投稿者「けいゆう」のアーカイブ

ブラックペアン第7話感想|リアルな手術シーンと演技派揃いの人間ドラマ

ブラックペアン第7話は、おそらくこれまでで最も手術シーンが少なかった。 しかし、登場人物を取り巻く様々な人間模様や、彼らが繰り広げる迫真の演技合戦は非常に見応えがあり、画面から一度も目が離せない。 「手術シーンが少ないほ … 続きを読む

読みにくい文章と分かりやすい文章の違い、理想的な書き出しの方法

ドラマ「ブラックペアン」のホームページに、「治験」と「治験コーディネーター(CRC)」の説明文が現れました。 みなさんは気づいていましたでしょうか? リンクの場所も分かりにくく、私はつい最近まで気づいていませんでした。 … 続きを読む

中学男子生徒が暴力で膵臓断裂、なぜ長期の治療が必要なのか?

静岡県の市立中学の男子生徒が、同学年の男子生徒から暴力を受けて重傷を負ったとのニュースがありました。 診断は「膵臓断裂(すいぞうだんれつ)」。 暴力を受けたその日、腹部の激痛を訴えて病院に運ばれ、緊急手術を受けました。 … 続きを読む

【インタビュー】実際の治験コーディネーターはブラックペアンをどう見ている?

ブラックペアンの影響で、良くも悪くも広くその名が知られることになった「治験コーディネーター」。 ドラマでの仕事ぶりが現実とあまりに乖離しており、各医療団体から抗議が起きるなど大きな話題になりました。 では実際、治験コーデ … 続きを読む

ブラックペアン第6話感想|家族の手術を外科医にさせないトンデモ病院

ドラマはフィクション、現実とかけ離れていても良い。 これは私がこれまで何度も書いてきたことである。 だが、私は医師という立場上、あまりに正確性を欠いた演出は患者さんに誤解を与えるため避けてほしい、というのは変わらない本音 … 続きを読む

ドラマ「ブラックペアン」はなぜ批判されてしまうのか?

「ブラックペアン」の治験コーディネーターの描写が現実と著しく乖離し誤解を招くとして、5月2日に日本臨床薬理学会が抗議文を発表しました。 この時いくつかのネットニュースも取り上げ、大きな話題になりました。 詳細はこのブログ … 続きを読む

医者はお金持ち?患者さんからよく聞かれる質問をまとめました

私は以前、担当しているご高齢の患者さんから、 「先生のお父様はもちろんお医者様ですよね。『医師にあらざれば人にあらず』と言われているんでしょう?」 と言われ、驚いて否定したことがあります。 私の両親も、さらにその両親も、 … 続きを読む

ロボット手術と内視鏡手術(腹腔鏡・胸腔鏡手術)の違いと利点・欠点

ダヴィンチを用いたロボット手術は、食道、肺、胃、直腸、膀胱、前立腺、腎臓、子宮の手術において現在広く保険が通っています。 ダヴィンチは現在、世界で3000台以上、日本で200台以上あります。 現場で普通にロボット手術に接 … 続きを読む

ブラックペアン第5話感想|手術ロボット「ダーウィン」に抱く違和感

ブラックペアンが恐ろしいのは、筋書きは「トンデモ」(=エンターテイメント重視)なのに、妙なところは「本気のリアリティ」を突き詰めているところである。 第5話では、手術支援ロボット「ダーウィン」が登場するが、その手術シーン … 続きを読む

医師がよく使うのに患者さんには理解されない業界用語集

患者さんに病状について説明する際は、なるべく専門用語を使わず、わかりやすい言葉を使わなくてはなりません。 しかし私たちは知らず知らずのうちに、医療者にしか分からない業界用語や専門用語を使ってしまうことがよくあります。 他 … 続きを読む