胃潰瘍/十二指腸潰瘍の症状、原因と治療、市販の胃薬で治せない理由

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の最大の原因は何だと思いますか?

ストレス?お酒?食べすぎ?

いいえ、そのいずれでもありません。

 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因の95%以上は、ピロリ菌感染か、痛み止めのどちらかです。

ここで言う「痛み止め」とは、ロキソニンイブプロフェンボルタレンなどの「非ステロイド性抗炎症薬」と呼ばれる解熱鎮痛薬のことです。

「痛み止めが胃を荒らす」というのは、何となく習慣的に知っている人は多いはずです。

 

ではどうすれば治療できると思いますか?

簡単ですね。

ピロリ菌の除菌か、解熱鎮痛薬の中止です。

 

これほどにシンプルな事実が意外と知られておらず、慢性的な胃の痛みに市販の胃薬漢方薬を繰り返し内服し続け、根本的な治療ができていないことが多いのは残念なことです。

 

ただ、ピロリ菌除菌と言われても何のことかさっぱりわからない、という人もいるでしょう。

また、関節リウマチや変形性関節症などの持病で、痛み止めをやめられない人もいるでしょう。

鎮痛薬だけでなく、同じ成分の抗血小板剤(アスピリン、バファリン、バイアスピリンなど血を固まりにくくする薬)もリスクは同じですが、他の病気でこれらを中止できない人もいます。

その場合はどうすれば良いでしょうか?

今回はこういったことも含めて説明します。

 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍はあわせて「消化性潰瘍」と呼びます。

今回は、消化器を専門とする医師の立場から、消化性潰瘍について詳しく解説します。

難しい話はありませんので安心してください。

広告

消化性潰瘍ってどんな病気?

胃酸と胃の消化酵素により、胃や十二指腸表面の粘膜が傷害されることで起こる潰瘍です。

潰瘍とは、表面をおおう粘膜がなくなって壁がえぐれた状態のことです。

口の中の潰瘍である「口内炎」をイメージしてください。

見た目もよく似ています。

胃潰瘍40〜60歳代の中高年に多く、十二指腸潰瘍10〜20歳代の若い方に多く見られます。

つまり、消化性潰瘍は幅広い年代に見られる病気です。

 

何が原因で起こるの?

前述した通り、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)による細菌感染か、「非ステロイド性抗炎症薬」と呼ばれる種類の解熱鎮痛薬が二大成因です。

この2つのいずれでもない胃潰瘍は5%以下、十二指腸潰瘍は2%以下まれで、クローン病や、ゾリンジャーエリソン症候群、サイトメガロウイルスやヘルペスウイルス感染、高齢、ストレスなどが原因です。

そのため後述する通り、消化性潰瘍の多くはピロリ菌除菌か解熱鎮痛薬の中止だけで治ります

解熱鎮痛薬については大切なので詳しく述べておきます。

 

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)とは?

非ステロイド性抗炎症薬は、ロキソニン(ロキソプロフェン)イブプロフェンボルタレン(ジクロフェナク)ピロキシカムセレコックス(セレコキシブ)などの薬のことです。

「解熱鎮痛薬」ですので、同じ薬に「鎮痛薬(痛み止め)」「解熱薬(熱冷まし)」の両方の効果があります。

この中では消化性潰瘍の発生率はセレコックスが最も低いです(詳細は割愛しますが、消化性潰瘍の副作用を減らすために創薬されているため作用が他のものと異なります)

ボルタレンには座薬もありますが、内服薬でも座薬でも消化性潰瘍のリスクに差はありません(座薬なら潰瘍が起こりにくいということはありません)。

 

これらの薬は低用量で用いると、解熱鎮痛作用がなくなり、血を固まりにくくする効果が現れます(血小板を阻害します)。

アスピリンバイアスピリンなどが、その目的で用いる抗血小板剤です。心筋梗塞や脳梗塞の方などが多く内服しています。

成分は同じですから消化性潰瘍発生のリスクがあります。

 

一方、同じ解熱鎮痛薬であるアセトアミノフェンカロナールアルピニーアンヒバピリナジン)は、これに含まれない全く別の種類の薬です。

小児でも安全に用いることのできる薬で、消化性潰瘍は起こしません。

解熱鎮痛薬の種類と副作用についてはこちらにまとめていますので、あわせてお読みください。

飲みすぎ危険?痛み止めと解熱剤の種類と4つの副作用

 

どんな症状があるの?

最も多いのは胃の痛みです。

みぞおちの鈍痛となることが多いです。

胃潰瘍は食後に痛むことが多く、十二指腸潰瘍は空腹時や夜間に痛むことが多いとされています。

その他、胸焼け食欲不振胃もたれ吐き気嘔吐など様々な症状を引き起こします。

一方、消化性潰瘍があっても全く症状がない人もいます。

非ステロイド性抗炎症薬が原因で起こる消化性潰瘍は、その半数近くが無症状であり、注意が必要です。

 

どのように治療するの?

まず原因を明らかにします。

上述の非ステロイド性抗炎症薬が原因なら、まずこの薬を中止します。

薬の中止のみで、潰瘍はほとんど治癒するからです。

ただ、腰痛や関節痛などが強く、痛み止めを中止できない方、心筋梗塞や脳梗塞で抗血小板剤の内服を中止することができない方もいます。

その場合は中止せずに、胃酸分泌を抑える薬「プロトンポンプ阻害薬」を使います。

 

前述の通り、非ステロイド性抗炎症薬が原因でないなら、ほとんどはピロリ菌感染が原因です。

ピロリ菌感染の有無を検査し、陽性であれば除菌します

ピロリ菌についてはこちらに詳しく解説しています。

ピロリ菌除菌で胃がん予防!除菌方法と副作用、除菌中の注意点

こちらも除菌のみで多くは治癒し、除菌だけで治癒しないものは30%以下です。

治癒しなければ同じく、プロトンポンプ阻害薬を中心とした胃酸を抑える薬による治療を追加します。

そしてきっちり除菌ができれば、潰瘍が再発するのは2%以下です。

 

潰瘍の予防方法は?

非ステロイド性抗炎症薬を継続して内服しなければならない場合は、胃薬を併用して潰瘍を予防します。

たとえば頭痛などでときどき頓服(とんぷく)として飲む場合は良いですが、毎日継続的に飲む場合は、1ヶ月以内でも潰瘍は発生するため注意が必要です。

投与3か月以内の発生リスクが最も高いとされています。

 

潰瘍の予防として効果があるのは、プロトンポンプ阻害薬(タケプロン、パリエットなど)、H2拮抗薬(ガスターなど)、プロスタグランジン製剤(サイトテックなど)です。

セルベックス(テプレノン)やムコスタ(レバミピド)などは予防効果が十分証明されてはおらず、特にリスクが高い方の潰瘍予防として用いるのは適切ではありません。

リスクが高い方とは、消化性潰瘍を経験したことがある方高齢副腎皮質ステロイド薬使用者などです。

こういった方は胃酸分泌を抑える力が最も強いプロトンポンプ阻害薬を予防として用いるのが望ましいとされています。

さまざまな胃薬の名前が出てきて混乱してしまった方がいるかもしれませんね。

胃薬については以下に分かりやすくまとめていますから、合わせてお読みください。

一方、潰瘍発生リスクの低い非ステロイド性抗炎症薬であるセレコックス(セレコキシブ)を代わりに用いるのも一つの選択肢です。

 

潰瘍を放置するとなぜダメか?

症状がないならそのまま放置しても良いのでは?と思う人がいるかもしれません。

市販の胃薬で症状が軽くなったから様子を見よう、という人もいるかもしれません。

しかし、潰瘍をきっちり治療しなければ以下のような重大な病気を引き起こし、命に関わることがあります。

 

出血

消化性潰瘍はときに、出血を起こします。

突然大量の出血を起こして意識を失う方もいます。

緊急内視鏡によって止血術を行わなくてはなりません。

内視鏡で止血できない場合は、全身麻酔で手術を行います(病院によってはカテーテル治療を行うこともあります)。

大量の血液が失われ、輸血が必要になることも少なくありません。

胃から出た血液が便に混じると便が真っ黒になり、これで気づくこともあります。

 

穿孔

潰瘍がどんどん深く掘れていき、そのうち胃や十二指腸の壁を突き破って穴が開きます。

これを「穿孔(せんこう)」と呼びます。

食べたものがお腹の中に漏れ出し、重症の腹膜炎を引き起こし、早急に治療しなければ死に至ります。

多くの場合、全身麻酔で緊急手術が必要です。

穴を縫い合わせ、内臓脂肪をかぶせてフタをするような手術です。

ちなみに私は消化器外科医なので、上述の出血性潰瘍にも、この穿孔性潰瘍にも手術を行ったことは何度もあります。

いずれも緊急手術です。

 

狭窄

潰瘍をきっちり治さず繰り返すうちにその部分の壁が分厚く固くなり、食べ物の通り道が狭くなったり、詰まってしまったりすることがあります。

これを「狭窄(きょうさく)」と呼びます。

こうなると食事が摂れなくなってしまいます。

内視鏡を使ってバルーンで通り道をふくらませて広くしたり、手術を行ったりして治療します。


消化性潰瘍について、十分に理解できましたでしょうか?

胃潰瘍、十二指腸潰瘍は誰でも知っているありふれた病気ですが、その原因や治療についてはあまり知られていません。

自己判断で不適切な治療を続け、重大な病気を引き起こすことのないよう注意しましょう。

※記載の数値データは「消化性潰瘍診療ガイドライン2015」及び「専門医のための消化器病学 第2版」を参照しています。

広告

コメントの反映には時間がかかる場合があります

※個別の症状・症例に関する相談にはお答えしません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。