医師向け情報」カテゴリーアーカイブ

癒着性?麻痺性?絞扼性?イレウスの種類と治療をわかりやすく解説!

最初に知識の確認のために症例クイズを一つ。 70代の男性、5年前に大腸癌の開腹手術歴あり。 それ以後、癒着性イレウスで入院を繰り返している。 消化器病棟なら必ずあるこんな事例。 さて、これは、小腸のイレウスか、大腸のイレ … 続きを読む

マーゲンチューブ?イレウス管?EDチューブ?管の種類と違い

消化器病棟の看護師さんや研修医の先生向けに、消化器病棟で頻繁に使う「管」の使い分けについて説明したいと思う。 知っている人にとっては当たり前だが、意外と知識が曖昧な方も多いので、参考にしていただけると思う。   … 続きを読む

看護師/研修医のカルテ記録によく見る間違った言葉の使い方

前回の記事「病棟看護師の看護記録によく見る不思議な間違い表現」に続く第二弾。 今回は、研修医の先生もよく間違えることの多い言葉を一覧で解説してみたいと思う。   下血と血便 下血は「黒色便・タール便」、血便は「 … 続きを読む

この3冊でOK!消化器内科を学ぶ研修医におすすめの本/参考書

私の専門は消化器外科だが、内科的知識も当然必要である。 消化器内科をローテートする際に、研修医時代から学んでおいてほしいことは多くある。 今回は、私からおすすめの本を、総論、内視鏡、病理の3分野でそれぞれ1冊ずつ厳選して … 続きを読む

【厳選7冊】感染症・抗菌薬(抗生剤)で読むべきおすすめの本・参考書

どの科の臨床医も感染症から免れることはできない。 感染症の専門家でなくても、臨床医として最低限の恥ずかしくない抗菌薬の使い方はできるようになっておくべきだろう。 しかし、自分の専門分野外のことを学ぶのは、なかなか気乗りが … 続きを読む

厳選7冊!英語論文の書き方と医学統計を学ぶ医師におすすめの本・参考書

医師が論文を書くための参考書は、書店に行けばおびただしい数が並んでいるが、どれを選べばいいのか全くわからないということが多い。 また勤務医は日常業務が忙しく、詳しい本を買っても結局読む暇がなく、本棚に眠らせているというケ … 続きを読む

【分野別23冊!】研修医におすすめの読むべき本/参考書/医学書

国家試験に受かって臨床研修医になり、いきなり現場でこれまで勉強したことのないような知識を要求されてうんざりしている人は多いのではないだろうか? 看護師さんから 「点滴の速度どうします?」 「抗生剤なにでいきます?」 「経 … 続きを読む