手術後の傷口の痛み、赤み、化膿など傷の変化は受診すべき?

手術を受けた方が退院され、次回の外来までの間に傷の変化があって連絡を受けることがしばしばあります。

「傷が赤くなった」

「傷口が開いた」

「傷から汁が出ている」

などの変化です。

退院後にいつもの生活に戻ると、体の少しの変化でも不安になるのは当然のことです。

原則、傷になんらかの変化があって心配な時は受診をおすすめします。

ただ、緊急で受診した方が良いのか、応急処置として何か対処した方がいいのか、などある程度知識は持っておきたい方も多いかと思います。

そこで今回は、術後の傷にあり得る変化について、様々なケースに応じて簡単に解説しておきたいと思います。

なお、傷に何らかの変化があっても、消毒は行ってはいけません

これについても最後に説明します。

 

広告

傷の赤み

傷の周りに軽い赤みが出ているだけであれば、緊急で受診する必要はありません。

術後の創部に大きな問題がなくても、軽度の赤みが残ることはあり得ます。

ただし、心配すべきなのは傷が感染していないかどうかです。

赤みの程度が徐々に強くなる場合、赤みの範囲が広くなってくる場合、押さえると痛みがある場合、硬くなっている場合などは、感染の可能性があります。

緊急とは言いませんが、早めに受診が必要です。

 

傷の排膿(膿が出ている)

傷の「化膿」と一般に言われる現象を、我々医師は「排膿(はいのう)」と呼びます。

「傷からが出ている」という場合は、まずその液体の性状を確認しましょう。

白っぽい、あるいは灰色っぽい濁った色である場合や、悪臭がある場合は膿(うみ)の可能性が高いです。

放置するとどんどん悪化するため、早めに受診が必要です。

一方、黄色透明臭いのないサラサラした液体であれば、皮膚の下に溜まっていた滲出液が排出されただけで、感染でない可能性が高いです。

感染でなければ、様子を見ていれば自然に治まります。

治らない場合、量が多い場合は早めに受診しましょう。

 

傷口が開く、ふさがらない

傷の開き方が軽い場合(およそ5mm以内)であれば、緊急で受診は必要ありません。

ただし傷がさらに開いてくる可能性があり、場合によってはテープでとめたり、再縫合などが必要になりますので、早めに受診しましょう。

お腹の場合は、傷が数センチにわたって大きく開き、が見えている、という事態がまれに起こります。

この場合は、夜中であっても緊急で受診が必要です。

なお、最近は傷を皮膚の内側で縫う埋没縫合が多く、抜糸は行いません(自然に溶ける糸で縫います)。

一方、抜糸が必要な縫い方の場合は、傷の治りが悪い方で抜糸後に傷が開いてしまうことがあります。

注意して見ておきましょう。

 

傷の内出血

傷を縫い閉じた後、皮膚の下にたまった血液が、表面から見えることがあります。

打撲のあとの打ち身青あざのようなものです。

正確には、皮下血腫と言います。

皮下血腫は誰でも起こり得ますし、重力に伴ってゆっくり広がるのも普通のことです。

下腹部の手術の傷が、下に降りてきて陰嚢まで広く真っ青になることもあります。

血腫自体は自然に吸収されて消えますので、特に治療は必要ありません。

様子を見ておいて構いません。

ただ、短時間で急速に広がってきた、という場合は、皮膚の下で現在も出血が起こっている可能性があり、緊急で受診が必要です

 

傷の出血

傷から出血を起こすことがあります。

少量、じんわり出ているだけであれば、ティッシュやガーゼなど清潔なもので圧迫してください。

すぐに止血できるようであれば、緊急で受診は必要ありません。

ただ、出血を繰り返す場合や、いつまでも出血が持続する場合、血が滴るほどたくさん出ている場合はすぐに受診しましょう。

広告

 

傷のふくらみ、盛り上がり

傷が膨らんできた、というのは、単に自然に治る経過を見ているだけの場合もあれば、皮膚の下に膿がたまってきたという場合もあります。

膿がたまっている場合は、赤みがあったり、押さえると痛みがあります。

こういう場合は感染の可能性があるため受診が必要です。

一方、全く赤みもなく、痛みもなく、単に膨らんでいるだけという場合は様子を見ても構いません。

ただし膨らみがどんどんひどくなる場合は受診しましょう。

 

傷が硬くなってきた

上述の膨らんできた場合と全く同じです。

押さえた時の痛みや赤みがあるかどうかがポイントです。

それらが全くなく、単に硬いだけ、という場合は様子を見ても構わないでしょう。

ただし、同じくひどくなる場合は受診が必要です。

 

傷から糸が出ている

前述の埋没縫合を行なったケースで、数日後に傷の隙間から硬い糸が出てくることがあります。

埋没縫合は溶ける糸で行いますが、溶けるまで数ヶ月かかります。

溶ける前に表面に出て来てしまったケースですね。

通常、傷が開いていなければ全く問題はありません

上述のような他の傷の変化がなければ放置してもOKです。

ただし、糸が引っかかってチクチクする場合は切ってもらう方が良いでしょう。

その場合は受診が必要です(普通に切るだけです)。


以上が術後の傷に起こりうる変化の一覧と対処法です。

様子を見ても良い、と書いたものでも、「治らず持続する」「ひどくなる」という場合は、早めに受診をおすすめします

 

なお、退院後もご自身で毎日イソジンやマキロンなどの消毒液をつけて傷の消毒をされる方が時々おられます。

かつては、手術後に毎日外科医が回診し、傷にイソジンをつけていた時代がありました。

現在では、傷の消毒は傷の治りを悪くするということがわかり、特別な場合を除いて消毒は一切行わなくなりました

医師からの指示がない限り、自宅で自己判断で消毒をすることはやめましょう

 

なお、今回の記事で想定しているのは、私の専門である腹部の手術(開腹手術腹腔鏡手術)の術後の傷です。

整形外科や脳外科など、他の手術の傷はまた異なる注意が必要である可能性もあります。

担当の医師に必ず相談しましょう。

 

ちなみに、上述したような創部の感染が起こると、ひどい場合は傷跡がのちのちも目立ちやすくなります。

手術の傷跡の残りやすさは体質によってずいぶん異なりますが、一度大きな傷跡が残ると、完全に消すことは難しくなります。

傷を綺麗に治すためにも、感染はなるべく悪化する前に治すことが大切です。

 

術後の入浴、飲酒、運転などの日常生活についての注意点を知りたい方は以下の記事をご参照ください。

胃がん・大腸がんの個別の術後の注意点を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

広告


外科医ブロガー、二児の父。
医療ドラマ・医療ニュースの解説と
様々な病気・症状の悩みを解説する
ブログ「外科医の視点」を運営。
目標は「医療界の池上彰」。
詳細はこちら

手術後の傷口の痛み、赤み、化膿など傷の変化は受診すべき?」への4件のフィードバック

  1. みき

    はじめまして。
    いつも楽しく拝読させて頂いております。
    記事と私事とが重なる部分で質問があり、コメント欄を利用させていただきます。

    先月、私は子宮筋腫で腹腔鏡下子宮全摘術を受けました。
    そこでまずはお礼を申しあげます。
    職場復帰を控えて先生の記事は大変役立ち、なおかつ不安も解消できて助かりました。
    ありがたいとはまさにこういうことだと感じています。

    その中で1箇所だけ、質問があります。
    「皮下血腫」の部分です。
    実は私自身が術後、赤紫のボクサーパンツのような広範囲のアザと痛みで大変苦しみました。(手術した部分の痛みは数日で殆ど無く、アザの広がりとともに移動して広がる痛みは布がそっと当たっても痛い程でした。1ヶ月経った今、痛み止めは不要になり、痛む部分もかなり限定されています。)

    担当医は、まだあざも無い手術翌日に「出血少なかったのに貧血が結構ある」と内出血を範囲まで予言し、毛細血管を傷つけることはどうしても起きるということや、お腹を切ってまで止めに行く意味も無いこと、そもそもそんなことをしたところでその頃には止まっていることなどを丁寧に説明してくださいました。とても納得いく安心感のあるもので不安は無く、なによりとても心配してくださって、少しずつ良くなっているのも私以上に喜んでくださって嬉しく思っているほどです。

    ですので、とても信頼している担当医に、責めていると誤解されたくなくて聞けなかったことがあります。
    「どうしても希に起こることがある」とは?ということです。

    ほぼ起こる、よく起こる、ならなんとなくわかります。殆ど起こらないのに希には起こるしどうしても起こる、というのがよくわからないというか。
    詳しくはわからないのですが、術後合併症?というものも同様でしょうか。

    皮下血腫の「誰でも起こり得る」との記述。
    『なのに誰でもは起こらないの?しかも起こる方が断然少ない印象なのに、誰でも起こり得ることなの?』とやはり大変不思議に感じます。

    担当医も先生も、同じような表現をされていますので、私がまるでわかっていないのだろうということはわかっており、担当医にも先生にも申し訳ないですが…(医師にとってもどうしようもないことだということだけはわかります。)

    お時間がある時で構いません。
    もしよろしければ、いつか私のこの疑問を解消していただけますでしょうか。
    よろしくお願い致します。

    この質問とは関係なく、今後も先生の記事を楽しみにしております。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      みきさん
      私の記事がお役に立てて本当に光栄です。
      「誰にでも起こる」かつ「まれに起こる」という表現ですね、私たち医師、特に外科医は必ずその表現をします。
      おっしゃる通り術後合併症も同様です。
      合併症を含め、術後に起こるイベントは、それぞれ確率が違います。
      仮に、よく起こる=80%くらい、時々起こる=30%くらい、まれに起こる=3%くらい、としましょうか。
      これは誰でも共通しているので、例えば皮下血腫が起こる確率が3%だとしたら、みきさんが手術をして皮下血腫が起きる確率は3%、私が同じ手術を受けて起きる確率も3%、誰でも3%、ということで「誰にでも起こりうる」ということになります。
      しかしそれぞれ個人にとって起こる確率は3%なので、みきさんにとっても私にとっても「まれに起こる」です。
      誰にでも起きるけれど、それぞれ個々人にとって起こる確率は低いわけです。

      ただ、合併症の難しいのは、実際にはこのように数字で示せないことです。
      「まれ」とはいえ、リスクというものは人によって違うからです。
      血管が弱い人は「まれ」といっても8%くらいかもしれない、若くて血管が丈夫な人は1%以下かもしれない。
      「まれ」にも幅があるので、数字を示せない、なので「まれに」という曖昧な言葉を使うしかありません。
      基本的に医療の現場で起こることはこの点で共通しているので、「まれ」はよく使われます。
      これが「誰にでもまれに起こりうる」の意味ですが、ご質問の答えになっているでしょうか?

      返信
  2. みき

    早々のお返事、ありがとうございました。

    将来何かで手術を受ける時、私は「まれ」をまた起こすのでは?誰にもどうしようもないとしても該当しやすい人っているのでは?と少し不安もありました。

    そうではなく、『誰にでも』同じように起こる可能性があり、医師が『まれ』と仰る以上その確率は低い。
    ただ、個体要因等で確率に差はある、ということですね。
    確かに40代になり、さほど強く打ってもいないのに青あざができていることも。笑

    安心しましたし、とてもよく理解できました。
    大変わかりやすく説明していただき、ありがとうございました。

    返信
    1. keiyou 投稿作成者

      みきさん
      おっしゃる通りです。
      意図がうまく伝わったようで安心しました。
      今後ともぜひ当サイトの記事をご利用ください。

      返信

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。