職がついている看護師に言われました。医療職からそんな発言を聞くなんて思ってもみませんでした。
 他にも、「足が痛いなんて、他に雇ってくれるところがない」とか、病気の事をなどを根ほり葉ほり聞かれたり、嫌味を言われました。
 
 信じられないとのコメントを見て、やはり特殊だったのだなと感じ,少し気持ちが楽になりました。
ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です