医師が解説|お腹が痛い!腹痛の原因となる病気 確認すべき5つのポイント

お腹が痛い、お腹が張る、などはよく経験する症状で、様々な病気が原因になります。

ところが、病院を受診して、たとえば「便はどのくらい出ているか?」と急にきかれてもとっさに思い出せないことがあるのではないでしょうか?

腹痛で受診された時、医師が質問することは決まっています。

今回は、腹痛の時に医師に説明すべき、5つのチェックポイントを解説します。

 

実際、食べる量が多すぎて吐き気下痢を伴っていたり、便秘ぎみで便ガスが溜まっていたり、などが腹痛の原因になることも多いですが、時に大きな病気が隠れていることがあり、注意が必要です。

該当する場合は、下痢のページ吐き気・嘔吐のページも参照して下さい。

 

お腹の中には多数の臓器があります。

小腸大腸肝臓胆嚢膵臓などの消化器のみならず、子宮卵巣といった婦人科系の臓器や、膀胱、尿管といった泌尿器科系の臓器が腹痛の原因になることもあります。

特に女性の場合は、妊娠に関わる腹痛である場合があり、要注意です。

このページの末尾にあるチェックリストを受診前メモとしてご利用ください。

※これはあくまで「医師に自分の症状をどのように説明するか」をサポートするチェックリストです。症状だけで病気を診断することはできません。必ず医師の診察を受けましょう。

 

広告

1. どんな始まり方でしたか?

■突然始まった

■ゆっくり始まった

瞬間的に起こった強い腹痛は、大動脈瘤破裂解離、腸の動脈閉塞など、血管系の痛みのことがあり、危険です。

「突然始まる」というのは、何をしている時に始まったか、ということを細かく言えるくらいの突発性の痛みを指しています。

女性の場合は、子宮外妊娠の破裂卵巣出血が突然発症の腹痛の原因になることもあります。

卵巣出血は性行為の直後に痛くなることが典型的です。

こういったことは言いにくいと感じる方も多いかもしれませんが、正確な診断のために、まず最初に説明すべきポイントです。

 

一方で、虫垂炎(いわゆる「盲腸」)や胆嚢炎、胆管炎、憩室炎などの炎症性の病気や、手術後の癒着や大腸等の腫瘍が原因で起こる腸閉塞はゆっくり始まることがほとんどです。

また炎症性の病気は、大部分が細菌感染が原因のため、発熱を伴うことも多いですが、高齢の方など熱が上がらないケースも見られるため注意が必要です。

もちろん上述したゆっくり始まる病気も、すぐに診断・治療すべき疾患です。

場合によっては手術が必要です。

いつから、どのように始まったかをきっちり説明しましょう。

 

2. どの場所が痛みますか

■一定しない

■みぞおち

■右上腹部

■右下腹部

■左上腹部

■左下腹部

■へそ周囲

■お腹全体

一定せずあちこちが痛くなる場合や、漠然とへその周りが痛いなどは、腸炎などによる腸のぜん動痛(腸のぜん動が過剰になることによる痛み)の可能性があります。

みぞおちは胃潰瘍や胃炎、右上腹部は胆石、胆嚢炎、胆管炎、右下腹部は虫垂炎や憩室炎、左上腹部右下腹部は憩室炎などを考えます。

ただ、虫垂は人によって位置や大きさが異なるため、へそ周囲や、みぞおちが痛くなることもあります。

「最初にみぞおちあたりが痛くて、その後右下腹部に移動してきた」といったような痛みの場所が移動するということも虫垂炎ではよくあります。

これらは個人差があるので、痛みの部位だけで否定することはできません

 

一方、お腹全体がすごく痛い、という場合は、腸閉塞穿孔性腹膜炎(胃や腸に穴があいて腹膜全体に炎症を起こしている状態)で非常に危険な場合があります。

どの場所が痛いか、あるいは痛みが移動したりして痛みの場所が複数ある場合は、どの場所からどの場所にどんな時間経過で移動したかを正確に伝えましょう。

 

3. 歩くと響きますか?

■歩いたりジャンプすると痛い部分に響く(痛くてジャンプできない)

■歩いても響かない

歩くと響くようなお腹の痛みは、腹膜炎のサインとされています

虫垂炎憩室炎は周囲の腹膜に炎症が起きるため、歩くとお腹に響くような痛みがあります。

穿孔性腹膜炎など重症の疾患は歩くとお腹に響くので全く歩けない、という場合もあります。

このように、腹膜炎の痛みは少し動くだけでお腹に響くので、「痛くてじっとしている、うずくまっている」というのが普通です。

「痛くてのたうちまわっている、暴れている」というようなケースは、むしろ上述した腹膜炎の可能性は低く、尿路結石などが原因となることが多いです。

症状が軽い場合はジャンプしてみて、痛い部分に響くかどうか確認してみましょう。

 

4. 便秘・下痢はありますか?

■便秘をしている(最終排便は何日前?)

■下痢をしている

■通常の排便である

長期間排便がなく腹痛を生じている場合は、便秘の痛みのこともあれば、なんらかの原因で小腸あるいは大腸が詰まっている腸閉塞のことがあります。

お腹の手術を受けたことがある場合は、癒着が原因で腸閉塞になりやすいとされています。

一方、水のような下痢をしている場合は、腸炎による腹痛である可能性が高くなります。

排便状況は必ずきかれますが、突然きかれると思い出せないこともあるでしょう。

事前に確認しておきましょう。

 

5. 妊娠の可能性はありますか?

■全くない

■あるかもしれない

女性の場合は、妊娠の可能性が100%ないかどうかの確認は必須です。

腹痛の原因が妊娠にある場合、見逃すと母子ともに非常に危険です。

可能性が0%だと言い切れない場合は妊娠検査が必要です。病院でも短時間で検査ができます。

また最終月経がいつか(最後に生理が来たのはいつか)ということもきかれます。思い出しておきましょう。

 

「腹痛」受診前メモ

1. どのような始まり方でしたか?
突然始まった ゆっくり始まった

2. どの部分が痛みますか
一定しない
みぞおち
右上腹部
右下腹部
左上腹部
左下腹部
へそ周囲
お腹全体

3. 歩くと響きますか?
響く  響かない

4. 便秘・下痢はありますか?
便秘をしている
下痢をしている
通常の排便
最終排便:日前

5. 妊娠している可能性はありませんか?
全くない
あるかもしれない

※スクリーンショットなどで受診時にお使いください。PCの方:Windowsの方はPrint Screenボタン、Macの方はshift + command (⌘) + 3でスクリーンショットできます。

 

他の症状を見る場合は以下の記事へ

病院で症状をうまく医師に説明する方法/13の症状とチェックリスト

広告

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。